パブロ・カレーニョ・ブスタ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はカレーニョ第二姓(母方の)はブスタです。
パブロ・カレーニョ・ブスタ
Pablo Carreño Busta
Tennis pictogram.svg
Carreno Busta RG15 (18) (19121846629).jpg
パブロ・カレーニョ・ブスタ
基本情報
フルネーム Pablo Carreño Busta
国籍 スペインの旗 スペイン
出身地 同・ヒホン
居住地 同・バルセロナ
生年月日 (1991-07-12) 1991年7月12日(26歳)
身長 188cm
体重 74kg
利き手
バックハンド 両手打ち
ツアー経歴
デビュー年 2009年
ツアー通算 6勝
シングルス 3勝
ダブルス 3勝
4大大会最高成績・シングルス
全豪 4回戦(2018)
全仏 ベスト8(2017)
全英 1回戦(2014-16)
全米 ベスト4(2017)
4大大会最高成績・ダブルス
全豪 ベスト4(2017)
全仏 2回戦(2015・16)
全英 1回戦(2015)
全米 準優勝(2016)
キャリア自己最高ランキング
シングルス 10位(2017年9月11日)
ダブルス 16位(2017年7月17日)
2018年6月3日現在

パブロ・カレーニョ・ブスタPablo Carreño Busta, 1991年7月12日 - )は、スペインヒホン出身の男子プロテニス選手。自己最高ランキングはシングルス10位、ダブルス16位。ATPツアーでシングルス3勝、ダブルス3勝を挙げている。身長188cm、体重74kg。右利き、バックハンド・ストロークは両手打ち。

来歴[編集]

6歳でテニスを始める。2009年にプロ転向。

2016年のウィンストン・セーラム・オープンでは決勝でロベルト・バウティスタ・アグートに6–7(6), 7–6(1), 6–4で勝利し、ツアー初優勝を果たした。2016年全米オープン男子ダブルスではギリェルモ・ガルシア=ロペスと組んで、準決勝で全仏優勝ペアのフェリシアーノ・ロペス/マルク・ロペス組に勝利し、決勝進出。決勝でジェイミー・マリー/ブルーノ・ソアレス組に2-6, 3-6で敗れ準優勝。10月のクレムリン・カップ決勝でファビオ・フォニーニに勝利しツアー2勝目。

2017年は全豪オープン男子ダブルスガルシア=ロペスとのペアでベスト4進出。2月のリオ・オープンでは500シリーズで初めて決勝に進出するもドミニク・ティームに敗れ準優勝。3月のBNPパリバ・オープンでは準々決勝でパブロ・クエバスに6-1, 3-6, 7-6(4)で勝利し自身初のマスターズ1000ベスト4進出、準決勝でスタン・ワウリンカに3-6, 2-6で敗れた。大会後の世界ランキングで19位となり初のトップ20入り。全仏オープン4回戦でミロシュ・ラオニッチを4-6, 7-6(2), 6-7(6), 6-4, 8-6と4時間17分の死闘の末に破り、自身初のグランドスラムベスト8進出を果たすも、準々決勝のラファエル・ナダル戦は第2セット途中で棄権した。全米オープンでは自身初のグランドスラムベスト4進出、準決勝で第28シードのケビン・アンダーソンに6-4, 5-7, 3-6, 4-6で敗れた。大会後の世界ランキングで10位となり初のトップ10入りを果たす。その後は早期敗退が続き、レースランキング9位(既に欠場を表明していたスタン・ワウリンカを除いて8位)で迎えたパリ・マスターズでも初戦敗退し、優勝したジャック・ソックに逆転されてATPファイナル出場を逃す。しかし補欠選手の1番手に選出されて迎えたATPファイナルは、第1戦終了後に棄権したラファエル・ナダルに替わって出場し、第2戦でドミニク・ティエム、第3戦でグリゴール・ディミトロフに敗れた。

ATPツアー決勝進出結果[編集]

シングルス: 6回 (3勝3敗)[編集]

大会グレード
グランドスラム (0-0)
ATPワールドツアー・ファイナル (0-0)
ATPワールドツアー・マスターズ1000 (0-0)
ATPワールドツアー・500シリーズ (0-1)
ATPワールドツアー・250シリーズ (3–2)
サーフェス別タイトル
ハード (2–0)
クレー (1–3)
芝 (0-0)
カーペット (0-0)
結果 No. 決勝日 大会 サーフェス 対戦相手 スコア
準優勝 1. 2016年2月28日 ブラジルの旗 サンパウロ クレー ウルグアイの旗 パブロ・クエバス 6–7(4), 3–6
準優勝 2. 2016年5月1日 ポルトガルの旗 エストリル クレー スペインの旗 ニコラス・アルマグロ 7–6(6), 6–7(5), 3–6
優勝 1. 2016年8月27日 アメリカ合衆国の旗 ウィンストン・セーラム ハード スペインの旗 ロベルト・バウティスタ・アグート 6–7(6), 7–6(1), 6–4
優勝 2. 2016年10月23日 ロシアの旗 モスクワ ハード (室内) イタリアの旗 ファビオ・フォニーニ 4–6, 6–3, 6–2
準優勝 3. 2017年2月26日 ブラジルの旗 リオデジャネイロ クレー オーストリアの旗 ドミニク・ティーム 5–7, 4–6
優勝 3. 2017年5月7日 ポルトガルの旗 エストリル クレー ルクセンブルクの旗 ジレ・ミュラー 6–2, 7–6(5)

ダブルス: 8回 (3勝5敗)[編集]

結果 No. 決勝日 大会 サーフェス パートナー 対戦相手 スコア
優勝 1. 2016年2月6日 エクアドルの旗 キト クレー アルゼンチンの旗 ギジェルモ・ドゥラン ブラジルの旗 トマス・ベルッシ
ブラジルの旗 マルセロ・デモリネル
7–5, 6–4
準優勝 1. 2016年2月21日 ブラジルの旗 リオデジャネイロ クレー スペインの旗 ダビド・マレーロ コロンビアの旗 フアン・セバスティアン・カバル
コロンビアの旗 ロベルト・ファラ
6–7(5), 1–6
準優勝 2. 2016年2月27日 アルゼンチンの旗 ブエノスアイレス クレー スペインの旗 ダビド・マレーロ チリの旗 フリオ・ペラルタ
アルゼンチンの旗 オラシオ・セバジョス
6–4, 1–6, [5–10]
準優勝 3. 2016年9月10日 アメリカ合衆国の旗 全米オープン ハード スペインの旗 ギリェルモ・ガルシア=ロペス イギリスの旗 ジェイミー・マリー
ブラジルの旗 ブルーノ・ソアレス
2-6, 3-6
準優勝 4. 2016年10月1日 中華人民共和国の旗 成都 ハード ポーランドの旗 マリウシュ・フィルステンベルク 南アフリカ共和国の旗 レイベン・クラーセン
アメリカ合衆国の旗 ラジーブ・ラム
6–7(2), 5–7
優勝 2. 2016年10月9日 中華人民共和国の旗 北京 ハード スペインの旗 ラファエル・ナダル アメリカ合衆国の旗 ジャック・ソック
オーストラリアの旗 バーナード・トミック
6–7(6), 6–2, [10–8]
優勝 3. 2017年2月25日 ブラジルの旗 リオデジャネイロ クレー ウルグアイの旗 パブロ・クエバス コロンビアの旗 フアン・セバスティアン・カバル
コロンビアの旗 ロベルト・ファラ
6–4, 5–7, [10–8]
準優勝 5. 2018年5月20日 イタリアの旗 ローマ クレー ポルトガルの旗 ジョアン・ソウザ コロンビアの旗 フアン・セバスティアン・カバル
コロンビアの旗 ロベルト・ファラ
6–3, 4–6, [4–10]

成績[編集]

略語の説明
W  F  SF QF #R RR Q# LQ A WG Z# PO SF-B S G NMS NH

W=優勝, F=準優勝, SF=ベスト4, QF=ベスト8, #R=#回戦敗退, RR=ラウンドロビン敗退, Q#=予選#回戦敗退, LQ=予選敗退, A=大会不参加
WG=デビスカップワールドグループ, Z#=デビスカップ地域ゾーン, PO=デビスカッププレーオフ, SF-B=オリンピック銅メダル, S=オリンピック銀メダル, G=オリンピック金メダル, NMS=マスターズシリーズから降格, NH=開催なし.

4大大会シングルス[編集]

大会 2013 2014 2015 2016 2017 2018 通算成績
全豪オープン A 1R 1R 1R 3R 4R 5–5
全仏オープン 1R 1R 2R 2R QF 3R 8–6
ウィンブルドン A 1R 1R 1R A 0–3
全米オープン A 3R 2R 3R SF 10–4

大会最高成績[編集]

大会 成績
ATPファイナル RR 2017
インディアンウェルズ SF 2017
マイアミ SF 2018
モンテカルロ 3R 2014, 2017
マドリード 2R 2016
ローマ QF 2018
カナダ 2R 2017
シンシナティ 3R 2017
上海 2R 2017
パリ 2R 2016, 2017
オリンピック 出場なし
デビスカップ QF 2017

脚注[編集]

外部リンク[編集]

受賞
先代:
オーストラリアの旗 マリンコ・マトセビッチ
ATP最も上達した選手賞
2013
次代:
スペインの旗 ロベルト・バウティスタ・アグート