モニカ・セレシュ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
モニカ・セレシュ Tennis pictogram.svg
Monica Seles Canadian Open.jpg
モニカ・セレシュのサービス
基本情報
ラテン文字名 Monica Seles
国籍 ユーゴスラビアの旗 ユーゴスラビアアメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ユーゴスラビア・ノヴィ・サド
居住地 アメリカ・フロリダ州サラソータ
生年月日 (1973-12-02) 1973年12月2日(43歳)
身長 179cm
体重 70kg
利き手
バックハンド 両手打ち
ツアー経歴
デビュー年 1989年
引退年 2008年
ツアー通算 59勝
シングルス 53勝
ダブルス 6勝
生涯通算成績 684勝167敗
シングルス 595勝122敗
ダブルス 89勝45敗
生涯獲得賞金 $14,891,762
4大大会最高成績・シングルス
全豪 優勝(1991-93・96)
全仏 優勝(1990-92)
全英 準優勝(1992)
全米 優勝(1991・92)
優勝回数 9(全豪4・全仏3・全米2)
4大大会最高成績・ダブルス
全豪 ベスト4(1991・2001)
全仏 3回戦(1990)
全英 ベスト8(1999)
全米 ベスト8(1999)
キャリア自己最高ランキング
シングルス 1位(1991年3月11日)
ダブルス 16位(1991年4月22日)
獲得メダル
女子 テニス
オリンピック
2000 シドニー シングルス

モニカ・セレシュセレシュ・モーニカMonica Seles, Monika Seleš, セルビア語: Моника Селеш, ハンガリー語: Szeles Mónika, 1973年12月2日 - )は、ユーゴスラビアセルビア)・ヴォイヴォディナ自治州ノヴィ・サド出身のハンガリー人マジャル人)で、現在はアメリカ国籍の女子プロテニス選手。フロリダ州サラソタ在住。「セレス」と呼ばれることも多い。

左利きだが、フォアハンド・ストローク、バックハンド・ストロークとも両手打ちで、そこから繰り出される強烈なショットを最大の持ち味とした。WTAツアーで4大大会9勝を含むシングルス53勝、ダブルス6勝を挙げた。

経歴[編集]

1989年に15歳でプロ転向後、セレシュはすぐに世界的な活躍を始めた。4月末にアメリカヒューストンの大会でクリス・エバートを決勝で 3-6, 6-1, 6-4 で破り、WTAツアー初優勝を飾る。その年初出場した全仏オープンでいきなり準決勝進出を果たし、初対戦のシュテフィ・グラフに 3-6, 6-3, 3-6 で敗れたものの善戦する。翌1990年全仏オープンでは、決勝でグラフを 7-6, 6-4 のストレートで圧倒し、「16歳6ヶ月」の当時のオープン化以降4大大会最年少優勝記録を樹立した。(これは現在も全仏オープン女子シングルスの大会最年少優勝記録である。4大大会女子シングルスの最年少優勝記録は、1997年全豪オープンに「16歳3ヶ月」で優勝したマルチナ・ヒンギスによって破られた。)1991年3月11日には、史上最年少の「17歳3ヶ月」で世界ランキング1位の座につき、グラフの世界1位連続保持記録を「186週」で止めた。1990年-1992年全仏オープン3連覇、1991年-1993年全豪オープン3連覇、1991年1992年全米オープン2連覇を達成するなど、1990年から1993年の4月までは彼女の絶頂期であった。

しかし1993年4月30日、セレシュはドイツハンブルクの「シチズンカップ」準々決勝でブルガリアマグダレナ・マレーバとの対戦中に、暴漢ギュンター・パルシェに背中を刺された。この事件が競技中に起きたことから、全スポーツ界に大きな衝撃が広がる。セレシュはこの後遺症により(PTSDと考えられる)、2年半も試合から遠ざかった。(暴漢はグラフの“熱狂的ファン”と自称し、「セレシュに怪我をさせれば、その間試合に出場できなくなるので、グラフが再び世界1位に返り咲けると思った」と犯行動機を話している。)この事件によるブランク期間中の1994年3月、モニカ・セレシュはアメリカ市民権を取得した。なお、この事件以降セレシュはドイツ国内でのプレーを拒否してきた。2001年に女子ツアー年間最終戦のWTAツアー選手権がアメリカ・ニューヨークからドイツ・ミュンヘンに開催地を移転した時も、前年の2000年から「(来年)仮に出場資格を得たとしても、欠場するだろう」と話していた。(ミュンヘン開催は2001年の1度だけだった。)

1995年8月、セレシュはようやくカナダオープンで復帰を果たす。その準決勝ではガブリエラ・サバティーニ、決勝でアマンダ・クッツァーを破り、復帰戦を優勝で飾った。翌月の全米オープンでは第2シードで出場。決勝ではライバルのシュテフィ・グラフに 6-7, 6-0, 3-6 で敗れたが、以前と変わらない大接戦で、ブランクを全く感じさせなかった。翌1996年、セレシュは全豪オープンで復帰後初の4大大会優勝を果たす。この勝利により達成した4大大会女子シングルス通算9勝は、モーリーン・コノリーと並ぶ女子歴代8位タイ記録である。

その後はけがによる不振や、マルチナ・ヒンギスビーナスセリーナのウィリアムズ姉妹など若手の台頭により、4大大会の優勝から遠ざかった。その後の4大大会で、最も優勝に近かったのは1998年全仏オープンであった。大会直前の5月16日、長年彼女を支え続けてきた父親が死去したばかりであった。その悲しみを乗り越え、準決勝で第1シードのマルチナ・ヒンギスを破り、全仏オープンでは6年ぶり4度目、4大大会では1996年全米オープン以来となる決勝進出を果たした。決勝戦の対戦相手は、それまでの対戦成績が14勝2敗のアランチャ・サンチェス・ビカリオであり、圧倒的にセレシュ有利と言われたが、サンチェスの粘りのテニスに屈し 6-7, 6-0, 2-6 で敗れて準優勝に終わった。これが彼女の最後の4大大会決勝戦になる。これはまた、セレシュが4大大会決勝戦でグラフ以外の選手に初めて(唯一)敗れた試合でもあった。

2003年全仏オープン1回戦でナディア・ペトロワロシア)に敗退したのが、セレシュの最後の公式戦出場になる。その後は足の故障により、公式戦復帰への手がかりをつかむことができなかった。2005年12月には「私はまだ練習に励み、挑戦を続けている。でも同時に現実主義者でもある」と語り、近いうちの引退を示唆するコメントを発表した。最後の公式戦出場から5年後、セレシュは2008年2月14日(日本時間15日)に正式な現役引退を表明した。

現役引退表明と前後する2008年1月、セレシュはテニス番組の拡充に力を入れているWOWOWと契約を結び、「WOWOWテニスアンバサダー」の肩書きで同社公式サイトでのコラム執筆を開始した。3月に来日し、記者会見やテニスクリニックの開催などを行った[1]。さらにローレウス・スポーツ賞のアカデミー選考委員にも加わり、多彩な活動を繰り広げている[2]

2009年7月11日、モニカ・セレシュはアンドレス・ヒメノスペイン)らとともに国際テニス殿堂入りを果たした。

2014年6月、大富豪のトム・ゴリサリーノ英語版との婚約を発表した[3]

著書に『私は負けない』(1996年刊行、原題:“From Fear to Victory”、直訳では「恐れから勝利へ」の意味)がある。

記録[編集]

全豪オープン「3連覇」
他4名とタイ記録。
全仏オープン「3連覇」
ジュスティーヌ・エナンとタイ記録。
全仏オープン最年少優勝「16歳」
年間ですべてのグランドスラム決勝に進出
他5名とタイ記録。

4大大会優勝[編集]

  • 全豪オープン:4勝(1991年-1993年、1996年) [大会3連覇を含む]
  • 全仏オープン:3勝(1990年-1992年) [大会3連覇。初優勝の1990年は大会史上最年少記録。準優勝1度:1998年]
  • 全米オープン:2勝(1991年&1992年) [復帰後の1995年&1996年、2年連続準優勝]
ウィンブルドン準優勝1度:1992年)
大会 対戦相手 試合結果
1990年 全仏オープン 西ドイツの旗 シュテフィ・グラフ 7-6, 6-4
1991年 全豪オープン チェコスロバキアの旗 ヤナ・ノボトナ 5-7, 6-3, 6-1
1991年 全仏オープン スペインの旗 アランチャ・サンチェス・ビカリオ 6-3, 6-4
1991年 全米オープン アメリカ合衆国の旗 マルチナ・ナブラチロワ 7-6, 6-1
1992年 全豪オープン アメリカ合衆国の旗 メアリー・ジョー・フェルナンデス 6-2, 6-3
1992年 全仏オープン ドイツの旗 シュテフィ・グラフ 6-2, 3-6, 10-8
1992年 全米オープン スペインの旗 アランチャ・サンチェス・ビカリオ 6-3, 6-3
1993年 全豪オープン ドイツの旗 シュテフィ・グラフ 4-6, 6-3, 6-2
1996年 全豪オープン ドイツの旗 アンケ・フーバー 6-4, 6-1

4大大会シングルス成績[編集]

略語の説明
W  F  SF QF #R RR Q# LQ A WG Z# PO SF-B S G NMS NH

W=優勝, F=準優勝, SF=ベスト4, QF=ベスト8, #R=#回戦敗退, RR=ラウンドロビン敗退, Q#=予選#回戦敗退, LQ=予選敗退, A=大会不参加
WG=デビスカップワールドグループ, Z#=デビスカップ地域ゾーン, PO=デビスカッププレーオフ, SF-B=オリンピック銅メダル, S=オリンピック銀メダル, G=オリンピック金メダル, NMS=マスターズシリーズから降格, NH=開催なし.

大会 1989 1990 1991 1992 1993 1994 1995 1996 1997 1998 1999 2000 2001 2002 2003 通算成績
全豪オープン A A W W W A A W A A SF A QF SF 2R 43-4
全仏オープン SF W W W A A A QF SF F SF QF A QF 1R 54–8
ウィンブルドン 4R QF A F A A A 2R 3R QF 3R QF A QF A 30–9
全米オープン 4R 3R W W A A F F QF QF QF QF 4R QF A 54-10
テニス4大大会女子シングルス優勝記録
順位 優勝回数 選手名
1位 24勝 オーストラリアの旗 マーガレット・スミス・コート
2位 23勝 アメリカ合衆国の旗 セリーナ・ウィリアムズ*
3位 22勝 ドイツの旗 シュテフィ・グラフ
4位 19勝 アメリカ合衆国の旗 ヘレン・ウィルス・ムーディ
5位タイ 18勝 アメリカ合衆国の旗 クリス・エバート | アメリカ合衆国の旗 マルチナ・ナブラチロワ
7位 12勝 アメリカ合衆国の旗 ビリー・ジーン・キング  
8位タイ 9勝 アメリカ合衆国の旗 モーリーン・コノリー | ユーゴスラビア社会主義連邦共和国の旗アメリカ合衆国の旗 モニカ・セレシュ
10位タイ 8勝 フランスの旗 スザンヌ・ランラン | ノルウェーの旗アメリカ合衆国の旗 モーラ・マロリー
12位タイ 7勝 イギリスの旗 ドロテア・ダグラス・チェンバース | ブラジルの旗 マリア・ブエノ | オーストラリアの旗 イボンヌ・グーラゴング | ベルギーの旗 ジュスティーヌ・エナン | アメリカ合衆国の旗 ビーナス・ウィリアムズ*
*は現役選手

脚注[編集]

  1. ^ モニカ・セレス来日 - テニス4大会の魅力と錦織圭への期待を語る”. マイコミジャーナル (2008年3月10日). 2009年6月4日閲覧。
  2. ^ Laureus Academy Member”. Laureus.com (2010年2月10日). 2010年2月10日閲覧。
  3. ^ Danielle Haynes (2014年6月8日). “Monica Seles engaged to Tom Golisano”. UPI通信. 2015年2月22日閲覧。

外部リンク[編集]