トム・ガリクソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
トム・ガリクソン
Tom Gullikson
Tennis pictogram.svg
基本情報
フルネーム Thomas Robert Gullikson
愛称 トム/ガリー(Gully)
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 同・ウィスコンシン州ラクロス
生年月日 (1951-09-08) 1951年9月8日(66歳)
身長 180cm
体重 77kg
利き手
ツアー経歴
デビュー年 1976年
引退年 1988年
ツアー通算 16勝
シングルス 1勝
ダブルス 15勝
生涯通算成績 511勝449敗
シングルス 218勝225敗
ダブルス 293勝224敗
4大大会最高成績・シングルス
全豪 3回戦(1983・84)
全仏 3回戦(1977)
全英 3回戦(1978・79・84・85)
全米 ベスト8(1982)
4大大会最高成績・ダブルス
全豪 ベスト4(1983)
全仏 3回戦(1977-80)
全英 準優勝(1983)
全米 ベスト4(1982)
キャリア自己最高ランキング
シングルス 34位
ダブルス 4位

トム・ガリクソンTom Gullikson, 1951年9月8日 - )は、アメリカウィスコンシン州ラクロス出身の元男子プロテニス選手。本名は Thomas Robert Gullikson (トーマス・ロバート・ガリクソン)という。双子の弟であるティム・ガリクソン1996年5月3日没)とともに「ガリクソン兄弟」のダブルスペアとして活躍し、1983年ウィンブルドン男子ダブルスで準優勝した。トムは1984年全米オープン混合ダブルスでマニュエラ・マレーバブルガリア)と組んだ優勝がある。自己最高ランキングはシングルス34位、ダブルス4位。ATPツアーでシングルス1勝、ダブルス16勝を挙げた。現役選手時代の体格は身長180cm、体重77kgほどで、トムは左利きの選手だった。

ガリクソン家で双子の兄弟が1951年9月8日に誕生した時、トムのほうが数分先に生まれた。2人は同じ北イリノイ大学を卒業した後、テニスのティーチング・プロの仕事に就き、トムは1976年に25歳という遅い年齢からプロテニス選手生活を始めた。1978年、トムは男子ツアーで2大会のシングルス決勝に進出し、ダブルスで年間4勝を獲得した。1980年には日本セイコー・スーパー・テニスでシングルス準優勝があり、同じアメリカのジミー・コナーズに 1-6, 2-6 で敗れた。トムの4大大会シングルス自己最高成績は、1982年全米オープンベスト8進出で、この準々決勝ではギリェルモ・ビラスアルゼンチン)に 2-6, 1-6, 3-6 のストレート負けを喫している。1985年7月、トムはロードアイランド州ニューポート大会の決勝でジョン・サドリ(アメリカ、1979年全豪オープン準優勝者)を 6-3, 7-6 で破り、この地で生涯唯一のシングルス優勝を果たした。彼の最後の4大大会シングルス出場は、1986年全米オープンの3回戦進出であった。

トム・ガリクソンは男子ツアーダブルス通算15勝のうち、10個を双子の弟ティムとのコンビで獲得した。ガリクソン兄弟のダブルスは1978年から男子ツアーで勝ち始め、4大大会のうち全仏オープンを除く3大会でベスト4に勝ち残り、1983年ウィンブルドン男子ダブルス準優勝ペアになった。2人は当時世界最強の実力を誇ったジョン・マッケンローピーター・フレミング組に 4-6, 3-6, 4-6 のストレートで完敗し、ウィンブルドン・ダブルス優勝を逃した。ガリクソン兄弟は1982年日本ジャパン・オープンで優勝したこともあり、この時はマッケンローとピーター・レナート(アメリカ)組に 6-4, 3-6, 7-6(7-3) で勝った。ガリクソン兄弟ペアの現役最後の優勝は、1985年10月の「スイス室内選手権」(当地バーゼル開催)であった。2人のダブルスは、1988年3月までトーナメントに出場した。

トムは1984年全米オープン混合ダブルスで、ブルガリアマニュエラ・マレーバと組んだ優勝がある。トムとマニュエラは、決勝でオーストラリアペアのジョン・フィッツジェラルドエリザベス・セイヤーズ組に 2-6, 7-5, 6-4 の逆転勝ちを収めた。(パートナーのM・マレーバは、これによりブルガリアの地に最初のグランドスラム・タイトルをもたらした。)

選手生活からの引退後、トム・ガリクソンは1994年から1999年まで6年間男子テニス国別対抗戦・デビスカップのアメリカ代表監督を務め、1995年にアメリカ・チームを優勝に導いた。1996年5月3日、双子の弟ティムが脳腫瘍のため44歳8か月で死去した。ティムの短い生涯を偲び、トムは双子の兄弟の名前で「ガリクソン財団」を設立し、現在に至るまで脳腫瘍の人々を支援するための活動を行っている。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]