イサベリーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
イサベリーン
欧字表記 Isabelline
品種 サラブレッド
性別
毛色 黒鹿毛
生誕 1944年5月7日
死没 1978年11月15日(34歳没)
Canon Law
Legal Tender
生国 アイルランドの旗 アイルランド
競走成績
生涯成績 9戦1勝
テンプレートを表示

イサベリーンIsabelline)とは、アイルランド生産の競走馬繁殖牝馬である。1953年に繁殖牝馬として日本に輸入され、ともに東京優駿(日本ダービー)に優勝したヒカルメイジコマツヒカリ兄弟の母となった。

経歴[編集]

競走馬時代に9戦1勝の成績を残し、引退後に繁殖牝馬となる。ヨーロッパで4頭の産駒を産んだのち、1953年秋、日本の競走馬資源不足解消のため日本軽種馬協会が購買した19頭の繁殖牝馬群のうち1頭として輸入された。1949年リーディングサイアーを獲得したボワルセル(Bois Roussel)の仔を受胎しており、抽選で青森県盛田牧場に頒布された。盛田牧場代表の盛田寛二は、この時を「思ったより安い馬が当たったのでガッカリしたが、ボワルセルの名血なので僅かに希望を持った」と述懐している[1]。この牝馬群の中には他に、二冠牝馬ミスオンワードの母となるホールドタイト、二冠馬メイズイの母となるチルウインド、日本ダービー優勝馬フエアーウインの母となるフエアハネー、宝塚記念優勝馬シーザーの母となるトートレルなどがいた。

翌春に産んだ牡駒・ヒカルメイジは、競走馬となって1957年の日本ダービーに優勝し、持込馬として初のダービー優勝馬となる。さらに1956年に産んだ3番仔コマツヒカリ(父・トサミドリ)も日本ダービーに優勝し、イサベリーンは史上2組目の兄弟ダービー馬の母となった。

しかし名繁殖との評価を確立しながら、この2頭以外に産駒を残すことはできなかった。第2仔として産んだプリメロとの牝駒は、盛田牧場でロケが行われた映画『幻の馬』の撮影中に事故で脊椎を骨折し死亡[2]、第4仔のゲイタイムとの牝駒は出生後間もなく腸病で死亡[2]し、さらにこの年イサベリーン自身も子宮内膜炎に冒され、繁殖能力を失った[3]。以降は1964年まで交配が試みられたが一度も受胎することなく、1972年に繁殖登録を抹消され、その後は功労馬として余生を過ごした。イサベリーン自身は牝系を繋ぐことは叶わなかったが、ヒカルメイジが種牡馬となって数々の活躍馬を輩出し、その血統を伝えた。

1978年11月15日、老衰で死去。存命34歳6ヶ月17日は、1995年9月30日カネケヤキに抜かれるまで、日本のサラブレッド最長寿記録であった。同年、イサベリーンを主人公としたドキュメンタリー映画『母馬物語』が、日本中央競馬会によって制作されている。

血統表[編集]

イサベリーン血統ファラリス系 Dark Robnald4×3=18.75%、St. Frasquin5×5=6.25%) (血統表の出典)

Canon Law 1930
鹿毛 イギリス
父の父
Corolado 1923
黒鹿毛 イギリス
Phalaris Polymelus
Bromus
Canyon Chaucer
Glasalt
父の母
Book Law 1923
鹿毛 イギリス
Buchan Sunstar
Hamoaze
Popingaol Dark Ronald
Popinjay

Legal Tender 1928
鹿毛 イギリス
Son-in-Law 1911
鹿毛 イギリス
Dark Ronald Bay Ronald
Darkie
Mother in Law Matchmaker
Be Cannie
母の母
Beloved 1920
鹿毛 イギリス
Beppo Marco
Pitti
Silesia Spearmint
Galisia F-No.10-a

父は1933年のセントジェームズパレスステークス優勝馬。母系血統は優秀であり、祖母の全姉に1918年のエプソムオークス優勝馬マイディア(My Dear)、母の従兄にミドルパークステークスチャンピオンステークスの優勝馬ピカルーン(Picaroon)、曾祖母の半兄には1910年のエプソムダービーなど数々の大競走を制したレンバーグ(Lemberg)等がいる名牝系である。

参考文献[編集]

  • 中央競馬ピーアール・センター『日本の名馬・名勝負物語』(中央競馬ピーアール・センター、1980年)
  • 日本中央競馬会『優駿』1991年12月号

脚注[編集]

  1. ^ 『日本の名馬・名勝負物語』 161頁。
  2. ^ a b 『日本の名馬・名勝負物語』 166頁。
  3. ^ 『優駿』 60頁。

外部リンク[編集]