1926年のスポーツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

できごと[編集]

総合競技大会[編集]

アメリカンフットボール[編集]

  • NFL優勝:フランクフォード・イエロー・ジャケッツ

大相撲[編集]

摂政宮杯(現在の天皇賜杯)が完成し、春場所から幕内最高優勝者に授与されることになった。

翌年の大坂相撲との合併を控え、東西連盟大相撲が3月12日から大阪扇町公園で、10月8日から天王寺で行われ、大阪力士の実力判定の材料とされた。また、10月には最高優勝者(常ノ花)に賜杯が授与された。

幕内最高優勝

優勝旗手

  • 春:西前頭2枚目 常陸岩英太郎(10勝1敗)
  • 夏:西前頭8枚目 大蛇山酉之助(10勝1敗)

ゴルフ[編集]

世界4大大会(男子)[編集]

全米プロゴルフ優勝者:ウォルター・ヘーゲン(アメリカ)]

自転車競技[編集]

ロードレース[編集]

テニス[編集]

グランドスラム[編集]

フランステニス界の黄金時代。男子は「四銃士」が世界を席巻する。スザンヌ・ランランが世界初の「プロテニス選手」になった。

野球[編集]

日本[編集]

中学野球[編集]

アメリカ大リーグ[編集]

誕生[編集]

死去[編集]