ニコロズ・バシラシビリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ニコロズ・バシラシビリ
Nikoloz Basilashvili
Tennis pictogram.svg
Basilashvili WMQ14 (8) (3) (14584027416).jpg
基本情報
国籍 ジョージア (国)の旗 ジョージア
出身地 トビリシ
生年月日 (1992-02-23) 1992年2月23日(27歳)
身長 185cm
体重 79kg
利き手
バックハンド 両手打ち
ツアー経歴
デビュー年 2008年
ツアー通算 3勝
シングルス 3勝
ダブルス 0勝
生涯獲得賞金 4,669,768 アメリカ合衆国ドル
4大大会最高成績・シングルス
全豪 3回戦(2018・2019)
全仏 3回戦(2017)
全英 3回戦(2015)
全米 4回戦(2018)
4大大会最高成績・ダブルス
全豪 1回戦(2018)
全仏 2回戦(2018)
全英 1回戦(2017)
全米 1回戦(2017)
キャリア自己最高ランキング
シングルス 16位(2019年5月27日)
ダブルス 148位(2019年5月27日)
2019年7月28日現在

ニコロズ・バシラシビリNikoloz Basilashvili, グルジア語: ნიკოლოზ ბასილაშვილი, 1992年2月23日 - )は、ジョージア(旧称グルジア)トビリシ出身の男子プロテニス選手。ATPツアーではシングルスで3勝。自己最高位はシングルス16位。身長185cm、体重79kg。右利き、バックハンド・ストロークは両手打ち。

ジョージア国籍の選手で初のATPツアーシングルス優勝者。

経歴[編集]

ジュニア時代にジュニアグランドスラムに出場したことはない。ITFジュニアサーキットにおける優勝は、"G4 Tennis Express tournament"の1大会のみ。

2015年全仏オープン男子シングルスで予選を通過し、グランドスラム初出場を果たす。1回戦でタナシ・コキナキスに敗れた。同年のウィンブルドン選手権でバシラシビリは躍進する。1回戦でファクンド・バグニスに勝利し、グランドスラム初勝利を果たすと、2回戦で過去3度ウィンブルドンベスト8がある第15シードのフェリシアーノ・ロペスを7-5, 3-6, 6-3, 2-6, 6-4で破る番狂わせを起こした[1]。3回戦で第20シードのロベルト・バウティスタ・アグートに6-7(4), 0-6, 1-6で敗れた。7月27日付の世界ランキングで90位となり、ジョージア国籍の選手としてイラクリ・ラバーゼ以来のトップ100入りを果たした。

2016年は7月のオーストリア・オープンでは初めてATPツアーの決勝に進出した。決勝でパオロ・ロレンツィに3-6, 4-6で敗れ、準優勝となった。10月のエルステ・バンク・オープンでは1回戦で世界ランク10位のトマーシュ・ベルディヒを6–4, 6–7(5), 7–5で破った。

2017年は2月のソフィア・オープンでは2回戦で世界ランク8位のドミニク・ティームを破るなど、ベスト4進出。翌週のメンフィス・オープンではツアーで2度目の決勝進出を果たす。決勝でライアン・ハリソンに1-6, 4-6で敗れ準優勝となった。

2018年は7月のドイツ国際オープンでは予選から勝ち進みツアーで3度目の決勝進出。決勝で前回優勝者のレオナルド・マイエルに6-4, 0-6, 7-5で勝利し、ツアー初優勝を果たした[2]全米オープンではグランドスラムで初の4回戦進出。チャイナ・オープンでは決勝で第1シードのフアン・マルティン・デル・ポトロに勝利してツアー2勝目を挙げた[3]

2019年は5月のリヨン・オープンジョー=ウィルフリード・ツォンガを下して4強入りするも、準決勝でフェリックス・オジェ=アリアシムに敗れた。その後は早期敗退が続いたが、前年優勝のドイツ国際オープンでは準決勝で第2シードのアレクサンダー・ズべレフを破り決勝に進出[4]。決勝ではアンドレイ・ルブレフに7-5, 4-6, 6-3で勝利して連覇を果たした。

ATPツアー決勝進出結果[編集]

シングルス: 5回 (3勝2敗)[編集]

大会グレード
グランドスラム (0-0)
ATPワールドツアー・ファイナル (0-0)
ATPワールドツアー・マスターズ1000 (0-0)
ATPワールドツアー・500シリーズ (3-0)
ATPワールドツアー・250シリーズ (0–2)
サーフェス別タイトル
ハード (1–1)
クレー (2-1)
芝 (0-0)
カーペット (0-0)
結果 No. 決勝日 大会 サーフェス 対戦相手 スコア
準優勝 1. 2016年7月23日 オーストリアの旗 キッツビュール クレー イタリアの旗 パオロ・ロレンツィ 3–6, 4–6
準優勝 2. 2017年2月19日 アメリカ合衆国の旗 メンフィス ハード (室内) アメリカ合衆国の旗 ライアン・ハリソン 1–6, 4–6
優勝 1. 2018年7月29日 ドイツの旗 ハンブルク クレー アルゼンチンの旗 レオナルド・マイエル 6–4, 0–6, 7–5
優勝 2. 2018年10月7日 中華人民共和国の旗 北京 ハード アルゼンチンの旗 フアン・マルティン・デル・ポトロ 6–4, 6–4
優勝 3. 2019年7月28日 ドイツの旗 ハンブルク クレー ロシアの旗 アンドレイ・ルブレフ 7-5, 4-6, 6-3

4大大会シングルス成績[編集]

略語の説明
W  F  SF QF #R RR Q# LQ A WG Z# PO SF-B S G NMS NH

W=優勝, F=準優勝, SF=ベスト4, QF=ベスト8, #R=#回戦敗退, RR=ラウンドロビン敗退, Q#=予選#回戦敗退, LQ=予選敗退, A=大会不参加
WG=デビスカップワールドグループ, Z#=デビスカップ地域ゾーン, PO=デビスカッププレーオフ, SF-B=オリンピック銅メダル, S=オリンピック銀メダル, G=オリンピック金メダル, NMS=マスターズシリーズから降格, NH=開催なし.

大会 2014 2015 2016 2017 2018 2019 通算成績
全豪オープン A LQ 1R 1R 3R 3R 4–4
全仏オープン A 1R 1R 3R 1R 1R 2–5
ウィンブルドン LQ 3R LQ 2R 1R 2R 4–4
全米オープン LQ 1R LQ 1R 4R 4–3

脚注[編集]

外部リンク[編集]