ロジユニヴァース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ロジユニヴァース
Logi Universe.jpg
2008年12月27日 阪神競馬場
欧字表記 Logi Universe
香港表記 宇宙無極
品種 サラブレッド
性別
毛色 鹿毛
生誕 2006年3月11日(11歳)
登録日 2008年4月
抹消日 2013年10月30日
ネオユニヴァース
アコースティクス
母の父 Cape Cross
生国 日本の旗 日本北海道勇払郡安平町
生産 ノーザンファーム
馬主 久米田正明
調教師 萩原清美浦南
競走成績
生涯成績 10戦5勝
獲得賞金 3億4332万3000円
勝ち鞍 JpnI東京優駿(2009年)
JpnII弥生賞(2009年)
JpnIII札幌2歳ステークス(2008年)
ラジオNIKKEI杯2歳ステークス(2008年)
テンプレートを表示

ロジユニヴァース (Logi Universe) は日本競走馬種牡馬2009年東京優駿を制した。馬名の意味は冠名の「ロジ」と父・ネオユニヴァースの馬名の一部である「ユニヴァース」を組み合わせたもの。

経歴[編集]

2歳(2008年)[編集]

5月13日萩原清厩舎へ入厩。阪神競馬場でのデビュー戦を見据え6月上旬ごろに同じ萩原厩舎の3頭とともに栗東トレーニングセンターに移動して調教された。デビュー戦では武豊が騎乗し、中団追走から最後の直線で抜け出し2着に半馬身差をつけ初勝利を挙げた[注釈 1]

レース後、いったんノーザンファームで休養に入った。復帰戦はコスモス賞が予定されていたが9月中旬にそのまま札幌競馬場へ入厩し、札幌2歳ステークスに出走した。デビュー戦で騎乗した武は凱旋門賞へ騎乗するためにフランスへ遠征していることもあり代わって横山典弘が騎手を務めた。レースでは道中7番手から追走して最後の直線で差し切り、重賞初勝利を挙げた[注釈 2]。レース後はふたたびノーザンファームに放牧に出された。その後12月27日ラジオNIKKEI杯2歳ステークスに出走、単勝2番人気だったが最後の直線で逃げるリーチザクラウンをかわすと4馬身の差をつけ1着で3連勝を飾った。

3歳(2009年)[編集]

明け3歳の緒戦には、3月8日弥生賞が選ばれた。直前にほかの有力馬が回避したこともあって10頭立てと少頭数で行われたレースでは稍重馬場のなか、スタート良く飛び出すと鞍上の横山が一気に先頭を奪って逃げるという展開に持ち込み、1000メートル通過を62秒台というスローペースで終始リードを保ったまま、最後の直線ではさらに他馬を突き放して1着となった[注釈 3]

迎えた4月19日皐月賞では単勝オッズ1.7倍の圧倒的1番人気に支持されたが、皐月賞ではもっとも不利といわれる最内枠1番からの発走で、道中は先行するも直線を迎える前に後続馬群に飲み込まれ14着と大敗した[注釈 4]。この年の皐月賞は前半1000メートルが59秒1というハイペースであり、先行した馬は一頭も5着以内に入れなかった。

巻き返しを狙い、続いて5月31日の第76回日本ダービーに出走。大雨が降り泥濘のなかの不良馬場であったが、レースはジョーカプチーノが逃げを打ち、リーチザクラウンが追走するなか、3番手の位置につける展開から最後の直線で内を抜け出て先頭に立つとそのまま押し切り、リーチザクラウンに4馬身差を付けて優勝を果たした[注釈 5][注釈 6][注釈 7](レース詳細は第76回東京優駿を参照)。また鞍上の横山もダービー初制覇で、関東所属馬にとってもひさびさの東京優駿制覇となった[注釈 8]

夏を休養に充て、9月12日美浦トレーニングセンターへ帰厩したが[1]、前脚が外向している影響により脚元への負担からくる右後肢の疲れが発生したため、復帰の目処が立つまでに手間取った[2]。秋はステップレースを使わずにジャパンカップへ直行することになったが、11月25日坂路で最終追い切りを行ったあとに、左後肢に筋肉痛を発症し同レースを回避[3]山元トレーニングセンターへ放牧された。続く第54回有馬記念も回避することになった。

2010年1月6日、2009年度のJRA賞最優秀3歳牡馬に選出される[4]

4歳(2010年)[編集]

3月27日日経賞でダービー以来約10か月ぶりに復帰し、1番人気となった。道中は2番手を追走したが最後の直線で伸びを欠き後続にかわされ、ダイワワイルドボアと同着の6着に敗れた。レース後は春の天皇賞に向け調整されていたが、体調が整わないため同レースを回避し、放牧に出されることになった[5]。放牧をはさみ、6月27日宝塚記念では、日経賞まで騎乗していた横山典弘がブエナビスタへの騎乗が決まっていたため、安藤勝己との初コンビで出走した。道中は3番手でレースを進めるも最後の直線で失速してしまい13着と大敗した。宝塚記念後は山元トレセンで調整を積み、続く8月22日札幌記念で鞍上は横山典弘が務めた。道中2番手からレースを運び、最後の直線でいったんは先頭に並びかけるものの、最後はアーネストリーに交わされ2着に敗れた。

5歳(2011年)- 7歳(2013年)[編集]

2011年はトモの不安のため[6]未出走に終わった。

2012年8月19日の札幌記念で2年ぶりに復帰した[7]が、最後方の位置取りとなり[7]、大差の最下位14着に敗れた[7]。騎手を務めた横山は競走後「ある程度は覚悟していたが、別の馬みたいだった」[8]と述べた。

その後1年以上戦線離脱していたが、2013年10月30日付で競走馬登録を抹消し引退。2014年春より優駿スタリオンステーションにて種牡馬入りすることになった[9]

競走成績[編集]

年月日 競馬場 競走名


オッズ
(人気)
着順 騎手 斤量
[kg]
距離(馬場) タイム
3F
タイム
勝ち馬/(2着馬)
2008. 7. 26 阪神 2歳新馬 12 6 8 2.9(2人) 1着 武豊 54 芝1800m(良) 1:49.1 (34.4) -0.1 (プロスアンドコンズ)
10. 4 札幌 札幌2歳S JpnIII 14 3 4 4.0(1人) 1着 横山典弘 55 芝1800m(良) 1:49.1 (36.0) -0.2 (イグゼキュティヴ)
12. 27 阪神 ラジオNIKKEI杯2歳S JpnIII 11 6 6 5.8(2人) 1着 横山典弘 55 芝2000m(良) 2:01.7 (37.1) -0.7 リーチザクラウン
2009. 3. 8 中山 弥生賞 JpnII 10 8 10 1.3(1人) 1着 横山典弘 56 芝2000m(稍) 2:03.5 (35.8) -0.4 (ミッキーペトラ)
4. 19 中山 皐月賞 JpnI 18 1 1 1.7(1人) 14着 横山典弘 57 芝2000m(良) 2:00.6 (37.0) 1.9 アンライバルド
5. 31 東京 東京優駿 JpnI 18 1 1 7.7(2人) 1着 横山典弘 57 芝2400m(不) 2:33.7 (39.2) -0.7 (リーチザクラウン)
2010. 3. 27 中山 日経賞 GII 15 8 15 3.0(1人) 6着 横山典弘 58 芝2500m(稍) 2:34.4 (35.5) 0.3 マイネルキッツ
6. 27 阪神 宝塚記念 GI 17 5 9 8.9(5人) 13着 安藤勝己 58 芝2200m(稍) 2:14.2 (37.5) 1.2 ナカヤマフェスタ
8. 22 札幌 札幌記念 GII 16 5 10 9.2(5人) 2着 横山典弘 57 芝2000m(良) 1:59.7 (35.8) 0.3 アーネストリー
2012. 8. 19 札幌 札幌記念 GII 14 1 1 21.8(7人) 14着 横山典弘 57 芝2000m(良) 2:04.3 (39.1) 5.6 フミノイマージン

血統[編集]

ロジユニヴァース血統サンデーサイレンス系 / Halo 3×5=15.63%、Northern Dancer 5×5=6.25%(母内)) (血統表の出典)[§ 1]
父系 ヘイロー系サンデーサイレンス系
[§ 2]

ネオユニヴァース
2000 鹿毛
父の父
*サンデーサイレンス
Sunday Silence
1986 青鹿毛
Halo Hail to Reason
Cosmah
Wishing Well Understanding
Mountain Flower
父の母
*ポインテッドパス
Pointed Pass
1984 栗毛
Kris Sharpen Up
Doubly Sure
Silken Way Shantung
Boulevard

アコースティクス
2001 鹿毛
Cape Cross
1994 鹿毛
Green Desert Danzig
Foreign Courier
Park Appeal Ahonoora
Balidaress
母の母
*ソニンク
Soninke
1996 黒鹿毛
Machiavellian Mr.Prospector
Coup de Folie
Sonic Lady Nureyev
Stumped F-No.B3
母系(F-No.) ブリティッシュ・ハーフブレッド(FN:B3) [§ 3]
5代内の近親交配 Halo3×5、Northern Dancer5×5 [§ 4]
出典
  1. ^ JBISサーチ ロジユニヴァース 5代血統表2016年8月1日閲覧。
  2. ^ netkeiba.com ロジユニヴァース 5代血統表2016年8月1日閲覧。
  3. ^ JBISサーチ ロジユニヴァース 5代血統表2016年8月1日閲覧。
  4. ^ JBISサーチ ロジユニヴァース 5代血統表2016年8月1日閲覧。

本馬はイギリス半血馬血統の牝系を持つ馬として史上初めて八大競走を制した馬である。

血統背景[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ ネオユニヴァースにとっては、ロジユニヴァースの勝利が中央地方を通じた産駒の初勝利となった。また、馬主の久米田正明にとっても初出走で初勝利となった。
  2. ^ ネオユニヴァースにとって産駒の重賞初勝利。馬主にとっても重賞初勝利である。
  3. ^ 関東馬が1番人気で弥生賞を制したのは、ミスターシービー以来26年ぶり。
  4. ^ 皐月賞で1番人気馬が二桁着順に敗れたのは1989年サクラホクトオー以来、史上4頭目だった。
  5. ^ 父ネオユニヴァースに継ぐ東京優駿史上6頭目の父子制覇となった。
  6. ^ 皐月賞二桁着順から巻き返したのは1986年ダイナガリバー以来23年ぶりであり、皐月賞1番人気で二桁着順からのダービー制覇は1961年ハクシヨウ以来48年ぶりであった。
  7. ^ 馬場状態が「不良」だったこともあり、勝ち時計2分33秒7という記録は、過去に例を見ても1969年ダイシンボルガードが2分35秒1を記録してから、以降40年間の東京優駿でもっとも遅い記録であった。
  8. ^ 関東馬の東京優駿制覇は、1997年サニーブライアン以来12年ぶりであった。またこの勝利によって2004年皐月賞をダイワメジャーが制して以来続いていた関東馬の牡馬クラシックでの連敗を15で止めた。

出典[編集]

  1. ^ 【JC】ロジユニ回避!追い切り後に異常判明”. スポニチ (2009年11月26日). 2009年11月27日閲覧。
  2. ^ 【JC】ロジ回避濃厚…アクシデントか”. サンケイスポーツ (2009年11月26日). 2009年11月27日閲覧。
  3. ^ 筋肉痛だったロジユニ…インティライミがJC繰り上がり”. スポニチ (2009年11月27日). 2009年11月27日閲覧。
  4. ^ "最優秀3歳牡馬 ロジユニヴァース".スポニチ(2010-1-7).2010年1月7日 閲覧
  5. ^ "ロジユニヴァース、天皇賞回避".競馬ブック(2010-4-17).2010年4月17日 閲覧
  6. ^ 09年ダービー馬ロジユニヴァース帰厩、年明けAJCC出走予定”. Gallop Online (2011年12月9日). 2012年2月1日閲覧。
  7. ^ a b c 【札幌記念】まくり炸裂!フミノイマージン快勝” (日本語). SANSPO.COM. 産経デジタル (2012年8月19日). 2013年4月3日閲覧。
  8. ^ 【札幌記念】戦い終えて” (日本語). スポーツニッポン (2012年8月20日). 2013年4月3日閲覧。
  9. ^ 09年ダービー馬ロジユニヴァースが現役引退 種牡馬入りへ”. スポニチ (2013年10月30日). 2013年10月30日閲覧。
  10. ^ 山野浩一「'83三歳新種牡馬レヴュー (1)」、『優駿』、日本中央競馬会、1983年8月、 110頁。

外部リンク[編集]