バージニア・ルジッチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
バージニア・ルジッチ
Virginia Ruzici
Tennis pictogram.svg
Virginia Ruzici 1981 (cropped).jpg
バージニア・ルジッチ
基本情報
フルネーム Virginia Ruzici
国籍  ルーマニア
出身地 同・クンピャ・トゥルジイ
生年月日 (1955-01-31) 1955年1月31日(62歳)
身長 173cm
利き手
バックハンド 片手打ち
ツアー経歴
デビュー年 1975年
引退年 1987年
ツアー通算 26勝
シングルス 14勝
ダブルス 12勝
生涯獲得賞金 $1,183,728
4大大会最高成績・シングルス
全豪 ベスト8(1980)
全仏 優勝(1978)
全英 ベスト8(1978・81)
全米 ベスト8(1976・78)
優勝回数 1(仏1)
4大大会最高成績・ダブルス
全豪 2回戦(1980)
全仏 優勝(1978)
全英 準優勝(1978)
全米 ベスト4(1976)
4大大会最高成績・混合ダブルス
全仏 準優勝(1978・79)
全英 3回戦(1979)
全米 ベスト8(1981)

バージニア・ルジッチVirginia Ruzici, 1955年1月31日 - )は、ルーマニアクンピャ・トゥルジイ出身の元女子プロテニス選手。1978年全仏オープン女子シングルス優勝者である。ルーマニア出身の先輩選手イリ・ナスターゼ1972年全米オープン1973年全仏オープン4大大会に2勝した後、ルジッチは女子の第一人者として活躍し、同国の女子選手として最初の4大大会優勝者になった。WTAツアーでシングルス14勝を挙げる。

来歴[編集]

ルジッチは1973年から女子テニス国別対抗戦・フェデレーションカップルーマニア代表選手になり、1975年にプロ入りした。1976年から競技成績を伸ばし、全仏オープンスー・バーカーイギリス)との準決勝まで進み、全米オープンではミマ・ヤウソベッツユーゴスラビア)との準々決勝まで勝ち進む。1978年全仏オープンで、バージニア・ルジッチは女子シングルス優勝、女子ダブルス優勝、混合ダブルス準優勝を記録し、3部門すべてで決勝進出を果たした。女子シングルス決勝戦では、大会2連覇を目指したヤウソベッツを 6-2, 6-2 で圧倒し、ルーマニア出身の女子選手として最初の4大大会優勝者になる。この年は続くウィンブルドン全米オープンでもベスト8に入り、女子テニスツアーでも年間5勝を挙げるなど、彼女の選手経歴の中でもハイライトの時期だった。1980年全仏オープンで2年ぶり2度目の決勝進出を果たしたが、今度はクリス・エバート・ロイドに 0-6, 3-6 で敗れ、2度目の優勝はならなかった。

ルジッチが2度目の優勝を逃した1980年まで、全仏オープンの女子シングルス本戦は出場資格者が「64名」であり、決勝までに6試合を勝ち進む流れになっていた。しかし1981年から出場枠が現在のような「128名」になり、7試合を勝ち進む方式に拡大された。その中で、ルジッチは1981年と1982年の大会では準々決勝まで進んでいる。この2年間は、上位シード選手は「1回戦不戦勝」(テニスの成績表では“BYE”という)を認められていた。1983年から現在のような、128名の選手全員が1回戦から勝ち抜くトーナメント方式になる。ルジッチの現役選手時代は、4大大会のトーナメント・システムにも大きな変更が加えられた過渡期でもあった。

1982年ウィンブルドン準々決勝でマルチナ・ナブラチロワに 2-6, 3-6 で敗れた試合の後、ルジッチのテニス成績は下降線にさしかかる。1987年のシーズンを最後に、ルジッチは32歳で現役を引退した。

4大大会優勝[編集]

  • 全仏オープン 女子シングルス:1勝(1978年)/女子ダブルス:1勝(1978年)
大会 対戦相手 試合結果
1978年 全仏オープン ユーゴスラビアの旗 ミマ・ヤウソベッツ 6–2, 6–2

外部リンク[編集]