エドモントン・オイラーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
エドモントン・オイラーズ
Edmonton Oilers
カンファレンス ウェスタン・カンファレンス
ディビジョン パシフィック・ディビジョン
創設年 1972年 (49年前) (1972)
(1979年にNHL加入)
歴代チーム名 アルバータ・オイラーズ
(1972 - 1973)
エドモントン・オイラーズ
(1973 - )
ホームアリーナ ロジャーズ・プレイス
Rogers Place Arena.jpg
ホームタウン カナダの旗 カナダ
アルバータ州エドモントン
エドモントン・オイラーズの位置(カナダ内)
エドモントン・オイラーズ
チームカラー オレンジ、ネイビーブルー、白
     
メディア
オーナー ダリル・カッツ
GM ケン・オランド
ヘッドコーチ デイヴ・ティペット
キャプテン コナー・マクデイヴィッド
獲得タイトル(獲得年)
スタンレーカップ優勝 (5回)
1984・1985・1987・1988・1990
アブコワールド (0回)
なし
カンファレンス優勝 (7回)
1983・1984・1985・1987・1988・1990・2006
ディビジョン優勝 (9回)
1979・1983・1984・1985・1987・1988・1990・1991
1992
プレジデンツトロフィー (2回)
1986・1987

エドモントン・オイラーズEdmonton Oilers)は、カナダアルバータ州エドモントンを本拠としているナショナルホッケーリーグNHL)所属のプロアイスホッケーチームである。

歴史[編集]

1972年アルバータ・オイラーズとしてWHA(ワールドホッケーアソシエイション)の創立メンバーとなる。創立時のオーナーはビル・ハンター(Bill Hunter) 。ハンターは従前はエドモントン・オイル・キングスのオーナーであり、後の西部ホッケー・リーグ (Western Hockey League) の創立者でもあるが、彼のエドモントンへのプロホッケーチーム誘致はNHLに頑として拒絶され続けた。アルバータ・オイラーズという名の元々の命名理由は、カルガリー・ブロンコス (Calgary Broncos) の解散後において、アルバータ州の2大都市であるエドモントン、カルガリー双方でのホームゲーム開催を企図していたこととされる。もっとも、チームはエドモントンのみで全興行を行ったが、これは財政上の理由やNHLかWHAのいずれかがカルガリーへ進出するのを容易ならしめるためといわれている。翌年には実態を反映させるために「エドモントン」・オイラーズへと改名。

1978年になって、新オーナーのピーター・ポクリントン (Peter Pocklington) は、球団存続を断念したインディアナポリス・レイサーズ (Indianapolis Racers) から、当時まだ新人だったのちのスーパースター、ウェイン・グレツキーを獲得した。グレツキーは間もなく閉鎖されるWHAの最後の新人王となり、チームはウィニペグ・ジェッツハートフォード・ホエーラーズ 及びケベック・ノルディクス とともにNHLに参画した。

オイラーズは、グレツキー、マーク・メシエケビン・ロー (Kevin Lowe) ら有力若手選手を擁し、NHL参加1年目からスタンレー・カッププレイオフ進出を達成し, その名をリーグに轟かせた。このプレイオフではフィラデルフィア・フライヤーズに3敗と敗れ、またポール・コフィーヤリ・クリが加入した2年目のレギュラーシーズンの順位は月並みに終わったが、1981年のプレーオフ1回戦では、絶大な人気を誇ったモントリオール・カナディアンズを3勝0敗で破る大番狂わせを演じた。 

1981-1982 シーズンでは、レギュラーシーズンでリーグ最高の成績を収めたものの、若いチームゆえに自らを見失って地区準決勝で敗退した。1983年は初めてスタンレー・カップ決勝に進出したが、3度の優勝経験を持つニューヨーク・アイランダーズの前に1勝3敗で屈した。しかし、その1年後、4勝1敗でアイランダーズを下し、スタンレー・カップ初優勝を決めた。

これが1980年代の「アルバータ王朝時代」、すなわちエドモントンとカルガリー・フレームスがその後5シーズンに渡ってリーグトップの座を巡ってしのぎを削る時代の幕開けとなった。エドモントンは1985年に再びカップ優勝を成し遂げたが、1986年の西部地区(当時はキャンベル地区)決勝の第7試合では宿敵フレームスに痛恨のオウンゴールで敗退、フレームスのカップ決勝(優勝はモントリオール)進出を許した。

1987年はエドモントンは再度カップ決勝に進出し4勝3敗の僅差でフィラデルフィア・フライヤーズを下した。また1988年にはスタンレー・カップを通じて18試合中僅か2敗と無類の強さを見せ、ボストン・ブルーインズを破って過去5年間で4回目の優勝を飾った。

しかし1988年の夏には、グレツキーが金銭1,500万ドルと2選手との交換トレードでロサンゼルス・キングスへ移籍することとなった[1]。この移籍問題はカナダ議会での議題にあがった。この移籍騒動によって1989年のシーズンは混乱続きとなり、エドモントンは1982年以来初めて地区決勝に進出を果せず、またキングスも同様の混乱によって7戦方式のシリーズに敗退した。

続く1990年もエドモントンには混乱が続く。とりわけオールスター選抜選手で将来の殿堂入りを目されたゴーリーのグラント・フューアコカインの所持及び使用で告発されたことは痛手であった。しかしチームは新ゴーリーのビル・ランフォードに続いて勢いを盛り返し、地区でカルガリー、ロサンゼルスに次ぐ成績であったにもかかわらず、5度目のカップ決勝に進出し4勝1敗でボストン・ブルーインズを下した。ゴーリーのランフォードはこの時の目覚しい活躍によりプレーオフ最優秀選手賞を獲得している。

しかし徐々にチームには衰微の兆しが現れ始めていた。グレツキーの移籍はNHLにおける急激な年俸の高騰という新たな現実をもたらし、エドモントンのような市場規模の小さなチームは、もはやアメリカ合衆国大都市のチームが提示する高額年俸とは競争ができなくなりつつあった。マーク・メシエ、ヤリ・クリ、ランフォードやグレン・アンダーソン (Glenn Anderson) らの有力選手はすべて相次いでチームを去り、残されたのは実績の少ない若手選手ばかりとなった。1991年1992年には、地区決勝に進出したものの、オイラーズは過去5年間を支配した往時の面影はなかった。1993年にはリーグ参加以来初めてプレイオフ進出を逃し、その後4年間はプレイオフに姿を見せない低迷が続いた。

オーナーであるポクリントンの所有する精肉会社ゲイナーズ (Gainers) がスキャンダルと不正行為の追及を受け倒産するなど、氷上外でもトラブルは続いた。1990年代のオイラーズはチームの存亡をかけて死に物狂いであった。1999年、ついに37のオーナーから構成されるコンソーシアムがチームを買収し、エドモントンでのチーム存続を明言した。短期間に2つのカナダのチームを失うという事態を深く憂慮したNHLの努力によって、オイラーズはこの支援を受け続けている。

1997年にはオイラーズはプレイオフに久々出場を果たし勝利を重ねた。特に7戦までもつれたダラス・スターズを破ったシリーズは当時の最もエキサイティングな試合の1つといわれ、延長戦において追いすがる敵をかわして決めたゴールで勝利した。次のラウンドではコロラドに敗れはしたものの、オイラーズのプレーオフへの復活に陶然となったと伝えられる。

1998年はエドモントンはプレイオフ2回戦でダラスと再び合いまみえたが、急速に力をつけつつあったダラスの勝利に終わる。ここに、ホッケー史上稀に見る熾烈なライバル関係が始まる。1997年から2003年までの間、実にプレーオフで両者は6度顔を合わせ、そのうち5試合は1回戦での対戦であった。2002年こそ対戦はなかったが、これは両チームともにプレーオフ進出を果せなかったためである。2004年には、この拮抗状態が敗れエドモントンはプレーオフ進出がならなかったが、他方ダラスは進出しコロラド・アバランチと対戦している。

2003年11月22日オイラーズは、NHL初の野外試合、「ヘリテージ・クラシック (Heritage Classic)」を主催した[2]。NHL観客動員数最高の55,000人超の観客をエドモントンのコモンウェルス・スタジアムに集めたこの試合で、オイラーズはモントリオール・カナディアンズに4対3で敗れた。

2004年1月23日オイラーズは、AHLに属するマイナーチームのトロント・ロードランナーズが2004 - 2005シーズンの試合を本拠地のレクソール・プレイスで開催すると発表した。これは、NHLの同シーズンが2004年から2005年のNHLロックアウトにより試合中止となることを受けたものである。

2005-06シーズン、オイラーズはカンファレンス8位とぎりぎりのラインでプレイオフに進出し、1回戦でシーズン最多勝ち点を獲得したチームに与えられるプレジデント・トロフィーを獲得したデトロイト・レッドウイングスと対戦した。大方の予想を裏切りレッドウイングスを破り、2回戦でサンノゼ・シャークスを破り、カンファレンス決勝でアナハイム・マイティダックスを破り、プレイオフのフォーマットが変更されてから初めての「第8シードからスタンレーカップ決勝進出」したチームとなった。 スタンレーカップ決勝ではエースゴーリードウェイン・ロロソンを第1戦の怪我で欠きながらも第7戦までもつれ込ませるが、惜しくもカロライナ・ハリケーンズに破れスタンレーカップ獲得を逃している。

オイラーズはダウンタウン・エドモントンに建設中のロジャーズ・プレイスを2016-17シーズンに移転する予定である[3][4]

シーズン別の成績[編集]

アルバータ/エドモントン・オイラーズ (WHA時代 1972年 - 1979年)[編集]

GP W L T GF GA PTS 最終順位 プレイオフ
1972-73 78 37 35 6 259 250 80 ウェスト4位 不参加
1973-74 78 44 32 2 332 275 90 ウェイト3位 初戦敗退 (ミネソタ・ファイティングセインツ)
1974-75 78 36 38 4 279 279 76 セントラル5位 不参加
1975-76 81 27 49 5 335 398 53 セントラル4位 準々決勝敗退 (ウィニペグ・ジェッツ)
1976-77 81 34 43 4 243 304 72 ウェスト4位 準々決勝敗退 (ヒューストン・アエロズ)
1977-78 80 38 39 3 309 307 79 5位 初戦敗退 (ニューイングランド・ホエールズ)
1978-79 80 48 30 2 340 266 98 1位 決勝敗退 (ウィニペグ・ジェッツ)

エドモントン・オイラーズ (NHL時代 1979年 - )[編集]

GP W L T OL GF GA PTS 最終順位 プレイオフ
1979-80 80 28 39 13 - 301 322 69 スマイス4位 初戦敗退 (PHI)
1980-81 80 29 25 16 - 328 327 74 スマイス4位 準々決勝敗退 (NYI)
1981-82 80 48 17 15 - 417 295 111 スマイス1位 地区準決勝敗退 (LA)
1982-83 80 47 21 12 - 424 315 106 スマイス1位 スタンレー・カップ決勝敗退 (NYI)
1983-84 80 57 18 5 - 446 314 119 スマイス1位 スタンレー・カップ優勝
1984-85 80 49 20 11 - 401 298 109 スマイス1位 スタンレー・カップ優勝
1985-86 80 56 17 7 - 426 310 119 スマイス1位 地区決勝敗退 (CGY)
1986-87 80 50 24 6 - 372 284 106 スマイス1位 スタンレー・カップ優勝
1987-88 80 44 25 11 - 363 288 99 スマイス2位 スタンレー・カップ優勝
1988-89 80 38 34 8 - 325 306 84 スマイス3位 地区準決勝敗退 (LA)
1989-90 80 38 28 14 - 315 283 90 スマイス2位 スタンレー・カップ優勝
1990-91 80 37 37 6 - 272 272 80 スマイス3位 カンファレンス決勝敗退 (ミネソタ・ノーススターズ)
1991-92 80 36 34 10 - 295 297 82 スマイス3位 カンファレンス決勝敗退 (CHI)
1992-93 84 26 50 8 - 242 337 60 スマイス5位 不参加
1993-94 84 25 45 14 - 261 305 64 太平洋6位 不参加
1994-95 48 17 27 4 - 136 183 38 太平洋5位 不参加
1995-96 82 30 44 8 - 240 304 68 太平洋5位 不参加
1996-97 82 36 37 9 - 252 247 81 太平洋3位 カンファレンス準決勝敗退 (COL)
1997-98 82 35 37 10 - 215 224 80 太平洋3位 カンファレンス準決勝敗退 (DAL)
1998-99 82 33 37 12 - 230 226 78 北西2位 カンファレンス準々決勝敗退 (DAL)
1999-00 82 32 26 16 8 226 212 88 北西2位 カンファレンス準々決勝敗退 (DAL)
2000-01 82 39 28 12 3 243 222 93 北西2位 カンファレンス準々決勝敗退 (DAL)
2001-02 82 38 28 12 4 205 182 92 北西3位 不参加
2002-03 82 36 26 11 9 231 230 92 北西4位 カンファレンス準々決勝敗退 (DAL)
2003-04 82 36 29 12 5 221 208 89 北西4位 不参加
2005-06 82 41 28 - 13 256 251 95 北西3位 スタンレー・カップ決勝敗退 (CAR)
2006-07 82 32 43 - 7 195 248 71 北西5位 不参加
2007-08 82 41 35 - 6 235 251 88 北西4位 不参加
2008-09 82 38 35 - 9 234 248 85 北西4位 不参加
2009-10 82 27 47 - 8 214 284 62 北西5位 不参加
2010–11 82 25 45 - 12 193 269 62 北西5位 不参加
2011–12 82 32 40 - 10 212 239 74 北西5位 不参加
2012–13 48 19 22 - 7 45 125 134 北西3位 不参加
2013–14 82 29 44 - 9 67 203 270 太平洋7位 不参加
2014–15 82 24 44 - 14 62 198 283 太平洋6位 不参加

脚注[編集]

外部リンク[編集]