2022年のスポーツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

< 2022年

2022年のスポーツ(2022ねんのスポーツ)では、2022年(令和4年)のスポーツ関連の出来事についてまとめる。

2022年前後:2021年のスポーツ - 2022年のスポーツ - 2023年のスポーツ

できごと[編集]

1月[編集]

2月[編集]

3月[編集]

  • 1日
    • 【水泳】 日本水泳連盟はこの日までに東京オリンピック競泳女子個人メドレー200m・400m金メダリストの大橋悠依イトマン東進)から提出されていた選手肖像権管理解除の申請について連盟常務理事会にて承認したことを明らかにした。これにより大橋は自身で商業活動を展開することが可能となる個人事業主(いわゆるプロフェッショナル)選手[注 5]として活動することとなった[62]
    • 【バレーボール】 国際バレーボール連盟(FIVB)はこの日、本年8月26日 - 9月11日に開催予定の「2022年バレーボール男子世界選手権」についてこの日開催した理事会決定事項として、『ロシアによるウクライナ侵攻の影響を理由としてロシアでの開催剥奪の決定』[63][64] 及び、『ロシア及びベラルーシの男女代表チーム並びに両国内のクラブチームについて、FIVBが主催するすべてのカテゴリーの競技大会から除外する』ことも併せて決定したことを発表した[65][66]
    • スケート
  • 2日
    • 【パラリンピック】 国際パラリンピック委員会(以下、IPCと表記)はこの日北京市内で理事会を開き、ロシアのウクライナ侵攻を受け、2022年北京パラリンピックに参加のロシアパラリンピック委員会とベラルーシに対して、中立として参加する声明を出した[70][71]。パラリンピック旗の下、金メダルを獲得してもパラリンピック賛歌が演奏されることとなる。
    • アイスホッケー北海道新聞が関係者への取材として報じたところによると、アジアリーグに所属するひがし北海道クレインズの運営会社が選手やスタッフに支払う給料について、昨年12月分以降遅配状態にあることが判明。コロナ禍の影響により観客動員を制限していることもあり、チケットやグッズの売り上げが低迷。経営にも影響し2020年度は赤字決算となった。一部選手などはアルバイトで生計を立てているという。遅配について同社ゼネラルマネージャーは同紙に対し「今は何もお答えすることができない」としたが[72]、その後4月1日に北海道釧路市内で行った記者会見で運営会社社長の田中茂樹が遅配の事実を認め陳謝したと同時に、遅配分は3月末までに銀行の融資により払い終えたとした[73]
  • 3日
    • 【パラリンピック】 IPCはこの日北京市内で緊急会議を開き、2022年北京パラリンピックに参加予定だったロシアパラリンピック委員会とベラルーシに対して、参加を認めない声明を出した[74][75]
    • 【陸上競技】 2008年北京五輪陸上長距離代表の赤羽有紀子が在籍していたことで知られ、東北地方以北では唯一の女子実業団チームだった北海道のホクレン女子陸上競技部(1987年創部)が2023年3月末をもって解散することが発表された。解散は2月25日のホクレンの理事会で決定したもので、コロナ禍に加えて新規チームの増加により入部者が1年に1人程度とスカウト面で苦戦を強いられていた[76]
  • 6日 - 【陸上競技】 東京マラソン2021東京都庁前スタート→東京駅前行幸通りフィニッシュ)の男子10km過ぎで、選手を先導していた警視庁白バイ2台のうち1台がコースを間違えて、優勝したエリウド・キプチョゲ ケニア)らがそれに釣られて約10秒コースをロスするハプニングが発生した[77]。また男子日本人トップの鈴木健吾富士通)と女子日本人トップの一山麻緒ワコール[注 6]の合計タイムが4時間26分30秒となり、「フルマラソンの同一レースにおける夫婦の合計タイム」でギネス世界記録を更新した[注 7][78]
  • 21日 -【ボートレース】 第57回ボートレースクラシック優勝戦が大村競艇場長崎県大村市)で行われ、遠藤エミ(登録番号:4502、滋賀県支部)が女性ボートレーサーとして初めてSGレースを優勝[79]
  • 22日 - 【バレーボール】 JVAはこの日開催した臨時理事会に於いて1月13日に解任された嶋岡健治前会長の後任となる第12代会長として、日本体育大学富士フイルムで活躍、日本男子代表でも1984年のロサンゼルスオリンピック1988年のソウルオリンピックなどに出場し、現役引退後はビーチバレーボール選手やタレントとしても活動している川合俊一を選出し、即日就任したことを発表した[80][81]。→1月13日の項も参照。
  • 23日 - 【テニス】 過去に全豪オープンなどの四大大会で3勝を挙げ、世界ランキング1位のオーストラリアの旗 オーストラリアの女子テニス選手アシュリー・バーティが、自身のインスタグラムで現役引退を発表[82][83]
  • 25日 - 【バドミントン日本バドミントン協会(NBA)はこの日、2018年から2019年にかけて同協会に勤務していた元職員が、協会登録選手の海外遠征費や国際大会賞金などとして徴収されていた現金680万円を協会の銀行口座に入金せず、自ら着服していた事案があったことを銭谷欽治協会専務理事の記者会見にて明らかにした。協会側はこの事案を公表しなかったことについて「東京オリンピック目前だったため、選手や関係者に余計な心配をかけるようなことを避けたい思いがあった」としたが、隠蔽する目的はなかったとした。なお協会側は当該職員を2020年6月で諭旨免職処分とし、弁済証書を提出させて着服分の返済を行わせると共に、被害金欠損分を理事・監事により私費を提供する形で補填する措置を執ったことも明らかにしている[84]
  • 26日 - 【フィギュアスケート】 全日本選手権4年連続優勝、2018年平昌オリンピック4位などの実績を持つフィギュアスケート選手の宮原知子木下グループホールディングス)がこの日、自身のInstagramにて2021-22シーズン終了を以て現役を引退することを表明。今後はプロスケーターとして活動する構想を明らかにしている[85]
  • 27日
    • 【スキー】 ノルディックスキーFISスキー・ジャンプワールドカップ男子個人最終第28戦のプラニツァスロベニアの旗 スロベニア)大会(フライングヒル)が開催され、この最終戦に決着が持ち越された小林陵侑(土屋ホーム)とカール・ガイガードイツの旗 ドイツ)との男子ワールドカップ総合優勝争いでは、この試合で小林は8位に終わったが、優勝が逆転での総合優勝の絶対条件であったカイガーが16位となったため、この結果、小林の2021-22シーズンの個人総合優勝が決定、小林は2018-19シーズン以来の2度目の総合優勝となった[86][87]
    • 【バドミントン】 日本バドミントン協会が2019年に国庫補助事業として長崎県で行った「日本と韓国の両国の高等学校バドミントン交流事業」の一環として選手らが大型リゾート施設を訪問した際の代金の領収書についてその内容を一部偽った内訳書を日本オリンピック委員会(以下、JOCと表記)に提出し、JOCから不正申請であるという指摘がなされたことがこの日判明[88]。バドミントン協会側では「偽造したつもりはない」と述べたが[88]、25日発覚の着服問題に続くバドミントン界の不祥事を重く見たスポーツ庁は4月8日までに日本バドミントン協会に対して着服問題と不正申請問題の両方について直ちに再調査するよう指示したことも明らかになっている[89]
  • 28日 - 【陸上競技】 女子マラソン日本歴代4位(国内最高記録保持者)の一山麻緒はこの日、「高校(出水中央高等学校)卒業以来在籍したワコールを離れ、2022年4月1日付で資生堂へ移籍する」ことを表明。一山は移籍の理由について、昨年陸上競技選手で男子マラソン日本歴代1位記録保持者の鈴木健吾(富士通)と結婚したことに伴い、鈴木が在籍する富士通と同じ関東地区を今後の競技生活の拠点とするためであることを明らかにしている[90]
  • 30日 - 【ラグビー】 JAPAN RUGBY LEAGUE ONE DIVISION 3 に所属する宗像の親会社であるサニックスは、「経営環境を総合的に判断した上で」チームの活動を5月末をもって休止することを発表した[91]

4月[編集]

5月[編集]

6月[編集]

7月[編集]

8月[編集]

9月[編集]

10月[編集]

11月[編集]

予定[編集]

海外の大会は現地時間表記。

開催中[編集]

12月[編集]

アメリカンフットボール[編集]

米国の大会[編集]

日本の大会[編集]

ボートレース[編集]

SG・プレミアムGI【PGI】・レディースオールスター・レディースチャレンジカップ競走賞金女王シリーズ戦の優勝者についてのみまとめるものとする。

グレード 競走名 開催競艇場 期間 優勝者
GII 第6回レディースオールスター 桐生 2月22日 - 27日 守屋美穂岡山[187]
SG 第57回鳳凰賞競走(ボートレースクラシック) 大村 3月16日 - 21日 遠藤エミ滋賀[188]
PGI 第23回名人戦競走(マスターズチャンピオン) 三国 4月19日 - 24日 上平真二広島[189]
SG 第49回笹川賞競走(ボートレースオールスター) 宮島 5月24日 - 29日 原田幸哉長崎[190]
SG 第32回グランドチャンピオン決定戦競走(グランドチャンピオン) 唐津 6月21日 - 26日 池田浩二愛知[191]
SG 第27回オーシャンカップ競走 尼崎 7月19日 - 24日 椎名豊群馬[192]
PG1 第36回女子王座決定戦競走(レディースチャンピオン) 丸亀 8月2日 - 7日 香川素子(滋賀)[193]
SG 第68回モーターボート記念競走(ボートレースメモリアル) 浜名湖 8月23日 - 28日 片岡雅裕香川[194]
PG1 第9回ヤングダービー競走(ヤングダービー) 多摩川 9月20日 - 25日 近江翔吾(香川)[195]
SG 第69回全日本選手権競走(ボートレースダービー) 常滑 10月25日 - 30日 馬場貴也(滋賀)[196]
GII 第9回レディースチャレンジカップ競走 鳴門 11月22日 - 27日 中村桃佳(香川)[197]
SG 第25回チャレンジカップ競走 深谷知博静岡[198]

テニス[編集]

グランドスラム[編集]

卓球[編集]

カーリング[編集]

日本国内[編集]

柔道[編集]

日本国内[編集]

ラグビー[編集]

JAPAN RUGBY LEAGUE ONE2022[編集]

日本の学生ラグビー[編集]

体操[編集]

ボクシング[編集]

日本のジム所属選手の世界戦[編集]

日本のジムに所属するプロボクサーが2022年度に国内外で戦った世界戦開催日・結果
開催日 会場 タイトル種別 統括団体 対戦者 結果 対戦者
2月25日 東京都文京区
後楽園ホール
WBO女子世界アトム級
タイトルマッチ[229]
WBO 岩川美花
(王者/姫路木下
★判定1-2☆ 鈴木菜々江
シュウ
IBF女子世界アトム級
王座決定戦[230]
IBF 松田恵里
(1位/TEAM10COUNT
★判定0-2☆ 宮尾綾香
(2位/ワタナベ
3月19日 京都府京都市右京区
京都市体育館
WBC世界ライトフライ級
タイトルマッチ[231]
WBC 矢吹正道
(王者/
★3回1分11秒KO☆ 寺地拳四朗
(1位/B.M.B
4月9日 埼玉県さいたま市中央区
さいたまスーパーアリーナ
WBO世界フライ級
タイトルマッチ[232]
WBO 中谷潤人
(王者/M.T
☆8回2分20秒TKO★ 山内涼太
(2位/角海老宝石
IBF・WBA世界ミドル級
王座統一戦[233]
IBF/WBA 村田諒太
(WBA王者/帝拳
★9回2分11秒TKO☆ ゲンナジー・ゴロフキン
(IBF王者/カザフスタンの旗 カザフスタン
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国テキサス州サンアントニオ
アラモドーム
WBA・WBC女子世界フライ級
王座統一戦[234]
WBA/WBC 藤岡奈穂子
(WBA王者/竹原&畑山
★判定0-3☆ マーレン・エスパルザ
(WBC王者/アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
4月22日 東京都文京区
後楽園ホール
WBO世界ミニマム級
タイトルマッチ[注 25][235]
WBO 谷口将隆
(王者/ワタナベ)
☆11回2分29秒TKO★ 石澤開
(5位/M.T)
5月30日 WBO女子世界スーパーフライ級
タイトルマッチ[236]
吉田実代
(王者/三迫
★判定1-2☆ 小澤瑶生
フュチュール
6月4日 イギリスの旗 イギリス/ウェールズの旗 ウェールズカーディフ
モーターポイント・アリーナ・カーディフ英語版
IBF世界スーパーフェザー級
タイトルマッチ[237]
IBF 尾川堅一
(王者/帝拳)
★2回1分15秒KO☆ ジョー・コルディナ
(3位/イギリスの旗 イギリス
6月7日 埼玉県さいたま市中央区
さいたまスーパーアリーナ
WBAスーパー・IBF・WBC世界バンタム級
王座統一戦[238]
WBA/IBF/WBC 井上尚弥
(WBAスーパー・IBF王者/大橋
☆2回1分24秒TKO★ ノニト・ドネア
(WBC王者/フィリピンの旗 フィリピン
6月10日 メキシコの旗 メキシコハリスコ州グアダラハラ WBA世界ライトフライ級
スーパー・レギュラー王座統一戦[239]
WBA 京口紘人
(WBAスーパー王者/ワタナベ)
☆8回0分24秒TKO★ エステバン・ベルムデス
(WBAレギュラー王者/メキシコの旗 メキシコ
7月13日 東京都大田区
大田区総合体育館
WBO世界スーパーフライ級
タイトルマッチ[240]
WBO 井岡一翔
(王者/志成
☆判定3-0★ ドニー・ニエテス
(1位/フィリピンの旗 フィリピン
8月31日 タイ王国の旗 タイナコーンラーチャシーマー WBC世界ミニマム級
タイトルマッチ[241]
WBC 田中教仁
(14位/三迫)
★判定0-3☆ パンヤ・プラダブスリ
(王者/タイ王国の旗 タイ
9月1日 東京都文京区
後楽園ホール
IBF女子世界アトム級
タイトルマッチ[242]
IBF 宮尾綾香
(王者/ワタナベ)
★判定0-3☆ 岩川美花
(6位/姫路木下)
WBO女子世界アトム級
タイトルマッチ[243]
WBO 鈴木菜々江
(王者/シュウ)
★判定0-3☆ 黒木優子
YuKOフィットネス
11月1日 埼玉県さいたま市中央区
さいたまスーパーアリーナ
WBO世界ライトフライ級
タイトルマッチ[244]
岩田翔吉
(2位/帝拳)
★判定0-3☆ ジョナサン・ゴンザレス
(王者/プエルトリコの旗 プエルトリコ
WBAスーパー・WBC世界ライトフライ級
王座統一戦[245]
WBA/WBC 京口紘人
(WBAスーパー王者/ワタナベ)
★7回2分36秒TKO☆ 寺地拳四朗
(WBC王者/B.M.B)
12月1日 東京都文京区
後楽園ホール
WBO女子世界スーパーフライ級
王座決定戦
WBO 谷山佳菜子
(ワタナベ)
晝田瑞希
(三迫)
12月13日 東京都江東区
有明アリーナ
WBAスーパー・WBC・IBF・WBO世界バンタム級
王座統一戦
WBA/WBC/IBF/WBO 井上尚弥
(WBAスーパー・WBC・IBF王者/大橋)
ポール・バトラー
(WBO王者/イギリスの旗 イギリス
12月31日 東京都大田区
大田区総合体育館
WBA・WBO世界スーパーフライ級
王座統一戦[246]
WBA/WBO 井岡一翔
(WBO王者/志成)
ジョシュア・フランコ
(WBA王者/アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国

モータースポーツ(自動車)[編集]

ゴルフ[編集]

※公式戦のみ記載。

全米プロゴルフ協会(PGA)[編集]

全米女子プロゴルフ協会(USLPGA)[編集]

日本ゴルフツアー機構(JGTO)[編集]

日本女子プロゴルフ協会(JLPGA)[編集]

陸上競技[編集]

マラソン[編集]

JMCシリーズ加盟大会のみ記載。

男女同日開催[編集]

男子[編集]

女子[編集]

駅伝[編集]

男女混合[編集]

男子[編集]

女子[編集]

誕生[編集]

死去[編集]

1月[編集]

2月[編集]

3月[編集]

4月[編集]

5月[編集]

7月[編集]

8月[編集]

9月[編集]

10月[編集]

11月[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 当該選手は日本人ではない。
  2. ^ ラージヒル(旧90m級)を含めたスキージャンプ競技での日本勢の金メダル獲得は1998年長野五輪船木和喜(ラージヒル個人)と船木・岡部孝信斎藤浩哉原田雅彦(同団体)以来となる。
  3. ^ 平野は2014年ソチ2018年平昌の同種目で銀メダルを獲得しており、日本人として冬季五輪初の3大会連続同一種目でのメダル獲得となった。
  4. ^ レースから7か月後の2021年12月に調教後に心臓発作を発症して死亡。
  5. ^ 日本のプロフェッショナル競泳選手としては、元選手では男子の北島康介萩野公介、現役選手では瀬戸大也渡辺一平がおり、大橋は女子選手としては初のプロ選手となる。
  6. ^ 2人は2021年に結婚している。
  7. ^ 従来の記録は2017年にフランスの旗 フランスの大会で ケニアの夫婦が記録した4時間27分5秒。
  8. ^ 17日の男子ファイナル「サントリーサンバーズウルフドッグス名古屋」第2戦は予定通り開催された。
  9. ^ 選手名および所属ジム名は非公表とされた。
  10. ^ 日本の場合では2010年バンクーバーオリンピックに出場した女子スピードスケートの髙木美帆1994年5月22日生、当時幕別町立札内中学校3年〉は基準日(7月1日)より前に15歳に達していたため有資格者となったが、2006年トリノオリンピックの際、女子フィギュアスケートの浅田真央1990年9月25日生、当時名古屋市立高針台中学校3年〉は基準日を86日過ぎていたために無資格者となってしまい、オリンピック出場を逸したという例があった。
  11. ^ かつてはオリンピック種目であったが、現在は種目外である。
  12. ^ アーティスティックスイミング(かつてのシンクロナイズドスイミング)では2001年の世界選手権福岡大会のデュエットで立花美哉&武田美保組が金メダルを獲得している。
  13. ^ 国枝はパラリンピック車いすテニス競技男子シングルスで2008年北京大会及び2020年東京大会の2度、金メダルを獲得した。
  14. ^ 日本男子では太田雄貴(元日本フェンシング協会会長)が2015年大会のフルーレ男子個人で優勝している。
  15. ^ なお、JLPGAツアーの3日間競技大会でのノーボギー優勝は過去に11回の達成例がある[141]
  16. ^ かつてのフェドカップ。2020年に名称が変更された。
  17. ^ 中嶋は1988年のダンロップレディスオープン(新潟県・長岡CC)でのプロ初勝利から9年後の1998年の健勝苑レディス・道後(愛媛県・道後GC)で2勝目を挙げた。
  18. ^ なお、1988年のツアー制度施行前に池渕富子が1985年の富士通レディース(千葉県・習志野CC)から1997年のヤクルトレディース(福岡県・福岡国際CC)に優勝するまで11年210日を要したのが日本女子プロゴルフ史に残る最長ブランク優勝記録である。
  19. ^ 当時は賞金女王制。
  20. ^ 2015年のイ・ボミの年間獲得賞金総額は230,497,057円である。
  21. ^ 生まれは大韓民国の旗 韓国だが、国籍はアメリカである。
  22. ^ 2015年のイ・ボミの獲得賞金額は230,497,057円である。
  23. ^ 2019年の申智愛は69.9399ストロークを記録した。
  24. ^ 新型コロナウイルス感染症の流行の為実施しなかった2021年を除く
  25. ^ この試合は試合前の公式計量で挑戦者の石澤が体重超過で挑戦資格を失った為、王者の谷口が勝利、若しくは引き分けとなった場合のみ王座防衛が認められる変則タイトルマッチとして成立する形となった。
  26. ^ 2007年当時は獲得賞金ランキングにより『賞金女王』として年間女王を決定していた。
  27. ^ ワールドアスレティックス及び日本陸上競技連盟はマラソンの記録について、男女混合レースと女子混合レースでのそれぞれの記録を公認しており[272]、東京マラソン2021でのコスゲイの記録は日本国内で開催された男女混合レースの最高記録である。
  28. ^ 日本国内で開催された女子単独レースの最高記録でもある。

出典[編集]

  1. ^ キックボクサー・松倉信太郎 元グラドル犬童美乃梨さんと結婚 「みのりがいるから強くいれる」 - スポーツニッポン、2022年1月1日
  2. ^ "東葛・F容疑者コカイン所持で逮捕 チームは2日付で契約解除". Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社. 3 January 2022. 2022年1月3日閲覧
  3. ^ “ジャパンラグビー リーグワン2022 クボタスピアーズ船橋・東京ベイ vs 埼玉ワイルドナイツ 開催中止のお知らせ” (日本語) (HTML) (プレスリリース), ジャパンラグビーリーグワン, (2022年1月5日), https://league-one.jp/news/1012 2022年1月5日閲覧。 
  4. ^ リーグワン、7日の開幕戦中止 埼玉にコロナ感染者-ラグビー - 時事通信、2022年1月5日配信・閲覧
  5. ^ “男子代表チーム 帰国およびアジア選手権出場辞退について” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 日本ハンドボール協会, (2022年1月5日), https://handball.or.jp/uploaded_file/content/doc/494/%E7%94%B7%E5%AD%90%E4%BB%A3%E8%A1%A8_%E5%B8%B0%E5%9B%BD%E3%81%8A%E3%82%88%E3%81%B3%E3%82%A2%E3%82%B8%E3%82%A2%E9%81%B8%E6%89%8B%E6%A8%A9%E5%87%BA%E5%A0%B4%E8%BE%9E%E9%80%80_%E6%9C%AC%E6%96%87.pdf 2022年1月8日閲覧。 
  6. ^ ポーランド遠征のハンドボール男子代表、10人が陽性…アジア選手権を辞退 - 読売新聞、2022年1月5日配信、1月8日閲覧
  7. ^ "小林陵侑 3季ぶり総合V 完全制覇逃すも高い安定感 前回Vとは「違う味」". デイリースポーツ. 神戸新聞社. 8 January 2022. 2022年1月9日閲覧
  8. ^ "亀田京之介6カ月ライセンス停止処分 レフェリーの裁定に不満…暴言&椅子蹴り". Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社. 6 January 2022. 2022年1月6日閲覧
  9. ^ "帝京大・岩出監督10度目Vで退任「この試合をもって引退です」後任は相馬朋和FWコーチが最有力候補". スポーツ報知. 報知新聞社. 9 January 2022. 2022年1月9日閲覧
  10. ^ "ラグビー部監督退任の岩出雅之氏、帝京大スポーツ局初代局長に". サンケイスポーツ. 産経デジタル. 10 March 2022. 2022年3月10日閲覧
  11. ^ “プロ体操選手 内村航平 現役引退のお知らせ” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 内村航平オフィシャルサイト, (2022年1月11日), http://uchimura-kohei.com/release20220111.pdf 2022年1月11日閲覧。 
  12. ^ 体操男子の内村が現役引退 ロンドン、リオで個人総合金 - 時事通信、2022年1月11日配信・閲覧
  13. ^ 内村航平、引退会見で後輩にエール 大谷翔平と羽生結弦を挙げ「そういうアスリートが本物。高い人間性を」 - スポーツ報知、2022年1月14日配信、1月17日閲覧
  14. ^ ひろしま男子駅伝が中止 広島県内での新型コロナ感染拡大受け - 中国新聞、2022年1月12日
  15. ^ “ビーチバレーボール国際大会でのキャンセル申請・不適切処理に関する処分について” (日本語) (HTML) (プレスリリース), 日本バレーボール協会, (2022年1月13日), https://www.jva.or.jp/index.php/topics/20220113-1 2022年1月13日閲覧。 
  16. ^ 日本バレーボール協会、嶋岡健治会長を解職 ビーチバレーの診断書偽造問題で - スポーツ報知、2022年1月13日配信・閲覧
  17. ^ “【中止】2021年度講道館杯全日本柔道体重別選手権大会 大会情報掲載(22.1.17-1.18)” (日本語) (HTML) (プレスリリース), 全日本柔道連盟, (2022年1月15日), https://www.judo.or.jp/tournament/9142/ 2022年1月17日閲覧。 
  18. ^ 柔道、講道館杯が中止 感染拡大で「柔道部が活動休止となる事態が多数発生、多くの選手が欠場」 - スポーツ報知、2022年1月15日配信、1月17日閲覧
  19. ^ "松山英樹が米8勝目「青木さんが勝った試合で勝てるのはすごくうれしい」". nikkansports.com. 日刊スポーツNEWS. 17 January 2022. 2022年1月17日閲覧
  20. ^ "ビザ停止でシンガポール・オープンを賞金加算対象外に/国内男子". サンケイスポーツ. 産経デジタル. 17 January 2022. 2022年1月19日閲覧
  21. ^ “【重要】天皇杯 第48回日本車いすバスケットボール選手権大会 開催中止のお知らせ” (日本語) (HTML) (プレスリリース), 日本車いすバスケットボール連盟, (2022年1月18日), https://jwbf.gr.jp/news/543 2022年1月19日閲覧。 
  22. ^ 車いすバスケ、日本選手権が中止 コロナ急拡大を考慮 - 日本経済新聞、2022年1月18日配信・閲覧
  23. ^ "体操女子26歳・寺本明日香 現役引退を発表 4月の全日本選手権が最後の舞台に「演技で恩返ししたい". Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社. 26 January 2022. 2022年1月26日閲覧
  24. ^ "陸上短距離の福島千里が現役引退「達成感はないが、解放感はある」". 朝日新聞デジタル. 朝日新聞社. 29 January 2022. 2022年1月29日閲覧
  25. ^ “FINA announces changes to international events calendar” (英語) (HTML) (プレスリリース), FINA, (2022年2月1日), https://www.fina.org/news/2462776/press-release-fina-announces-changes-to-international-events-calendar 2022年2月1日閲覧。 
  26. ^ 世界水泳、来年7月14〜30日 福岡市発表 - 西日本新聞、2022年2月1日配信・閲覧
  27. ^ “日本大相撲トーナメント第四十六回大会【中止のお知らせ】” (日本語) (PDF) (プレスリリース), フジテレビジョン, (2022年2月5日), https://www.fujitv.co.jp/events/grandsumo/46_chushi.pdf 2022年2月5日閲覧。 
  28. ^ "大相撲トーナメントの開催を中止 4日に照ノ富士や貴景勝ら陽性が判明". nikkansports.com. 日刊スポーツNEWS. 5 February 2022. 2022年2月5日閲覧
  29. ^ "小林陵侑が金メダル ジャンプ男子NH、日本勢個人24年ぶり3人目". デジタル毎日. 毎日新聞社. 6 February 2022. 2022年2月6日閲覧
  30. ^ "札幌「日の丸飛行隊」表彰台独占も2月6日の日曜日…50年後に小林陵侑が「金」". 読売新聞オンライン. 読売新聞社. 6 February 2022. 2022年2月6日閲覧
  31. ^ "大迫傑さん"現役復帰"表明、公式サイトで再挑戦への思い「またレースを走ってみたいと思ってる」". Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社. 7 February 2022. 2022年2月7日閲覧
  32. ^ “Budapest awarded extraordinary FINA World Championships, event to take place in June 2022” (プレスリリース), FINA, (2022年2月7日), https://www.fina.org/news/2474042/budapest-awarded-extraordinary-fina-world-championships-event-to-take-place-in-june-2022 2022年2月7日閲覧。 
  33. ^ ブダペストで世界水泳、6月18〜7月3日開催で合意 福岡開催は来年7月に延期 - 日刊スポーツ、2022年2月8日配信、2月14日閲覧
  34. ^ "平野歩夢、日本勢初の金メダル スノーボード男子ハーフパイプ". 朝日新聞デジタル. 朝日新聞社. 11 February 2022. 2022年2月11日閲覧
  35. ^ "手つなぎ 友情の輪…閉会式". 読売新聞オンライン. 読売新聞社. 21 February 2022. 2022年2月21日閲覧
  36. ^ "北京オリンピック閉幕、バッハ会長が閉会を宣言…次回開催はイタリアのミラノ・コルティナダンペッツォ". 読売新聞オンライン. 読売新聞社. 20 February 2022. 2022年2月21日閲覧
  37. ^ "昨年のケンタッキーダービー馬はマンダルーン、1位入線メディーナスピリットは失格と正式決定". ニッカン・極ウマ. 日刊スポーツNEWS. 22 February 2022. 2022年2月22日閲覧
  38. ^ "21年ケンタッキーダービー1位入線、メディーナスピリット失格 ケンタッキー州競馬委員会が決定". Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社. 22 February 2022. 2022年2月22日閲覧
  39. ^ “「どっちが勝つか」は延期。「とりあえず」は日本単独トーナメント開催へ(ISPS HANDA)” (HTML) (プレスリリース), 日本ゴルフツアー機構, (2022年2月21日), https://www.jgto.org/news/29534 2022年2月22日閲覧。 
  40. ^ 【男子ゴルフ】ISPS欧州&日本初共催試合が来年に延期 - 東京スポーツ、2022年2月22日配信・閲覧
  41. ^ "オイシン・マーフィー 来年2月まで14カ月騎乗停止 コロナ対策規定違反と基準値超えアルコール検出2回". Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社. 23 February 2022. 2022年2月24日閲覧
  42. ^ "東京高裁、JBCに1億円超支払い命じる…亀田裁判、賠償額が大幅増額". Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社. 24 February 2022. 2022年2月24日閲覧
  43. ^ "亀田興毅「勝利宣言と言えるのでは」 控訴審で賠償額大幅増額". Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社. 24 February 2022. 2022年2月24日閲覧
  44. ^ "JBC永田理事長、賠償額倍増の高裁判決に「ちょっと驚いている」 今後は「内容を精査して」". Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社. 24 February 2022. 2022年2月24日閲覧
  45. ^ “FIS Cancels all Remaining 2021-22 Season Events in Russia” (HTML) (プレスリリース), International Ski Federation, (2022年2月25日), https://www.fis-ski.com/en/international-ski-federation/news-multimedia/news-2022/fis-cancels-all-remaining-2021-22-season-events-in-russia 2022年2月25日閲覧。 
  46. ^ ロシアでのW杯中止 ジャンプなど今季残り6大会-国際スキー連盟 - 時事通信、2022年2月25日配信、3月2日閲覧
  47. ^ "F1、9月に予定していたロシアGPの開催中止を発表。ロシアによるウクライナ軍事侵攻を受け決断". Auto sports web. 株式会社 三栄. 25 February 2022. 2022年2月25日閲覧
  48. ^ "中止のロシアGP、代替レースの開催は無し F1". AFP BB News. 株式会社クリエイティヴ・リンク. 19 May 2022. 2022年5月19日閲覧
  49. ^ “FIG decision regarding the conflict in Europe” (HTML) (プレスリリース), International Tennis Federation, (2022年2月26日), https://www.itftennis.com/en/news-and-media/articles/itf-statement-regarding-the-russian-invasion-of-ukraine/ 2022年2月27日閲覧。 
  50. ^ ITF 露大会の無期限中止発表 - tennis365.net、2022年2月26日配信、3月2日閲覧
  51. ^ "ロシアでの国際会議中止 IOCや国際競技連盟の幹部ら集まる「スポーツアコード」". サンケイスポーツ. 産経デジタル. 26 February 2022. 2022年2月27日閲覧
  52. ^ “ITTF Announces New Dates for Chengdu 2022 World Championships” (HTML) (プレスリリース), International Table Tennis Federation, (2022年2月25日), https://www.ittf.com/2022/02/25/ittf-announces-new-dates-chengdu-2022-world-championships/ 2022年2月25日閲覧。 
  53. ^ 世界卓球2022成都が延期 新たな日程は2022年9月30日〜10月9日 - 卓球レポート(株式会社タマス)、2022年2月25日配信・閲覧
  54. ^ “ITF STATEMENT REGARDING THE RUSSIAN INVASION OF UKRAINE” (HTML) (プレスリリース), Fédération Internationale de Gymnastique, (2022年2月25日), https://www.gymnastics.sport/site/news/displaynews.php?idNews=3439 2022年2月27日閲覧。 
  55. ^ 国際体操連盟、ロシア・ベラルーシ共催予定のW杯など国際大会を中止に - スポーツ報知、2022年2月27日配信、3月2日閲覧
  56. ^ a b "星岳が初マラソンV 2時間7分31秒でMGC出場権「驚いている。ちょっとできすぎ」". nikkansports.com. 日刊スポーツNEWS. 27 February 2022. 2022年2月27日閲覧
  57. ^ "マラソン初挑戦で輝いた23歳・星岳 初マラソン日本最高&初代王者に/大阪・びわ湖毎日統合マラソン". 月陸Online. 株式会社陸上競技社. 27 February 2022. 2022年2月27日閲覧
  58. ^ “Official Announcement of the International Judo Federation” (HTML) (プレスリリース), International JUDO Federation, (2022年2月27日), https://www.ijf.org/news/show/official-announcement-of-the-international-judo-federation 2022年2月27日閲覧。 
  59. ^ 国際柔道連盟、プーチン氏の名誉会長職を停止 - AFPBB News、2022年2月27日配信、3月1日閲覧
  60. ^ “IOC EB recommends no participation of Russian and Belarusian athletes and officials”. IOC. (2022年2月28日). https://olympics.com/ioc/news/ioc-eb-recommends-no-participation-of-russian-and-belarusian-athletes-and-officials 2022年3月1日閲覧。 
  61. ^ 国際大会からロシア除外、IOCが勧告 北京パラ目前に - AFPBB News、2022年3月1日配信、3月2日閲覧
  62. ^ "競泳の大橋悠依がプロ転向東京五輪2冠、女子では初". デイリースポーツ. 神戸新聞社. 1 March 2022. 2022年3月8日閲覧
  63. ^ “FIVB Volleyball Men’s World Championship 2022 To Be Removed From Russia” (HTML) (プレスリリース), Fédération internationale de volley-ball, (2022年3月1日), https://www.fivb.com/en/about/news/fivb-volleyball-men%E2%80%99s-world-championship-2022-to?id=96822 2022年3月1日閲覧。 
  64. ^ バレーボール男子世界選手権、開催地をロシアから変更 - スポーツ報知、2022年3月1日配信、3月2日閲覧
  65. ^ “FIVB Declares Russia And Belarus Not Eligible For International And Continental Competitions” (HTML) (プレスリリース), Fédération internationale de volley-ball, (2022年3月1日), https://www.fivb.com/en/about/news/fivb-declares-russia-and-belarus-not-eligible?id=96823 2022年3月1日閲覧。 
  66. ^ 国際バレーボール連盟、ロシアとベラルーシを国際大会から除外 男子世界選手権は代替地での開催検討 - サンケイスポーツ、2022年3月1日配信、3月4日閲覧
  67. ^ “ISU Statement on the Ukrainian crisis - Participation in international competitions of Skaters and Officials from Russia and Belarus” (HTML) (プレスリリース), International Skating Union, (2022年3月1日), https://www.isu.org/isu-news/news/145-news/14024-isu-statement-on-the-ukrainian-crisis-participation-in-international-competitions-of-skaters-and-officials-from-russia-and-belarus?templateParam=15 2022年3月1日閲覧。 
  68. ^ ISUが露選手を国際大会から除外 シェルバコワ、ワリエワら世界選手権出場できず - デイリースポーツ、2022年3月1日配信、3月2日閲覧
  69. ^ "日本電産サンキョースケート部廃部 高木菜那の今後は「帰国後に話し合い」 報奨金「規定に従って贈る」". Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社. 1 March 2022. 2022年3月1日閲覧
  70. ^ “IPC makes decisions regarding RPC and NPC Belarus” (プレスリリース), (2022年3月2日), https://www.paralympic.org/press-release/ipc-makes-decisions-regarding-rpc-and-npc-belarus 2022年3月2日閲覧。 
  71. ^ ロシア、「中立」で出場 北京パラ、ウクライナ侵攻で-IPC - 時事通信、2022年3月2日配信・閲覧
  72. ^ "アイスホッケー・クレインズが給与遅配 昨年12月から 観客制限、経営に影響". どうしん電子版. 北海道新聞社. 2 March 2022. 2022年3月2日閲覧
  73. ^ "ひがし北海道で給与未払い 田中社長「迷惑掛けた」/アイスホッケー". サンケイスポーツ. 産経デジタル. 1 April 2022. 2022年4月2日閲覧
  74. ^ “IPC to decline athlete entries from RPC and NPC Belarus for Beijing 2022” (プレスリリース), (2022年3月2日), https://www.paralympic.org/news/ipc-decline-athlete-entries-rpc-and-npc-belarus-beijing-2022 2022年3月2日閲覧。 
  75. ^ ロシアとベラルーシ選手の参加一転認めず IPC発表 - 産経ニュース、2022年3月3日配信、3月4日閲覧
  76. ^ "ホクレン女子陸上部解散へ 「ママさんランナー」赤羽有紀子らが活躍". Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社. 3 March 2022. 2022年3月3日閲覧
  77. ^ "キプチョゲが圧勝 先導の白バイがコースを間違え約10秒ロスも2時間2分40秒 鈴木健吾が日本人トップ". スポーツ報知. 報知新聞社. 6 March 2022. 2022年3月6日閲覧
  78. ^ "鈴木健吾と一山麻緒、夫婦合計タイムで「ギネス超え」 東京マラソン". 毎日新聞. 毎日新聞社. 6 March 2022. 2022年3月7日閲覧
  79. ^ "遠藤エミが女子史上初のSG制覇「エンジンが連れて行ってくれました」歴史塗り替えた/大村SG". nikkansports.com. 日刊スポーツNEWS. 21 March 2022. 2022年3月21日閲覧
  80. ^ “公益財団法人日本バレーボール協会 会長、事務局長など選定について” (HTML) (プレスリリース), 日本バレーボール協会, (2022年3月22日), https://www.jva.or.jp/topics/20220322-1/ 2022年3月22日閲覧。 
  81. ^ 日本バレーボール協会新会長に川合俊一氏「不退転の覚悟を持って、協会を立て直すべく、職務に」 - 日刊スポーツ、2022年3月22日配信・閲覧
  82. ^ World No.1, three-time Grand Slam winner Ashleigh Barty announces retirement” (英語). Women's Tennis Association. 2022年3月23日閲覧。
  83. ^ テニス=世界1位バーティが突然の引退発表、絶頂期の25歳で - ロイター、2022年3月23日配信・閲覧
  84. ^ "日本バドミントン協会、元職員が680万円私的流用を公表 公表を控えたのは五輪影響感じ". nikkansports.com. 日刊スポーツNEWS. 25 March 2022. 2022年4月14日閲覧
  85. ^ "フィギュア宮原が現役引退 24歳誕生日に発表". 産経ニュース. 産経デジタル. 26 March 2022. 2020年4月5日閲覧
  86. ^ "小林陵侑が3シーズンぶり2回目の総合優勝 2位に106点差/岩手". IBCニュース. IBC岩手放送. 28 March 2022. 2022年4月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年4月5日閲覧
  87. ^ 小林陵侑3季ぶり2度目W杯総合V!スーツ違反にコロナ陽性も、ジャンプ週間3勝に五輪金と主役 - 日刊スポーツ、2022年3月27日配信、4月6日閲覧
  88. ^ a b "バドミントン協会が領収書偽造 国庫補助事業不正申請問題". サンケイスポーツ. 産経デジタル. 29 March 2022. 2022年4月14日閲覧
  89. ^ "スポーツ庁、バドミントン協会を指導 元職員による私的流用や国庫補助事業の不正申請問題で". 夕刊フジ. 産経デジタル. 9 April 2022. 2022年4月14日閲覧
  90. ^ "一山麻緒が資生堂に移籍、ワコールを3月31日で退社「結婚を機に関東での新たな拠点を」". nikkansports.com. 日刊スポーツNEWS. 28 March 2022. 2020年5月8日閲覧
  91. ^ "リーグワン宗像が今季限りで活動休止 松園正隆監督「残念な通達を受けました」". Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社. 30 March 2022. 2020年3月30日閲覧
  92. ^ "小平奈緒選手「次のステップに進みたい」 10月での引退表明 エムウェーブで最後のレースへ". 信濃毎日新聞デジタル. 信濃毎日新聞社. 12 April 2022. 2022年4月14日閲覧
  93. ^ “2021-22 V.LEAGUE DIVISION1 WOMEN V.FINAL STAGE ファイナル第2戦の中止について” (HTML) (プレスリリース), 日本バレーボールリーグ機構, (2022年4月15日), https://www.vleague.jp/topics/news_detail/22405 2022年4月18日閲覧。 
  94. ^ "Vリーグ、16日の「JT-久光」プレーオフ女子決勝第2戦は中止 両チームからコロナ陽性者". nikkansports.com. 日刊スポーツNEWS. 15 April 2022. 2022年4月15日閲覧
  95. ^ “POLAND AND SLOVENIA TO HOST RELOCATED FIVB VOLLEYBALL MEN’S WORLD CHAMPIONSHIP 2022” (HTML) (プレスリリース), Fédération Internationale de Volleyball, (2022年4月15日), https://www.fivb.com/en/media/news_pressrelease/poland-and-slovenia-to-host-relocated-fivb?id=96851 2022年5月1日閲覧。 
  96. ^ ウクライナがロシアの代わりに出場、ロシアでの開催は中止 バレーボール男子世界選手権 - 日刊スポーツ、2022年4月16日配信、5月2日閲覧
  97. ^ "畠田瞳、現役引退は「すっきりした気持ち」今後は「指導者になりたい」". デイリースポーツ. 神戸新聞社. 25 April 2022. 2022年4月25日閲覧
  98. ^ "フィギュアスケートGPシリーズからロシア杯を除外 連盟発表". デジタル毎日. 毎日新聞社. 25 April 2022. 2022年5月1日閲覧
  99. ^ "ボクシングで事故 急性硬膜下血腫で開頭手術、帰宅中に気分悪くなり救急搬送 現在は意識回復". nikkansports.com. 日刊スポーツNEWS. 28 April 2022. 2022年4月28日閲覧
  100. ^ "9月の杭州アジア大会、延期を決定". 共同通信社. 6 May 2022. 2022年5月6日閲覧
  101. ^ a b “OCA Press Release on Hangzhou Asian Games 2022 and Shantou Asian Youth Games 2021” (HTML) (プレスリリース), OLYMPIC COUNCIL OF ASIA, (2022年5月6日), https://ocasia.org/news/2987-oca-press-release-on-hangzhou-asian-games-2022-and-shantou-asian-youth-games-2021.html 2022年5月6日閲覧。 
  102. ^ “Chengdu 2021 FISU World University Games Rescheduled For 2023” (HTML) (プレスリリース), International University Sports Federation, (2022年5月6日), https://www.fisu.net/news/summer-fisu-world-university-games/chengdu-2021-fisu-world-university-games-rescheduled-for-2023 2022年5月6日閲覧。 
  103. ^ 夏季ユニバ、来年に再延期へ 香港紙 - 時事通信、2022年5月6日配信、5月9日閲覧
  104. ^ "日本選手権での走路妨害をNHKと日本陸連が謝罪 男子1万mで選手の首にケーブルが接触/陸上". サンケイスポーツ. 産経デジタル. 8 May 2022. 2022年5月9日閲覧
  105. ^ "日本選手権1万メートルで選手と中継カメラ接触事故 陸連謝罪、NHK「深くおわび」". Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社. 9 May 2022. 2022年5月9日閲覧
  106. ^ “FIBA decisions on Russia and Belarus for upcoming competitions” (HTML) (プレスリリース), Fédération Internationale de Basketball, (2022年5月18日), https://www.fiba.basketball/news/fiba-decisions-on-russia-and-belarus-for-upcoming-competitions 2022年5月18日閲覧。 
  107. ^ ロシアとベラルーシ バスケW杯からも除外 22年女子、23年男子とも - デイリースポーツ、2022年5月18日配信・閲覧
  108. ^ a b "テニス全仏OP 柴原瑛菜 混合複97年平木理化以来日本人25年ぶりの優勝「とても楽しかった」". Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社. 2 June 2022. 2022年6月2日閲覧
  109. ^ “ISU 58th Ordinary Congress Phuket 2022 – Age limit to gradually increase to 17” (英語) (HTML) (プレスリリース), International Skating Union, (2022年6月7日), https://www.isu.org/isu-news/news/145-news/14147-isu-58th-ordinary-congress-phuket-2022-age-limit-to-gradually-increase-to-17?templateParam=15 2022年6月9日閲覧。 
  110. ^ "【フィギュアスケート】ISU総会でシニアの年齢制限引き上げが決定…15歳から17歳に". オリンピックチャンネル編集部. 国際オリンピック委員会. 7 June 2022. 2022年6月9日閲覧
  111. ^ 【フィギュア】ISUシニア最低出場年齢17歳に変更 島田麻央は26年ミラノ五輪出場できず - 日刊スポーツ、2022年6月7日配信、6月9日閲覧
  112. ^ "PGAツアーがミケルソンら17人を追放 新リーグ参加で出場権停止". ゴルフダイジェスト・オンライン. 9 June 2022. 2022年6月11日閲覧
  113. ^ "超高額賞金の新大会「LIV招待」開幕 出場選手に米ツアー処分も". サンケイスポーツ. 産経デジタル. 10 June 2022. 2022年6月11日閲覧
  114. ^ "ゴルフ=ポールター、PGAの追放決定に異議申し立ての意向". ロイター. 11 June 2022. 2022年6月11日閲覧
  115. ^ "新リーグ出場選手がPGAツアーを提訴 出場停止処分の撤回求める". ゴルフダイジェスト・オンライン. 4 August 2022. 2022年8月4日閲覧
  116. ^ a b "トヨタが5連覇 アウディに並ぶ史上3位タイ/ルマン24時間". サンケイスポーツ. 産経デジタル. 12 June 2022. 2022年6月13日閲覧
  117. ^ "ルマン24時間 トヨタが5連覇、2年連続ワンツー 平川は最高峰クラス初出場初制覇". Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社. 12 June 2022. 2022年6月13日閲覧
  118. ^ “杭州2022アジア競技大会の延期に伴うマラソン日本代表選手の内定解除と再選考について” (HTML) (プレスリリース), 日本陸上競技連盟, (2022年6月12日), https://www.jaaf.or.jp/news/article/16571/ 2022年6月13日閲覧。 
  119. ^ 【陸上】来年に延期のアジア大会マラソン代表を再選考 開催期日決定後に方法決める 日本陸連 - 日刊スポーツ、2022年6月13日配信・閲覧
  120. ^ "【陸上】やり投げ北口榛花、最高峰DLで初出場V「日本人初のようでうれしい」". Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社. 19 June 2022. 2022年6月19日閲覧
  121. ^ "乾友紀子がソロTRで世界水泳金メダル ソロ種目では日本勢初「今回はチャンスだと思っていた」/アーティス". サンケイスポーツ. 産経デジタル. 19 June 2022. 2022年6月19日閲覧
  122. ^ "箱根駅伝23年秋・第100回大会予選会は全国オープン化 全国の大学から参加可能に". nikkansports.com. 日刊スポーツNEWS. 30 June 2022. 2022年7月3日閲覧
  123. ^ “国枝慎吾がウィンブルドン初制覇”. ロイター. 共同通信社. (2022年7月10日). https://jp.reuters.com/article/idJP2022071001000886 2022年9月10日閲覧。 
  124. ^ 【ウィンブルドン】国枝慎吾が史上初の生涯ゴールデンスラム達成 最終セット2-5から大逆転 - 日刊スポーツ、2022年7月10日配信、7月15日閲覧
  125. ^ “Tokyo to host 2025 World Athletics Championships” (プレスリリース), World Athletics, (2022年7月14日), https://www.worldathletics.org/news/press-releases/tokyo-2025-world-athletics-championships 2022年7月15日閲覧。 
  126. ^ 2025年の世界陸上、東京・国立競技場で…日本開催は3度目 - 読売新聞、2022年7月15日配信・閲覧
  127. ^ "男子20km競歩で山西利和が金メダル獲得!日本史上初の連覇達成 池田が銀で日本勢ワンツーフィニッシュ". TBS NEWS Dig. TBSテレビ. 16 July 2022. 2022年7月16日閲覧
  128. ^ “OCA Press Release: OCA announces new dates for the 19th Asian Games - Hangzhou” (HTML) (プレスリリース), OLYMPIC COUNCIL OF ASIA, (2022年7月19日), https://ocasia.org/news/3217-oca-press-release-oca-announces-new-dates-for-the-19th-asian-games-hangzhou.html 2022年8月27日閲覧。 
  129. ^ 延期となっていたアジア競技大会、2023年9月開催へ - オリンピックチャンネル、2022年7月19日配信、8月29日閲覧
  130. ^ "第一線を退く意向 五輪2連覇でフィギュア男子で一時代築く". 産経ニュース. 産経デジタル. 19 July 2022. 2022年7月19日閲覧
  131. ^ "【フェンシング】見延和靖が世界選手権エペ初の銀メダル 代表合宿巡る騒動後に結果出す". nikkansports.com. 日刊スポーツNEWS. 20 July 2022. 2022年7月20日閲覧
  132. ^ "世界フェンシングで江村美咲が金メダル". 共同通信. 共同通信社. 21 July 2022. 2022年7月21日閲覧
  133. ^ "【世界陸上】やり投げ北口榛花が銅メダル!最終6投目で逆転 投てき種目で日本女子初メダル快挙". nikkansports.com. 日刊スポーツNEWS. 23 July 2022. 2022年7月23日閲覧
  134. ^ "大西葵のキャディー交代騒動 JLPGAが両者に対して「注意」処分を決定". Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社. 25 July 2022. 2022年7月25日閲覧
  135. ^ "大西葵と帯同キャディーO氏のトラブル、両者に注意の処分 配慮欠く言動あったと事実認定". nikkansports.com. 日刊スポーツNEWS. 25 July 2022. 2022年7月25日閲覧
  136. ^ “日本代表が愛称を「AKATSUKI JAPAN」に変更しリスタート。新ユニフォームのサプライヤーはジョーダン ブランドに決定! (記者会見のご報告)” (プレスリリース), 日本バスケットボール協会, (2022年7月28日), http://www.japanbasketball.jp/release/64597 2022年8月15日閲覧。 
  137. ^ “ジョーダン ブランドが日本バスケットボール協会のユニフォームサプライヤーに決定。” (プレスリリース), NIKE Japan, (2022年7月28日), https://nike.jp/nikebiz/news/2022/07/28/5320/ 2022年8月15日閲覧。 
  138. ^ バスケットボール日本代表がAKATSUKI JAPANとして新たなスタート - ジョーダン ブランドがサプライヤーに決定 - 月刊バスケットボール、2022年7月29日配信、8月15日閲覧
  139. ^ “ジャパンウイメンズオープン 2022 開催中止のお知らせ” (PDF) (プレスリリース), 日本テニス協会, (2022年7月29日), https://www.jta-tennis.or.jp/Portals/0/resources/news/20220729jwo.pdf 2022年8月18日閲覧。 
  140. ^ 秋の女子国際大会「ジャパンウイメンズオープン2022」中止が決定 - テニスマガジンONLINE、2022年7月29日配信、8月18日閲覧
  141. ^ "西村優菜、3日間ノーボギーで今季初V 大会新の通算17アンダー「父の日にいい報告できた」【女子ゴルフ】". 中日スポーツ. 中日新聞社. 19 June 2022. 2022年7月31日閲覧
  142. ^ "勝みなみ今季初優勝「ノーボギーで回れたことが凄いうれしくて」4日間競技史上初のボギーなしV". Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社. 31 July 2022. 2022年7月31日閲覧
  143. ^ "古江彩佳、大逆転で米ツアー初V 10バーディー62で4打差ひっくり返す ルーキーイヤーで快挙". nikkansports.com. 日刊スポーツNEWS. 1 August 2022. 2022年8月1日閲覧
  144. ^ "ゴルフ=馮珊珊がプロ引退、中国人初のメジャー制覇". ロイター. 3 August 2022. 2022年8月3日閲覧
  145. ^ "中国勢初の世界ランキング1位 リオ五輪銅メダルのフォン・シャンシャンが引退を表明". ALBA.net. 3 August 2022. 2022年8月3日閲覧
  146. ^ "馬場咲希が37年ぶりの快挙! 服部道子以来となる全米女子アマ制覇". ALBA.net. 15 August 2022. 2022年8月15日閲覧
  147. ^ "17歳の馬場咲希が圧勝で涙の全米女子アマ制覇! 名前を残すことができて嬉しい」服部道子以来37年ぶり". Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社. 15 August 2022. 2022年8月15日閲覧
  148. ^ a b “添田豪新監督、杉山愛新監督が2023年以降のデ杯BJK杯監督に決定” (HTML) (プレスリリース), 日本テニス協会, (2022年8月18日), https://www.jta-tennis.or.jp/report/tabid/102/Default.aspx?itemid=1952&dispmid=457 2022年8月18日閲覧。 
  149. ^ a b 日本代表監督に添田、杉山 - tennis365.net、2022年8月18日配信・閲覧
  150. ^ "ロードレース中に落車、意識不明の法政大選手が死亡 インカレ自転車 南大隅". 373News.com. 南日本新聞社. 5 September 2022. 2022年9月5日閲覧
  151. ^ Play suspended at BMW PGA Championship after Queen Elizabeth II's death” (英語). Golf. 2022年9月9日閲覧。
  152. ^ BMW PGA選手権は54ホール短縮競技に エリザベス女王死去で - ゴルフネットワーク、2022年9月10日配信、9月12日閲覧
  153. ^ Test suspended in mark of respect following death of Queen”. ESPNcricinfo. 2022年9月9日閲覧。
  154. ^ エリザベス女王死去で英国競馬で8日の一部レースと9日のすべての競馬がキャンセル - 日刊スポーツ、2022年9月9日配信、9月12日閲覧
  155. ^ Frattini, Kirsten (2022年9月8日). “Tour of Britain cancelled following the death of Queen Elizabeth II” (英語). cyclingnews.com. 2022年9月9日閲覧。
  156. ^ ブリテン5日目をメーウスが制す 英女王逝去でレースが即時中止 - シクロワイアード、2022年9月9日配信、9月12日閲覧
  157. ^ "25年デフリンピック日本初開催 総会で決定". 共同通信社. 11 September 2022. 2022年9月15日閲覧
  158. ^ "テニスのフェデラーが引退へ". 朝日新聞デジタル. 朝日新聞社. 15 September 2022. 2022年9月15日閲覧
  159. ^ "【速報】五十嵐カノアが金メダル! 「ISA World Surfing Games」". THE SURF NEWS. 株式会社ライズシステム. 25 September 2022. 2022年10月3日閲覧
  160. ^ "キプチョゲ2時間1分9秒!自らの世界記録を更新、ベルリンマラソンで「人間の限界超え」に成功". nikkansports.com. 日刊スポーツNEWS. 25 September 2022. 2022年6月25日閲覧
  161. ^ "東北福祉大・蝉川泰果、史上6人目アマチュアVに大号泣「優勝やと思うと…涙をこらえて」". nikkansports.com. 日刊スポーツNEWS. 25 September 2022. 2022年9月25日閲覧
  162. ^ "蟬川泰果が史上6人目のアマチュア優勝 アマで下部ツアーとの制覇は史上初/国内男子". サンケイスポーツ. 産経デジタル. 25 September 2022. 2022年9月25日閲覧
  163. ^ "パナソニックオープンゴルフチャンピオンシップ 2022 フルリーダーボード". 一般社団法人日本ゴルフツアー機構. 25 September 2022. 2022年9月25日閲覧
  164. ^ "岩崎 自己最高2位、初の日本シリーズ出場も見えた「やり尽くした」". Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社. 26 September 2022. 2022年9月26日閲覧
  165. ^ “樋口新葉選手 2022/23 シーズン競技会の欠場について” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 日本スケート連盟, (2022年10月5日), https://www.skatingjapan.or.jp/common/img/info/2022-23_Wakaba%20Higuchi.pdf 2022年10月5日閲覧。 
  166. ^ 樋口新葉が今季欠場 「骨折から回復遅れ」 フィギュアスケート 毎日新聞、2022年10月5日配信・閲覧
  167. ^ "【箱根駅伝予選会】55年ぶり切符の立大 上野監督、男泣き「15キロまで絶対に前に」作戦ズバリ". Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社. 15 October 2022. 2022年10月15日閲覧
  168. ^ "【箱根駅伝予選会】11位・神奈川大、悪夢 34秒差で本戦届かず 連続出場12年で途切れる". Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社. 15 October 2022. 2022年10月15日閲覧
  169. ^ "【箱根予選会】駿河台大は敗退で2年連続2度目の出場を逃す". スポーツ報知. 報知新聞社. 15 October 2022. 2022年10月15日閲覧
  170. ^ "【レスリング】須崎優衣がグランドスラム達成 男女通じて初「さらに精進します」". 東スポWEB. 東京スポーツ新聞社. 21 October 2022. 2022年11月29日閲覧
  171. ^ a b "蝉川泰果が95年ぶり日本OPアマチュアV 名前の由来はタイガー・ウッズ". ゴルフダイジェスト・オンライン. 23 October 2022. 2022年10月23日閲覧
  172. ^ "蟬川泰果がプロ転向 日本オープンで95年ぶりアマV/国内男子". サンケイスポーツ. 産経デジタル. 31 October 2022. 2022年10月31日閲覧
  173. ^ "日本バド協会 関根会長、銭谷専務理事が急転辞任へ 元職員横領など不正隠ぺい認定で引責". デイリースポーツ. 神戸新聞社. 27 October 2022. 2022年10月28日閲覧
  174. ^ "「キンクミ」金田久美子11年189日ぶり優勝 亡きキャディーに捧げるツアー2勝目涙止まらず". nikkansports.com. 日刊スポーツNEWS. 30 October 2022. 2022年10月30日閲覧
  175. ^ "キンクミ偉業達成! 11年ぶり"最長ブランク"V 33歳、優勝パット後に大粒の涙 2位に2差". Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社. 30 October 2022. 2022年10月30日閲覧
  176. ^ "石川遼のゴルフは大幅チェンジ「感覚だけでは盲目的になる」トップ浅いスイング&肉体改造…E記者が見た". スポーツ報知. 報知新聞社. 13 November 2022. 2022年11月13日閲覧
  177. ^ a b "山下美夢有が史上最年少の女王戴冠 逆転で今季4勝目/国内女子". サンケイスポーツ. 産経デジタル. 13 November 2022. 2022年11月13日閲覧
  178. ^ "チャン・キムがツアー新32アンダーで完全V 比嘉一貴は初の賞金王". ゴルフダイジェスト・オンライン. 27 November 2022. 2022年11月27日閲覧
  179. ^ "山下美夢有、記録ずくめV 年間獲得賞金史上最高&日本選手初平均ストローク70切り「いい一年だった」/国内女子". サンケイスポーツ. 産経デジタル. 27 November 2022. 2022年11月27日閲覧
  180. ^ "スタッツ". 日本女子プロゴルフ協会. 27 November 2022. 2022年11月27日閲覧
  181. ^ "石川遼は初戦から復帰するのか? JGTOが来季日程を発表". 東スポWeb. 東京スポーツ新聞社. 23 December 2021. 2021年12月23日閲覧
  182. ^ “福岡国際マラソン廃止から一転 新たな運営体制で後継大会を開催”. 陸上競技社. (2022年3月14日). https://www.rikujyokyogi.co.jp/archives/68233 2022年3月14日閲覧。 
  183. ^ HANAZONO LIVE 全国高校ラグビー大会 - 毎日放送、2022年6月22日閲覧
  184. ^ "ラムズ、22季ぶり2度目スーパーボウル制覇 ベンガルズに23-20で勝利". nikkansports.com. 日刊スポーツNEWS. 14 February 2022. 2022年2月14日閲覧
  185. ^ "ライスボウル、富士通が2年ぶり6度目V…パナソニックに逆転勝利". 読売新聞オンライン. 読売新聞社. 3 January 2021. 2022年1月3日閲覧
  186. ^ a b "富士通 パナソニックに雪辱!2年ぶりライスボウル制す MVPは松井理己". nikkansports.com. 日刊スポーツNEWS. 3 January 2022. 2022年1月4日閲覧
  187. ^ BOAT RACE OFFICIAL WEB SITE 2022年2月27日掲載・閲覧
  188. ^ BOAT RACE OFFICIAL WEB SITE 2022年3月21日掲載・閲覧
  189. ^ BOAT RACE OFFICIAL WEB SITE 2022年4月24日掲載・閲覧
  190. ^ BOAT RACE OFFICIAL WEB SITE 2022年5月29日掲載・閲覧
  191. ^ BOAT RACE OFFICIAL WEB SITE 2022年6月26日掲載・閲覧
  192. ^ BOAT RACE OFFICIAL WEB SITE 2022年7月24日掲載・閲覧
  193. ^ BOAT RACE OFFICIAL WEB SITE 2022年8月7日掲載・閲覧
  194. ^ BOAT RACE OFFICIAL WEB SITE 2021年8月28日掲載・閲覧
  195. ^ BOAT RACE OFFICIAL WEB SITE 2022年9月25日掲載・閲覧
  196. ^ BOAT RACE OFFICIAL WEB SITE 2022年10月30日掲載・閲覧
  197. ^ BOAT RACE OFFICIAL WEB SITE 2022年11月27日掲載・閲覧
  198. ^ BOAT RACE OFFICIAL WEB SITE 2021年11月27日掲載・閲覧
  199. ^ a b “ナダルが全豪テニス優勝 四大大会単独最多21勝”. 日本経済新聞 電子版. 共同通信社. (2022年1月30日). https://www.nikkei.com/article/DGXZQODH3041A0Q2A130C2000000/ 2022年9月11日閲覧。 
  200. ^ a b “バーティ、全豪テニス初制覇 四大大会3勝目”. 日本経済新聞 電子版. 共同通信社. (2022年1月29日). https://www.nikkei.com/article/DGXZQOKC293GN0Z20C22A1000000/ 2022年9月11日閲覧。 
  201. ^ “ムラデノビッチ/ドディグ組が混合ダブルス制覇 全豪OP”. AFPBB News. AFP. (2022年1月28日). https://www.afpbb.com/articles/-/3387383 2022年1月29日閲覧。 
  202. ^ a b “ナダル、14度目の全仏テニス制覇 四大大会最多の22勝目”. 日本経済新聞 電子版. 共同通信社. (2022年6月6日). https://www.nikkei.com/article/DGXZQOKC053LJ0V00C22A6000000/ 2022年9月11日閲覧。 
  203. ^ “シフィオンテクが優勝 全仏テニス女子単、ガウフに完勝”. 日本経済新聞 電子版. 共同通信社. (2022年6月5日). https://www.nikkei.com/article/DGXZQOKC043U30U2A600C2000000/ 2022年9月11日閲覧。 
  204. ^ “中米勢初のGS優勝、アレバロ/ロジェール組が男子複制す 全仏OP”. AFPBB News. AFP. (2022年6月5日). https://www.afpbb.com/articles/-/3408285 2022年6月5日閲覧。 
  205. ^ “柴原組が日本勢として25年ぶりの優勝 全仏テニス混合ダブルス決勝”. 47NEWS. 共同通信社. (2022年6月2日). https://www.47news.jp/sports/7865596.html 2022年6月2日閲覧。 
  206. ^ a b “ジョコビッチ、逆転で4連覇 ウィンブルドン”. 日本経済新聞 電子版. 共同通信社. (2022年7月11日). https://www.nikkei.com/article/DGXZQOKC1067B0Q2A710C2000000/ 2022年7月11日閲覧。 
  207. ^ “ウィンブルドン、ルバキナ優勝”. ロイター. 共同通信社. (2022年7月10日). https://jp.reuters.com/article/idJP2022070901001103 2022年9月11日閲覧。 
  208. ^ パーセルがエブデンとのダブルスでグランドスラム初優勝、第5セット10ポイントタイブレークの末に決着 [ウインブルドン]”. テニスマガジンONLINE (2022年7月10日). 2022年7月10日閲覧。
  209. ^ スクプスキー/クラブチェクがミックスダブルス2連覇達成、エブデン/ストーサーはグランドスラム大会で2度目の準優勝 [ウインブルドン]”. テニスマガジンONLINE (2022年7月8日). 2022年7月8日閲覧。
  210. ^ a b “全米テニス、アルカラスが優勝”. ロイター. 共同通信社. (2022年9月12日). https://jp.reuters.com/article/idJP2022091201000182 2022年9月12日閲覧。 
  211. ^ a b “全米、シフィオンテクが初優勝”. ロイター. 共同通信社. (2022年9月11日). https://jp.reuters.com/article/idJP2022091101000088 2022年9月11日閲覧。 
  212. ^ “ルード、アルカラス決勝へ”. ロイター. 共同通信社. (2022年9月10日). https://jp.reuters.com/article/idJP2022091001000449 2022年9月10日閲覧。 
  213. ^ ""パリ五輪世代"戸上隼輔が2冠、水谷氏の後継者に名乗り「自分が日本を背負う」…全日本卓球". スポーツ報知. 報知新聞社. 30 January 2022. 2022年1月30日閲覧
  214. ^ "【卓球全日本】伊藤美誠3年ぶり3度目V「自分らしさを出せた」". nikkansports.com. 日刊スポーツNEWS. 30 January 2022. 2022年1月30日閲覧
  215. ^ "【卓球全日本】大学生ペアの宇田、戸上組が初V 張本、森薗ペアを逆転". nikkansports.com. 日刊スポーツNEWS. 29 January 2022. 2022年1月29日閲覧
  216. ^ "女子ダブルス伊藤美誠・早田ひな組が4連覇「自分たちを見失わなかった". nikkansports.com. 日刊スポーツNEWS. 29 January 2022. 2022年1月29日閲覧
  217. ^ "張本智和&早田ひな組が初優勝 混合ダブルス決勝、3-1で快勝". nikkansports.com. 日刊スポーツNEWS. 27 January 2022. 2022年1月27日閲覧
  218. ^ "男子はSC軽井沢クが優勝 カーリング日本選手権". 産経ニュース. 産経デジタル. 29 May 2022. 2022年5月29日閲覧
  219. ^ "【カーリング】ロコ・ソラーレが2年ぶり3度目V ホーム常呂町で「マスト・ハブ・ファン」貫く". nikkansports.com. 日刊スポーツNEWS. 29 May 2022. 2022年5月29日閲覧
  220. ^ "【柔道】故斉藤仁氏の次男、20歳立が初優勝 五輪連覇の偉大な父に続き、史上初の親子日本一". nikkansports.com. 日刊スポーツNEWS. 29 April 2022. 2022年4月29日閲覧
  221. ^ "冨田若春が2度目の優勝 全日本女子選手権/柔道". サンケイスポーツ. 産経デジタル. 17 April 2022. 2022年4月17日閲覧
  222. ^ "【リーグワン】埼玉がV プロップ稲垣啓太「いい形で締めくくることができた」表情は崩さず喜ぶ". nikkansports.com. 日刊スポーツNEWS. 29 May 2022. 2022年5月29日閲覧
  223. ^ "【高校ラグビー】東海大大阪仰星が4大会ぶり6度目V". nikkansports.com. 日刊スポーツNEWS. 8 January 2022. 2022年1月8日閲覧
  224. ^ "帝京大 明大撃破し復活V!今季無敗のまま4大会ぶり10度目の「大学日本一」に輝く". Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社. 9 January 2022. 2022年1月9日閲覧
  225. ^ "東京五輪金の橋本大輝2連覇「やっと鉄棒で着地が止まった」F難度の新技入れるなど演技で圧勝". nikkansports.com. 日刊スポーツNEWS. 24 April 2022. 2022年4月24日閲覧
  226. ^ "体操全日本で9年ぶり高校生女王・・・笠原有彩が予選3位から逆転で初優勝". スポーツ報知. 報知新聞社. 23 April 2022. 2022年4月23日閲覧
  227. ^ "東京五輪金の橋本大輝が2連覇 あん馬と鉄棒で落下も2位に1点以上の差で快勝 NHK杯". nikkansports.com. 日刊スポーツNEWS. 15 May 2021. 2022年5月15日閲覧
  228. ^ "【体操】7年ぶり高校生女王が誕生 宮田笙子が逆転Vで10月の世界選手権代表決める". nikkansports.com. 日刊スポーツNEWS. 14 May 2021. 2022年5月15日閲覧
  229. ^ "涙の世界王座奪取!鈴木菜々江がリベンジ判定勝利「うちみたいなジムから…」会長感慨". nikkansports.com. 日刊スポーツNEWS. 25 February 2022. 2022年3月14日閲覧
  230. ^ "宮尾綾香涙の2年5カ月ぶり世界王座奪回、38歳迎え「引退と言われたらどうしようと」本音吐露". nikkansports.com. 日刊スポーツNEWS. 25 February 2022. 2022年3月14日閲覧
  231. ^ "寺地拳四朗が涙の3回KO王座奪還、因縁の矢吹正道を「新しい作戦」でワンパンチ撃破". nikkansports.com. 日刊スポーツNEWS. 19 March 2022. 2022年3月24日閲覧
  232. ^ "王者中谷潤人が八回TKOで2度目の防衛 多彩なパンチで圧倒 WBO世界フライ級". デイリースポーツ. 神戸新聞社. 9 April 2022. 2022年4月9日閲覧
  233. ^ "【ボクシング】村田諒太9回TKO負け「レジェンド」ゴロフキンに敗れ世界王座統一ならず". nikkansports.com. 日刊スポーツNEWS. 9 April 2022. 2022年4月9日閲覧
  234. ^ "46歳の藤岡奈穂子、統一王者ならず…米サンアントニオでのWBA・WBC王座統一戦で判定負け". スポーツ報知. 報知新聞社. 10 April 2022. 2022年4月15日閲覧
  235. ^ "波乱含み世界戦は谷口将隆11回TKO初防衛「失敗から何かがある」体重超過犯した挑戦者かばう". nikkansports.com. 日刊スポーツNEWS. 22 April 2022. 2022年4月22日閲覧
  236. ^ "小沢瑶生が3度目の挑戦で世界王座獲得「オファー来た時は産後4カ月」3年ぶりリングでママ対決制す". nikkansports.com. 日刊スポーツNEWS. 30 May 2022. 2022年6月3日閲覧
  237. ^ "尾川堅一、悪夢の王座陥落 「のまれてしまった。硬さがあった」 敵地カーディフで2回KO負け". スポーツ報知. 報知新聞社. 5 June 2022. 2022年6月5日閲覧
  238. ^ "井上尚弥、ドネア倒し日本人初の3団体統一王座獲得! バンタム級史上初の4団体王座統一へ"王手"". スポーツ報知. 報知新聞社. 7 June 2022. 2022年6月8日閲覧
  239. ^ "京口が8回TKO勝ちで敵地でのV4達成 減点2で一気に攻め立てる". Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社. 11 June 2022. 2022年6月11日閲覧
  240. ^ "井岡一翔、因縁ニエテスに判定勝ち5度目防衛!日本歴代トップ世界戦20勝 統一戦へ大きな弾み". nikkansports.com. 日刊スポーツNEWS. 13 July 2022. 2022年7月13日閲覧
  241. ^ "田中教仁、タイで2度目世界挑戦も敗退 王者パンヤに判定負け/WBC世界ミニマム級タイトル戦". nikkansports.com. 日刊スポーツNEWS. 31 August 2022. 2022年9月5日閲覧
  242. ^ "前WBO王者岩川美花7カ月ぶり再起戦で世界王座返り咲き成功 IBFアトム級宮尾綾香に判定勝ち". nikkansports.com. 日刊スポーツNEWS. 1 September 2022. 2022年9月5日閲覧
  243. ^ "「ゆうこりん」黒木優子4年9カ月ぶり世界王座返り咲きで2階級制覇 WBO女子アトム級". nikkansports.com. 日刊スポーツNEWS. 1 September 2022. 2022年9月5日閲覧
  244. ^ "岩田翔吉、早大出身初の世界王者&帝拳ジム初のWBO王者ならず/ボクシング". サンケイスポーツ. 産経デジタル. 1 November 2022. 2022年11月2日閲覧
  245. ^ "寺地拳四朗、京口紘人に7回TKO勝ち WBA、WBC2団体統一王者に/ボクシング". サンケイスポーツ. 産経デジタル. 1 November 2022. 2022年11月2日閲覧
  246. ^ "井岡 11度目の大みそか日本人初2階級統一王者へ「勝つことだけを考える」". Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社. 22 November 2022. 2022年11月22日閲覧
  247. ^ "トヨタが5連覇を達成【順位結果】2022年WEC第3戦/第90回ル・マン24時間 決勝". auto sport Web. 株式会社三栄. 13 June 2022. 2022年6月13日閲覧
  248. ^ a b F1、フェルスタッペン総合優勝 日本GP、角田13位 - 東京新聞、2022年10月9日配信、10月10日閲覧
  249. ^ "フェルスタッペンが年間最多タイ記録13勝目 レッドブル9年ぶり製造者部門V決定 角田は10位入賞". Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社. 24 October 2022. 2022年10月24日閲覧
  250. ^ a b "世界1位シェフラーがメジャー初V 松山英樹14位で連覇ならず". ゴルフダイジェスト・オンライン. 11 April 2022. 2022年4月11日閲覧
  251. ^ a b "ジャスティン・トーマスがPO制し、全米プロ2勝目!松山、星野とも通算9オーバーで60位". Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社. 23 May 2022. 2022年5月23日閲覧
  252. ^ "フィッツパトリックはニクラウス以来の快挙 同一コース開催の全米アマ&オープンを制覇". Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社. 20 June 2022. 2022年6月20日閲覧
  253. ^ "松山英樹はベストスコア「65」で4位、フィッツパトリックがメジャー初制覇". Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社. 20 June 2022. 2022年6月20日閲覧
  254. ^ a b "キャメロン・スミスが聖地での全英制す!豪州勢では93年G・ノーマン以来29年ぶり". Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社. 18 July 2022. 2022年7月18日閲覧
  255. ^ a b "渋野日向子「66」で4位フィニッシュ カップチョがメジャーで初V". ゴルフダイジェスト・オンライン. 4 April 2022. 2022年4月4日閲覧
  256. ^ a b "ミンジー・リーがメジャー2勝目 小祝20位 畑岡28位". ゴルフダイジェスト・オンライン. 6 June 2022. 2022年6月6日閲覧
  257. ^ a b "チョン・インジが完全Vでメジャー3勝目 畑岡奈紗はベストスコア「69」で5位". ゴルフダイジェスト・オンライン. 27 June 2022. 2022年6月27日閲覧
  258. ^ "畑岡奈紗は5位 田仁智がメジャー3勝目/全米女子プロ". サンケイスポーツ. 産経デジタル. 27 June 2022. 2022年6月27日閲覧
  259. ^ a b "ヘンダーソンがメジャー2勝目 西郷真央は2打差3位". ゴルフダイジェスト・オンライン. 24 July 2022. 2022年7月25日閲覧
  260. ^ a b "ブハイが田仁智とのプレーオフ制し涙のメジャー初制覇、渋野日向子は1打及ばず3位". Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社. 8 August 2022. 2022年8月8日閲覧
  261. ^ "史上最も小柄な賞金王誕生!身長158cm比嘉一貴が初の栄誉 ランク2位星野陸也がV逸で決定". nikkansports.com. 日刊スポーツNEWS. 27 November 2022. 2022年11月27日閲覧
  262. ^ "比嘉一貴メジャー初制覇「最後は緊張。汗がすごかった」逆転で混戦制し4勝目 全英出場権も獲得". nikkansports.com. 日刊スポーツNEWS. 5 June 2022. 2022年6月5日閲覧
  263. ^ "日大出身の堀川が「ほぼ地元」で逃げ切り勝ち メジャー2勝目となるツアー3勝目". Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社. 7 August 2022. 2022年8月7日閲覧
  264. ^ "蝉川泰果「気付いたらガッツポーズ」ツアー史上初アマチュア2勝、日本オープン95年ぶりアマV". nikkansports.com. 日刊スポーツNEWS. 23 October 2022. 2022年10月23日閲覧
  265. ^ "山下美夢有が完全Vでツアー2勝目 ワールドレディスサロンパス杯 2位は青木瀬令奈/国内女子". サンケイスポーツ. 産経デジタル. 8 May 2022. 2022年5月8日閲覧
  266. ^ "地元京都出身の川崎春花が4打差逆転し、メジャーでツアー初優勝 19歳133日での優勝は大会史上最年少". Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社. 11 September 2022. 2022年9月11日閲覧
  267. ^ "勝みなみが史上3人目の大会連覇 ローアマに馬場咲希". ゴルフダイジェスト・オンライン. 2 October 2022. 2022年10月2日閲覧
  268. ^ "新女王の山下美夢有が有終V 平均ストロークも70切りを達成/国内女子". サンケイスポーツ. 産経デジタル. 27 November 2022. 2022年11月27日閲覧
  269. ^ "堀江美里が優勝、2時間32分10秒 大阪・びわ湖毎日マラソン". 毎日新聞. 毎日新聞社. 27 February 2022. 2022年2月27日閲覧
  270. ^ "キプチョゲ、国内最高2時間2分40秒でV/東京マラソン". サンケイスポーツ. 産経デジタル. 6 March 2022. 2022年3月6日閲覧
  271. ^ "【東京マラソン】鈴木健吾が日本人トップ4位 自身の日本記録に届かずも快走2時間5分28秒". nikkansports.com. 日刊スポーツNEWS. 6 March 2022. 2022年3月6日閲覧
  272. ^ "一山の記録は男女混合、野口は女子単独の大会記録として併記/大阪国際女子マラソン". サンケイスポーツ. 産経デジタル. 31 January 2021. 2022年3月16日閲覧
  273. ^ a b "東京マラソン女子は世界記録保持者が圧勝、一山麻緒は6位入賞、自己記録更新の新谷仁美は7位". スポーツ報知. 報知新聞社. 6 March 2022. 2022年3月6日閲覧
  274. ^ a b "【北海道マラソン】男子はムセンビ優勝 柏優吾が日本勢トップの2位、青木優らMGC出場権獲得". nikkansports.com. 日刊スポーツNEWS. 28 August 2022. 2022年11月28日閲覧
  275. ^ "【北海道マラソン】山口遙、2時間29分52秒で女子の部優勝 パリ五輪懸けMGC出場権を獲得". nikkansports.com. 日刊スポーツNEWS. 28 August 2022. 2022年11月28日閲覧
  276. ^ "一般参加の西山雄介が2時間7分47秒の大会新V、初マラソン日本最高にあと5秒 別大マラソン". nikkansports.com. 日刊スポーツNEWS. 6 February 2022. 2022年2月6日閲覧
  277. ^ "3度目Vの松田瑞生と上杉真穂が今夏世界選手権の派遣設定記録をクリア/大阪国際女子マラソン". サンケイスポーツ. 産経デジタル. 30 January 2022. 2022年1月30日閲覧
  278. ^ a b "【名古屋ウィメンズマラソン】チェプンゲティッチがV、世界最高賞金2875万円ゲット、安藤友香は3位". Spnichi Annex. スポーツニッポン新聞社. 13 March 2022. 2022年3月13日閲覧
  279. ^ "順大が大会連覇 陸上男女混合駅伝 2位は中大、3位に関大". Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社. 20 February 2022. 2022年2月20日閲覧
  280. ^ "【ニューイヤー駅伝】Hondaが悲願の初優勝!創部51年目、39度目の出場、6区・中山で逆転首位". Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社. 1 January 2022. 2022年1月1日閲覧
  281. ^ "【箱根駅伝復路】青学大が大会新記録で2年ぶり6度目の総合V/詳細". nikkansports.com. 日刊スポーツNEWS. 3 January 2022. 2022年1月3日閲覧
  282. ^ "【箱根駅伝往路】青学大が2年ぶり往路V 2位帝京大、駒大は3位/詳細". nikkansports.com. 日刊スポーツNEWS. 2 January 2022. 2022年1月3日閲覧
  283. ^ "【箱根駅伝】青学大が大会新記録で2年ぶり6度目の総合優勝 復路記録も更新する完全V". Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社. 3 January 2022. 2022年1月3日閲覧
  284. ^ "【出雲駅伝】駒大が大会新記録で9年ぶり4度目V!2区で怪物ルーキー佐藤圭汰が区間新". nikkansports.com. 日刊スポーツNEWS. 10 October 2022. 2022年10月10日閲覧
  285. ^ "【詳報】駒大、史上初の3度目3連覇 2位は国学院 全日本大学駅伝". 朝日新聞デジタル. 朝日新聞社. 6 November 2022. 2022年11月6日閲覧
  286. ^ "京都が18度目の優勝 都道府県対抗女子駅伝". サンケイスポーツ. 産経デジタル. 16 January 2022. 2022年1月16日閲覧
  287. ^ "名城大が6連覇、2位は立命館大…全日本大学女子駅伝". 讀賣新聞オンライン. 読売新聞社. 30 October 2022. 2022年10月30日閲覧
  288. ^ "【クイーンズ駅伝】資生堂が16年ぶり2度目のV、大会新2時間12分28秒/詳細&動くグラフ". nikkansports.com. 日刊スポーツNEWS. 27 November 2022. 2022年11月27日閲覧
  289. ^ “男子三段跳五輪3連覇のヴィクトル・サニエフ氏が死去 76歳 世界記録を3度更新”. 月刊陸上競技. (2022年1月3日). https://www.rikujyokyogi.co.jp/archives/64220 2022年1月4日閲覧。 
  290. ^ "興南高、京大で監督の比屋根吉信氏が死去、70歳 教え子にデニー友利ら". nikkansports.com. 日刊スポーツNEWS. 5 January 2022. 2022年1月5日閲覧
  291. ^ "棚田好男さん死去 元大相撲立行司第34代式守伊之助". 時事通信社. 13 January 2022. 2022年1月13日閲覧
  292. ^ "高校サッカーの名監督、小嶺忠敏さん死去 全国選手権で6度優勝". 朝日新聞デジタル. 朝日新聞社. 7 January 2022. 2022年1月7日閲覧
  293. ^ "「ドカベン」水島新司さん死去 82歳 10日に都内の病院で". nikkansports.com. 日刊スポーツNEWS. 17 January 2022. 2022年1月17日閲覧
  294. ^ "女子プロレスの"レジェンド" 佐倉輝美さん 逝く". テレビ東京スポーツ. テレビ東京. 12 January 2022. 2022年1月12日閲覧
  295. ^ "小林晋選手がレース中事故で死亡 他艇と接触し転覆、後続艇と接触/多摩川". nikkansports.com. 日刊スポーツNEWS. 12 January 2022. 2022年1月14日閲覧
  296. ^ Dell, John (2022年1月20日). “Bob Goalby, the 1958 GGO champion, dies at age 92”. News & Record. https://greensboro.com/sports/college/wfu/bob-goalby-the-1958-ggo-champion-dies-at-age-92/article_f8135f7e-113e-56ad-897b-bc0fe914e330.html 2022年1月21日閲覧。 
  297. ^ "68年マスターズチャンピオン、ボブ・ゴールビー氏が死去". ALBA.net. 21 January 2022. 2022年2月2日閲覧
  298. ^ "高橋二三男さん胆管がんで73歳死去 西鉄、ロッテで491試合255安打". nikkansports.com. 日刊スポーツNEWS. 22 January 2022. 2022年1月22日閲覧
  299. ^ "マスターズに3年連続出場 石井朝夫氏が98歳で逝去". ゴルフダイジェスト・オンライン. 27 January 2022. 2022年1月30日閲覧
  300. ^ “元サンフレッチェ広島監督ビム・ヤンセン氏が死去。オランダ代表などで活躍のレジェンド”. FOOTBALL CHANNEL. (2022年1月25日). https://www.footballchannel.jp/2022/01/25/post452023/ 2022年1月26日閲覧。 
  301. ^ "Addio a Maurizio Zamparini, l'ex patron del Palermo Calcio: aveva 80 anni". Rai News (イタリア語). Rai-Radiotelevisione Italiana Spa. 1 February 2022. 2022年2月2日閲覧
  302. ^ “パレルモのザンパリーニ元会長が死去…カバーニやディバラら輩出、監督交代は15年で約40回”. サッカーキング. (2022年2月2日). https://www.soccer-king.jp/news/world/ita/00000000/1615439.html 2022年2月2日閲覧。 
  303. ^ "矢野進元調教師 84歳死去、85年ギャロップダイナで天皇賞・秋制覇". Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社. 17 February 2022. 2022年2月17日閲覧
  304. ^ "矢野進元調教師が死去、84歳 蛯名元騎手の師匠 名牝ダイナアクトレスなど輩出". デイリースポーツ. 神戸新聞社. 17 February 2022. 2022年2月17日閲覧
  305. ^ "アルゼンチンのスター、エドアルド・ロメロ氏が67歳で死去 世界80勝の名手". ALBA.net. 15 February 2022. 2022年2月17日閲覧
  306. ^ "元十両白岩が腹部大動脈瘤破裂で死去64歳 本場所などで運営補佐を務める「若者頭」 秋田県出身". nikkansports.com. 日刊スポーツNEWS. 18 February 2022. 2022年2月18日閲覧
  307. ^ "元サッカー日本代表選手の三村恪一さん死去 90歳 1956年メルボルン五輪メンバー". Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社. 21 February 2022. 2022年2月22日閲覧
  308. ^ “Умерла олимпийская чемпионка по лыжным гонкам Алевтина Колчина” (ロシア語). stadium.ru. (2022年3月4日). https://www.stadium.ru/news/04-03-2022-umerla-olimpiiskaya-chempionka-po-lijnim-gonkam-alevtina-kolchina 2022年3月4日閲覧。 
  309. ^ "日本ハム今成泰章スカウト死去、66歳 ダルビッシュ有、大谷翔平、上沢直之ら担当". nikkansports.com. 日刊スポーツNEWS. 3 March 2022. 2022年3月3日閲覧
  310. ^ "元阪神今成亮太氏が明かしたスカウトの父泰章さん「打つ打たないじゃなく形を見ている」/復刻". nikkansports.com. 日刊スポーツNEWS. 3 March 2022. 2022年3月3日閲覧
  311. ^ "中日などで投手として活躍した三沢淳さんが死去 69歳・中皮腫 1996年から衆院議員も1期務める". 中スポ 東京中日スポーツ. 中日新聞社. 6 March 2022. 2022年3月6日閲覧
  312. ^ Preminuo legendarni fudbaler banjalučkog Borca” (ボスニア語). N1 (2022年3月3日). 2022年3月4日閲覧。
  313. ^ Tributes flow for Olympic gold medal winning cyclist Dean Woods, dead at 55” (英語). Fox Sports (2022年3月3日). 2022年3月4日閲覧。
  314. ^ Inyang, Ifreke (2022年3月9日). “Ex-Super Eagles midfielder, Justice Christopher is dead” (英語). Daily Post Nigeria. 2022年3月9日閲覧。
  315. ^ Karjalainen, Anssi (2022年3月13日). “Uusimaa: Yleisurheilun entinen ME-mies Pentti Karvonen on kuollut” (フィンランド語). Ilta-Sanomat. Iltalehti. 2022年3月15日閲覧。
  316. ^ Olympedia – Pentti Karvonen” (英語). olympedia.org. 2022年3月15日閲覧。
  317. ^ Olympedia – Charlie Greene” (英語). www.olympedia.org. 2022年3月15日閲覧。
  318. ^ "新日本にも参戦"レイザー・ラモン"スコット・ホールさん63歳で死去". デイリースポーツ. 神戸新聞社. 15 March 2022. 2022年3月15日閲覧
  319. ^ "【訃報】日本モータースポーツ界の伝説、高橋国光さん亡くなる。享年82". motorsports.com. Motorsport Network. 16 March 2022. 2022年3月16日閲覧
  320. ^ “坪田信義氏死去 元ミズノグラブ職人”. 熊本日日新聞. (2022年4月4日). https://kumanichi.com/articles/613744 2022年4月4日閲覧。 
  321. ^ 訃報 プライアーをダウンさせた天才 元日本2階級王者の亀田昭雄さん死す Boxing News 2022年4月27日
  322. ^ "ラグビー神戸 カンバーランド・コーチが死去 16日の埼玉戦も帯同 死因は不明". Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社. 18 April 2022. 2022年4月18日閲覧
  323. ^ "九州陸上競技協会の元理事長・渡辺和己氏が死去 86歳". 西日本スポーツ. 西日本新聞社. 22 April 2022. 2022年4月23日閲覧
  324. ^ "元日本代表監督イビチャ・オシム氏死去 80歳 90年W杯ユーゴ8強、05年市原でナビスコ制覇". nikkansports.com. 日刊スポーツNEWS. 1 May 2022. 2022年5月1日閲覧
  325. ^ "元野球日本代表監督・松永怜一さん死去 90歳 ロサンゼルス五輪で金". 毎日新聞. 毎日新聞社. 12 May 2022. 2022年5月12日閲覧
  326. ^ "元東京地検特捜部長・熊崎勝彦さん死去 巨人の野球賭博問題も対応". mainichi.jp. 毎日新聞社. 27 May 2022. 2022年5月27日閲覧
  327. ^ "日本テレビ・河村亮アナ脳出血のため死去、54歳…巨人戦、箱根駅伝の実況で活躍". スポーツ報知. 報知新聞社. 16 May 2022. 2022年5月16日閲覧
  328. ^ "浜松ヨシ江さん死去 日本陸連初の女性理事". サンケイスポーツ. 産経デジタル. 16 May 2022. 2022年5月19日閲覧
  329. ^ "ターザン後藤さん死去58歳、肝臓がん 最初の「電流爆破マッチ」戦う 大仁田「信じられない」". nikkansports.com. 日刊スポーツNEWS. 31 May 2022. 2022年5月31日閲覧
  330. ^ "英ダービー9勝のレスター・ピゴット氏が死去、86歳 武豊もデットーリも憧れたレジェンド". nikkansports.com. 日刊スポーツNEWS. 29 May 2022. 2022年5月30日閲覧
  331. ^ "「平成維震軍」空手・誠心会館館長の青柳政司さん死去、65歳 ゼロワン発表". nikkansports.com. 日刊スポーツNEWS. 7 July 2022. 2022年7月7日閲覧
  332. ^ "元横綱2代目若乃花の下山勝則さん死去、69歳 78年56代横綱に昇進 照ノ富士入門時の師匠". nikkansports.com. 日刊スポーツNEWS. 18 July 2022. 2022年7月18日閲覧
  333. ^ "元西鉄、阪急の久保山誠氏が膀胱がんのため死去 88歳". スポーツ報知. 報知新聞社. 25 July 2022. 2022年7月25日閲覧
  334. ^ "ショウアップナイター名実況アナ、枇杷阪明さんが死去、89歳 王貞治の通算756号を実況". サンケイスポーツ. 産経デジタル. 24 July 2022. 2022年7月24日閲覧
  335. ^ "元ニッポン放送アナの枇杷阪明さんが死去、89歳 王貞治756号本塁打達成の試合実況". スポーツ報知. 報知新聞社. 24 July 2022. 2022年7月25日閲覧
  336. ^ "トライアスロン宮崎集さん 自転車の練習中事故死 24日W杯出場していた". Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社. 29 July 2022. 2022年7月29日閲覧
  337. ^ "元札幌監督、ウーゴ・フェルナンデス氏死去". サンケイスポーツ. 産経デジタル. 2 August 2022. 2022年8月2日閲覧
  338. ^ "ファイティング原田さんの3階級制覇の夢砕いたファメションさん 77歳、メルボルンで死去". スポーツ報知. 報知新聞社. 4 August 2022. 2022年8月4日閲覧
  339. ^ "プロレスラーのジン・ラーベルさん死去 猪木-アリ戦のレフェリー、MMAの先駆者". デイリースポーツ. 神戸新聞社. 10 August 2022. 2022年8月11日閲覧
  340. ^ "伊藤雄二元調教師 老衰で死去、85歳 ウイニングチケット、エアグルーヴなど数々の名馬育てる". Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社. 19 August 2022. 2022年8月19日閲覧
  341. ^ "1973年全英覇者のトム・ワイスコフ氏が79歳で死去 トム・ワトソンがツイートで公表". ALBA.net. 22 August 2022. 2022年8月22日閲覧
  342. ^ "森健児さんが死去 日本サッカープロ化に尽力". デイリースポーツ. 神戸新聞社. 25 August 2022. 2022年8月25日閲覧
  343. ^ "森健児さんが死去 日本サッカーのプロ化に尽力". サンケイスポーツ. 産経デジタル. 25 August 2022. 2022年8月25日閲覧
  344. ^ "元TBSアナ岡部達さん死去、87歳 具志堅用高氏涙「防衛戦は13回、全て岡部さんが実況」". nikkansports.com. 日刊スポーツNEWS. 29 August 2022. 2022年8月29日閲覧
  345. ^ "元プロレスラー・鶴見五郎さん死去 日本人悪役レスラーとして活躍". デイリースポーツ. 神戸新聞社. 27 August 2022. 2022年8月27日閲覧
  346. ^ Умерла бывший главный тренер сборной России по керлингу Ольга Андрианова” (ロシア語). РБК Спорт. 2022年9月6日閲覧。
  347. ^ "前東洋大監督の高橋昭雄さん死去、74歳 08年「大学4冠」など日本一6度、教え子979人". nikkansports.com. 日刊スポーツNEWS. 7 September 2022. 2022年9月7日閲覧
  348. ^ “Former Braves pitcher dies in auto accident on way to NYC 9/11 event” (英語). Atlanta Jounal Constitution. (2022年9月12日). https://www.ajc.com/sports/atlanta-braves/former-braves-pitcher-dies-in-auto-accident/YUCDAB6C6NFIDJPQ2PI5SVSBSU/ 2022年9月12日閲覧。 
  349. ^ “Former UFC fighter Elias Theodorou dies from cancer at 34” (英語). MMA Fighting. (2022年9月12日). https://www.mmafighting.com/platform/amp/2022/9/12/23348343/former-ufc-fighter-elias-theodorou-dies-from-cancer-at-34 2022年9月12日閲覧。 
  350. ^ "矢尾板貞雄さんが死去、ボクシングの元日本、東洋フライ級王者 引退後はサンスポ評論家として活動". サンケイスポーツ. 産経デジタル. 19 September 2021. 2021年9月20日閲覧
  351. ^ Falleció Starman, luchador del CMLL – Superluchas”. superluchas.com. 2022年9月24日閲覧。
  352. ^ "元西鉄の池永正明氏死去76歳 70年「黒い霧事件」永久失格も05年解除 プロ通算103勝65敗". nikkansports.com. 日刊スポーツNEWS. 26 September 2022. 2022年9月26日閲覧
  353. ^ "元阪急投手鈴木幸雄氏、脳梗塞で死去90歳 51年入団通算20勝 引退後は智弁和歌山コーチ". nikkansports.com. 日刊スポーツNEWS. 26 September 2022. 2022年9月26日閲覧
  354. ^ "アントニオ猪木さん死去 79歳、心不全 プロレスや政界で活躍 アリと異種格闘技戦も". nikkansports.com. 日刊スポーツNEWS. 1 October 2022. 2022年10月1日閲覧
  355. ^ "Falleció legendario campeón brasileño Eder Jofre". ESPN (スペイン語). ESPN Inc. 2 October 2022. 2022年10月2日閲覧
  356. ^ “LPGA PIONEER SHIRLEY ENGLEHORN DIES AT AGE 81” (英語). LPGA. (2022年10月4日). https://www.lpga.com/news/2022/lpga-pioneer-shirley-englehorn-dies-at-age-81 2022年10月8日閲覧。 
  357. ^ "田中茂樹さんが死去、91歳 ボストン・マラソンで日本人初優勝". サンケイスポーツ. 産経デジタル. 6 October 2022. 2022年10月6日閲覧
  358. ^ “Former Kansas Legend Bill Nieder Passes Away” (英語). kuathletics.com. (2022年10月11日). https://kuathletics.com/former-kansas-legend-bill-nieder-passes-away/ 2022年10月13日閲覧。 
  359. ^ “Kleurrijk en succesvol oud-wielrenner Gerben Karstens (80) overleden” (オランダ語). nos.nl. (2022年10月8日). https://nos.nl/artikel/2447554-kleurrijk-en-succesvol-oud-wielrenner-gerben-karstens-80-overleden 2022年10月9日閲覧。 
  360. ^ "元日本ハム投手 柴田保光氏が死去 通算84勝 不整脈で65歳". デイリースポーツ. 神戸新聞社. 10 October 2022. 2022年10月10日閲覧
  361. ^ “Lucious Jackson, Former 76ers Star and Olympic Gold Medalist, Has Died” (英語). SPORTS ILLUSTRATED. (2022年10月13日). https://www.si.com/nba/2022/10/13/lucious-jackson-former-76ers-star-and-olympic-gold-medalist-has-died 2022年10月19日閲覧。 
  362. ^ "元新日本プロレスの北村克哉さんが36歳で急死 退団後はRIZINでボビー・オロゴンとも対戦". 東京スポーツ. 14 October 2022. 2022年10月14日閲覧
  363. ^ “Skihoppar Halvor Næs er død” (ノルウェー語). nrk.no. (2022年10月15日). https://www.nrk.no/sport/skihoppar-halvor-naes-er-dod-1.16140682 2022年10月18日閲覧。 
  364. ^ "ブルース・スーターさん死去、69歳 カージナルスなどで通算300S、06年米国野球殿堂入り". nikkansports.com. 日刊スポーツNEWS. 15 October 2022. 2022年10月15日閲覧
  365. ^ "PGA元会長 石井富士夫氏が死去 日本ゴルフツアー機構の独立時に協会を切り盛り". Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社. 18 October 2022. 2022年10月19日閲覧
  366. ^ Ahenda, Ben. “Boxing: Olympian Philip Waruinge dies aged 77” (英語). The Standard. 2022年10月20日閲覧。
  367. ^ “訃報 大澤慶己十段” (日本語) (HTML) (プレスリリース), 講道館, (2022年10月21日), http://kodokanjudoinstitute.org/news/2022/10/epost-289/ 2021年10月21日閲覧。 
  368. ^ “Melbourne Cup-winning jockey Harry White dies, aged 78” (英語). racenet.com.au. (2022年10月21日). https://www.racenet.com.au/news/melbourne-cupwinning-jockey-harry-white-dies-aged-78-20221021 2022年10月22日閲覧。 
  369. ^ "元日本代表FW工藤壮人さんが死去 水頭症で入院中も帰らぬ人に…J3宮崎が発表". スポーツ報知. 報知新聞社. 21 October 2022. 2022年10月21日閲覧
  370. ^ "中田達也選手が落水事故で死去〜宮島ボート 113期ナンバーワンレーサー". サンスポZBAT!. 産経デジタル. 6 November 2022. 2022年11月7日閲覧
  371. ^ "村田兆治さん死去 72歳 自宅で火災発生「マサカリ投法」で通算215勝". Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社. 11 November 2022. 2022年11月11日閲覧
  372. ^ "大相撲36代木村庄之助の山崎敏廣さん死去、74歳 立行司務めてから差し違え1番のみの名行司". nikkansports.com. 日刊スポーツNEWS. 24 November 2022. 2022年11月24日閲覧
  373. ^ "David Johnson, former Liverpool and England striker, dies aged 71". ガーディアン (英語). 23 November 2022. 2022年11月24日閲覧
  374. ^ "Falleció excampeón mundial Moisés Fuentes". ESPN Deportes (スペイン語). ESPN Enterprises, Inc. 24 November 2022. 2022年11月25日閲覧