ガブリエラ・サバティーニ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ガブリエラ・サバティーニ Tennis pictogram.svg
Gabriela Sabatini US Embassy in Argentina cropped.jpg
2012年のガブリエラ・サバティーニ
基本情報
ラテン文字名 Gabriela Sabatini
フルネーム Gabriela Beatriz Sabatini
愛称 ガビー
国籍 アルゼンチンの旗 アルゼンチン
出身地 同・ブエノスアイレス
生年月日 (1970-05-16) 1970年5月16日(47歳)
身長 175cm
体重 59kg
利き手
バックハンド 片手打ち
ツアー経歴
デビュー年 1985年
引退年 1996年
ツアー通算 40勝
シングルス 27勝
ダブルス 13勝
生涯通算成績 884勝285敗
シングルス 632勝189敗
ダブルス 252勝96敗
生涯獲得賞金 $8,683,232
4大大会最高成績・シングルス
全豪 ベスト4(1989・92-94)
全仏 ベスト4(1985・87・88・
91・92)
全英 準優勝(1991)
全米 優勝(1990)
優勝回数 1(米1)
4大大会最高成績・ダブルス
全豪 ベスト4(1989)
全仏 準優勝(1986・87・89)
全英 優勝(1988)
全米 ベスト4(1986-89)
優勝回数 1(英1)
キャリア自己最高ランキング
シングルス 3位(1989年2月27日)
ダブルス 3位(1988年7月4日)
獲得メダル
女子 テニス
オリンピック
1988 ソウル シングルス

ガブリエラ・ベアトリス・サバティーニ(Gabriela Beatriz Sabatini、1970年5月16日 - )は、アルゼンチンブエノスアイレス出身の元女子プロテニス選手。1990年全米オープン女子シングルス優勝者である。

ボールに回転を多くかけた、重いトップスピン(順回転)のグラウンド・ストロークを得意にした選手だった。シングルス自己最高ランキングは3位。WTAツアーでシングルス27勝、ダブルス13勝を挙げた。

美貌と親しみやすい人柄で幅広い人気を持ち、「ガビー」(Gaby)の愛称で呼ばれていた。

経歴[編集]

サバティーニ姓はイタリア南部に起源を持つ。 1985年1月に14歳でプロ入り。その3か月後、いきなり「ヒルトンヘッド」大会でクリス・エバートとの決勝戦に勝ち進み、全仏オープンでエバートとの準決勝に進出した。同年10月に日本の「ジャパン・オープン」でプロ初優勝を果たす。それから4大大会でベスト4の常連になったが、勝負所で精神的な弱さが出て、決勝進出を逃すことが多かった。1988年全米オープンで初の4大大会決勝進出を果たすが、ライバルのシュテフィ・グラフに競り負け、グラフの「年間グランドスラム」達成を目撃することになった。続くソウル五輪決勝でもグラフに敗れ、銀メダルに終わる。金メダルを獲得したグラフの偉業は「ゴールデン・スラム」と名づけられた。

2年後の1990年に、サバティーニは全米オープン決勝でグラフを 6-2, 7-6 のストレートで破り、宿願の4大大会初優勝を達成した。当時のコーチ、カルロス・キルメイヤーの手ほどきにより、積極的なネット・プレーが功を奏した勝利だった。それからライバルのグラフに5連勝したが、翌1991年ウィンブルドン選手権で3度目の4大大会決勝戦に進出した時、そのグラフに 4-6, 6-3, 6-8 の大激戦で競り負けた。これが結果的にサバティーニの最後の4大大会決勝戦となり、以後は再びベスト4止まりに逆戻りした。

グラフとはシングルスで「11勝29敗」の対戦成績を残し、彼女に10勝以上を挙げた唯一の選手として記録に残っている。またグラフとサバティーニはダブルスでパートナーも組み、1988年ウィンブルドンの女子ダブルス部門で優勝を飾った。

サバティーニはまた、1991年の「バージニア・スリムズ・オブ・ロサンゼルス」大会の準決勝をきっかけに、同じ年に当たる日本の伊達公子選手と対戦する機会も多くなった。1994年11月、伊達が日本人女子選手として初めてWTAツアー選手権(当時の名称は「バージニア・スリムズ選手権」)に出場資格を得た時、準決勝で彼女の前に立ちはだかったのはサバティーニだった。1995年3月の「リプトン国際選手権」準決勝では伊達が 1-6, 7-6, 7-6 の逆転勝利を収めている。

日本の試合ではプロ初優勝となった1985年のジャパン・オープンのほかに、「東レ パン・パシフィック・オープン・テニストーナメント」でも1987年1991年1992年の3度優勝を飾っている。

サバティーニのキャリアに陰りが見え始めたのは、1993年全仏オープン準々決勝敗退の頃からである。この時サバティーニは若い頃から苦手意識の強かったメアリー・ジョー・フェルナンデスアメリカ)に 6-1, 5-1 とリードしていたが、ここからフェルナンデスに追いつかれ、その結果 6-1, 6-7, 8-10 で大逆転負けを喫してしまう。サービスの改善がサバティーニの長年の課題であったが、なかなかうまくゆかず、挙げ句の果てに慢性の腹筋痛を抱えることになった。(テニスのサーブは、とりわけ腹筋にかかる負担が大きい。)1996年10月に26歳の若さで現役引退を決断する。11月第3週にアメリカ・ニューヨークマディソン・スクエア・ガーデンWTAツアー選手権が開催された時、サバティーニと伊達公子の2人のために「引退式典」が開かれた。

現役選手時代にはファッションモデルとしても活躍し、自分のブランドの香水も発表している。

2006年7月15日、サバティーニはアルゼンチンのテニス選手としてギリェルモ・ビラス以来2人目の国際テニス殿堂入りを果たした。

4大大会優勝[編集]

大会 対戦相手 試合結果
1990年 全米オープン ドイツの旗 シュテフィ・グラフ 6-2, 7-6

外部リンク[編集]