メリーナイス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
メリーナイス
品種 サラブレッド
性別
毛色 栗毛
生誕 1984年3月22日
死没 2009年3月1日(25歳没)
コリムスキー
ツキメリー
生国 日本の旗 日本北海道静内町
生産 前田透
馬主 浦房子
調教師 橋本輝雄美浦
競走成績
生涯成績 14戦5勝[1]
獲得賞金 2億0355万4900円
勝ち鞍 東京優駿朝日杯3歳ステークスセントライト記念[1]
テンプレートを表示

メリーナイス日本競走馬。父・コリムスキーと母・ツキメリーの間に生まれた四白流星栗毛牡馬で、東京優駿(日本ダービー)、朝日杯3歳ステークスの優勝馬。1986年JRA賞最優秀3歳牡馬[1]。主戦騎手は根本康広

戦績[編集]

デビューから東京優駿まで[編集]

1986年8月3日函館競馬場でデビューした。均整の取れた馬体と調教で見せる優れた瞬発力から注目され、1番人気に推されこれに応えて勝利した。続く2戦目コスモス賞はゴールドシチーの4着、3戦目りんどう賞はこの世代の一番馬と目されていたサクラロータリーにアタマ差の2着と敗れた。続くいちょう特別で2勝目を挙げると、GI・朝日杯3歳ステークスに出走した。

頭ひとつ抜けた存在と見られたサクラロータリーが骨折で戦線を離脱していたためレースは混戦模様となり評価が割れる中、メリーナイスは重賞2連勝でここに臨んだホクトヘリオスに続く2番人気に支持された。レースでは好位に取り付き、直線で力強く抜け出すと1馬身半差で優勝した。この勝利によって、メリーナイスは関西で阪神3歳ステークスを制したゴールドシチーと共に最優秀3歳牡馬に選ばれた。

明けて迎えた4歳シーズンは、スプリングステークスから始動した。しかしマティリアルの前に見せ場なく9着に敗れ、続くクラシック初戦の皐月賞でも7着に敗れた。そして迎えた東京優駿では皐月賞馬サクラスターオーの不在で同3着のマティリアルに人気が集中する中、4番人気に推された。

レースではマティリアルにマークされる形で中団を進んだが、4コーナーで先行集団に取り付くと直線では逃げ粘るサニースワローをかわしてそのまま差を広げ続け、最終的にサニースワローに6馬身差を付けて優勝した。この着差はダービーの着差としては史上4番目の大差で手綱を取った根本は「後続馬の足音が聞こえなかった」と語り、のちにJRAが作成したポスターで「四白 流星 六馬身。」というキャッチコピーに使われるほどの圧勝だった。

その後[編集]

秋は菊花賞トライアルのセントライト記念から始動し、これを勝利した。しかし本番の菊花賞では1番人気に支持されたが、繋靱帯炎明けからぶっつけで参戦したサクラスターオーの前に9着に敗れ、年末の第32回有馬記念に至ってはスタートと同時に根本を振り落としてしまい落馬競走中止となった。

翌年緒戦の目黒記念こそ2着に粘りこむものの、天皇賞(春)ではクラシックの頃は一介の条件馬だった同期のタマモクロスの前に14着と大敗を喫した。

次走の函館記念では1歳下の阪神3歳ステークス勝ち馬・サッカーボーイの日本レコード駆けに完敗するもシリウスシンボリマックスビューティといったGI馬を抑えて2着となった。その後、秋の天皇賞に向けて調整が行われていたが調教中に骨折、この函館記念を最後に現役引退した。

引退後[編集]

引退後は、1989年からレックススタッド種牡馬入りした。中央競馬の重賞勝ち馬を2頭出したものの、後継種牡馬を残せないまま1999年に種牡馬から引退した。

種牡馬引退後は長野県のスエトシ牧場で繋養されていたが、2007年11月27日浦河町の渡辺牧場へ移動した[2]2009年2月28日疝痛を発症したために開腹手術を行ったが、3月1日に容態が急変、同日19時05分に死亡した[3][4]

おもな産駒[編集]

競走成績[編集]

年月日 競馬場 競走名 頭数 枠番 馬番 オッズ
(人気)
着順 騎手 斤量 馬体重 距離(馬場) タイム
上り3F
タイム
勝ち馬/(2着馬)
1986 8. 3 函館 3歳新馬 9 1 1 1.7(1人) 1着 根本康広 53 468 芝1000m(良) 58.7 (34.9) 0.0 (サイコーハート)
9. 20 函館 コスモス賞 OP 9 2 2 4.3(2人) 4着 根本康広 53 466 芝1700m(良) 1:46.1 (35.1) 0.5 ゴールドシチー
10. 4 東京 りんどう賞 10 2 2 5.8(2人) 2着 根本康広 53 456 芝1600m(良) 1:35.5 0.0 サクラロータリー
10. 25 東京 いちょう特別 OP 7 7 7 1.3(1人) 1着 根本康広 53 460 芝1600m(良) 1:36.1 0.0 セントナダラ
12. 14 中山 朝日杯3歳S GI 9 8 8 3.6(2人) 1着 根本康広 54 468 芝1600m(良) 1:35.6 (35.5) -0.2 ホクトヘリオス
1987 3. 29 中山 スプリングS GII 12 4 4 4.9(2人) 9着 根本康広 56 470 芝1800m(良) 1:50.3 (37.6) 1.0 マティリアル
4. 19 中山 皐月賞 GI 20 7 16 25.6(8人) 7着 根本康広 57 462 芝2000m(良) 2:02.5 (37.0) 0.6 サクラスターオー
5. 31 東京 東京優駿 GI 24 3 8 12.6(4人) 1着 根本康広 57 460 芝2400m(良) 2:27.8 -1.0 サニースワロー
9. 27 中山 セントライト GII 12 6 7 1.9(1人) 1着 根本康広 56 462 芝2200m(稍) 2:13.9 (36.6) -0.1 (セントナダラ)
11. 8 京都 菊花賞 GI 18 8 18 2.2(1人) 9着 根本康広 57 462 芝3000m(良) 3:09.3 1.3 サクラスターオー
12. 27 中山 有馬記念 GI 16 7 14 4.9(3人) 競走中止 根本康広 55 478 芝2500m(良) 記録無し 記録無し メジロデュレン
1988 2. 21 東京 目黒記念 GII 10 1 1 2.9(2人) 2着 根本康広 59 484 芝2500m(良) 2:32.9 0.2 メジロフルマー
4. 29 京都 天皇賞(春) GI 18 7 13 7.3(4人) 14着 根本康広 58 470 芝3200m(稍) 3:25.8 4.0 タマモクロス
8. 21 函館 函館記念 GIII 14 7 12 5.8(3人) 2着 根本康広 59 494 芝2000m(良) 1:58.6 (36.3) 0.8 サッカーボーイ

備考[編集]

  • メリーナイスがクラシック戦線を戦っている最中に映画『優駿』が日本中央競馬会の肝煎りで制作されており、本馬は映画作中に登場する競走馬オラシオンのモデルとなっている。最初この映画には本物の東京優駿のシーンが使われる予定であった。しかし映画の関係者は単勝1番人気のマティリアルのあまりの前評判ゆえ、この馬が東京優駿に勝つものと信じきってカメラはマティリアルだけを追い、勝ったメリーナイスを撮影していなかった。そのため、のちに別の馬で映像を作成して代用せざるを得なくなったと言うエピソードがある。
    • この映画でメリーナイスの仔役を「演じた」栗毛の馬には流星の化粧を施してまで彼に似せて撮影をした。のちにこの仔馬はマヤノオラシオンという馬名で競走馬としてデビューした(父タイテエム、中央競馬1勝)。

血統表[編集]

メリーナイス血統 (血統表の出典)[§ 1]
父系 ノーザンダンサー系
[§ 2]

*コリムスキー
1975 栗毛
父の父
Northern Dancer
1961 鹿毛
Nearctic Nearco
Lady Angela
Natalma Native Dancer
Almahmoud
父の母
Libro d'Oro
1968 栗毛
Francis S. Royal Charger
Blue Eyed Momo
Exclusive Shut Out
Good Example

ツキメリー
1977 栗毛
*シャトーゲイ
1960 栗毛
Swaps Khaled
Iron Reward
Banquet Bell Polynesian
Dinner Horn
母の母
メリーブラット
1969 黒鹿毛
*テスコボーイ Princely Gift
Suncourt
コンチネンタル *フェリオール
ウラツキホマレ F-No.4-m
母系(F-No.) チップトップ系(FN:4-m) [§ 3]
5代内の近親交配 Polynesian 5×4、Hyperion 5×5・5、Nearco 4・5(父系) [§ 4]
出典
  1. ^ [5]
  2. ^ [6]
  3. ^ [7][5]
  4. ^ [5]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 「日本の種牡馬 メリーナイス」『優駿』1993年5月号
  2. ^ ここには3歳時にいちょう特別で対戦したコーセイも繋養されている。
  3. ^ 第54回日本ダービー馬のメリーナイス号が死亡”. JRA. 2009年3月3日閲覧。
  4. ^ メリーナイス逝く…87年ダービー馬、映画「優駿」モデルに”. スポーツ報知. 2009年3月5日閲覧。
  5. ^ a b c 血統情報:5代血統表|メリーナイス|JBISサーチ”. JBISサーチ. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2015年6月18日閲覧。
  6. ^ 小林皓正(編) 『サラブレッド血統マップ'93』 コスモヒルズ、1993年、58-59頁。
  7. ^ 『優駿』1987年2月号、日本中央競馬会、135頁
  8. ^ 小林皓正(編) 『サラブレッド血統マップ'93』 コスモヒルズ、1993年、135頁。

外部リンク[編集]