ニュージャージー・デビルス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ニュージャージー・デビルス
New Jersey Devils
カンファレンス イースタン・カンファレンス
ディビジョン メトロポリタン
創設年 1974年 (47年前) (1974)
歴代チーム名 カンザスシティ・スカウツ
(1974 - 1976)
コロラド・ロッキーズ
(1976 - 1982)
ニュージャージー・デビルス
(1982 - )
ホームアリーナ プルデンシャル・センター
Pudcentnewarkjeh.JPG
ホームタウン アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ニュージャージー州ニューアーク
ニュージャージー・デビルスの位置(アメリカ合衆国内)
1982-
1982-
1976-1982
1976-1982
1974-1976
1974-1976
チームカラー 赤、白、黒
     
メディア
オーナー ニュージャージー・デビルス
GM トム・フィッツジェラルド
ヘッドコーチ リンディ・ラフ
キャプテン
獲得タイトル(獲得年)
スタンレーカップ優勝 (3回)
1995・2000・2003
アブコワールド (0回)
なし
カンファレンス優勝 (5回)
1995・2000・2001・2003・2012
ディビジョン優勝 (9回)
1997・1998・1999・2001・2003・2006・2007・2009・2010
プレジデンツトロフィー (0回)
なし

ニュージャージー・デビルス (New Jersey Devils) は、アメリカ合衆国ニュージャージー州ニューアークを本拠としているナショナルホッケーリーグNHL)所属のプロアイスホッケーチームである。

歴史[編集]

1974年10月9日前身のカンザスシティ・スカウツとしてミズーリ州カンザスシティにデビューしたこのチームは、トロント・メープルリーフスに6対2で敗れる。その僅か2年後、チームの不振と財政上の理由により今度はコロラド州デンバーに本拠地を移転する。

デンバーではコロラド・ロッキーズ(同名の野球チームの設立前)を名乗るもファン層の拡大には至らず、成績の方も6年間でたった1度だけプレーオフ進出を果しただけであった。ロッキーズは1979年に失地回復のため人気者で派手な行動で知られるドン・チェリーをコーチとして雇い入れるも成績不振で1シーズンで解任、また1982年には当時のオーナーのジョン・マクマレン (John McMullen) がニュージャージー州イーストラザフォードのメドウランズ・コンプレックスに本拠地移転を行い、チーム名をニュージャージー・デビルスに変更した。この名称は、ニュージャージー南部のパインバレンズ (Pine Barrens) に生息するとされる不吉なUMAジャージー・デビルの伝説に由来する。1980年代のチームは、ウェールズカンファレンスの決勝に進出した1988年(ボストン・ブルーインズに敗退)を除き、依然として低空飛行を続けた。

1990年から1993年の間、デビルスは毎年プレーオフに出場したがすべて第1ラウンドで敗退。ところが、1994年からNHL内でしだいに重きをなすようになっていく。ディフェンスにスコット・スティーブンス (Scott Stevens)、スコット・ニーダマイヤー (Scott Niedermayer)、オフェンスにクロード・ルミュー (Claude Lemieux)、ボビー・ホリック(Bobby Holik)、ヴァレリ・ゼレプキン(Valeri Zelepukin)、ステファン・リシェ(Stephane Richer)及びジョン・マクレーン(John MacLean)、ゴーリーにはマーティン・ブロデューア (Martin Brodeur)、クリス・テレリ(Chris Terreri)を擁してレギュラーシーズンで他チームを圧倒、東部カンファランス決勝でニューヨーク・レンジャースに惜敗した(レンジャーズはこの年スタンレー・カップ優勝)。

前年の敗北のダメージは、翌年にはすっかり癒えていた。1995年はロックアウトでシーズンが短縮された年であるが、見事デトロイト・レッドウィングスを第4試合で破ってスタンレー・カップ初優勝を遂げる。1996年はプレーオフ進出ならず、1990年代残りはファンの期待に答えられず再び低迷する。

しかし、1999 - 2000 シーズンでは、再び王座に返り咲く。スティーブンス、ホリック、ルミュー、ニーダマイヤー、ブロデューアら1995年の優勝メンバーに加え、過去5年間の低迷期に獲得した新戦力、パトリック・エリアシュ(Patrick Elias)、ペトル・シーコラ(Petr Sykora)、ジェイソン・アーノット(Jason Arnott)、ブライアン・ラフォルスキー(Brian Rafalski)、アレクサンダー・モギルニー(Alexander Mogilny)、新人のスコット・ゴメス(Scott Gomez)及びジョン・マッデン(John Madden) らの活躍により2度目のスタンレー・カップ優勝に輝いた。

2001年コロラド・アバランチに第7戦で敗れカップ3度目の優勝を逸した。2002年は優勝を狙えるとの前評判であったが、第1ラウンドでカロライナ・ハリケーンズに敗退。しかし、2003年スタンレーカップではマイティーダックス・オブ・アナハイムを第7戦で下して3度目の優勝を果す。ブロデューア、スティーブンス、ニーダマイヤー、ケン・ダネコ(Ken Daneyko)及び セルゲイ・ブリリン(Sergei Brylin) らの選手にとっては3度目のカップ、またジェフ・フリーゼン (Jeff Friesen)、ジェイミー・ランゲンブラナー(Jamie Langenbrunner)、マッデン及びラフォルスキーも優勝に大きく貢献した。

2005年2月、デビルスは総工費3億1000ドルをかけて新ホッケースタジアムをニュージャージー州ニューアークに建設すると発表した。コンチネンタル・エアラインズ・アリーナに代わるこの新アリーナ・プルデンシャル・センターは、2007-2008シーズンから使用が開始された。

またニュージャージー州議員のクレイグ・スタンリー(バプティスト派の助祭でもある。)は、宗教的な問題から「デビルス」の名称の変更を求める決議案の提出を計画しているとの声明を発表した。これに対し、CEOのルー・ラモリエロ (Lou Lamoriello) らデビルス首脳は、変更する考えのない旨を明らかにしている。ロゴやマスコットについてはチームがキリスト教における悪魔の描写をモデルとしたことをほのめかしつつも、「デビルス」なる名称は伝説のジャージー・デビルに由来するからとされている。

シーズン別の成績[編集]

カンザスシティ・スカウツ(1974年 - 1976年)[編集]

GP W L T OL GF GA PTS 最終順位 プレイオフ
1974-75 80 15 54 11 - 184 328 41 スマイス5位 不参加
1975-76 80 12 56 12 - 190 351 36 スマイス5位 不参加

コロラド・ロッキーズ(1976年 - 1982年)[編集]

GP W L T OL GF GA PTS 最終順位 プレイオフ
1976-77 80 20 46 14 - 226 307 54 スマイス5位 不参加
1977-78 80 19 40 21 - 257 305 59 スマイス2位 第1ラウンド敗退
1978-79 80 15 53 12 - 210 331 42 スマイス4位 不参加
1979-80 80 19 48 13 - 234 308 51 スマイス6位 不参加
1980-81 80 22 45 13 - 258 344 57 スマイス4位 不参加
1981-82 80 18 49 13 - 241 362 49 スマイス5位 不参加

ニュージャージー・デビルス(1982年 - )[編集]

GP W L T OL GF GA PTS 最終順位 プレイオフ
1982-83 80 17 49 14 - 230 338 48 パトリック5位 不参加
1983-84 80 17 56 7 - 231 350 41 パトリック5位  不参加
1984-85 80 22 48 10 - 264 346 54 パトリック5位 不参加
1985-86 80 28 49 3 - 300 374 59 パトリック6位 不参加
1986-87 80 29 45 6 - 293 368 64 パトリック6位 不参加
1987-88 80 38 36 6 - 295 296 82 パトリック4位 第3ラウンド敗退
1988-89 80 27 41 12 - 281 325 66 パトリック5位 不参加
1989-90 80 37 34 9 - 295 288 83 パトリック2位 第1ラウンド敗退
1990-91 80 32 33 15 - 272 264 79 パトリック4位 第1ラウンド敗退
1991-92 80 38 31 11 - 289 259 87 パトリック4位 第1ラウンド敗退
1992-93 84 40 37 7 - 308 299 87 パトリック4位 第1ラウンド敗退
1993-94 84 47 25 12 - 306 220 106 大西洋2位 第3ラウンド敗退
1994-95 48 22 18 8 - 136 121 52 大西洋2位 スタンレー・カップ優勝
1995-96 82 37 33 12 - 215 202 86 大西洋6位 不参加
1996-97 82 45 23 14 - 231 182 104 大西洋1位 第2ラウンド敗退
1997-98 82 48 23 11 - 225 166 107 大西洋1位 第1ラウンド敗退
1998-99 82 47 24 11 - 248 196 105 大西洋1位 第1ラウンド敗退
1999-2000 82 45 24 8 5 251 203 103 大西洋2位 スタンレー・カップ優勝
2000-01 82 48 19 12 3 295 195 111 大西洋1位 スタンレー・カップ決勝敗退
2001-02 82 41 28 9 4 205 187 95 大西洋3位 第1ラウンド敗退
2002-03 82 46 20 10 6 216 166 108 大西洋1位 スタンレー・カップ優勝
2003-04 82 43 25 12 2 213 164 100 大西洋2位 第1ラウンド敗退
2005-06 82 46 27 - 9 242 229 101 大西洋1位 第2ラウンド敗退
2006-07 82 49 24 - 9 216 201 107 大西洋1位 第2ラウンド敗退
2007-08 82 46 26 - 7 206 197 99 大西洋2位 第1ラウンド敗退
2008-09 82 51 27 - 4 244 209 106 大西洋1位 第1ラウンド敗退
2009-10 82 48 27 - 7 222 191 103 大西洋1位 第1ラウンド敗退

スタンレーカップ戦績[編集]

優勝[編集]

1994-1995、1999-2000、2002-2003

準優勝[編集]

2000-2001、2011-2012

外部リンク[編集]