モガミ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
モガミ
欧字表記 Mogami
品種 サラブレッド
性別
毛色 青鹿毛
生誕 1976年5月18日
死没 2004年10月16日
Lyphard
ノーラック
母の父 Lucky Debonair
生国 フランスの旗 フランス
馬主 和田共弘
北野豊吉
競走成績
生涯成績 仏20戦3勝[1]
獲得賞金 32万2000フラン[1]
テンプレートを表示

モガミMogami1976年 - 2004年)はフランス生まれの競走馬。父が名種牡馬リファール牝系を遡ると名牝ラトロワンヌへと行き着く[2]。競走馬としての実績は残せなかったが、種牡馬として大成した。シンボリ牧場和田共弘と、メジロ牧場北野豊吉の共同所有でフランスで走り、引退後の1981年に種牡馬として日本へ輸出された[2]

戦績[編集]

通算成績は20戦3勝、おもな勝ち鞍が準重賞のフォール賞。競走馬としては一流とは言い難かった。引退後1981年に日本のシンボリスタリオンステーションで種牡馬として繋養された。

種牡馬として[編集]

初年度の種付け数は32頭にとどまったが初年度産駒からいきなり東京優駿(日本ダービー)優勝のシリウスシンボリを、2世代目には中央競馬牝馬三冠メジロラモーヌを送り出し、人気種牡馬になった[2]。その後もGI優勝馬、重賞優勝馬を輩出し、種牡馬として大成功を収めた。

産駒の特徴としてはスタミナ豊富で勝負強い馬が多く、活躍馬の多くは中距離以上のレースで活躍している。またシンボリクリエンスメジロマスキットのような障害競走の名馬を数多く出した。欠点としては切れる脚が使えないため上がりの早い競馬に対応できないこと、そして産駒の多くが気性の悪い馬ばかりだったことである。サンデーサイレンスが出てくるまではモガミの名前が気性難の代名詞的な使われ方をしていた。体型にも特徴があり、モガミ自身腹がぼてっとした馬だったがそれが仔に遺伝する事も多かった。2002年に種牡馬を引退、2004年10月16日心不全のため死亡した。

代表産駒[編集]

母の父として[編集]

血統表[編集]

モガミ血統 (血統表の出典)[§ 1]
父系 リファール系
[§ 2]

Lyphard
1969 鹿毛
父の父
Northern Dancer
1961 黒鹿毛
Nearctic Nearco
Lady Angela
Natalma Native Dancer
Almahmoud
父の母
Goofed
1960 栗毛
Court Martial Fair Trial
Instantaneous
Barra Formor
La Favorite

*ノーラック
No Luck
1968 黒鹿毛
Lucky Debonair
1962 鹿毛
Vertex The Rhymer
Kanace
Fresh as Fresh Count Fleet
Airy
母の母
No Teasing
1957 黒鹿毛
Palestinian Sun Again
Dolly Whisk
No Fiddling King Cole
Big Hurry
母系(F-No.) ラトロワンヌ系(FN:1-s) [§ 3]
5代内の近親交配 なし [§ 4]
出典
  1. ^ [3]
  2. ^ [2][4]
  3. ^ [2][3]
  4. ^ [3]
近親
半姉Beronaire(父リベロ)の孫にTurgeon(アイリッシュセントレジャーほか)がいる[5]
全姉プリンセスリファードの孫にメジロパーマー(有馬記念、宝塚記念ほか)がいる[5]

出典・脚注[編集]

  1. ^ a b 『優駿』1993年2月号、169頁
  2. ^ a b c d e 横尾一彦「牝馬三冠馬メジロラモーヌ」『優駿』1993年11月号、65頁
  3. ^ a b c 血統情報:5代血統表|モガミ”. JBISサーチ. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2015年7月26日閲覧。
  4. ^ モガミの血統表|競走馬データ - netkeiba.com”. netkeiba.com. 株式会社ネットドリーマーズ. 2016年9月7日閲覧。
  5. ^ a b 『優駿』1993年2月号、日本中央競馬会、153頁

外部リンク[編集]