ジョアンナ・コンタ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ジョアンナ・コンタ
Johanna Konta
Tennis pictogram.svg
Konta US16 (48) (29236562133).jpg
ジョアンナ・コンタ
基本情報
国籍 オーストラリアの旗 オーストラリア (2004–2012)
イギリスの旗 イギリス (2012–現在)
出身地 オーストラリア・シドニー
居住地 イギリス・イーストボーン
生年月日 (1991-05-17) 1991年5月17日(26歳)
身長 180cm
体重 70kg
利き手
バックハンド 両手打ち
ツアー経歴
デビュー年 2008年
ツアー通算 3勝
シングルス 3勝
ダブルス 0勝
生涯獲得賞金 5,840,958 アメリカ合衆国ドル
4大大会最高成績・シングルス
全豪 ベスト4(2016)
全仏 1回戦(2015-17)
全英 ベスト4(2017)
全米 4回戦(2015・16)
4大大会最高成績・ダブルス
全豪 2回戦(2016)
全仏 1回戦(2016)
全英 3回戦(2016)
キャリア自己最高ランキング
シングルス 4位(2017年7月17日)
ダブルス 88位(2016年8月1日)
2017年7月17日現在

ジョアンナ・コンタJohanna Konta, 1991年5月17日 - )は、オーストラリアシドニー出身でイギリスの女子プロテニス選手。2016年全豪オープン2017年ウィンブルドン女子シングルスでベスト4に入った選手である。これまでにWTAツアーでシングルス3勝を挙げている(ダブルス優勝はない)。身長180cm、体重70kg。右利き、バックハンド・ストロークは両手打ち。WTAランキング最高位はシングルス4位、ダブルス88位。

来歴[編集]

ハンガリー系移民でホテル経営者の父と歯科医の母の間に生まれ、8歳からテニスを始める。2008年にプロに転向。

2012年に国籍をイギリスに変更し2012年ウィンブルドン選手権に主催者推薦で4大大会に初出場した。1回戦でクリスティナ・マクヘールに 7-6(4), 2-6, 8-10 で競り負けた。全米オープンでは予選を勝ち上がり1回戦でティメア・バボシュを 6-2, 7-5 で破り初戦を突破した。

2015年6月のエイゴン国際では2回戦で当時8位のエカテリーナ・マカロワを 6-2, 6-4 で破り初めてトップ10選手に勝利した。全米オープンでは予選から勝ち上がり2回戦でガルビネ・ムグルサを 7-6(4), 6-7(4), 6-2 で破った。試合時間は3時間23分で全米オープン女子シングルス最長試合となった[1]。3回戦では第18シードのアンドレア・ペトコビッチを 7-6(2), 6-3 で破り4回戦に進出した。4回戦で第5シードのペトラ・クビトバに 5-7, 3-6 で敗れた。

2016年全豪オープンでは1回戦で第8シードのビーナス・ウィリアムズを 6-4, 6-2 で破る殊勲を上げた[2]。勢いに乗り4大大会初のベスト8に進出した。準々決勝では張帥に 6-4, 6-1 で勝利し、イギリス女子選手としては1983年全米オープンジョー・デュリー以来となる33年ぶりの4大大会シングルベスト4進出の快挙であった[3]。準決勝では優勝したアンゲリク・ケルバーに 5-7, 2-6 で敗れた。

2016年7月のスタンフォード大会でツアー初の決勝に進出した。決勝ではビーナス・ウィリアムズを 7–5, 5–7, 6–2 で破り初優勝を果たした。8月のリオ五輪で初めてオリンピックに出場しシングルスでベスト8に進出、準々決勝でアンゲリク・ケルバーに 1-6, 2-6 で敗れた。10月のチャイナ・オープンで今季2度目の決勝進出。決勝でアグニエシュカ・ラドワンスカに 4-6, 2-6 で敗れ準優勝となった。大会後のランキングで9位となりトップ10入りを果たす。その後スベトラーナ・クズネツォワに逆転されてWTAファイナル初出場はならなかったが、WTAアワードの最も上達した選手賞(Most Improved Player of the Year)を受賞している。

2017年は1月のシドニー国際でツアー2勝目を挙げる。3月のマイアミ・オープンで今季2度目の決勝進出。決勝でキャロライン・ウォズニアッキに6-4, 6-3で勝利し、プレミア・マンダトリー初優勝を果たす。ウィンブルドンでは準々決勝でシモナ・ハレプを6-7(2), 7-6(5), 6-4 で破り英国女子としては1978年バージニア・ウェード以来39年ぶりにベスト4に進出した[4]。準決勝ではビーナス・ウィリアムズに 4-6, 2-6 で敗れた。大会後の世界ランキングで自己最高の4位となった。

WTAツアー決勝進出結果[編集]

シングルス: 5回 (3勝2敗)[編集]

大会グレード
グランドスラム (0–0)
ツアー選手権 (0–0)
プレミア (3–1)
インターナショナル (0–1)
結果 No. 決勝日 大会 サーフェス 対戦相手 スコア
優勝 1. 2016年7月24日 アメリカ合衆国の旗 スタンフォード ハード アメリカ合衆国の旗 ビーナス・ウィリアムズ 7–5, 5–7, 6–2
準優勝 1. 2016年10月9日 中華人民共和国の旗 北京 ハード ポーランドの旗 アグニエシュカ・ラドワンスカ 4–6, 2–6
優勝 2. 2017年1月13日 オーストラリアの旗 シドニー ハード ポーランドの旗 アグニエシュカ・ラドワンスカ 6–4, 6–2
優勝 3. 2017年4月1日 アメリカ合衆国の旗 マイアミ ハード デンマークの旗 キャロライン・ウォズニアッキ 6–4, 6–3
準優勝 2. 2017年6月18日 イギリスの旗 ノッティンガム クロアチアの旗 ドナ・ベキッチ 6–2, 6–7(3), 5–7

4大大会シングルス成績[編集]

略語の説明
W  F  SF QF #R RR Q# LQ A WG Z# PO SF-B S G NMS NH

W=優勝, F=準優勝, SF=ベスト4, QF=ベスト8, #R=#回戦敗退, RR=ラウンドロビン敗退, Q#=予選#回戦敗退, LQ=予選敗退, A=大会不参加
WG=デビスカップワールドグループ, Z#=デビスカップ地域ゾーン, PO=デビスカッププレーオフ, SF-B=オリンピック銅メダル, S=オリンピック銀メダル, G=オリンピック金メダル, NMS=マスターズシリーズから降格, NH=開催なし.

大会 2012 2013 2014 2015 2016 2017 通算成績
全豪オープン A LQ LQ LQ SF QF 9–2
全仏オープン A LQ LQ 1R 1R 1R 0–3
ウィンブルドン 1R 1R 1R 1R 2R SF 6–6
全米オープン 2R LQ 1R 4R 4R 1R 7–5

脚注[編集]

外部リンク[編集]

受賞
先代:
スイスの旗 ティメア・バシンスキー
WTA最も上達した選手賞
2016
次代:
ラトビアの旗 エレナ・オスタペンコ