テイラー・フリッツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
テイラー・フリッツ
Taylor Fritz
Tennis pictogram.svg
Taylor Harry Fritz (USA) (9657573994).jpg
テイラー・フリッツ
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 同・カリフォルニア州
ランチョ・サンタフェ
居住地 同・カリフォルニア州
ランチョ・サンタフェ
生年月日 (1997-10-28) 1997年10月28日(20歳)
身長 193cm
体重 84kg
利き手
バックハンド 両手打ち
ツアー経歴
デビュー年 2015年
ツアー通算 0勝
シングルス 0勝
ダブルス 0勝
4大大会最高成績・シングルス
全豪 1回戦(2016・17)
全仏 1回戦(2016・18)
全英 1回戦(2016・17)
全米 2回戦(2017)
4大大会最高成績・ダブルス
全米 2回戦(2016)
キャリア自己最高ランキング
シングルス 53位(2016年8月29日)
ダブルス 231位(2016年10月3日)
2018年6月8日現在

テイラー・ハリー・フリッツTaylor Harry Fritz, 1997年10月28日 - )は、アメリカカリフォルニア州ランチョ・サンタフェ出身の男子プロテニス選手。ATPツアーでシングルス・ダブルスともにまだ勝利はない。自己最高ランキングはシングルス53位、ダブルス231位。身長193cm、体重84kg。右利き、バックハンド・ストロークは両手打ち。

来歴[編集]

母親もテニス選手で3度のグランドスラム準々決勝進出経験のあるキャシー・メイ英語版である。

2015年 全米ジュニア優勝、プロ転向[編集]

全仏オープンの男子ジュニアシングルスで決勝に進出、トミー・ポールに敗れ、準優勝。6月のノッティンガム・オープンツアー初出場を果たすと、1回戦でパブロ・カレーニョ・ブスタを破る。全米オープンの男子ジュニアシングルスで決勝に進出し、全仏で敗れたトミー・ポールを今度は破り、優勝した。9月にプロ転向するとチャレンジャー大会で優勝2回、準優勝1回を飾る。年間最終174位。

ジュニアグランドスラム決勝進出結果
結果 大会 サーフェス 対戦相手 スコア
準優勝 2015年 全仏オープン クレー アメリカ合衆国の旗 トミー・ポール 6–7(4–7), 6–2, 2–6
優勝 2015年 全米オープン ハード アメリカ合衆国の旗 トミー・ポール 6–2, 6–7(4–7), 6–2

2016年 ツアー決勝進出・トップ100入り[編集]

全豪前のハッピーバレー・チャレンジャーで優勝すると、全豪オープングランドスラム初出場。1回戦でジャック・ソックに4-6, 6-3, 6-0, 3-4, 4-6で敗れた。 2月のメンフィス・オープンでは2回戦で第2シードのスティーブ・ジョンソンに7-6(5), 7-6(8)で勝利すると、準々決勝でベンヤミン・ベッカーを破り、アメリカ人としてはマイケル・チャン以来の若さでの準決勝進出。さらに準決勝でリチャルダス・ベランキスを破り、ツアー3大会目にして決勝進出。決勝で世界ランク7位の錦織圭と対戦し、4-6, 4-6で敗れ、準優勝。自己最高ランクを更新する102位となった。翌々週のメキシコ・オープンでも予選を突破し、本戦では1回戦、当時世界ランク30位のジェレミー・シャルディーを6-4, 3-6, 6-3で破り、ベスト8進出。自己最高ランク81位となり、トップ100入りを果たす。 全仏オープンでは1回戦で同じく若手のボルナ・チョリッチに3-6, 1-6, 3-6で敗れた。 ウィンブルドン選手権は初戦で世界ランク5位のスタン・ワウリンカに6-7(4), 1-6, 7-6(2), 4-6で敗れた。 全米オープン前の世界ランキングで53位となる。 全米オープンでは1回戦で再びジャック・ソックに6-7(3), 5-7, 6-3, 6-1, 4-6で敗れた。

フリッツはトップ100の最も若い選手に贈られる新人賞を受賞した。

2017年[編集]

全豪オープンでは1回戦でジル・ミュラーに敗れた。3月のBNPパリバ・オープンでは2回戦で世界ランク7位のマリン・チリッチに4–6, 7–5, 6–4で勝利した。

ATPツアー決勝進出結果[編集]

シングルス: 1回 (0勝1敗)[編集]

大会グレード
グランドスラム (0-0)
ATPワールドツアー・ファイナル (0-0)
ATPワールドツアー・マスターズ1000 (0-0)
ATPワールドツアー・500シリーズ (0-0)
ATPワールドツアー・250シリーズ (0-1)
サーフェス別タイトル
ハード (0-1)
クレー (0-0)
芝 (0-0)
カーペット (0-0)
結果 No. 決勝日 大会 サーフェス 対戦相手 スコア
準優勝 1. 2016年2月14日 アメリカ合衆国の旗 メンフィス ハード (室内) 日本の旗 錦織圭 4-6, 4-6

4大大会成績[編集]

シングルス[編集]

略語の説明
W  F  SF QF #R RR Q# LQ A WG Z# PO SF-B S G NMS NH

W=優勝, F=準優勝, SF=ベスト4, QF=ベスト8, #R=#回戦敗退, RR=ラウンドロビン敗退, Q#=予選#回戦敗退, LQ=予選敗退, A=大会不参加
WG=デビスカップワールドグループ, Z#=デビスカップ地域ゾーン, PO=デビスカッププレーオフ, SF-B=オリンピック銅メダル, S=オリンピック銀メダル, G=オリンピック金メダル, NMS=マスターズシリーズから降格, NH=開催なし.

大会 2014 2015 2016 2017 2018 通算成績
全豪オープン A A 1R 1R LQ 0–2
全仏オープン A A 1R A 1R 0–2
ウィンブルドン A A 1R 1R 0–2
全米オープン Q1 Q1 1R 2R 1–2

外部リンク[編集]

受賞
先代:
ドイツの旗 アレクサンダー・ズベレフ
ATP年間最優秀新人賞
2016
次代:
カナダの旗 デニス・シャポバロフ