巨砲丈士

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
巨砲 丈士 Sumo pictogram.svg
基礎情報
四股名 大真隆年 → 大真克一 → 大真毅士 → 大真毅一 → 大真毅士 → 大真毅一 →大真毅士 → 巨砲丈士
本名 松本 隆年
生年月日 (1956-04-18) 1956年4月18日(61歳)
出身 三重県四日市市
身長 183cm
体重 148kg
BMI 44.19
所属部屋 二所ノ関部屋大鵬部屋
得意技 右四つ、寄り、上手出し投げ
成績
現在の番付 引退
最高位 関脇
生涯戦歴 753勝809敗18休(127場所)
幕内戦歴 533勝637敗(78場所)
優勝 十両優勝1回
殊勲賞2回
敢闘賞1回
技能賞1回
データ
初土俵 1971年5月場所[1]
入幕 1979年3月場所[1]
引退 1992年5月場所[1]
備考
金星10個(2代目若乃花4個、三重ノ海1個、輪島1個、北の湖1個、千代の富士2個、隆の里1個)
2013年1月3日現在

巨砲 丈士(おおづつ たけし、1956年4月18日 - )は、三重県四日市市出身で大鵬部屋(入門時は二所ノ関部屋)所属の元大相撲力士。本名は松本 隆年(まつもと たかとし)。最高位は東関脇。身長183cm、体重148kg。得意手は右四つ、寄り、上手出し投げ。全日本選抜柔道体重別選手権大会で2度優勝するなど柔道選手として活躍した松本宣子は妹[1]

来歴[編集]

中学時代は野球と空手を行い、野球の腕前は東邦高校から勧誘が来るほどのものであった。相撲には興味が無かったが大鵬の元兄弟子が近くに引っ越してきてその娘が松本と同級生になり、 そこから内弟子探しに奔走していた大鵬に連絡が渡って大鵬から松本へ電話がかかった。松本は大鵬から会うよう頼まれた末に根負けし、1971年3月に大阪で大鵬と初めて対面する。松本は大鵬と相撲を取ったが大鵬が手加減してあっさり押し出されたことですっかりその気になって入門を望むようになる。1971年(昭和46年)5月場所、横綱大鵬の内弟子として二所ノ関部屋から初土俵を踏んだ[1]。父親は時津風部屋所属の元十両筆頭・劍龍で、入門して初めて父親が元力士と知った。1971年(昭和46年)12月に大鵬が二所ノ関部屋から分家独立したことにより、大鵬部屋へ移籍した。1977年(昭和52年)7月場所、満山(のち嗣子鵬)と共に新十両となり大鵬部屋初の関取として話題となる。

1979年(昭和54年)3月場所で新入幕を果たし、大鵬部屋第1号の幕内力士となった[1]。その後も相撲巧者ぶりを見せて、1980年(昭和55年)3月場所で新小結1981年(昭和56年)5月場所で関脇に昇進した。大物食いとしても知られ、金星は第54代横綱輪島から第59代横綱隆の里までの計6横綱(輪島、北の湖若乃花三重ノ海千代の富士、隆の里)から10個を獲得した(なお1984年(昭和59年)9月場所、6日目千代の富士、7日目隆の里と二日続けての金星をあげている)。

結局大関昇進の夢は果たせなかったが、丈夫で長持ちの代表的な力士として幕内連続在位78場所(幕内では休場は1回もなかった)[1]、幕内連続出場1170回を数えた。1991年(平成3年)5月場所には幕内連続在位10年以上を評価されて太寿山忠明と共に理事長特別表彰を受けた。1992年(平成4年)1月場所、幕尻前頭15枚目で4勝11敗と大敗し十両へ陥落(この場所の千秋楽舞の海戦では、相手のお株を奪う立合いの八艘飛びで勝利している)。幕内への復帰を目指したがその後も負け越しが続き、十両在位のまま1992年(平成4年)5月場所を最後に36歳で引退した。

現役時代の一番の思い出の取組として1981年(昭和56年)11月場所千秋楽の隆の里戦を挙げた。取組中にもみ合った際に瞼の上を切って出血し、その状態のまま巨砲が頭を付ける体勢を取ったため、隆の里も返り血を浴びて胸が真っ赤に染まっていた。2分近い取組で巨砲が敗れたものの、雑誌『相撲』1981年12月号ではこの一番を「プロレスを見ているよう」と評した。

引退後は、大鵬所有の年寄大嶽を借り、さらに朝日山(元大関・大受)所有の楯山を借りて、大鵬部屋(貴闘力継承後は大嶽部屋)の部屋付き親方として後進の指導に当たっていた。協会内では委員まで昇格していたが、2003年(平成15年)から借株の年寄は主任以上にはなれないとされたため、平年寄に降格した。

以降、平年寄のままであったが、2008年(平成20年)9月場所千秋楽、玉春日の引退に伴って楯山の年寄株を譲り、日本相撲協会を退職した。

2010年(平成22年)まで横浜市西区でレストラン「Bistro Lyon 巨砲」、同南区で和風居酒屋「あんぽんたん」を、それぞれ経営していた。ところがこの時期、野球賭博など相撲関連の不祥事が相次いで発覚したことにより、現役時代の四股名「元関脇・巨砲丈士」名義でコメンテーターとしてワイドショー番組に時折出演していたため、店でもファンから同じことばかり聞かれたことに嫌気が差し、経営自体は赤字ではなかったにもかかわらず閉店してしまった[2]

現在、内閣府認証特定非営利活動法人日本あおいの会専務理事[3]

主な成績[編集]

  • 通算成績:753勝809敗18休 勝率.482
  • 幕内成績:533勝637敗 勝率.456
  • 現役在位:127場所
  • 幕内在位:78場所
  • 三役在位:11場所(関脇3場所、小結8場所)
  • 幕内連続在位:78場所(歴代3位)
  • 幕内連続出場:1170回(歴代2位)
  • 三賞:4回
    • 殊勲賞:2回(1981年9月場所、1983年9月場所)
    • 敢闘賞:1回(1979年5月場所)
    • 技能賞:1回(1981年3月場所)
  • 金星:10個(2代目若乃花4個、三重ノ海1個、輪島1個、北の湖1個、千代の富士2個、隆の里1個))
  • 各段優勝
    • 十両優勝:1回(1978年9月場所)

場所別成績[編集]

巨砲 丈士
一月場所
初場所(東京
三月場所
春場所(大阪
五月場所
夏場所(東京)
七月場所
名古屋場所(愛知
九月場所
秋場所(東京)
十一月場所
九州場所(福岡
1971年
(昭和46年)
x x (前相撲) 東 序ノ口 #6
4–3 
東 序二段 #68
4–3 
東 序二段 #42
3–1 
1972年
(昭和47年)
東 序二段 #4
0–3 
東 序二段 #38
 
東 序二段 #38
4–3 
西 序二段 #15
3–4 
東 序二段 #24
5–2 
東 三段目 #72
5–2 
1973年
(昭和48年)
東 三段目 #35
3–4 
東 三段目 #45
3–4 
東 三段目 #54
6–1 
西 三段目 #17
4–3 
西 三段目 #5
3–4 
西 三段目 #20
4–3 
1974年
(昭和49年)
東 三段目 #8
3–4 
西 三段目 #18
6–1 
東 幕下 #48
4–3 
西 幕下 #43
4–3 
東 幕下 #36
4–3 
西 幕下 #28
2–5 
1975年
(昭和50年)
西 幕下 #51
2–5 
西 三段目 #13
4–3 
西 三段目 #3
5–2 
西 幕下 #44
4–3 
東 幕下 #34
5–2 
東 幕下 #17
3–4 
1976年
(昭和51年)
東 幕下 #24
3–4 
西 幕下 #32
0–1–6 
西 三段目 #4
休場
0–0–7
西 三段目 #49
6–1 
東 三段目 #10
5–2 
東 幕下 #42
4–3 
1977年
(昭和52年)
西 幕下 #33
5–2 
東 幕下 #18
6–1 
西 幕下 #4
5–2 
東 十両 #12
8–7 
東 十両 #11
7–8 
西 十両 #13
6–4–5 
1978年
(昭和53年)
西 幕下 #4
5–2 
東 十両 #11
9–6 
東 十両 #8
7–8 
東 十両 #10
8–7 
西 十両 #8
優勝
11–4
東 十両 #2
6–9 
1979年
(昭和54年)
東 十両 #7
11–4 
西 前頭 #13
8–7 
東 前頭 #9
10–5
西 前頭 #1
6–9 
東 前頭 #5
5–10
東 前頭 #10
8–7 
1980年
(昭和55年)
西 前頭 #5
9–6 
東 小結
6–9 
西 前頭 #3
5–10
西 前頭 #6
9–6 
東 前頭 #1
5–10
西 前頭 #4
8–7 
1981年
(昭和56年)
東 前頭 #1
8–7 
東 小結
11–4
東 張出関脇
8–7 
西 関脇
6–9 
西 前頭 #2
9–6
西 小結
7–8 
1982年
(昭和57年)
西 前頭 #1
8–7
西 小結
4–11 
西 前頭 #4
7–8 
東 前頭 #5
6–9
西 前頭 #8
8–7 
西 前頭 #4
6–9 
1983年
(昭和58年)
東 前頭 #7
9–6 
西 小結
6–9 
東 前頭 #2
8–7 
東 小結
5–10 
東 前頭 #4
9–6
東 関脇
4–11 
1984年
(昭和59年)
東 前頭 #6
9–6 
東 前頭 #1
5–10 
西 前頭 #5
8–7 
東 小結
7–8 
西 前頭 #1
8–7
東 小結
5–10 
1985年
(昭和60年)
東 前頭 #2
5–10 
東 前頭 #7
8–7 
西 前頭 #3
5–10 
東 前頭 #8
8–7 
東 前頭 #1
5–10 
西 前頭 #8
9–6 
1986年
(昭和61年)
東 前頭 #2
7–8 
東 前頭 #4
6–9
西 前頭 #9
9–6 
西 前頭 #3
6–9 
東 前頭 #6
7–8 
東 前頭 #8
8–7 
1987年
(昭和62年)
東 前頭 #3
4–11 
西 前頭 #10
9–6 
西 前頭 #3
4–11 
西 前頭 #8
8–7 
西 前頭 #2
4–11 
西 前頭 #8
8–7 
1988年
(昭和63年)
東 前頭 #2
4–11 
西 前頭 #6
7–8 
西 前頭 #8
7–8 
東 前頭 #10
8–7 
東 前頭 #5
5–10 
東 前頭 #10
8–7 
1989年
(平成元年)
西 前頭 #5
8–7 
西 前頭 #2
4–11 
西 前頭 #8
8–7 
西 前頭 #4
8–7 
西 前頭 #2
5–10 
東 前頭 #7
8–7 
1990年
(平成2年)
西 前頭 #1
6–9 
西 前頭 #4
5–10 
東 前頭 #8
9–6 
西 前頭 #2
5–10 
東 前頭 #8
8–7 
東 前頭 #2
4–11 
1991年
(平成3年)
西 前頭 #10
8–7 
西 前頭 #5
6–9 
東 前頭 #12
7–8 
西 前頭 #14
8–7 
西 前頭 #10
6–9 
西 前頭 #13
7–8 
1992年
(平成4年)
東 前頭 #15
4–11 
西 十両 #5
7–8 
東 十両 #7
引退
4–11–0
x x x
各欄の数字は、「勝ち-負け-休場」を示す。    優勝 引退 休場 十両 幕下
三賞=敢闘賞、=殊勲賞、=技能賞     その他:=金星
番付階級幕内 - 十両 - 幕下 - 三段目 - 序二段 - 序ノ口
幕内序列横綱 - 大関 - 関脇 - 小結 - 前頭(「#数字」は各位内の序列)
  • 1971年11月から1972年3月までは中学生として特別扱い

改名歴[編集]

  • 大真 隆年(だいしん たかとし)1971年5月場所-1973年11月場所
  • 大真 克一(- かついち)1974年1月場所-1975年1月場所
  • 大真 毅士(- たけし)1975年3月場所-1975年5月場所
  • 大真 毅一(- たけかず)1975年7月場所-1976年1月場所
  • 大真 毅士(- たけし)1976年3月場所-1977年1月場所
  • 大真 毅一(- たけかず)1977年3月場所
  • 大真 毅士(- たけし)1977年5月場所-1978年1月場所
  • 巨砲 丈士(おおづつ たけし)1978年3月場所-1992年5月場所

年寄変遷[編集]

  • 大嶽 丈士(おおだけ たけし)1992年5月-1997年7月
  • 楯山 丈士(たてやま -)1997年7月-2008年9月

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g ベースボールマガジン社『大相撲名門列伝シリーズ(2) ニ所ノ関部屋』p25
  2. ^ 大相撲で活躍した巨砲丈士さん - ゲンダイネット 2013年2月8日。2013年12月12日閲覧
  3. ^ 内閣府認証特定非営利活動法人日本あおいの会サイト2016年12月4日閲覧

関連項目[編集]

外部リンク[編集]