レダ (競走馬)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
レダ
品種 サラブレッド
性別
毛色 鹿毛
生誕 1949年4月19日
死没 1953年12月28日
  (4歳没・旧5歳)
ステーツマン
第弐パラダイスロスト
母の父 ハクリユウ
生国 日本の旗 日本北海道白老町
生産 社台牧場
馬主 熊谷新太郎
調教師 見上恒芳 (東京
武田文吾京都
競走成績
生涯成績 29戦17勝
獲得賞金 663万6900円
テンプレートを表示

レダ日本競走馬1953年春の天皇賞を制した。

秋の天皇賞を優勝した牝馬は、ヒサトモトウメイプリテイキャスト(以上3,200mの長距離競走時代)、エアグルーヴヘヴンリーロマンスウオッカブエナビスタ(以上、2,000mへの距離短縮変更以後)などがいるが、春の天皇賞を優勝した牝馬は2019年現在レダ1頭のみである。

同期にはタカハタクインナルビースウヰイスーなどの強豪牝馬がいて、牝馬が強い世代として知られる。牡馬クラシック三冠では結局ひとつも牝馬が勝つことはなかったが、皐月賞東京優駿(日本ダービー)で牝馬が1番人気に推され、三冠競走すべてで牝馬が2着に入った。レダを含めて牝馬の天皇賞馬が2頭いる。

戦績[編集]

馬齢は旧表記とする。

3歳夏に東京競馬場でデビューしたレダは、桜花賞まで9戦8勝うちレコード勝ち3回、ほとんどのレースで2馬身以上つけて勝つなど、飛びぬけた実績を誇っていたため、桜花賞でも1番人気に支持された。しかし結果は2着、1着は牝馬二冠を達成するスウヰイスーだった。

その後オープン競走を優勝して東京優駿に出走するも、クリノハナの10着と奮わなかった。菊花賞にも出走するがセントオーの4着に敗れた。

5歳春になると、前年の不振から立ち直りを見せ、迎えた天皇賞(春)では1番人気に支持されていた。そして、2着クインナルビーに2馬身1/2差をつけて勝利した。この年の天皇賞(秋)ではクインナルビーが優勝し、春・秋の天皇賞を牝馬が連覇した。

その後6戦3勝2着3回と安定した成績を残したレダは毎日王冠に出走した。そこには、2年前の菊花賞優勝馬トラツクオー、天皇賞(春)2着馬クインナルビー、レダと同期の牝馬で皐月賞・日本ダービーともに2着のタカハタなど、実績馬がそろっていた。このレースでレダは転倒、競走中止となり、この怪我がもとで死亡した。

年度別競走成績[編集]

  • 1951年(8戦7勝)
  • 1952年(9戦3勝)
    • 2着 - 桜花賞、阪神記念 (オープン特別) 、京都4歳特別 (オープン特別)
  • 1953年(12戦7勝)

血統表[編集]

レダ血統ブランドフォード系 / Gallinule5×5=6.25%) (血統表の出典)

*ステーツマン
Statesman
1930 黒鹿毛
父の父
Blandford
1919 黒鹿毛
Swynford John o'Gaunt
Canterbury Pilgrim
Blanche White Eagle
Black Cherry
父の母
Dail
1919 鹿毛
Land League Desmond
Combine
Discourse Beppo
Phetoric

第弐パラダイスロスト
1937 栗毛
ハクリユウ
1928 栗毛
ラシデヤー *ラシカッター
*オーデヤレスト
フロリスト *ガロン
第四フロリースカップ
母の母
*パラダイスロスト
Paradise Lost
1927 鹿毛
Wildair Broomstick
Verdure
Paradise Adam
Handspun F-No.11


祖母パラダイスロストは社台牧場がアメリカから輸入した基礎繁殖牝馬の一頭。だがこの一族でレダ以外に目立った活躍馬は甥にあたるスマノアラシ(NHK杯2着)くらいしか出ておらず、1990年代後半に絶滅した。

外部リンク[編集]