カルガリー・フレームス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カルガリー・フレームス
Calgary Flames

アルバータ州カルガリー
創設1972年
所属カンファレンス
所属ディビジョン
歴代チーム名
  • カルガリー・フレームス(1980 - )
  • アトランタ・フレームス(1972 - 1980)
本拠地
収容人員: 19,289人
チームカラー
  • 赤, 金, 黒, 白
獲得タイトル(獲得年)
スタンレーカップ優勝 (1回) 1989
アブコワールド なし
カンファレンス優勝 (3回) 1986・1989・2004
ディビジョン優勝 (5回) 1986・1989・1994・1995
2006
プレジデンツトロフィー (2回) 1988・1989
組織
オーナー: カルガリー・フラームス
GM: ブライアン・バーク
HC: ボブ・ハートレイ
主将: マーク・ジョルダーノ

カルガリー・フレームスCalgary Flames)はカナダアルバータ州カルガリーを本拠としている北米プロアイスホッケーリーグ (National Hockey League 略 NHL)チームである。

歴史[編集]

1972年、NHLはニューヨーク・アイランダースと共にアトランタ・フレームスの参入を発表した。「フレームス」の名前は南北戦争中の1864年のアトランタ方面作戦によるアトランタ炎上に由来する。

黎明期[編集]

NHLが1972年からジョージア州アトランタにフランチャイズチーム(アトランタ・フレームス)を設立すると発表したとき、ホッケーファンの多数は、アメリカ合衆国南部にチームを作るなんて馬鹿げたことだと冷ややかな反応を示した。そしてこの反応はある意味で正解であった。フレームスは毎年リーグ最下位争いを演じ、アトランタに本拠地を置いた8期中プレイオフでは一度も勝利できなかった。

フランチャイズの移転[編集]

1980年になると、アトランタの経済低迷を背景にしてチームはカルガリー資本へと売却され、チーム名がカルガリー・フレームスとなる。アルバータ州におけるチーム初年度は、ケント・ニールソン (Kent Nilsson) の49ゴールの活躍などがあり、プレーオフでは第1ラウンドでシカゴ・ブラックホークスを下し、第2ラウンドではフィラデルフィア・フライヤーズを第7試合で破り、準決勝でミネソタ・ノーススターズ (現ダラス・スターズ) に敗れた。

1986年までにフレームスは、ダグ・ライズボロー(Doug Riseborough)、ラニー・マクドナルド (Lanny McDonald)、ダン・クイン(Dan Quinn)やゴーリーマイク・バーノン(Mike Vernon)らを獲得。プレーオフ第1ラウンドではバンクーバー・カナックスを破り、続く第2ラウンドでも第7試合でスティーブ・スミス (Steve Smith) の偶然のオウンゴールによりエドモントン・オイラーズに辛勝、またセントルイス・ブルースをも第7試合で下した。しかし、決勝では常勝モントリオール・カナディアンズには歯が立たず、第5試合で敗退した。

スタンレー・カップ初優勝[編集]

1989年についにフレームスは、決勝でカナディアンズを下しスタンレー・カップ初優勝をかざり、キャプテン、ラニー・マクドナルドの引退に花を添えた。この優勝は、カナディアンズの本拠地でビジターチームが優勝を決めた初の例となった。当時の主力メンバーは、セオレン・フルーリージョー・ニューウェンダイクゲイリー・ロバーツアル・マキニス、マイク・バーノン。

低迷期[編集]

その後7年連続でプレーオフ進出を逃し、1989年当時の主力が次々に他のチームに移籍または引退していった。その間に後に主力となるジャローム・イギンラ(Jerome Iginla)をドラフトで獲得した。イギンラは2003年前後にキャプテンとなったがなぜか元ナッシュビル・プレデターズトーマス・ヴォークーン(Tomas Vokoun)と喧嘩に近い状態になることが多かった。

復興期[編集]

2004年復活を果す。この年は、カナダのチームとしては初めてウェスタン・カンファレンス3地区の優勝チームを軒並み下し、スタンレー・カップ進出を成し遂げた。ノースウェスト・ディビジョンのバンクーバー・カナックスを第7試合で、セントラル・ディビジョンのデトロイト・レッドウイングス (この年レギュラーシーズン最高成績チームに与えられるプレジデント・トロフィーを受賞)を第6試合で、そしてウェスタン・カンファレンス決勝ではパシフィック・ディビジョンのサンノゼ・シャークスを第6試合で連破し、スタンレー・カップ決勝ではタンパベイ・ライトニングと対戦した。

1993年以来自国チームのカップ獲得から見放されてきたホッケー大国カナダの国民は、まさに「シンデレラ物語」を地でいくフレームスに対し熱狂的な声援を送ったとされる。在ワシントンD.C.のカナダ大使館は、メープルリーフの代わりにフレームスの旗を掲げ、またサンノゼ市民会館でも同様の光景が見られたと伝えられる(このシリーズでシャークスが敗れると、サンノゼ市長はこの市民会館を「世界中のフレームスファンの総本山である」と宣言した。)。フレームスはもともとは保守的とされたサンノゼ市に熱狂をもたらした。

スタンレー・カップ決勝では、フレームスのホームでの第6試合で疑惑のノーゴール判定があったこともあり、決勝は第7戦までもつれ込んだ。第6戦で再延長戦を制したタンパベイ・ライトニングは、第7戦第2ピリオドまでフレームスに僅か7ショットしか許さない奮闘を見せた。フレームスは後半怒涛の攻撃を見せるが、やや遅きに失し2004年6月7日1対2で勝利を逃した。

この快進撃は、2003-2004年度中に獲得したミカ・キプラソフ(Miikka Kiprusoff)の活躍抜きには語れない。彼はサンノゼ・シャークスで、控え選手にもなれないほどだったが、2003年度中にトレードで移籍。ここから怒涛の快進撃を見せ、とうとう守護神のロマン・タレック(Roman Turek)をNHL引退にまで押しやる。 2004-2005年は2004年から2005年のNHLロックアウトでシーズンがなくなったが、翌2005-2006年には最優秀ゴーリーに送られるVezina Trophy(ヴェジナ・トロフィー)を獲得する。 このキプラソフの活躍で、2003-2004年以降はフレームスは必ずプレーオフに出ている。 ちなみに2003-2004年に、ホーム用ジャージーとビジター用ジャージーが入れ替わったため、フレームスは新しいジャージーを発表した(赤ベースのユニフォームに黒いCが燃えている)。

レッド・マイル[編集]

2004年フレームスが奇跡的な快進撃を見せる間、カルガリー市は100万人を超える住民がまさにフレームスブームに沸いた。同市歓楽街として知られる17番通り (17th Ave SW、ホームアリーナのサドルドームから西に延びる) には、試合終了後6万人ともいわれる赤色を身に着けたファンがあふれた。ここから、この通りは「レッド・マイル (The Red Mile) 」として知られるようになる。

レッド・マイルでのはしゃぎぶりには批判の声も多いが、その一方で、レッド・マイルパーティは世界的にその名を知られるようになり、各地の報道でも取り上げられるようになった。例えばサッカーにおける暴動のように、このような場面では群集が暴徒とかすこともあるが、レッド・マイルはそのような例は少なく、群集の行動はプラス方向であり逮捕者などもいないとされる。

シーズン別の成績[編集]

アトランタ・フレームス時代 (1972年 - 1980年)[編集]

GP W L T OL GF GA PTS 最終順位 プレイオフ
1972-73 78 25 38 15 - 191 239 65 ウェスト7位 不参加
1973-74 78 30 34 14 - 214 238 74 ウェスト4位 準々決勝敗退 (PHI)
1974-75 80 34 31 15 - 243 233 83 パトリック4位 不参加
1975-76 80 35 33 12 - 262 237 82 パトリック3位 初戦敗退 (LA)
1976-77 80 34 34 12 - 264 265 80 パトリック3位 初戦敗退 (LA)
1977-78 80 34 27 19 - 274 252 87 パトリック3位 初戦敗退 (DET)
1978-79 80 41 31 8 - 327 280 90 パトリック4位 初戦敗退 (TOR)
1979-80 80 35 32 13 - 282 269 83 パトリック4位 初戦敗退 (NYR)

カルガリー・フレームス時代 (1981年 - )[編集]

GP W L T OL GF GA PTS 最終順位 プレイオフ
1980-81 80 39 27 14 - 329 298 92 パトリック5位 準決勝敗退 (ミネソタ・ノーススターズ)
1981-82 80 29 34 17 - 334 345 75 スマイス5位 地区準決勝敗退 (VAN)
1982-83 80 32 34 14 - 321 317 78 スマイス2位 地区決勝敗退 (EDM)
1983-84 80 34 32 14 - 311 314 82 スマイス2位 地区決勝敗退 (EDM)
1984-85 80 41 27 12 - 363 302 94 スマイス3位 地区準決勝敗退 (WPG)
1985-86 80 10 31 9 - 354 315 89 スマイス2位 スタンレー・カップ決勝敗退 (MTL)
1986-87 80 46 31 3 - 318 289 94 スマイス2位 地区準決勝敗退 (WPG)
1987-88 80 48 23 9 - 397 305 105 スマイス1位 地区決勝敗退 (EDM)
1988-89 80 54 17 9 - 354 226 117 スマイス1位 スタンレー・カップ優勝
1989-90 80 42 23 15 - 348 265 99 スマイス1位 地区準決勝敗退 (LA)
1990-91 80 46 26 8 - 344 263 100 スマイス2位 地区準決勝敗退 (EDM)
1991-92 80 31 37 12 - 296 305 74 スマイス5位 不参加
1992-93 84 43 30 11 - 322 282 97 スマイス2位 地区準決勝敗退 (LA)
1993-94 84 42 29 13 - 302 256 97 パシフィック1位 カンファレンス準々決勝敗退 (VAN)
1994-95 48 24 17 7 - 163 135 55 パシフィック1位 カンファレンス準々決勝敗退 (SJ)
1995-96 82 34 37 11 - 241 240 79 パシフィック2位 カンファレンス準々決勝敗退l (CHI)
1996-97 82 32 41 9 - 214 239 73 パシフィック5位 不参加
1997-98 82 26 41 15 - 217 252 67 パシフィック5位 不参加
1998-99 82 30 40 12 - 211 234 72 パシフィック3位 不参加
1999-00 82 31 36 10 5 211 256 77 ノースウェスト4位 不参加
2000-01 82 27 36 15 4 197 236 73 ノースウェスト4位 不参加
2001-02 82 32 35 12 3 201 220 79 ノースウェスト4位 不参加
2002-03 82 29 36 13 4 186 228 75 ノースウェスト5位 不参加
2003-04 82 42 30 7 3 200 176 94 ノースウェスト3位 スタンレーカップ・決勝敗退 (TB)
2005-06 82 46 25 - 11 218 200 103 ノースウェスト1位 カンファレンス準々決勝敗退 (ANA)
2006-07 82 43 29 - 10 258 226 96 ノースウェスト3位 カンファレンス準々決勝敗退 (DET)
2007-08 82 42 30 - 14 229 227 94 ノースウェスト3位 カンファレンス準々決勝敗退 (SJ)
2008-09 82 46 30 - 6 254 248 98 ノースウェスト2位 カンファレンス準々決勝敗退 (CHI)
2009-10 82 40 32 - 10 204 210 90 ノースウェスト3位 不参加

スタンレーカップ戦績[編集]

優勝[編集]

1988-1989

準優勝[編集]

2003-2004

外部リンク[編集]