栃纒勇光

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

栃纒 勇光(とちまとい ゆうこう、1959年(昭和34年)1月30日 - 2012年(平成24年)1月7日)は、神奈川県川崎市幸区出身で春日野部屋に所属した大相撲力士。本名は今井 勇治(いまい ゆうじ)。現役時代の体格は179cm、173kg。最高位は東前頭11枚目(1986年3月場所)。得意手は突き、押し、小手投げ

なお、四股名は栃は誤りで、栃が正しい(まだれではなくがんだれ)。

来歴・人物[編集]

中学卒業後、春日野部屋に入門し、1975年(昭和50年)1月場所で初土俵を踏んだ。

典型的なアンコ型力士で、立合いからの激しいぶちかましの他、突きと押しに威力があった。幕下で長く停滞した時期もあったが、稽古熱心で知られ、また初っ切りが好評で、特に同部屋の栃湊攻弌(最高位・幕下)との初っ切りはあんこ型とそっぷ型(栃湊の体重は76.5kg)で人気を博した。

四股名の「栃纒」は消防士であった父が命名したものであり、ある日一進一退に我慢できず廃業して消防士に転身すると言い出した今井に対して父が「太った消防士じゃ足手まといだ」と切り返したのがきっかけであるという。なお、栃纒の化粧回しは「足でまとい会」から贈られている。[1]

その後、1982年(昭和57年)1月場所で十両昇進、1985年(昭和60年)5月場所で新入幕を果たした。

しかし下半身のもろさと痛風の持病のため、幕内では1度も勝ち越す事ができなかった。幕下陥落後には巡業で、再び初っ切りを行っていた。

1988年(昭和63年)7月場所以降は関取に復帰できず、東幕下21枚目に在位した1989年(平成元年)3月場所を以って、30歳で廃業。断髪式は、4歳年上の兄弟子・栃剣(元前頭2。こちらも栃纒と同様、引退後は、日本相撲協会に残らなかった)と合同で行った。

廃業後、1991年(平成3年)から仙台市スナック「足手纒」を経営していた。

2012年(平成24年)1月7日、敗血症のため死去[2]。52歳没。

主な成績・記録[編集]

  • 現役在位:85場所
  • 通算成績:405勝385敗13休 勝率.514
  • 幕内在位:2場所
  • 幕内成績:7勝23敗 勝率.233
  • 各段優勝
    • 十両優勝:1回(1987年1月場所)

場所別成績[編集]

栃纒 勇光
一月場所
初場所(東京
三月場所
春場所(大阪
五月場所
夏場所(東京)
七月場所
名古屋場所(愛知
九月場所
秋場所(東京)
十一月場所
九州場所(福岡
1975年
(昭和50年)
(前相撲) 東 序ノ口 #20
3–4 
東 序二段 #108
3–4 
西 序二段 #114
5–2 
東 序二段 #77
4–3 
西 序二段 #53
3–4 
1976年
(昭和51年)
西 序二段 #69
6–1 
西 三段目 #77
3–4 
東 序二段 #3
3–4 
西 序二段 #19
6–1 
東 三段目 #56
3–4 
西 三段目 #69
6–1 
1977年
(昭和52年)
西 三段目 #22
5–2 
西 幕下 #54
3–4 
西 三段目 #5
4–3 
東 幕下 #50
3–4 
西 三段目 #1
3–4 
東 三段目 #10
2–5 
1978年
(昭和53年)
西 三段目 #33
4–3 
東 三段目 #21
5–2 
西 幕下 #53
4–3 
西 幕下 #42
4–3 
東 幕下 #31
5–2 
西 幕下 #16
4–3 
1979年
(昭和54年)
西 幕下 #12
4–3 
東 幕下 #8
2–5 
西 幕下 #28
2–5 
西 幕下 #45
5–2 
西 幕下 #25
3–4 
西 幕下 #34
3–4 
1980年
(昭和55年)
西 幕下 #42
6–1 
西 幕下 #15
5–2 
西 幕下 #5
1–6 
東 幕下 #27
3–4 
西 幕下 #35
5–2 
西 幕下 #21
5–2 
1981年
(昭和56年)
西 幕下 #9
3–4 
東 幕下 #14
4–3 
東 幕下 #8
3–4 
東 幕下 #13
6–1 
西 幕下 #3
4–3 
東 幕下 #1
4–3 
1982年
(昭和57年)
西 十両 #10
3–6–6 
西 幕下 #7
0–0–7 
西 幕下 #7
1–6 
東 幕下 #30
5–2 
東 幕下 #16
3–4 
東 幕下 #25
4–3 
1983年
(昭和58年)
西 幕下 #17
5–2 
西 幕下 #7
3–4 
西 幕下 #16
6–1 
西 幕下 #2
5–2 
西 十両 #11
2–13 
東 幕下 #9
3–4 
1984年
(昭和59年)
西 幕下 #17
5–2 
東 幕下 #10
5–2 
西 幕下 #4
5–2 
西 十両 #12
10–5 
西 十両 #4
7–8 
東 十両 #6
9–6 
1985年
(昭和60年)
東 十両 #4
9–6 
東 十両 #1
10–5 
西 前頭 #12
6–9 
西 十両 #3
8–7 
西 十両 #2
6–9 
西 十両 #8
9–6 
1986年
(昭和61年)
西 十両 #3
11–4 
東 前頭 #11
1–14 
西 十両 #9
6–9 
西 十両 #13
8–7 
東 十両 #10
7–8 
東 十両 #12
8–7 
1987年
(昭和62年)
東 十両 #10
優勝
10–5
東 十両 #4
8–7 
東 十両 #3
7–8 
東 十両 #5
8–7 
東 十両 #3
6–9 
東 十両 #7
6–9 
1988年
(昭和63年)
西 十両 #11
8–7 
東 十両 #8
6–9 
西 十両 #11
3–12 
東 幕下 #8
3–4 
西 幕下 #14
3–4 
東 幕下 #23
4–3 
1989年
(平成元年)
西 幕下 #15
3–4 
東 幕下 #21
引退
1–6–0
各欄の数字は、「勝ち-負け-休場」を示す。    優勝 引退 休場 十両 幕下
三賞=敢闘賞、=殊勲賞、=技能賞     その他:=金星
番付階級幕内 - 十両 - 幕下 - 三段目 - 序二段 - 序ノ口
幕内序列横綱 - 大関 - 関脇 - 小結 - 前頭(「#数字」は各位内の序列)

改名歴[編集]

  • 今井山(いまいやま、1975年3月場所 - 1979年5月場所)
  • 栃纒(とちまとい、1979年7月場所 - 1989年3月場所)

 出典 [編集]

  1. ^ 『大相撲力士名鑑 平成13年版』(水野尚文・京須利敏共著、共同通信社刊、2000年)より、ISBN 978-4764104709
  2. ^ “元幕内栃纒の今井勇治氏が敗血症で死去”. 日刊スポーツ. (2012年1月11日). http://www.nikkansports.com/sports/sumo/news/f-sp-tp3-20120111-888207.html 2012年1月12日閲覧。 

関連項目[編集]

参考文献[編集]