この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

平高奈菜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

平高 奈菜
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 愛媛県
生年月日 (1987-07-07) 1987年7月7日(31歳)
身長 159cm
体重 46kg
血液型 B型
競艇選手情報
所属 香川支部
登録番号 4450
登録期 100期
級別 B2級
特徴 自在
選手実績
デビュー日 2007年5月11日
主要獲得タイトル
テンプレートを表示

平高 奈菜(ひらたか なな、1987年7月7日 - )は、愛媛県松山市出身の競艇選手。登録番号4450。身長159cm。血液型B型。100期。香川支部所属。

師匠は重成一人(登録番号3908)。同期に鎌倉涼青木玄太桐生順平らがいる。

同じ支部に所属している平山智加とはライバルの関係である。

来歴

  • 愛媛県立松山北高等学校卒業。高校在学中にバーミヤンでアルバイトしていたこともあった。
  • やまと競艇学校時代、リーグ戦勝率4.80(準優出以上はなし)の成績を残した。
  • 2007年5月11日丸亀競艇場でデビュー(失格)。
  • 2007年9月8日鳴門競艇場での「G3女子リーグ第8戦 第23回渦の女王決定戦競走」5日目1Rで初勝利(47走目)。
  • 2009年7月6日多摩川競艇場での「G3女子リーグ第5戦 2009モーターボートレディスダービー」で初優出(3着)。
  • 2010年2月7日、丸亀競艇場での「G1第53回四国地区選手権競走」2日目2RでG1初勝利[1]
  • 2010年9月28日津競艇場での「津レディースチャンピオンカップ」で初優勝。[2]
  • 2010年12月17日尼崎競艇場での「G3女子リーグ第14戦 クイーンロード2010」で女子リーグ初優勝。
  • 2011年1月11日、平成22年度の最優秀新人に選出された。前年度の平山智加に続き、2年連続の女子選手の選出となった(史上2回目)。
  • 2011年5月29日、尼崎競艇場での「SG第38回笹川賞」の最終日1RでSG初勝利[3]。この節でSG初勝利の水神祭は5人目であった。
  • 2018年3月10日琵琶湖競艇場において開催されたG2・第2回レディースオールスターの準優勝戦第12Rにおいて今期3本目のフライングを犯してしまう(コンマ01・このレースでは1号艇の遠藤エミと3号艇の大山千広もフライング)。これにより、3月12日9月7日まで180日のフライング休みとなり、0.7以下が基準となっている事故率の超過が確定・2018年後期のB2級が確定した。また、G2競走・並びにオール女子戦の準優フライングによる罰則のため、9月8日12月7日までの3ヶ月間の記念競走(G1・G2)、オール女子戦(G3オールレディース・ヴィーナスシリーズ)の出場権も失った。

脚注

関連項目

外部リンク