アンドレアス・セッピ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
アンドレアス・セッピ
Andreas Seppi
Tennis pictogram.svg
Seppi MA14 (2) (14446059893).jpg
アンドレアス・セッピ
基本情報
愛称 Andy (アンディ)
国籍 イタリアの旗 イタリア
出身地 同・ボルツァーノ
居住地 同・カルダーロ・スッラ・ストラーダ・デル・ヴィーノ
生年月日 (1984-02-21) 1984年2月21日(34歳)
身長 190cm
体重 75kg
利き手
バックハンド 両手打ち
ツアー経歴
デビュー年 2002年
ツアー通算 4勝
シングルス 3勝
ダブルス 1勝
4大大会最高成績・シングルス
全豪 4回戦(2013・15・17・18)
全仏 4回戦(2012)
全英 4回戦(2013)
全米 3回戦(2008・13・15)
4大大会最高成績・ダブルス
全豪 ベスト8(2009)
全仏 2回戦(2009・13・17)
全英 3回戦(2012)
全米 ベスト8(2011)
国別対抗戦最高成績
デビス杯 ベスト4(2014)
キャリア自己最高ランキング
シングルス 18位(2013年1月28日)
ダブルス 50位(2014年4月14日)
2018年6月8日現在

アンドレアス・セッピAndreas Seppi, 1984年2月21日 - )は、イタリアボルツァーノ出身の男子プロテニス選手。これまでにATPツアーでシングルス3勝、ダブルス1勝を挙げている。右利き、バックハンド・ストロークは両手打ち。自己最高ランキングはシングルス18位、ダブルス50位。

2008年ハンブルク・マスターズベスト4。2012年ローマ・マスターズベスト8。4大大会では2015年全豪オープン男子シングルス3回戦で11年連続ベスト4進出のロジャー・フェデラーに勝利したことで話題になった。ダブルスではグランドスラムで2度ベスト8入り。

来歴[編集]

セッピは7歳でテニスを始め、2002年にプロに転向。しばらくは下部ツアーを転戦した。4大大会では2004年全米オープンで予選を勝ち上がり初出場し、1回戦で第11シードのライナー・シュットラーを3-6, 4-6, 7-6(5), 7-6(1), 6-1で破って初勝利を挙げ2回戦でミカエル・ロドラに0-6, 3-6, 6-3, 3-6で敗れた。

2006年のシドニー国際では準々決勝で当時4位のレイトン・ヒューイットを4-6, 7-5, 7-5で破った。ノッティンガム・オープンでも1回戦でスタン・ワウリンカ、2回戦でドミニク・フルバティ、準々決勝ではアンディ・マリーを破ってベスト4に進出した。

2007年のアリアンツ・スイスオープン・グシュタードで初めてのツアー決勝に進出。決勝でポール=アンリ・マチューに7–6(1), 4–6, 5–7で敗れ準優勝となった。

2008年2月のABNアムロ世界テニス・トーナメントでは2回戦で当時世界ランキング2位のラファエル・ナダルを3-6, 6-3, 6-4で破る殊勲を挙げた。5月のハンブルク・マスターズでベスト4に進出。8月の北京五輪でオリンピックに初出場。シングルス1回戦でトミー・ロブレドを6-4, 4-6, 8-6で破り、2回戦でトマーシュ・ベルディハに3-6, 6-7(4)で敗れた。

2011年6月のエイゴン国際でツアー2度目の決勝に進出。ヤンコ・ティプサレビッチが脚の故障で途中棄権し、セッピはツアー初優勝を果たした[1]

2012年5月のセルビア・オープンでは決勝でブノワ・ペールに6–3, 6–2で勝利しツアー2勝目を挙げた[2]全仏オープンでは3回戦でフェルナンド・ベルダスコを7-5, 3-6, 6-3, 4-6, 6-2で破り4大大会で初めて4回戦に進出した。4回戦では世界ランキング1位のノバク・ジョコビッチと対戦し第1、2セットを先取したが6-4, 7-6(5), 3-6, 5-7, 3-6の逆転で敗れた。ロンドン五輪で2度目のオリンピックに出場し、シングルス2回戦でフアン・マルティン・デル・ポトロに3-6, 6-7(2)で敗れた。10月のクレムリン・カップでは決勝でトマス・ベルッシを3–6, 7–6(3), 6–3で破りツアー3勝を挙げた[3]

2013年全豪オープンで2度目の4大大会4回戦に進出した。4回戦でジェレミー・シャルディーに7-5, 3-6, 2-6, 2-6で敗れた。大会後のランキングで自己最高のシングルス18位を記録した。

2015年全豪オープン3回戦で第2シードのロジャー・フェデラーを6-4, 7-6, 4-6, 7-6で倒した。フェデラーとは11度目の対戦で初勝利。フェデラーは全豪では2001年以来14年ぶりの3回戦敗退となった。

2017年全豪オープンでは全豪3度目の4回戦進出を果たす。4回戦で第4シードのスタン・ワウリンカに敗れた。

ATPツアー決勝進出結果[編集]

シングルス: 8回 (3勝5敗)[編集]

大会グレード
グランドスラム (0-0)
ATPワールドツアー・ファイナル (0-0)
ATPワールドツアー・マスターズ1000 (0-0)
ATPワールドツアー・500シリーズ (0-1)
ATPワールドツアー・250シリーズ (3–4)
サーフェス別タイトル
ハード (1-2)
クレー (1-1)
芝 (1-2)
カーペット (0-0)
結果 No. 決勝日 大会 サーフェス 対戦相手 スコア
準優勝 1. 2007年7月15日 スイスの旗 グシュタード クレー フランスの旗 ポール=アンリ・マチュー 7–6(1), 4–6, 5–7
優勝 1. 2011年6月18日 イギリスの旗 イーストボーン セルビアの旗 ヤンコ・ティプサレビッチ 7–6(5), 3–6, 5–3, 途中棄権
優勝 2. 2012年5月6日 セルビアの旗 ベオグラード クレー フランスの旗 ブノワ・ペール 6–3, 6–2
準優勝 2. 2012年6月23日 イギリスの旗 イーストボーン アメリカ合衆国の旗 アンディ・ロディック 3–6, 2–6
準優勝 3. 2012年9月23日 フランスの旗 メス ハード (室内) フランスの旗 ジョー=ウィルフリード・ツォンガ 1–6, 2–6
優勝 3. 2012年10月21日 ロシアの旗 モスクワ ハード (室内) ブラジルの旗 トマス・ベルッシ 3–6, 7–6(3), 6–3
準優勝 4. 2015年2月8日 クロアチアの旗 ザグレブ ハード (室内) スペインの旗 ギリェルモ・ガルシア=ロペス 6–7(4), 3–6
準優勝 5. 2015年6月21日 ドイツの旗 ハレ スイスの旗 ロジャー・フェデラー 6–7(1), 4–6

ダブルス: 7回 (1勝6敗)[編集]

結果 No. 決勝日 大会 サーフェス パートナー 対戦相手 スコア
準優勝 1. 2006年2月4日 クロアチアの旗 ザグレブ ハード
(室内)
イタリアの旗 ダビデ・サンギネッティ チェコの旗 ヤロスラフ・レビンスキー
スロバキアの旗 ミハル・メルティナク
6–7(7–9), 1–6
準優勝 2. 2010年7月18日 スウェーデンの旗 ボースタード クレー イタリアの旗 シモーネ・バニョッツィ スウェーデンの旗 ロベルト・リンドステット
ルーマニアの旗 ホリア・テカウ
4–6, 5–7
準優勝 3. 2010年10月10日 日本の旗 東京 ハード ロシアの旗 ドミトリー・トゥルスノフ アメリカ合衆国の旗 エリック・ブトラック
オランダ領アンティルの旗 ジャン=ジュリアン・ロジェ
3–6, 2–6
準優勝 4. 2011年1月7日 カタールの旗 ドーハ ハード イタリアの旗 ダニエレ・ブラッチアリ スペインの旗 ラファエル・ナダル
スペインの旗 マルク・ロペス
3–6, 6–7(4–7)
準優勝 5. 2011年6月16日 イギリスの旗 イーストボーン ブルガリアの旗 グリゴル・ディミトロフ イスラエルの旗 ジョナサン・エルリック
イスラエルの旗 アンディ・ラム
3–6, 3–6
準優勝 6. 2013年10月6日 中華人民共和国の旗 北京 ハード イタリアの旗 ファビオ・フォニーニ ベラルーシの旗 マックス・ミルヌイ
ルーマニアの旗 ホリア・テカウ
4-6, 2-6
優勝 1. 2016年2月27日 アラブ首長国連邦の旗 ドバイ ハード イタリアの旗 シモーネ・ボレッリ スペインの旗 フェリシアーノ・ロペス
スペインの旗 マルク・ロペス
6–2, 3–6, [14–12]

4大大会シングルス成績[編集]

略語の説明
W  F  SF QF #R RR Q# LQ A WG Z# PO SF-B S G NMS NH

W=優勝, F=準優勝, SF=ベスト4, QF=ベスト8, #R=#回戦敗退, RR=ラウンドロビン敗退, Q#=予選#回戦敗退, LQ=予選敗退, A=大会不参加
WG=デビスカップワールドグループ, Z#=デビスカップ地域ゾーン, PO=デビスカッププレーオフ, SF-B=オリンピック銅メダル, S=オリンピック銀メダル, G=オリンピック金メダル, NMS=マスターズシリーズから降格, NH=開催なし.

大会 2003 2004 2005 2006 2007 2008 2009 2010 2011 2012 2013 2014 2015 2016 2017 2018 通算成績
全豪オープン A LQ LQ 1R 2R 2R 1R 1R 2R 1R 4R 2R 4R 3R 4R 4R 18–13
全仏オープン A LQ LQ 1R 1R 1R 2R 2R 2R 4R 3R 3R 1R 1R 2R 1R 11–13
ウィンブルドン A LQ 1R 2R 2R 3R 3R 2R 2R 1R 4R 1R 3R 2R 2R 15–13
全米オープン LQ 2R 1R 1R 1R 3R 1R 1R 1R 1R 3R 2R 3R 2R 1R 9–14

脚注[編集]

外部リンク[編集]