ビクトリア・アザレンカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ビクトリア・アザレンカ
Victoria Azarenka 2012.jpg
ビクトリア・アザレンカ
基本情報
ラテン文字名 Victoria Azarenka
愛称 ビカ(Vika)
国籍 ベラルーシの旗 ベラルーシ
出身地 同・ミンスク
生年月日 1989年7月31日(24歳)
身長 183cm
体重 66kg
利き手
バックハンド 両手打ち
ツアー経歴
デビュー年 2003年
ツアー通算 23勝
シングルス 17勝
ダブルス 6勝
4大大会最高成績・シングルス
全豪 優勝(2012・13)
全仏 ベスト4(2013)
全英 ベスト4(2011・12)
全米 準優勝(2012・13)
優勝回数 2(豪2)
4大大会最高成績・ダブルス
全豪 準優勝(2008・11)
全仏 準優勝(2009)
全英 ベスト8(2008)
全米 2回戦(2009)
4大大会最高成績・混合ダブルス
全豪 準優勝(2007)
全仏 優勝(2008)
全英 3回戦(2012)
全米 優勝(2007)
優勝回数 2(仏1・米1)
キャリア自己最高ランキング
シングルス 1位(2012年1月30日)
ダブルス 7位(2008年7月7日)
獲得メダル
テニス
オリンピック
2012 ロンドン 混合 ダブルス
2012 ロンドン 女子 シングルス
2013年10月31日現在

ビクトリア・アザレンカVictoria Azarenka, ベラルーシ語: Вікторыя Азаранка, 1989年7月31日 - )は、ベラルーシミンスク出身の女子プロテニス選手。2012年2013年全豪オープン女子シングルスの優勝者であり、ベラルーシ人として初めて世界ランキング1位になった選手である。これまでにWTAツアーでシングルス17勝、ダブルス6勝を挙げる。自己最高ランキングはシングルス1位、ダブルス7位。身長183cm、体重66kg。右利き、バックハンド・ストロークは両手打ち。

来歴[編集]

アザレンカは母親の勧めで7歳からテニスを始めたが、家族の中でテニスをしているのはビクトリア1人だけである。2004年ウィンブルドンのジュニア女子ダブルス部門で優勝し、2005年には全豪オープン全米オープンのジュニア女子シングルス、全仏オープンウィンブルドンのジュニア女子ダブルスで優勝した。ジュニア女子ダブルスでは、アグネシュ・サバイハンガリー)とのコンビで2大会連続優勝を達成している。2005年から女子テニス国別対抗戦・フェドカップベラルーシ代表選手になった。

2006年から4大大会の本戦に出場し始め、全米オープンで初めての3回戦進出を決める。17歳のアザレンカは1回戦で第11シードのアナスタシア・ミスキナを破った金星の後、3回戦でアンナ・チャクベタゼロシア)に敗れた。全米オープンの後、2006年10月のウズベキスタンタシュケント大会で、アザレンカは同じベラルーシタチアナ・ポウチェクとペアを組んでダブルス初優勝を飾り、シングルスでも準決勝まで進出した。

2007年全豪オープンで、ビクトリア・アザレンカはベラルーシの先輩選手マックス・ミルヌイとペアを組んだ混合ダブルス部門で決勝に勝ち進み、ベテランペアのダニエル・ネスターカナダ)&エレーナ・リホフツェワロシア)組に 4-6, 4-6 で敗れて準優勝になった。この年は全仏オープン以外の4大大会で3回戦に勝ち残る。全米オープン3回戦では元世界1位のマルチナ・ヒンギスを破った後、初進出の4回戦で2004年の優勝者スベトラーナ・クズネツォワに 2-6, 3-6 で敗れた。この後、アザレンカとミルヌイは混合ダブルスで全豪オープンに続く決勝進出を果たし、リーンダー・パエスインド)&メガン・ショーネシーアメリカ)組を 6-4, 7-6 で破り、アザレンカはここで初めてのグランドスラム・タイトルを獲得した。

2008年全豪オープンで、アザレンカは初めて女子シングルスの「第26シード」に選ばれ、3回戦で大会前年度優勝者のセリーナ・ウィリアムズに敗れた。同大会では女子ダブルスで活躍し、シャハー・ピアーイスラエル)とペアを組んで決勝に勝ち進んだが、ウクライナの姉妹ペアであるアリョーナ・ボンダレンコ&カテリナ・ボンダレンコ組に 6-2, 1-6, 4-6 の逆転で敗れ、準優勝に終わった。全仏オープンでは、シングルスは4回戦でスベトラーナ・クズネツォワに敗れたが、混合ダブルスでボブ・ブライアンアメリカ)とペアを組み、決勝でネナド・ジモニッチセルビア)&カタリナ・スレボトニクスロベニア)組を 6-2, 7-6 で破って優勝した。これにより、アザレンカは混合ダブルスで全仏オープンと全米オープンの2冠を獲得したことになる。8月の北京五輪にもベラルーシ代表選手として初出場し、シングルス3回戦でビーナス・ウィリアムズに敗れた。

2009年1月、アザレンカはブリスベン国際決勝戦でマリオン・バルトリフランス)に 6-3, 6-1 で快勝し、女子ツアーシングルス初優勝を達成した。同年の全仏オープンで、アザレンカは初めてのシングルス・ベスト8に入り、女子ダブルスでエレーナ・ベスニナロシア)と組んで準優勝した。アザレンカとベスニナは、決勝で2連覇を目指したスペインペアのビルヒニア・ルアノ・パスクアル&アナベル・メディナ・ガリゲス組に 1-6, 1-6 で完敗した。この年は女子ツアーでシングルス3勝・ダブルス2勝を挙げ、彼女はシングルス・ダブルスともに世界ランキングトップ10入りを果たした。

2010年はシングルスで4回決勝に進出し2大会で優勝、2大会で準優勝した。2011年の全豪オープンではシングルスは4回戦で敗退したが、マリア・キリレンコと組んだダブルスで3年ぶりの決勝に進出した。決勝では第1シードのヒセラ・ドゥルコ&フラビア・ペンネッタ組に 6-2, 5-7, 1-6 の逆転で敗れ4大大会ダブルス初優勝を逃した。

2011年のマイアミ大会とマルベーリャ大会で2週連続優勝を果たした。5月のマドリード大会では決勝でペトラ・クビトバチェコ)に 6–7(3), 4–6 で敗れたが、大会後のランキングで4位となりナターシャ・ズベレワの5位を超え、ベラルーシ人として最高位を記録した。ウィンブルドンでは4大大会シングルスで初めてのベスト4に進出。準決勝で優勝したペトラ・クビトバに 1–6, 6–3, 2–6 で敗れた。全米オープンでは3回戦でセリーナ・ウィリアムズに 1-6, 6-7(5) で敗れたが大会後のランキングで自己最高の3位を記録した。最終戦では初めての決勝に進出しペトラ・クビトバに 5–7, 6–4, 3–6 で敗れ準優勝となった。

2012年は初戦のシドニー国際で優勝し、全豪オープンでは、4大大会初の決勝進出。決勝で、マリア・シャラポワに 6-3, 6-0 でストレート勝ち。4大大会シングルス初優勝となった。大会終了後のランキングでベラルーシ人として初めての世界ランキング1位になった。2月のドーハ大会と3月のインディアンウェルズ大会でも優勝した。続くソニー・エリクソン・オープン準々決勝でマリオン・バルトリに 3-6, 3-6 で敗れ、開幕からの連勝は26でストップした。全仏オープンでは4回戦でドミニカ・チブルコバに 2–6, 6–7 で敗れ優勝したシャラポワに1位を明け渡した。ウィンブルドンでは2年連続のベスト4に進出した。準々決勝でセリーナ・ウィリアムズに 3–6, 6–7 で敗れたがシャラポワが4回戦で敗退したことにより1位に復帰した。7月のロンドン五輪で2度目の五輪に出場した。シングルスでは準決勝でセリーナ・ウィリアムズに 1–6, 2–6 で敗れたが、準決勝敗退選手2名による「銅メダル決定戦」でロシアのマリア・キリレンコに 6-3, 6-4 で勝利し銅メダルを獲得した。マックス・ミルヌイと組んだ混合ダブルスでは決勝でローラ・ロブソン&アンディ・マリー組に 2–6, 6–3, [10–8] で勝利し金メダルを獲得した。全米オープンでは決勝でセリーナ・ウィリアムズに 2–6, 6–2, 5–7 で敗れ準優勝となった。

2013年全豪オープンでは決勝で李娜を 4-6, 6-4, 6-3 で破り大会連覇を果たした。全米オープンでは決勝において2年連続でセリーナ・ウィリアムズと対戦したが、5-7, 7-6, 1-6 で破れ、昨年の雪辱はならなかった。

WTAツアー決勝進出結果[編集]

シングルス: 32回 (17勝15敗)[編集]

結果 No. 決勝日 大会 サーフェス 対戦相手 スコア
準優勝 1. 2007年5月6日 ポルトガルの旗 エストリル クレー ハンガリーの旗 グレタ・アルン 6–2, 1–6, 6–7(3)
準優勝 2. 2007年10月7日 ウズベキスタンの旗 タシケント ハード フランスの旗 ポーリーン・パルマンティエ 5–7, 2–6
準優勝 3. 2008年1月5日 オーストラリアの旗 ゴールドコースト ハード 中華人民共和国の旗 李娜 6–4, 3–6, 4–6
準優勝 4. 2008年5月4日 チェコの旗 プラハ クレー ロシアの旗 ベラ・ズボナレワ 6–7(2), 2–6
優勝 1. 2009年1月10日 オーストラリアの旗 ブリスベン ハード フランスの旗 マリオン・バルトリ 6–3, 6–1
優勝 2. 2009年2月21日 アメリカ合衆国の旗 メンフィス ハード (室内) デンマークの旗 キャロライン・ウォズニアッキ 6–1, 6–3
優勝 3. 2009年4月4日 アメリカ合衆国の旗 マイアミ ハード アメリカ合衆国の旗 セリーナ・ウィリアムズ 6–3, 6–1
準優勝 5. 2010年2月20日 アラブ首長国連邦の旗 ドバイ ハード アメリカ合衆国の旗 ビーナス・ウィリアムズ 3–6, 5–7
準優勝 6. 2010年6月19日 イギリスの旗 イーストボーン ロシアの旗 エカテリーナ・マカロワ 6–7(5), 4–6
優勝 4. 2010年8月1日 アメリカ合衆国の旗 スタンフォード ハード ロシアの旗 マリア・シャラポワ 6–4, 6–1
優勝 5. 2010年10月24日 ロシアの旗 モスクワ ハード (室内) ロシアの旗 マリア・キリレンコ 6–3, 6–4
優勝 6. 2011年4月3日 アメリカ合衆国の旗 マイアミ ハード ロシアの旗 マリア・シャラポワ 6–1, 6–4
優勝 7. 2011年4月10日 スペインの旗 マルベーリャ クレー ルーマニアの旗 イリーナ=カメリア・ベグ 6–3, 6–2
準優勝 7. 2011年5月8日 スペインの旗 マドリード クレー チェコの旗 ペトラ・クビトバ 6–7(3), 4–6
優勝 8. 2011年10月23日 ルクセンブルクの旗 ルクセンブルク ハード (室内) ルーマニアの旗 モニカ・ニクレスク 6–2, 6–2
準優勝 8. 2011年10月30日 トルコの旗 イスタンブール ハード (室内) チェコの旗 ペトラ・クビトバ 5–7, 6–4, 3–6
優勝 9. 2012年1月13日 オーストラリアの旗 シドニー ハード 中華人民共和国の旗 李娜 6–2, 1–6, 6–3
優勝 10. 2012年1月28日 オーストラリアの旗 全豪オープン ハード ロシアの旗 マリア・シャラポワ 6-3, 6–0
優勝 11. 2012年2月19日 カタールの旗 ドーハ ハード オーストラリアの旗 サマンサ・ストーサー 6–1, 6–2
優勝 12. 2012年3月18日 アメリカ合衆国の旗 インディアンウェルズ ハード ロシアの旗 マリア・シャラポワ 6–2, 6–3
準優勝 9. 2012年4月29日 ドイツの旗 シュトゥットガルト クレー ロシアの旗 マリア・シャラポワ 1–6, 4–6
準優勝 10. 2012年5月13日 スペインの旗 マドリード クレー アメリカ合衆国の旗 セリーナ・ウィリアムズ 1–6, 3–6
準優勝 11. 2012年9月9日 アメリカ合衆国の旗 全米オープン ハード アメリカ合衆国の旗 セリーナ・ウィリアムズ 2–6, 6–2, 5–7
優勝 13. 2012年10月7日 中華人民共和国の旗 北京 ハード ロシアの旗 マリア・シャラポワ 6–3, 6–1
優勝 14. 2012年10月14日 オーストリアの旗 リンツ ハード (室内) ドイツの旗 ユリア・ゲルゲス 6–3, 6–4
優勝 15. 2013年1月26日 オーストラリアの旗 全豪オープン ハード 中華人民共和国の旗 李娜 4-6, 6-4, 6-3
優勝 16. 2013年2月17日 カタールの旗 ドーハ ハード アメリカ合衆国の旗 セリーナ・ウィリアムズ 7–6(6), 2–6, 6–3
準優勝 12. 2013年5月19日 イタリアの旗 ローマ クレー アメリカ合衆国の旗 セリーナ・ウィリアムズ 1–6, 3–6
準優勝 13. 2013年8月4日 アメリカ合衆国の旗 カールスバッド ハード オーストラリアの旗 サマンサ・ストーサー 2–6, 3-6
優勝 17. 2013年8月18日 アメリカ合衆国の旗 シンシナティ ハード アメリカ合衆国の旗 セリーナ・ウィリアムズ 2–6, 6–2, 7–6(6)
準優勝 14. 2013年9月8日 アメリカ合衆国の旗 全米オープン ハード アメリカ合衆国の旗 セリーナ・ウィリアムズ 5–7, 7–6(5), 1–6
準優勝 15. 2014年1月4日 オーストラリアの旗 ブリスベン ハード アメリカ合衆国の旗 セリーナ・ウィリアムズ 4–6, 5–7

ダブルス: 16回 (6勝10敗)[編集]

結果 No. 決勝日 大会 サーフェス パートナー 対戦相手 スコア
準優勝 1. 2006年2月26日 アメリカ合衆国の旗 メンフィス ハード
(室内)
デンマークの旗 キャロライン・ウォズニアッキ アメリカ合衆国の旗 リサ・レイモンド
オーストラリアの旗 サマンサ・ストーサー
6–7(2), 3–6
優勝 1. 2006年5月14日 ウズベキスタンの旗 タシケント ハード ベラルーシの旗 タチアナ・ポウチェク イタリアの旗 マリア・エレナ・カメリン
スイスの旗 エマニュエレ・ガグリアルディ
不戦勝
準優勝 2. 2007年7月29日 アメリカ合衆国の旗 スタンフォード ハード ロシアの旗 アンナ・チャクベタゼ インドの旗 サニア・ミルザ
イスラエルの旗 シャハー・ピアー
4–6, 6–7(5)
準優勝 3. 2007年8月5日 アメリカ合衆国の旗 サンディエゴ ハード ロシアの旗 アンナ・チャクベタゼ ジンバブエの旗 カーラ・ブラック
アメリカ合衆国の旗 リーゼル・フーバー
5–7, 4–6
準優勝 4. 2007年9月30日 ルクセンブルクの旗 ルクセンブルク ハード
(室内)
イスラエルの旗 シャハー・ピアー チェコの旗 イベタ・ベネソバ
スロバキアの旗 ヤネッテ・フサロバ
4–6, 2–6
準優勝 5. 2007年10月14日 ロシアの旗 モスクワ カーペット (室内) ベラルーシの旗 タチアナ・ポウチェク ジンバブエの旗 カーラ・ブラック
アメリカ合衆国の旗 リーゼル・フーバー
6–4, 1–6, [7–10]
準優勝 6. 2008年1月25日 オーストラリアの旗 全豪オープン ハード イスラエルの旗 シャハー・ピアー ウクライナの旗 アリョーナ・ボンダレンコ
ウクライナの旗 カテリナ・ボンダレンコ
2–6, 6–1, 6–4
準優勝 7. 2008年4月13日 アメリカ合衆国の旗 アメリアアイランド クレー ロシアの旗 エレーナ・ベスニナ アメリカ合衆国の旗 ベサニー・マテック
チェコの旗 ブラディミラ・ウーリロバ
3–6, 1–6
優勝 2. 2009年2月21日 アメリカ合衆国の旗 メンフィス ハード
(室内)
デンマークの旗 キャロライン・ウォズニアッキ ウクライナの旗 ユリアナ・フェダク
オランダの旗 ミハエラ・クライチェク
6–1, 7–6(2)
優勝 3. 2009年3月21日 アメリカ合衆国の旗 インディアンウェルズ ハード ロシアの旗 ベラ・ズボナレワ アルゼンチンの旗 ヒセラ・ドゥルコ
イスラエルの旗 シャハー・ピアー
6–4, 3–6, [10–5]
準優勝 8. 2009年5月24日 フランスの旗 全仏オープン クレー ロシアの旗 エレーナ・ベスニナ スペインの旗 アナベル・メディナ・ガリゲス
スペインの旗 ビルヒニア・ルアノ・パスクアル
1–6, 1–6
優勝 4. 2010年8月15日 アメリカ合衆国の旗 シンシナティ ハード ロシアの旗 マリア・キリレンコ アメリカ合衆国の旗 リサ・レイモンド
オーストラリアの旗 レネ・スタブス
7–6(4), 7–6(8)
準優勝 9. 2011年1月28日 オーストラリアの旗 全豪オープン ハード ロシアの旗 マリア・キリレンコ アルゼンチンの旗 ヒセラ・ドゥルコ
イタリアの旗 フラビア・ペンネッタ
6-2, 5-7, 1-6
優勝 5. 2011年5月7日 スペインの旗 マドリード クレー ロシアの旗 マリア・キリレンコ チェコの旗 クベタ・ペシュケ
スロベニアの旗 カタリナ・スレボトニク
6–4, 6–3
優勝 6. 2011年7月31日 アメリカ合衆国の旗 スタンフォード ハード ロシアの旗 マリア・キリレンコ アメリカ合衆国の旗 リーゼル・フーバー
アメリカ合衆国の旗 リサ・レイモンド
6–1, 6–3
準優勝 10. 2011年8月15日 カナダの旗 トロント ハード ロシアの旗 マリア・キリレンコ アメリカ合衆国の旗 リーゼル・フーバー
アメリカ合衆国の旗 リサ・レイモンド
不戦敗

4大大会優勝[編集]

  • 全豪オープン 女子シングルス:2勝(2012年・2013年)[女子ダブルス準優勝:2008年・2011年/混合ダブルス準優勝:2007年]
  • 全仏オープン 混合ダブルス:1勝(2008年)[女子ダブルス準優勝:2009年]
  • 全米オープン 混合ダブルス:1勝(2007年)[女子シングルス準優勝:2012年・2013年]
大会 対戦相手 試合結果
2012年 全豪オープン ロシアの旗 マリア・シャラポワ 6–3, 6–0
2013年 全豪オープン 中華人民共和国の旗 李娜 4-6, 6-4, 6-3

4大大会シングルス成績[編集]

略語の説明
W  F  SF QF #R RR Q# LQ A WG Z# PO SF-B S G NMS NH

W=優勝, F=準優勝, SF=ベスト4, QF=ベスト8, #R=#回戦敗退, RR=ラウンドロビン敗退, Q#=予選#回戦敗退, LQ=予選敗退, A=大会不参加
WG=デビスカップワールドグループ, Z#=デビスカップ地域ゾーン, PO=デビスカッププレーオフ, SF-B=オリンピック銅メダル, S=オリンピック銀メダル, G=オリンピック金メダル, NMS=マスターズシリーズから降格, NH=開催なし.

大会 2006 2007 2008 2009 2010 2011 2012 2013 2014 通算成績
全豪オープン 1R 3R 3R 4R QF 4R W W QF 31-7
全仏オープン 1R 1R 4R QF 1R QF 4R SF 19–8
ウィンブルドン 1R 3R 3R QF 3R SF SF 2R 21–7
全米オープン 3R 4R 3R 3R 2R 3R F F 24–8

: 2013年ウィンブルドン2回戦の不戦敗は通算成績に含まない

その他[編集]

2012年末頃から、エレクトロホップデュオ「LMFAO」のメンバーであるアメリカ人ミュージシャン、レッドフー(英語 Redfoo、本名 ステファン・ケンダル・ゴーディ、英語 Stefan Kendal Gordy)と恋人関係にあることを公にしており、アザレンカの試合を観客席から応援するレッドフーの姿も度々目撃[1]されている。また、レッドフーが2013年9月にリリースした曲「レッツ・ゲット・リディキュラス」(英語 Let's Get Ridiculous)のミュージック・ビデオにアザレンカが豹柄の制服を着た客室乗務員役[2]としてカメオ出演、2013年11月に開催されたMTVヨーロッパ・ミュージック・アワードでは二人揃って出席[3]する様子が報じられた。

脚注・出典[編集]

外部リンク[編集]