武牧場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

武牧場(たけぼくじょう)は、北海道日高郡新ひだか町[1]静内田原(旧静内町)にある競走馬サラブレッド)の生産・育成牧場である[2]

2009年時点の代表者は武栄子[1]、前代表者は武勇(武宏平永祥らの長兄)。

歴史[編集]

  • 1966年 - 創業[1]
  • 2003年 - 当時代表者だった武勇が撲殺される事件が発生[3]

おもな生産馬[編集]

おもな所有馬[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 2009年10月25日 菊花賞 Jpn1 優勝馬:スリーロールス” (日本語). 重賞ウイナーレポート. 競走馬のふるさと案内所 (2009年). 2012年2月17日閲覧。
  2. ^ a b c 2006年02月26日 阪急杯 G3 優勝馬:ブルーショットガン” (日本語). 重賞ウイナーレポート. 競走馬のふるさと案内所 (2006年). 2012年2月17日閲覧。
  3. ^ 中央競馬を振り返る” (日本語). 競馬ニホン (2003年6月). 2012年2月17日閲覧。
  4. ^ 2012年01月05日 京都金杯 G3 優勝馬:マイネルラクリマ” (日本語). 重賞ウイナーレポート. 競走馬のふるさと案内所 (2012年). 2012年2月17日閲覧。
  5. ^ 結城恵助「'87春のGI競走勝ち馬の故郷紀行 安田記念 フレッシュボイスの故郷 小笠原牧場(静内)『よき人たちに春が来て』」、『優駿』、日本中央競馬会、1987年8月、 16頁。

関連項目[編集]