メアリー・ジョー・フェルナンデス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
メアリー・ジョー・フェルナンデス
Mary Joe Fernández.jpg
メアリー・ジョー・フェルナンデス
基本情報
ラテン文字名 Mary Joe Fernández
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ドミニカ共和国
居住地 アメリカ・フロリダ州マイアミ
生年月日 1971年8月19日(42歳)
身長 176cm
体重 63kg
利き手
バックハンド 両手打ち
ツアー経歴
デビュー年 1985年
引退年 2000年
ツアー通算 24勝
シングルス 7勝
ダブルス 17勝
生涯通算成績 781勝344敗
シングルス 437勝203敗
ダブルス 344勝141敗
4大大会最高成績・シングルス
全豪 準優勝(1990・92)
全仏 準優勝(1993)
全英 ベスト4(1991)
全米 ベスト4(1990・92)
4大大会最高成績・ダブルス
全豪 優勝(1991)
全仏 優勝(1996)
全英 ベスト4(1991・93)
全米 準優勝(1989)
優勝回数 2(豪1・仏1)
キャリア自己最高ランキング
シングルス 4位
ダブルス 4位
獲得メダル
女子 テニス
オリンピック
1992 バルセロナ ダブルス
1996 アトランタ ダブルス
1992 バルセロナ シングルス

メアリー・ジョー・フェルナンデスMary Joe Fernández, 1971年8月19日 - )は、アメリカの女子プロテニス選手。出身地はドミニカ共和国で、父親はスペイン出身、母親はキューバ人である。4大大会で3度のシングルス準優勝を記録し、全豪オープン1990年1992年の2度、全仏オープン1993年に準優勝した。ダブルスの名手としても活躍し、4大大会では1991年全豪オープン1996年全仏オープンで優勝している。1992年バルセロナ五輪1996年アトランタ五輪の2大会連続で、アメリカ代表として女子ダブルスの金メダルを獲得した。WTAツアーでシングルス7勝、ダブルス17勝を挙げる。右利き、バックハンド・ストロークは両手打ち。自己最高ランキングはシングルス4位、ダブルス4位。

1985年全米オープンで、史上最年少の「14歳8日」で初戦を突破する。1986年にプロ転向し、全仏オープンで準々決勝に進出。ジュニア時代からガブリエラ・サバティーニに相性が良く、プロ選手生活でも「10勝13敗」の戦績を挙げた。“サバティーニ・キラー”と呼ばれたフェルナンデスだったが、シュテフィ・グラフには17度の対戦で1度も勝てなかった。1990年全豪オープンで、フェルナンデスは女子シングルス・女子ダブルスの2部門に決勝進出を決めたが、シングルス決勝ではグラフに 3-6, 4-6 で敗れて準優勝になり、パティ・フェンディックと組んだ女子ダブルスでも準優勝に終わった。翌1991年の全豪女子ダブルスで、フェンディックと組んで初優勝を果たす。1992年全豪オープンで、フェルナンデスは再び女子シングルス・女子ダブルスの2部門で決勝に進んだが、2年ぶり2度目の女子シングルス決勝でモニカ・セレシュに 2-6, 3-6 で敗れ、またもや優勝を逃した。ダブルス準優勝のパートナーはジーナ・ガリソンであった。この後、バルセロナ五輪の女子ダブルスでジジ・フェルナンデスとペアを組んで金メダルを獲得した。

全豪オープン女子シングルスで最初の準優勝になった1990年、フェルナンデスは東京有明コロシアムで新設された「ニチレイ・レディース」の第1回大会で単複2冠を獲得した。シングルスでは、これが彼女のプロ初優勝だった。ニチレイ・レディースのダブルスでは、1990年-1992年の3連覇の後、1995年にも優勝がある。

1993年全仏オープンは、フェルナンデスのテニス人生でも最大のハイライトだった。準々決勝でガブリエラ・サバティーニと対戦中、1-6, 1-5 に追い詰められたが、そこから挽回して第2セット 6-6 に追いつき、タイブレークを取って持ち込んだ第3セットを 10-8 で取る大逆転勝利を挙げたのである。そして自身3度目の4大大会決勝進出を果たしたが、シュテフィ・グラフに 6-4, 2-6, 4-6 の逆転で敗れてしまう。これでフェルナンデスは4大大会で3度の準優勝になり、シングルスのタイトルを獲得することはできなかった。

1996年アトランタ五輪の女子ダブルスで、前回と同じジジ・フェルナンデスとのペアで2大会連続の金メダルを獲得した。この年は全仏オープンのダブルスでも優勝し、1991年全豪オープン以来となる4大大会ダブルス2勝目を挙げた。五輪をジジ・フェルナンデスと組んだほかは、リンゼイ・ダベンポートとペアを組んで好成績を挙げ、1996年にフェルナンデスとダベンポートのコンビは年間4勝を記録している。1997年がシングルス、ダブルスとも最後の優勝になった。キャリア後期の活躍には、1999年全仏オープン3回戦で若きセリーナ・ウィリアムズを破った試合があった(故障で次の4回戦を断念している)。2000年に現役を引退した。2011年、フェド杯でアメリカチーム監督を務める。

主な成績[編集]

  • 全豪オープン 女子ダブルス:1勝(1991年)/女子シングルス準優勝2度:1990年・1992年
  • 全仏オープン 女子ダブルス:1勝(1996年)/女子シングルス準優勝1度:1993年
  • オリンピック 女子ダブルス金メダル:1992年バルセロナ・1996年アトランタ [2大会連続、パートナー:ジジ・フェルナンデス]

外部リンク[編集]