ハクシヨウ (1958年生)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ハクショウ(2代目)
品種 サラブレッド
性別
毛色 黒鹿毛
生誕 1958年5月15日
死没 不明(1983年7月用途変更
ヒンドスタン
グレースフルアイヴィ
母の父 Khosro
生国 日本の旗 日本北海道浦河町
生産 酒井牧場
馬主 西博
調教師 尾形藤吉東京
競走成績
生涯成績 9戦7勝
獲得賞金 1260万2850円
テンプレートを表示

ハクシヨウとは日本競走馬である。第28回東京優駿(日本ダービー)のほか、朝日盃3歳ステークスに勝利するなど活躍した。1960年啓衆賞最優秀(旧)3歳牡馬。

現役時代[編集]

旧表記3歳時には6戦6勝の圧倒的強さを見せ、朝日盃3歳ステークスを2着に5馬身差を付けレコードタイムで制したほか、東京3歳ステークスを3馬身、中山3歳ステークスを4馬身差レコード、さらにオープンを7馬身差レコードと活躍した。この成績で1960年最優秀3歳牡馬に選ばれた。

このあと休養に入り、復帰戦は皐月賞になったがシンツバメの11着と大敗し、続くNHK盃も4着とまったくいいところがないまま東京優駿に挑むことになった。しかしその東京優駿では皐月賞優勝馬シンツバメ、NHK盃優勝馬チトセミノルが回避したためふたたび1番人気に支持された。この年の東京優駿には相手が薄いと見た優駿牝馬優勝馬チトセホープ連闘で出走しており、2番人気に推されていた。

最後の直線で先行するチトセホープをかわし勝利は確実かと思われたが、前走で条件戦を勝ち上がったばかりのメジロオーが大外から突っ込んできてハクシヨウに並びかけたところがゴールだった。たいへんに長い写真判定の末ハクシヨウの勝利が確定したが、その差は非常にわずかで、髪の毛1本ともされている。この東京優駿を最後にハクシヨウは引退した。

なお、現在のようなスターティングゲートによるゲート式スタートが導入されて最初の日本ダービー馬である。ただし、本馬以前にゲート式スタートによるレースそのものを経験したことがあるダービー馬は、ゴールデンウエーブダイゴホマレの2頭がいる[1]

種牡馬[編集]

引退後は種牡馬となり、ホワールウインド(アラブ王冠賞)、ハクラン(名古屋・新春グランプリ東京盃3着など。地方競馬から中央競馬への移籍後ライフウに改名)などの産駒を残した。その後1983年7月に用途変更となっている。

なお、2代目ハクシヨウの血を引く馬は現存しない[2]

血統表[編集]

ハクシヨウII血統ボワルセル系 / Swynford 5×5=6.25%) (血統表の出典)
父系

*ヒンドスタン
Hindostan
1946 黒鹿毛
父の父
Bois Roussel
1935 鹿毛
Vatout Prince Chimay
Vasthi
Plucky Liege Spearmint
Concertina
父の母
Sonibai
1939 鹿毛
Solario Gainsborough
Sun Worship
Udaipur Blandford
Uganda

*グレースフルアイヴイ
Graceful Ivy
1947 芦毛
Khosro
1938 鹿毛
Sir Cosmo The Boss
Ayn Hali
Straight Sequence Startford
Little Flutter
母の母
Ivy Grey
1941 芦毛
Empire Builder Son-in-Law
Fourfold
Eleni Greenback
Epping Rose F-No.10-d
母系(F-No.)
5代内の近親交配
出典

脚注[編集]

  1. ^ 両馬は地方競馬移籍組であり、こちらでは1953年からゲート式スタートが導入されていた。
  2. ^ なお、初代ハクシヨウアイネスフウジンなど、細々とではあるが血を引く馬を残している。

外部リンク[編集]