第111回天皇賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
映像外部リンク
1995 天皇賞(春)
レース映像 jraofficial(JRA公式YouTubeチャンネル)による動画

第111回天皇賞(だい111かいてんのうしょう)は、1995年4月23日京都競馬場で施行された競馬競走である。ライスシャワーメジロマックイーンを破った前々年の天皇賞以来の優勝を果たした。馬齢は全て旧表記。

レース施行時の状況[編集]

1994年三冠有馬記念を制したナリタブライアンは、前哨戦の阪神大賞典を圧勝したものの、股関節炎で出走回避を表明。ステイヤーズステークスダイヤモンドステークスを連勝したエアダブリンが1番人気に推されたものの、捻石の影響で阪神大賞典を使えず3ヶ月の休み明け[1]であった。日経賞を制したインターライナーが2番人気、目黒記念を勝利したハギノリアルキングが3番人気に支持された。出走馬中唯一のGI馬で1992年菊花賞1993年春の天皇賞の覇者でもあるライスシャワー京都記念、日経賞を共に6着だったこともあって4番人気となった。

前哨戦の結果[編集]

第43回阪神大賞典
着順 競走馬名 騎手 タイム 着差
1 ナリタブライアン 牡5 南井克巳 3.08.2
2 ハギノリアルキング 牡6 武豊 3.09.3 7馬身
3 タマモハイウェイ 牡5 四位洋文 3.09.4 アタマ
第43回日経賞
着順 競走馬名 性齢 騎手 タイム 着差
1 インターライナー 牡5 横山典弘 2.41.0
2 ステージチャンプ 牡5 蛯名正義 2.41.1 1/2馬身
3 クリスタルケイ 牡7 柴田善臣 2.41.2 クビ
第39回大阪杯
着順 競走馬名 性齢 騎手 タイム 着差
1 インターマイウェイ 牡6 松永幹夫 1.59.3
2 ダンシングサーパス 牡8 熊沢重文 1.59.5 3/4馬身
3 エーブアゲイン 牡5 河内洋 1.59.5 ハナ

出走馬と枠順[編集]

天候:曇り、芝:重馬場
枠番 馬番 競走馬名 騎手 オッズ 調教師
1 1 エアダブリン 牡5 岡部幸雄 3.5(1人) 伊藤雄二
2 アグネスパレード 牝5 河内洋 33.8(9人) 長浜博之
2 3 ライスシャワー 牡7 的場均 5.8(4人) 飯塚好次
4 サンライトウェイ 牡6 上村洋行 18.8(7人) 武宏平
3 5 ヤマニンドリーマー 牝7 松永幹夫 136.7(18人) 浅見国一
6 ワンダフルタイム 牡5 塩村克己 57.7(14人) 新川恵
4 7 ヤシマソブリン 牡5 坂井千明 13.9(5人) 松山康久
8 ゴーゴーゼット 牡5 村本善之 35.6(10人) 新井仁
5 9 イイデライナー 牡5 南井克巳 94.5(16人) 大久保正陽
10 メイショウレグナム 牡8 小島太 92.8(15人) 武邦彦
6 11 キソジゴールド 牡7 安田康彦 96.4(17人) 安田伊佐夫
12 タマモハイウェイ 牡5 四位洋文 38.0(12人) 吉永忍
7 13 インターライナー 牡5 横山典弘 5.4(2人) 柄崎孝
14 アルゼンチンタンゴ 牡7 田原成貴 19.0(8人) 渡辺栄
15 ステージチャンプ 牡6 蛯名正義 14.0(6人) 矢野進
8 16 クリスタルケイ 牡7 幸英明 53.0(13人) 松元省一
17 ハギノリアルキング 牡6 武豊 5.5(3人) 小林稔
18 ダイイチジョイフル 牡7 マイケル・ロバーツ 35.6(11人) 伊藤雄二

レース展開[編集]

クリスタルケイが逃げる展開となった。1周目の正面で早くもクリスタルケイが後続に絡まれ、またエアダブリンが掛かり気味に前へ行き、ライスシャワーも続く。向正面でライスシャワーが仕掛けはじめ3コーナーでスパートを開始すると、インターライナーとエアダブリンが追いかけるように仕掛け始め、4コーナーではライスシャワーが抜け出しそのまま最後の直線へ向かうこととなった。直線ではエアダブリン、インターライナーはあまり伸びず、押し切ろうとするライスシャワーに対して、ハギノリアルキングとステージチャンプが重馬場ながら追い込みを見せ、ステージチャンプがハギノリアルキングを抜き去りライスシャワーとほぼ同時にゴールした。ゴール後、ステージチャンプの鞍上蛯名がガッツポーズを見せたが、結果はハナ差でライスシャワーの勝利となった。

レース結果[編集]

着順 枠番 馬番 競走馬名 タイム 着差
1 2 3 ライスシャワー 3.19.9
2 7 15 ステージチャンプ 3.19.9 ハナ
3 8 17 ハギノリアルキング 3.20.0 3/4馬身
4 7 13 インターライナー 3.20.2 1 1/4馬身
5 1 1 エアダブリン 3.20.4 1 1/4馬身

払戻金[編集]

単勝式 3 580円
複勝式 3 280円
15 330円
17 190円
枠連 2-7 900円
馬連 3-15 4090円

達成された記録[編集]

補足[編集]

  1. ^ 当時のダイヤモンドステークスは1回東京の初日に開催