この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

加藤未唯

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

加藤未唯
Miyu Kato
Tennis pictogram.svg
Kato US16 (12) (29235802674).jpg
加藤未唯
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 同・京都府京都市
生年月日 (1994-11-21) 1994年11月21日(25歳)
身長 156cm
体重 49kg
利き手
バックハンド 両手打ち
ツアー経歴
デビュー年 2013年
ツアー通算 2勝
シングルス 0勝
ダブルス 2勝
生涯獲得賞金 716,466 アメリカ合衆国ドル
4大大会最高成績・シングルス
全仏 1回戦(2017)
4大大会最高成績・ダブルス
全豪 ベスト4(2017)
全仏 2回戦(2017)
全英 2回戦(2016)
全米 3回戦(2016)
キャリア自己最高ランキング
シングルス 122位(2018年1月15日)
ダブルス 30位(2017年1月30日)
獲得メダル
女子テニス
アジア競技大会
2018 ジャカルタ ダブルス
2018年9月22日現在

加藤 未唯(かとう みゆ、1994年11月21日 - )は、日本の女子プロテニス選手。京都府京都市出身。ザイマックス所属。これまでにWTAツアーでダブルス1勝を挙げている。WTAランキング最高位はシングルス122位、ダブルス30位。身長156cm。右利き、バックハンド・ストロークは両手打ち。2017年全豪オープン女子ダブルスベスト4進出。

来歴

京都市立修学院小学校立命館宇治中学校・高等学校卒業[1]

小学校低学年の8歳からテニスを始め[2]、パプリッククラブ宝ヶ池で腕を磨く。

2011年全豪オープンジュニア女子ダブルスで、1学年上の穂積絵莉とのペアで準優勝。2012年8月の全日本ジュニアテニス選手権U-18女子シングルスにて、決勝で澤柳璃子と対戦し、澤柳の負傷棄権によってジュニアU-18女王となる[3]。翌2013年10月にプロ入り。

2014年の島津全日本室内テニス選手権大会では決勝で今西美晴を6-1, 6-4で下してプロ初優勝を飾った[4]

シングルスは2015年全米オープンから4大大会の予選に挑戦を始める。ダブルスでは奈良くるみとのペアで2016年全仏オープン女子ダブルスに初出場を果たしている[2]

2016年は穂積とのペアで2月の台湾オープンで準優勝、4月のカトヴィツェ・オープンでダブルスでのツアー初優勝を果たす。2016年全米オープン女子ダブルスでは3回戦に進出した。

2017年全豪オープン女子ダブルスでは穂積とペアを組み、3回戦で第4シードのサニア・ミルザ/バルボラ・ストリコバ組を6–3, 2–6, 6–2で、準々決勝でミリヤナ・ルチッチ=バロニ/アンドレア・ペトコビッチ組を6–3, 6–3で破り、日本人同士のペアとしては2002年全仏オープン杉山愛/藤原里華組以来15年ぶりとなるベスト4進出を果たす[2]、準決勝では第2シードのベサニー・マテック=サンズ/ルーシー・サファロバ組に善戦するもフルセットの末に敗れ、決勝進出を逸した[5]

2017年全仏オープンでは初めてシングルス予選を勝ち上がり本戦に出場した。1回戦でテイラー・タウンゼントに 4-6, 0-6 で敗れた。 9月のジャパン女子オープンテニスでは、予選3試合を勝ち抜き本選へ進出。初戦で同世代の日比野菜緒を 6-3, 6-4、2回戦で第4シードのクリスティナ・プリスコバを7-5, 6-3で降し、ツアー初のベスト8へ進出。準々決勝ではアレクサンドラ・クルニッチを 6-1, 6-3 のストレートで破り、準決勝では同じく予選勝者のヤナ・フェットにマッチポイントを握られるも、4-6, 7-6 (7-1), 6-4 の大激戦の末、逆転勝利。決勝ではザリナ・ディアスに 2-6, 5-7 で敗れて初優勝を逃したが、翌週の世界ランクでは自己最高の123位を記録した[6]

2018年は9月の花キューピットオープンで、ダブルスで二宮真琴とのペアで決勝進出。しかし決勝で穂積/張帥組に敗れた[7]。翌週の東レ パン・パシフィック・オープンでは二宮とのペアで2週連続で決勝進出。決勝でアンドレア・セスティニ・フラバーチコバ/バルボラ・ストリコバ組に勝利し、日本でのツアー大会で初優勝を果たした[8]

WTAツアー決勝進出結果

シングルス: 1回 (0勝1敗)

大会グレード
グランドスラム (0–0)
WTAファイナルズ (0–0)
プレミア・マンダトリー (0–0)
プレミア5 (0-0)
WTAエリート・トロフィー (0-0)
プレミア (0–0)
インターナショナル (0–1)
結果 No. 決勝日 大会 サーフェス 対戦相手 スコア
準優勝 1. 2017年9月16日 日本の旗 東京 ハード カザフスタンの旗 ザリナ・ディアス 2–6, 5–7

ダブルス: 5回 (2勝3敗)

結果 No. 決勝日 大会 サーフェス パートナー 対戦相手 スコア
準優勝 1. 2016年2月14日 台湾の旗 高雄 ハード 日本の旗 穂積絵莉 チャイニーズタイペイの旗 詹皓晴
チャイニーズタイペイの旗 詹詠然
4–6, 3–6
優勝 1. 2016年4月10日 ポーランドの旗 カトヴィツェ ハード
(室内)
日本の旗 穂積絵莉 ロシアの旗 ワレンティナ・イワフネンコ
ロシアの旗 マリナ・メルニコワ
3–6, 7–5, [10–8]
準優勝 2. 2018年1月7日 ニュージーランドの旗 オークランド ハード 日本の旗 穂積絵莉 イタリアの旗 サラ・エラニ
オランダの旗 ビビアネ・スクーフス
5–7, 1–6
準優勝 3. 2018年9月16日 日本の旗 広島 ハード 日本の旗 二宮真琴 日本の旗 穂積絵莉
中華人民共和国の旗 張帥
2–6, 4–6
優勝 2. 2018年9月22日 日本の旗 東京 ハード (室内) 日本の旗 二宮真琴 チェコの旗 アンドレア・セスティニ・フラバーチコバ
チェコの旗 バルボラ・ストリコバ
6–4, 6–4

4大大会シングルス成績

略語の説明
W  F  SF QF #R RR Q# LQ A WG Z# PO SF-B S G NMS NH

W=優勝, F=準優勝, SF=ベスト4, QF=ベスト8, #R=#回戦敗退, RR=ラウンドロビン敗退, Q#=予選#回戦敗退, LQ=予選敗退, A=大会不参加
WG=デビスカップワールドグループ, Z#=デビスカップ地域ゾーン, PO=デビスカッププレーオフ, SF-B=オリンピック銅メダル, S=オリンピック銀メダル, G=オリンピック金メダル, NMS=マスターズシリーズから降格, NH=開催なし.

大会 2015 2016 2017 2018 通算成績
全豪オープン A LQ LQ LQ
全仏オープン A LQ 1R LQ 0–1
ウィンブルドン A LQ LQ LQ
全米オープン LQ LQ LQ A

脚注

外部リンク