タケホープ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
タケホープ
品種 サラブレッド
性別
毛色 鹿毛
生誕 1970年3月24日
死没 1994年7月16日
インディアナ
ハヤフブキ
生国 日本北海道浦河町
生産 谷川牧場
馬主 近藤たけ
調教師 稲葉幸夫東京
競走成績
生涯成績 19戦7勝
獲得賞金 1億6665万2400円
テンプレートを表示

タケホープとは日本競走馬である。ハイセイコーのライバルとされ、日本ダービー菊花賞天皇賞(春)などに勝った。姉に優駿牝馬を勝ったタケフブキがいる。

※馬齢は旧表記に統一する。

略歴[編集]

競走馬時代[編集]

3歳~4歳時[編集]

1972年7月15日東京競馬場で行われた新馬戦でデビュー、単勝1番人気に応え勝利した。ところが2勝目をあげるのに手間取り、2勝目を上げたのは年が明けた1973年1月の200万下条件戦の若竹賞での事だった。その後、皐月賞を目指して東京4歳ステークスに出走したが3着、弥生賞ハイセイコーの前に7着と敗れ、皐月賞出走は叶わなかった。

皐月賞に出る事ができなかったタケホープはダービー出走を掛けて、東京競馬場で行われた四歳中距離特別に出走。サクラチェスにハナ差の勝利を収め、日本ダービー出走にこぎつけた。この時、タケホープの主戦騎手だった嶋田功は「ハイセイコーが四ツ脚なら、こっちだって四ツ脚だよ」という発言をしている。周囲やマスコミには皮肉としか受け取られなかった[1]が、嶋田とタケホープを管理する稲葉幸夫調教師はそれなりの勝算を持っていたという。

日本ダービーでは、単勝支持率66.6パーセントという圧倒的支持を得たハイセイコーに対し、タケホープは9番人気に過ぎなかった。だが、レースでは最後の直線で先頭に立ったハイセイコーを差し切り勝利した。ハイセイコーは1秒弱離された3着に敗れている。

秋初戦は京都新聞杯から始動しハイセイコーと再び対決したが、ハイセイコーが2着だったのに対し、タケホープは6番人気と低評価だった上に8着と大敗した。この京都新聞杯の結果が影響したのか、クラシック三冠最終戦の菊花賞では、嶋田が落馬負傷するアクシデントで急遽武邦彦に乗り替わった事も不安視されて、6番人気と低評価だった。だが、レースではマッチレースの末にハイセイコーをハナ差で下し、二冠馬となった(2012年現在、日本ダービーと菊花賞の二冠馬はタケホープの他にはクリフジのみ。どちらも皐月賞不参戦馬である)。年末にはこの年の優駿賞年度代表馬及び最優秀4歳牡馬に選出された。

5歳時[編集]

1974年小島太騎乗で臨んだアメリカジョッキークラブカップでは勝利したが、中山記念では2.2秒のも大差を付けられてハイセイコーに完敗した。しかし、それでも春の天皇賞では長距離適性を生かして、ハイセイコー以下を下して優勝した。これがタケホープがハイセイコーに先着した最後のレースとなった。

秋になって、タケホープは宝塚記念を制したハイセイコーと、東京競馬場でのオープン戦[2]有馬記念で対戦したが、ハイセイコーが2戦とも2着だったのに対し、タケホープはオープンは5着、有馬記念は3着といずれもハイセイコーに先着できなかった。

タケホープは有馬記念を最後に引退。ハイセイコーもまた、この有馬記念で現役を退いている。

タケホープとハイセイコーの対決はタケホープが4勝5敗で負け越す結果となったが、タケホープの4勝の全てが自ら勝利したもの(うち3勝が八大競走)であるのに対し、ハイセイコーの5勝は弥生賞、中山記念の二つが1着でゴールした以外は自らの勝利を伴わないものであり、額面通りに受け取れるかどうかは解釈が分かれている。また、ハイセイコーはタケホープに対して2400メートル以上のレースはラストランとなった有馬記念以外は全敗しており、長距離になるとタケホープに分がある結果となった。

引退後[編集]

1975年から種牡馬生活に入ったが、代表産駒としてはアルゼンチン共和国杯2着のミナガワローレルくらいで、これといって活躍馬を出せずに終わった。同時に種牡馬入りしたハイセイコーがカツラノハイセイコ(日本ダービー)やハクタイセイ(皐月賞)などの活躍馬を輩出しており、タケホープは種牡馬としてはハイセイコーに大きく差を付けられた形となってしまった。

タケホープは1994年に死亡、墓は生まれ故郷である北海道浦河町谷川牧場に建てられている。

死後[編集]

2004年にJRAゴールデンジュビリーキャンペーンの「名馬メモリアル競走」として「タケホープメモリアル」というレースが中山競馬場で施行されている。また、2013年には「東京優駿第80回記念」として、「1970'sダービーメモリーズ・タケホープカップ」というレースが東京競馬場で施行されている。

エピソード[編集]

タケホープは幼少期から大人びていたのか、育成牧場では牝馬ばかりを追い回していたという。

血統表[編集]

タケホープ血統ネアルコ系 / Nearco3×5.5.5=21.88% (血統表の出典)
父系

*インディアナ
Indiana
1961 鹿毛
父の父
Sayajirao
1944 黒鹿毛
Nearco Pharos
Nogara
Rosy Legend Dark Legend
Rosy Cheeks
父の母
Willow Ann
1942
Solario Gainsborough
Sun Worship
Court of Appeal Apelle
Brown Princess

ハヤフブキ
1963 黒鹿毛
*タリヤートス
Tulyartos
1957 黒鹿毛
Tulyar Tehran
Neocracy
Certosa Prince Chevalier
Arctic Sun
母の母
ラインランド
1957 鹿毛
*ライジングフレーム The Phoenix
Admirable
マーヴェラス *プリメロ
オーマツカゼ F-No.12
母系(F-No.)
5代内の近親交配
出典

脚注[編集]

  1. ^ この発言を嶋田から引き出したのは、日本における元騎手の競馬評論家第1号として知られる渡辺正人である。
  2. ^ 秋の天皇賞の前哨戦だが、天皇賞を既に勝っているタケホープには天皇賞の出走権はなかった(当時は天皇賞は勝ち抜き制であったため)。

外部リンク[編集]