スリーロールス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
スリーロールス
Three-Rolls.jpg
2009年10月25日 京都競馬場
欧字表記 Three Rolls
品種 サラブレッド
性別
毛色 鹿毛
生誕 2006年4月26日(11歳)
登録日 2008年5月7日
抹消日 2010年1月6日
ダンスインザダーク
スリーローマン
母の父 ブライアンズタイム
生国 日本の旗 日本
北海道日高郡新ひだか町
生産 武牧場
馬主 永井商事株式会社
調教師 武宏平栗東
競走成績
生涯成績 12戦4勝
獲得賞金 1億8795万5000円
勝ち鞍 JpnI菊花賞(2009年)
テンプレートを表示

スリーロールス (Three Rolls) は日本競走馬である。馬名は冠名自動車ロールス・ロイスから。おもな勝ち鞍は2009年の菊花賞

経歴[編集]

2006年4月26日北海道日高郡新ひだか町武牧場で生まれる。場長の山ノ井紀明は牧場時代のスリーロールスを「手が掛からず、かえって印象が薄かった」と語っている[1]。母馬のオーナーであった永井啓弐が永井商事名義で所有し、母を管理した栗東トレーニングセンター武宏平厩舎へ入厩する。

2歳(2008年)[編集]

2008年10月26日、第4回京都競馬第5競走の2歳新馬戦にて横山典弘騎乗でデビュー。このデビュー戦は4着と敗れたが、同じレースにはのちの皐月賞アンライバルド(1着)、東京優駿2着馬リーチザクラウン(2着)、GⅠ6勝馬ブエナビスタ(3着)が出走していた。

その後、3戦目の2歳未勝利戦(11月30日)に福永祐一が騎乗して初勝利を挙げる。

3歳(2009年)[編集]

しかし1勝目を挙げた後、明け3歳になって重賞競走の毎日杯を含めて4戦して勝ち星に恵まれず、8戦目となった5月3日の京都競馬の3歳500万下条件戦で2勝目を挙げた[2]。2勝目をあげた直後、「本当に良くなるのは秋、ここで無理をさせると成長を阻害する」との陣営の判断で放牧へ出される[2]。また5月からは足腰を鍛えるために障害練習も取り入れた[3]

放牧後、新潟競馬場の弥彦特別(5着)、阪神競馬場での野分特別(1着)を経て浜中俊を鞍上に10月25日菊花賞に出走する。レースはリーチザクラウン大逃げを打ち粘る展開のなか、直線でリーチザクラウンとヤマニンウイスカーの間から先頭に抜け出した[4]ターフビジョンに驚いて外へ膨れたものの、内から追い込んで来たフォゲッタブルとゴール前まで馬体を併せる形になった[4]。最後はハナ差で1着となり、重賞競走初勝利をGI競走で挙げた[4]。菊花賞後は疲労を完全に取りのぞくためジャパンカップを回避し、有馬記念へ出走[3]

有馬記念では、左前浅屈腱不全断裂を発症し2周目第3コーナー手前で競走中止となった[5]。陣営は現役続行の可能性を模索し、2010年1月3日に再検査を行ったが競走能力喪失と診断され[6]1月5日1月6日付で競走馬登録を抹消し、現役を引退することを発表した[6]。引退後は種牡馬入りし、繋養先はレックススタッドである[6]

競走成績[編集]

年月日 競馬場 競走名


オッズ
(人気)
着順 騎手 斤量 距離(馬場) タイム
3F
タイム
勝ち馬/(2着馬)
2008 10. 26 京都 2歳新馬 11 7 8 49.7(8人) 4着 横山典弘 55 芝1800m(良) 1:52.2 (34.3) 0.5 アンライバルド
11. 8 京都 2歳未勝利 11 4 4 2.1(1人) 5着 岩田康誠 55 芝2000m(稍) 2:02.4 (35.9) 0.6 ピエナファンタスト
11. 30 京都 2歳未勝利 18 2 4 5.8(3人) 1着 福永祐一 55 芝1800m(良) 1:49.3 (35.1) -0.2 (ナリタプラチナ)
12. 14 中京 中京2歳S OP 10 7 8 10.5(5人) 5着 太宰啓介 55 芝1800m(良) 1:49.7 (35.4) 0.4 メイショウドンタク
2009 3. 7 阪神 3歳500万下 15 8 14 9.3(4人) 4着 福永祐一 56 芝1800m(良) 1:50.1 (35.1) 0.1 フミノイマージン
3. 28 阪神 毎日杯 GIII 14 4 6 53.7(11人) 8着 浜中俊 56 芝1800m(良) 1:48.4 (34.2) 0.4 アイアンルック
4. 19 阪神 はなみずき賞 13 6 9 2.9(1人) 2着 浜中俊 56 芝1800m(良) 1:48.2 (33.4) 0.2 ロードロックスター
5. 3 京都 3歳500万下 14 4 5 2.5(1人) 1着 浜中俊 56 芝1800m(良) 1:47.1 (33.8) -0.4 ナリタクリスタル
9. 5 新潟 弥彦特別 13 8 13 3.6(2人) 5着 内田博幸 54 芝2000m(良) 1:59.3 (34.1) 0.5 メイショウベルーガ
9. 26 阪神 野分特別 11 1 1 3.7(3人) 1着 浜中俊 54 芝1800m(良) 1:45.0 (33.6) -0.7 (ジャミール)
10. 25 京都 菊花賞 JpnI 18 1 1 19.2(8人) 1着 浜中俊 57 芝3000m(良) 3:03.5 (35.2) 0.0 フォゲッタブル
12. 27 中山 有馬記念 GI 16 5 10 13.5(6人) 中止 浜中俊 55 芝2500m(良) 競走中止 ドリームジャーニー

血統表[編集]

スリーロールス血統サンデーサイレンス系) / (Hail to Reason4x4=12.50% Graustark5x4=9.38%) (血統表の出典)

ダンスインザダーク
1993 鹿毛
*サンデーサイレンス
Sunday Silence
1986 青鹿毛
Halo Hail to Reason
Cosmah
Wishing Well Understanding
Mountain Flower
*ダンシングキイ
Dancing Key
1983 鹿毛
Nijinsky Northern Dancer
Flaming Page
Key Partner Key to the Mint
Native Partner

スリーローマン
1997 青毛
*ブライアンズタイム
1985 黒鹿毛
Roberto Hail to Reason
Bramalea
Kelley's Day Graustark
Golden Trail
アコニットローマン
1990 黒鹿毛
*ブレイヴェストローマン Never Bend
Roman Song
カミモリレディー ネプテューヌス
カミモリダイテン F-No.7-d
父系
母系(F-No.)
5代内の近親交配
出典

母のスリーローマンは府中牝馬ステークス3着馬。母の兄オペラハットは東京王冠賞の勝ち馬でジャパンダートダービー2着。曾祖母カミモリレディーの子トキノクンショウはかしわ記念の勝ち馬。5代母のアコニットは皐月賞日本ダービーの二冠を制したカツトップエースを送り出した。

脚注[編集]

  1. ^ 【菊花賞】ロールス牧場時代は印象薄”. スポニチ (2009年10月26日). 2010年1月9日閲覧。
  2. ^ a b 【有馬記念】秋に成長ロールス“トップガンの道””. スポニチ (2009年12月22日). 2010年1月9日閲覧。
  3. ^ a b 32年目の武厩舎に夢を…スリーロールス最強決戦へ”. スポニチ (2009年10月26日). 2010年1月9日閲覧。
  4. ^ a b c 【菊花賞】淀で踊った!浜中ロールス!”. スポニチ (2009年10月26日). 2010年1月9日閲覧。
  5. ^ 【有馬記念】浜中涙…スリーロールス競走中止”. スポニチ (2009年12月28日). 2010年1月9日閲覧。
  6. ^ a b c 有馬で屈腱断裂…スリーロールス無念の引退”. スポニチ (2010年1月6日). 2010年1月9日閲覧。

外部リンク[編集]