テツモン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
テツモン
品種 軽半血種
性別
毛色 鹿毛
生誕 1935年
死没 不明
シヤイニングスピヤー
エキストラ
生国 日本栃木県
生産 那須野牧場
馬主 エム(松山陸郞)
調教師 尾形藤吉
競走成績
生涯成績 32戦10勝
テンプレートを表示

テツモン1935年 - ?)とは日本競走馬である。第1回の京都農林省賞典4歳呼馬(現在の菊花賞)優勝馬として知られる。

※成績や情報などは古いため正確性に欠ける部分もある。なお、本文中の馬齢については旧表記を採用する。

経歴[編集]

4歳になった1938年5月21日阪神競馬場の土2300メートルの競走でデビューし、このレースを快勝。その後ほぼ休むことなく走り続け、19戦目となった第1回京都農林省賞典4歳呼馬に伊藤正四郎騎乗で優勝した。勝ちタイムの3分16秒0は以後10年間レコードとして記録された。

翌年も中山記念春2着などの成績を残していたが、11月3日の帝室御賞典(現在の天皇賞〈秋〉)では保田隆芳騎乗で4番人気に支持され、フアインモアをゴール直前で鋭く伸びて差し切って優勝した。

この年限りで競走馬を引退したあとは種牡馬にならず、下総御料牧場の御料馬として余生を送ったという。母方の血統にトロッター(スタンダードブレッド)の血が混じっている、すなわち純血のサラブレッドではない「軽半血種」であることが原因とされている。

血統表[編集]

テツモン血統タッチストン系 / アウトブリード (血統表の出典)

*シヤイニングスピヤー
Shining Spear
1921 鹿毛
父の父
Spearmint
1917 黒鹿毛
Carbine Musket
Mersey
Maid of the Mint Minting
Warble
父の母
Golden Dawn
1905 栗毛
Raeburn St. Simon
Mowerina
Dame d'Or Bend Or
Dame Masham

(軽半)
エキストラ
1922 鹿毛
*イボア
Ebor
1905 黒鹿毛
Hackler Petrarch
Hackness
Lady Gough Lord Gough
Clear Case
母の母
(中半)
美園
1911 鹿毛
*ダルゲチー Ayrshire
Pindi
(中半)
小鷹
トロ)第四初蕾
(中半)北洋

テツモンの母系先祖にはトロッターの血が流れており、「中半血種」に分類される。中半血種に軽種(サラブレッドアラブ種等)が2代続けて交配されると「軽半血種」となる。軽半血種にさらにサラブレッドまたはサラブレッド系種が2代続けて交配されると「サラブレッド系種」となるが、テツモンの場合は軽半血種1代目の母とサラブレッドとの交配により誕生しており、自身も「軽半血種」に分類される。