USTAビリー・ジーン・キング・ナショナル・テニス・センター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

USTAビリー・ジーン・キング・ナショナル・テニス・センター(USTA Billie Jean King National Tennis Center)は全米オープンのメイン会場としてアメリカ合衆国ニューヨーク市クイーンズ区フラッシング・メドウズ・パークにあるテニス施設。22のテニスコートやスタジアムとしては世界最大のテニス専用競技場であるアーサー・アッシュ・スタジアム(23,200名収容)とルイ・アームストロング・スタジアム、グランドスタンドがあり、総面積は46.5エーカーである。

概要[編集]

1978年、USTAはそれまで開催されていたウェストサイド・テニスクラブから1964年に開催されたニューヨーク万博会場跡地にUSTAナショナル・テニス・センターとして設置された[1]

万博の際スタジアムとして使用されていたシンガーボウルを改造したルイ・アームストロング・スタジアムは1997年にグランドスタンドとともに分割。同年にアーサー・アッシュ・スタジアムが完成した。

2006年にアメリカの女子テニス界の名プレイヤーであるビリー・ジーン・キングの功績をたたえて現在の名称になった[2]

全米オープン以外にもニューヨーク州公立高校テニス選手権の会場としても使用されているほか、2008年にはWNBAの公式戦が行われた。

脚注[編集]

Notes
  1. ^ History of the USTA Billie Jean King National Tennis Center. National Tennis Center official webpage. USTA official website. Retrieved 2011-02-15.
  2. ^ About The USTA Billie Jean King National Tennis Center. National Tennis Center official webpage. USTA official website. Retrieved 2011-02-15.

外部リンク[編集]