フェルナンド・ベルダスコ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はベルダスコ第二姓(母方の)はカルモナです。
フェルナンド・ベルダスコ Tennis pictogram.svg
Verdasco RG13 (10) (9376747678).jpg
フェルナンド・ベルダスコ
基本情報
ラテン文字名 Fernando Verdasco
フルネーム Fernando Verdasco
Carmona
国籍 スペインの旗 スペイン
出身地 同・マドリード
生年月日 (1983-11-15) 1983年11月15日(33歳)
身長 188cm
体重 88kg
利き手
バックハンド 両手打ち
ツアー経歴
デビュー年 2001年
ツアー通算 14勝
シングルス 7勝
ダブルス 7勝
4大大会最高成績・シングルス
全豪 ベスト4(2009)
全仏 4回戦(2007-10・14)
全英 ベスト8(2013)
全米 ベスト8(2009・10)
4大大会最高成績・ダブルス
全豪 ベスト8(2009・13)
全仏 ベスト8(2013)
全英 3回戦(2008)
全米 ベスト8(2004・08)
国別対抗戦最高成績
デビス杯 優勝(2008・09・11)
ホップマン杯 優勝(2013)
キャリア自己最高ランキング
シングルス 7位(2009年4月20日)
ダブルス 8位(2013年11月11日)
2016年2月24日現在

フェルナンド・ベルダスコ・カルモナFernando Verdasco Carmona, 1983年11月15日 - )は、スペインマドリード出身の男子プロテニス選手。これまでにATPツアーでシングルス7勝、ダブルス7勝を挙げている。自己最高ランキングはシングルス7位、ダブルス8位。身長188cm、体重88kg、左利き。フォアハンド・ストロークを最も得意にする。

2013年ATPワールドツアー・ファイナル男子ダブルス優勝者。マスターズ1000シングルス・ダブルス共に準優勝1回。デビスカップスペイン代表の3度の優勝に貢献。2014年にシングルス通算400勝を達成。

来歴[編集]

ベルダスコは家の裏庭にある2面のハードコートで、4歳の時から父親とともにテニスを始めた。彼の両親はマドリード市内でレストランを経営している。2001年に18歳でプロ入り。約2年間男子ツアーの下部組織の大会で下積み生活を送った後、2003年ウィンブルドン選手権で4大大会にデビューした。ウィンブルドンでは1回戦でヤルコ・ニエミネンに敗れたが、同年の全米オープンパラドーン・スリチャパンとの3回戦に進出する。2004年、ベルダスコは4月のバレンシア・オープンでシングルス初優勝を挙げ、半年後の10月にストックホルム・オープンフェリシアーノ・ロペス(同じマドリード出身の左利き選手で、ベルダスコの最大の親友)とペアを組んでダブルス初優勝を遂げた。

2005年は、全米オープンで初の4回戦進出がある。この4回戦でもニエミネンに敗れたが、直前の3回戦で当時18歳のノバク・ジョコビッチを破る勝利があった。2006年ウィンブルドンで4回戦に進出しているが、その過程では2回戦でベンヤミン・ベッカー、3回戦で第3シードのダビド・ナルバンディアンを破り、4回戦でラデク・ステパネクに7-6, 3-6, 6-4, 4-6, 2-6のフルセットで競り負けた。2007年には、ベルダスコは全仏オープンで初の4回戦進出を決める。2回戦でドミトリー・トゥルスノフ、3回戦で同じスペインのダビド・フェレールを破ったベルダスコは、4回戦で第6シードのジョコビッチに3-6, 3-6, 6-7のストレートで完敗した。

2008年7月、ベルダスコはクロアチア・オープン決勝でイーゴリ・アンドレエフをフルセットの接戦で下した。こうして、バレンシア・オープン会以来4年ぶりの男子ツアーシングルス優勝を遂げた。

2009年全豪オープンで、ベルダスコは初めて4大大会シングルスのベスト4進出を決めた。4回戦で第4シードのアンディ・マリーを2-6, 6-1, 1-6, 6-3, 6-4のフルセットで破り、ついにシングルス4回戦の壁を破る。準々決勝では前年度準優勝者の第5シード、ジョー=ウィルフリード・ツォンガを7-6, 3-6, 6-3, 6-2で破り、初進出の準決勝で第1シードのラファエル・ナダルと長い激闘を繰り広げたが7-6, 4-6, 6-7, 7-6, 4-6で敗れた。準決勝の試合時間「5時間14分」は、全豪オープン男子シングルスの史上最長記録になった。全豪オープン終了後、ベルダスコは世界ランキングを9位に上げ、25歳にして初のトップ10入りを果たした。この後全米オープンでも初のベスト8に入っている。年度末のATPワールドツアー・ファイナルに参戦し、各試合ともセットを奪い、善戦したものの3連敗に終わった。

2010年も好調を維持し続け、SAPオープンアンディ・ロディックに3-6, 6-4, 6-4で勝利、モンテカルロ・マスターズマスターズ1000で初めて決勝に進出し、ラファエル・ナダルに敗れるも準優勝、バルセロナ・オープンでも前年度全仏オープン準優勝者ロビン・セーデリングを6-3, 4-6, 6-3で破って、2勝を挙げている。

フェルナンド・ベルダスコは2005年から男子テニス国別対抗戦・デビスカップスペイン代表選手になり、2008年にチームを4年ぶり3度目の優勝に導いた。決勝戦は11月21日-23日にかけて、対戦相手国アルゼンチンのホームコートで行われた。ベルダスコはロペスと組んだダブルス第3試合に勝った後、シングルス第4試合でホセ・アカスソを6-3, 6-7, 4-6, 6-3, 6-1で破り、自らの手で優勝を決めた。2009年2011年の優勝にも貢献している。

2012年のロンドン五輪でオリンピックに初出場した。シングルス1回戦でウズベキスタンデニス・イストミンに4-6, 6-7(9)で敗れた。

2013年ウィンブルドン選手権ではノーシードからベスト8に進出した。準々決勝では優勝したアンディ・マリーに6-4, 6-3, 1-6, 4-6, 5-7で逆転負けを喫した。ダブルスではダビド・マレーロと組み最終戦のATPワールドツアー・ファイナルで決勝に進出。ブライアン兄弟を7–5, 6–7(3), [10–7]で破り優勝した。

2014年8月25日全米オープン1回戦で、シングルス通算400勝達成。スペイン人男子では11人目の記録[1]

2016年全豪オープンでは1回戦でラファエル・ナダルに7-6(6), 4-6, 3-6, 7-6(4), 6-2で勝利した。2回戦でドゥディ・セラに6-4, 4-6, 3-6, 7-6(4)で敗れた。

ATPツアー決勝進出結果[編集]

シングルス: 22回 (7勝15敗)[編集]

大会グレード
グランドスラム (0-0)
ATPワールドツアー・ファイナル (0-0)
ATPワールドツアー・マスターズ1000 (0–1)
ATPワールドツアー・500シリーズ (1–4)
ATPワールドツアー・250シリーズ (5–10)
サーフェス別タイトル
ハード (2–6)
クレー (5–8)
芝 (0–1)
カーペット (0-0)
結果 No. 決勝日 大会 サーフェス 対戦相手 スコア
準優勝 1. 2004年3月7日 メキシコの旗 アカプルコ クレー スペインの旗 カルロス・モヤ 3–6, 0–6
優勝 1. 2004年4月12日 スペインの旗 バレンシア クレー スペインの旗 アルベルト・モンタニェス 7–6(5), 6–3
準優勝 2. 2005年7月30日 オーストリアの旗 キッツビュール クレー アルゼンチンの旗 ガストン・ガウディオ 6–2, 2–6, 4–6, 4–6
準優勝 3. 2007年10月27日 ロシアの旗 サンクトペテルブルク ハード (室内) イギリスの旗 アンディ・マリー 2–6, 3–6
準優勝 4. 2008年6月22日 イギリスの旗 ノッティンガム クロアチアの旗 イボ・カルロビッチ 5–7, 7–6(4), 6–7(8)
優勝 2. 2008年7月20日 クロアチアの旗 ウマグ クレー ロシアの旗 イーゴリ・アンドレエフ 3–6, 6–4, 7–6(4)
準優勝 5. 2009年1月5日 オーストラリアの旗 ブリスベン ハード チェコの旗 ラデク・ステパネク 6–3, 3–6, 4–6
優勝 3. 2009年8月29日 アメリカ合衆国の旗 ニューヘイブン ハード アメリカ合衆国の旗 サム・クエリー 6–4, 7–6(6)
準優勝 6. 2009年10月4日 マレーシアの旗 クアラルンプール ハード (室内) ロシアの旗 ニコライ・ダビデンコ 4–6, 5–7
優勝 4. 2010年2月14日 アメリカ合衆国の旗 サンノゼ ハード (室内) アメリカ合衆国の旗 アンディ・ロディック 3–6, 6–4, 6–4
準優勝 7. 2010年4月18日 モナコの旗 モンテカルロ クレー スペインの旗 ラファエル・ナダル 0–6, 1–6
優勝 5. 2010年4月25日 スペインの旗 バルセロナ クレー スウェーデンの旗 ロビン・セーデリング 6–3, 4–6, 6–3
準優勝 8. 2010年5月22日 フランスの旗 ニース クレー フランスの旗 リシャール・ガスケ 3–6, 7–5, 6–7(5)
準優勝 9. 2011年2月13日 アメリカ合衆国の旗 サンノゼ ハード (室内) カナダの旗 ミロシュ・ラオニッチ 6–7(6), 6–7(5)
準優勝 10. 2011年5月1日 ポルトガルの旗 エストリル クレー アルゼンチンの旗 フアン・マルティン・デル・ポトロ 2–6, 2–6
準優勝 11. 2011年7月31日 スイスの旗 グシュタード クレー スペインの旗 マルセル・グラノリェルス 4–6, 6–3, 3–6
準優勝 12. 2012年3月3日 メキシコの旗 アカプルコ クレー スペインの旗 ダビド・フェレール 1–6, 2–6
準優勝 13. 2013年7月14日 スウェーデンの旗 ボースタード クレー アルゼンチンの旗 カルロス・ベルロク 5–7, 1–6
優勝 6. 2014年4月13日 アメリカ合衆国の旗 ヒューストン クレー スペインの旗 ニコラス・アルマグロ 6–3, 7–6(4)
優勝 7. 2016年4月25日 ルーマニアの旗 ブカレスト クレー フランスの旗 リュカ・プイユ 6–3, 6–2
準優勝 14. 2016年7月17日 スウェーデンの旗 ボースタード クレー スペインの旗 アルベルト・ラモス=ビニョラス 3-6, 4-6
準優勝 15. 2017年3月4日 アラブ首長国連邦の旗 ドバイ ハード イギリスの旗 アンディ・マリー 3–6, 2–6

ダブルス: 12回 (7勝5敗)[編集]

結果 No. 決勝日 大会 サーフェス パートナー 対戦相手 スコア
優勝 1. 2004年11月1日 スウェーデンの旗 ストックホルム ハード
(室内)
スペインの旗 フェリシアーノ・ロペス オーストラリアの旗 ウェイン・アーサーズ
オーストラリアの旗 ポール・ハンリー
6–4, 6–4
準優勝 1. 2007年7月22日 ドイツの旗 シュトゥットガルト クレー スペインの旗 ギリェルモ・ガルシア=ロペス チェコの旗 フランティシェク・チェルマク
チェコの旗 レオシュ・フリードル
4–6, 4–6
準優勝 2. 2009年1月10日 オーストラリアの旗 ブリスベン ハード ドイツの旗 ミーシャ・ズベレフ フランスの旗 マルク・ジケル
フランスの旗 ジョー=ウィルフリード・ツォンガ
4–6, 3–6
優勝 2. 2012年2月26日 アルゼンチンの旗 ブエノスアイレス クレー スペインの旗 ダビド・マレーロ スロバキアの旗 ミハル・メルティナク
ブラジルの旗 アンドレ・サ
6–4, 6–4
優勝 3. 2012年3月3日 メキシコの旗 アカプルコ クレー スペインの旗 ダビド・マレーロ スペインの旗 マルセル・グラノリェルス
スペインの旗 マルク・ロペス
6–3, 6–4
優勝 4. 2012年7月14日 クロアチアの旗 ウマグ クレー スペインの旗 ダビド・マレーロ スペインの旗 マルセル・グラノリェルス
スペインの旗 マルク・ロペス
6–3, 7–6(4)
優勝 5. 2012年7月22日 ドイツの旗 ハンブルク クレー スペインの旗 ダビド・マレーロ ブラジルの旗 ロジェリオ・ドゥトラ・ダ・シウバ
スペインの旗 ダニエル・ムニョス・デ・ラ・ナバ
6–4, 6–3
準優勝 3. 2012年10月28日 スペインの旗 バレンシア ハード
(室内)
スペインの旗 ダビド・マレーロ オーストリアの旗 アレクサンダー・ペヤ
ブラジルの旗 ブルーノ・ソアレス
3–6, 2–6
優勝 6. 2013年9月22日 ロシアの旗 サンクトペテルブルク ハード
(室内)
スペインの旗 ダビド・マレーロ イギリスの旗 ドミニク・イングロット
ウズベキスタンの旗 デニス・イストミン
7–6(6), 6–3
準優勝 4. 2013年10月13日 中華人民共和国の旗 上海 ハード スペインの旗 ダビド・マレーロ クロアチアの旗 イワン・ドディグ
ブラジルの旗 マルセロ・メロ
6–7(2), 7–6(6), [2–10]
優勝 7. 2013年11月11日 イギリスの旗 ロンドン ハード
(室内)
スペインの旗 ダビド・マレーロ アメリカ合衆国の旗 ボブ・ブライアン
アメリカ合衆国の旗 マイク・ブライアン
7–5, 6–7(3), [10–7]
準優勝 5. 2014年4月12日 アメリカ合衆国の旗 ヒューストン クレー スペインの旗 ダビド・マレーロ アメリカ合衆国の旗 ボブ・ブライアン
アメリカ合衆国の旗 マイク・ブライアン
6–4, 4–6, [9–11]

デビスカップ[編集]

優勝(3)[編集]

スペインの旗 スペインチーム ラウンド/相手
2008年 ラファエル・ナダル
ダビド・フェレール
フェルナンド・ベルダスコ
フェリシアーノ・ロペス
トミー・ロブレド
ニコラス・アルマグロ
1R: ペルー 0–5 スペイン
QF: ドイツ 1–4 スペイン
SF: スペイン 4–1 アメリカ
FN: アルゼンチン 1–3 スペイン
2009年 ラファエル・ナダル
フェルナンド・ベルダスコ
ダビド・フェレール
フェリシアーノ・ロペス
トミー・ロブレド
フアン・カルロス・フェレーロ
1R: スペイン 4–1 セルビア
QF: スペイン 3–2 ドイツ
SF: スペイン 4–1 イスラエル
FN: スペイン 5–0 チェコ
2011年 ラファエル・ナダル
ダビド・フェレール
フェルナンド・ベルダスコ
フェリシアーノ・ロペス
マルセル・グラノリェルス
1R: ベルギー 1–4 スペイン
QF: アメリカ 1–3 スペイン
SF: スペイン 4–1 フランス
FN: スペイン 3–1 アルゼンチン

成績[編集]

4大大会シングルス[編集]

略語の説明
W  F  SF QF #R RR Q# LQ A WG Z# PO SF-B S G NMS NH

W=優勝, F=準優勝, SF=ベスト4, QF=ベスト8, #R=#回戦敗退, RR=ラウンドロビン敗退, Q#=予選#回戦敗退, LQ=予選敗退, A=大会不参加
WG=デビスカップワールドグループ, Z#=デビスカップ地域ゾーン, PO=デビスカッププレーオフ, SF-B=オリンピック銅メダル, S=オリンピック銀メダル, G=オリンピック金メダル, NMS=マスターズシリーズから降格, NH=開催なし.

大会 2003 2004 2005 2006 2007 2008 2009 2010 2011 2012 2013 2014 2015 2016 2017 通算成績
全豪オープン LQ 1R 2R 2R 2R 2R SF 4R 4R 1R 3R 2R 3R 2R 1R 21–14
全仏オープン LQ 2R 1R 2R 4R 4R 4R 4R 3R 3R 2R 4R 2R 3R 25–13
ウィンブルドン 1R 2R 2R 4R 3R 4R 4R 1R 2R 3R QF 1R 3R 1R 22–14
全米オープン 3R 2R 4R 3R 3R 3R QF QF 3R 3R 1R 2R 2R 1R 26–14

大会最高成績[編集]

大会 成績
ツアーファイナル RR 2009
インディアンウェルズ QF 2009
マイアミ QF 2009, 2010
モンテカルロ F 2010
マドリード QF 2009, 2012
ローマ SF 2010
カナダ 3R 2006, 2007, 2009
シンシナティ 3R 2008, 2011
上海 3R 2012
パリ 3R 2008-2010, 2014
ハンブルク QF 2006, 2008
オリンピック 1R 2012
デビスカップ W 2008, 2009, 2011

脚注[編集]

  1. ^ http://www.atpworldtour.com/News/Tennis/2014/08/35/US-Open-Monday-Tsonga-Verdasco-Wawrinka.aspx

外部リンク[編集]