ハクズイコウ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ハクズイコウ
品種 サラブレッド
性別
毛色 栗毛
生誕 1961年3月19日
死没 不明
Imbros
マッサリア
生国 日本の旗 日本北海道苫小牧市
生産 ランチョトマコマイ
馬主 西博
調教師 尾形藤吉東京
競走成績
生涯成績 18戦11勝
獲得賞金 2575万7500円
テンプレートを表示

ハクズイコウは1960年代に活躍した日本競走馬である。1966年の天皇賞(春)で記録したレコードは長く破られなかった。

  • 特記しない限り馬齢は現表記(満年齢)とする。

戦績[編集]

三冠馬シンザンと同世代である。デビューが遅れクラシックへの出走は無かった[1]。デビュー後は10戦して2着1回のみ他全勝で天皇賞(秋)に駒を進める。7連勝中ということもあり未知の魅力で2番人気に押されたが、シンザンの2着に敗れた。有馬記念もシンザンの4着。5歳になりカブトシローを破ってアメリカジョッキークラブカップで重賞制覇。天皇賞(春)で大レースを制した。

天皇賞はカブトシローキーストンダイコーターチトセオーエイトクラウンと言った下の世代の強豪も出走していたが、1着ハクズイコウ、2着ウメノチカラとシンザン世代が上位を占めた。着差はウメノチカラに対して2馬身半差であった。また、勝ちタイムの3分19秒4は、その後モンテプリンスに破られるまで長らくレコードであった。

その後休養に入る。復帰後は3戦したが有馬記念7着など振るわず引退した。産駒は東京王冠賞を勝ったダイドウスターなどがいる。

脚注[編集]

  1. ^ ハクズイコウはいわゆる持込馬であるが、当時持込馬へのクラシック出走制限はまだ設定されていなかった。というか持込馬自体が通常の内国産馬という扱いであった。

外部リンク[編集]