クリス・オニール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

クリス・オニールChris O'Neil, 1956年3月19日 - )は、オーストラリアニューキャッスル出身の元女子テニス選手。1978年全豪オープンテニス女子シングルス優勝者である。これが彼女のテニス経歴を通じて唯一の優勝であった。シングルス自己最高ランキングは67位。サービス・アンド・ボレーのプレースタイルを得意とした。

1973年全豪オープン4大大会に初出場。1978年全豪オープンでは、オニールは世界ランキング111位のノーシード選手として勝ち上がった。女子シングルス決勝戦で、オニールは世界ランキング68位のベッツィ・ナゲルセンアメリカ)を 6-3, 7-6 で破り、生涯唯一の優勝を4大大会で達成した。これは同時に、オーストラリア人選手による現時点で最後の全豪女子シングルス優勝でもある。

オニールのその他の4大大会成績は、1974年ウィンブルドンで3回戦進出があるが、他の大会では1回戦・2回戦止まりに終わっている。シングルスでの生涯成績は「19勝53敗」(勝率 .264)であった。1983年全仏オープンウィンブルドンの1回戦敗退を最後に現役を引退した後は、テニスのティーチング・プロ(プロ選手の資格があるコーチ)の仕事に携わっている。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]