フエアーウイン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
フエアーウイン
品種 サラブレッド
性別
毛色 栗毛
生誕 1959年4月10日
死没 1973年(14歳没・旧15歳)
ゲイタイム
フェアハネー
母の父 フェアウェイ
生国 日本の旗 日本青森県七戸町
生産 濱中牧場
馬主 溝本儀三男
調教師 松山吉三郎東京
競走成績
タイトル 啓衆社賞最優秀4歳牡馬(1962年)
生涯成績 20戦8勝
獲得賞金 1498万6650円
 
勝ち鞍
八大競走 東京優駿 1962年
テンプレートを表示

フエアーウイン日本競走馬。1962年の第29回東京優駿(日本ダービー)に優勝した。同年の啓衆社賞最優秀4歳牡馬

経歴[編集]

1961年9月3日に東京でデビュー。2戦目をレコードタイムで勝ち上がると、以後は一般オープン競走を勝ち進み、4歳クラシック初戦の皐月賞までに8戦5勝2着2回という成績を収める。

皐月賞では、重賞未出走馬ながら4番人気に支持されるも、ヤマノオーの11着と大敗。このため次走の東京優駿ではやや人気を落とし、6番人気となった。レースは、最後の直線でコレヒサ、ヤマノオー、フエアーウインの競り合いとなったが、フエアーウインが3/4馬身差抜け出し勝利を収めた。2着はダービー史上初の同着となった。

その後は菊花賞を11着、有馬記念が17着と大敗。翌年はオープン競走でを2勝を挙げたものの、八大競走へは出走せず、10月のオープン戦7着を最後に競走馬を引退した。その後は種牡馬となったが、産駒に目立った活躍馬はおらず、フエアーウインの血を引く馬は現存しない。

生産地の青森県七戸町にある道の駅しちのへに、同じ青森県産のダービー馬ヒカルメイジと共に立像が建てられている。

主な産駒[編集]

全成績[編集]


年月日 レース名 頭数 人気 着順 距離 タイム 着差 騎手 斤量 優勝馬/(2着馬)
1961 9. 3 東京 新馬 5 1 3着 芝1200m(良) 野平祐二 51 スズサンゲツ
9. 16 東京 新馬 5 2 1着 芝1100m(良) R1:07.0 3身 野平祐二 51 (ミスホウゲツ)
10. 21 東京 オープン 7 1 2着 芝1000m(重) 1/2身 野平祐二 51 クインターコミン
11. 5 東京 3歳S 4 2 1着 芝1400m(良) R1.25.8 3 1/2身 保田隆芳 51 (チエス)
12. 2 中山 オープン 6 2 2着 芝1200m(稍) 2 1/2身 野平祐二 53 シモフサホマレ
12. 24 中山 オープン 10 1 1着 芝1200m(良) 1:11.5 1/2身 保田隆芳 53 (テツフォード)
1962 3. 11 中山 オープン 5 1 1着 芝1600m(良) 1:39.7 3/4身 高橋英夫 55 (ミストップ)
3. 31 中山 オープン 5 1 1着 芝1800m(稍) 1:53.3 1 3/4身 高橋英夫 55 (ヤマニンフレーム)
4. 22 中山 皐月賞 16 4 11着 芝2000m(良) 2:06.4 1.6秒 高橋英夫 57 ヤマノオー
5. 27 東京 東京優駿 32 6 1着 芝2400m(良) 2:31.2 3/4身 高橋英夫 57 (ヤマノオー)
コレヒサ
9. 29 京都 オープン 8 1 2着 芝1600m(良) 3/4身 吉永正人 55 リュウライト
10. 14 阪神 スタンド完成記念 10 1 5着 芝2000m(稍) 伊藤修司 59 グレイトスタン
11. 25 京都 菊花賞 23 5 17着 芝3000m(良) 3:12.7 2.0秒 高橋英夫 57 ヒロキミ
12. 23 中山 有馬記念 13 9 10着 芝2600m(良) 2:45.2 0.8秒 高橋英夫 54 オンスロート
1963 1. 20 中山 アメリカJCC 6 4 3着 芝2600m(良) 2:43.2 0.8秒 保田隆芳 55 コレヒサ
4. 7 中山 オープン 6 4 1着 芝1600m(良) 1:37.1 3身 吉永正人 56 トキクイン
4. 29 東京 オープン 7 1 1着 芝1800m(良) 1:49.6 5身 吉永正人 56 (トキクイン)
5. 19 東京 アルゼンチンJCC 6 1 3着 芝2300m(稍) 2:24.8 0.9秒 高橋英夫 57 エムローン
10. 12 中山 オープン 11 3 7着 芝1800m(良) 吉永正人 59 メイズイ

血統表[編集]

フエアーウイン血統ロックフェラ系 / Phalaris5×3=15.63%、Chaucer4×5=9.38%、Gainsborough4×5=9.38% (父内) ) (血統表の出典)

*ゲイタイム
Gay Time 1949
栗毛 イギリス
父の父
Rockefella 1941
青鹿毛 イギリス
Hyperion Gainsborough
Selene
Rockfel Felstead
Rockliffe
父の母
Daring Miss 1939
栗毛 イギリス
Felicitation Colorado
Felicita
Venturesome Solario
Orlass

*フェアハネー
Fair Honey 1943
栗毛 イギリス
Fairway 1925
鹿毛 イギリス
Phalaris Polymelus
Bromus
Scapa Flow Chaucer
Anchora
母の母
Honey Buzzard 1931
栗毛 イギリス
Papylus Tracery
Miss Matty
Lady Peregrine White Eagle
Lisma F-No.9-h

父ゲイタイムは1952年のダービーステークス2着。青森で繋養され、本馬の他に二冠馬メイズイなど数々の活躍馬を輩出した。母はイギリスの名馬Honeyway(チャンピオンステークスなど)の全妹。1953年に競走馬資源不足解消のためにイギリスから輸入された19頭の繁殖牝馬の内の1頭であり、この牝馬群からはヒカルメイジの母イサベリーンに続くダービー優勝馬の母となった。翌年の優勝馬メイズイの母チルウインドも同様の牝馬である。

脚注[編集]

外部リンク[編集]