アドマイヤジャパン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アドマイヤジャパン
アドマイヤジャパン.jpg
2005年菊花賞パドック
品種 サラブレッド
性別
毛色 栗毛
生誕 2002年4月16日
死没 (存命)
サンデーサイレンス
ビワハイジ
母の父 Caerleon
生国 日本の旗 日本北海道新冠町
生産 早田牧場新冠支場
馬主 近藤利一
調教師 松田博資栗東
競走成績
生涯成績 10戦2勝
獲得賞金 1億1207万5000円
テンプレートを表示

アドマイヤジャパン (英語: Admire Japan) とは日本競走馬である。父は当時リーディングサイアーの地位を占め続けていたサンデーサイレンス、母は1995年の阪神3歳牝馬ステークス勝ち馬のビワハイジという良血馬。GIII京成杯を勝利し、2005年の牡馬クラシック三冠競走ではディープインパクトに無敗での三冠達成を許したものの、皐月賞3着、菊花賞2着と好走し、同馬のライバルの1頭として活躍した。

馬名の由来は冠名+日本(英語)である。

戦績[編集]

2歳時[編集]

2004年12月5日の新馬戦でデビュー。1番人気に応えて勝ち上がり、2戦目で重賞(ラジオたんぱ杯2歳S・GIII)に挑戦。格上挑戦ながらも3番人気に支持されヴァーミリアンの3着に入る。

3歳時以降[編集]

年明けの2005年1月16日の京成杯に出走。後の皐月賞2着馬シックスセンスを退け、重賞初勝利。続く弥生賞で、ディープインパクトと初めて対決。同馬からクビ差の2着に健闘する。皐月賞では3番人気に支持され、ディープインパクトから3馬身半差の3着であった。東京優駿(日本ダービー)神戸新聞杯では10着、5着と精彩を欠き、菊花賞に出走したときには6番人気と評価を落としての出走となる。しかし、直線早め先頭から粘りこんで2着と健闘し、上がり3ハロン(=600m)33.3秒の末脚を発揮したディープインパクトには交わされたものの、3着馬ローゼンクロイツには4馬身差をつけた。

続くジャパンカップでは菊花賞での好走から4番人気に支持されるも見せ場なく11着に終わった。 その後、翌2006年大阪杯で2番人気で9着に敗れた後、天皇賞(春)に向けて調整されていたが、屈腱炎を発症。9月に引退が決まった。

競走成績[編集]

年月日 競馬場 競走名 頭数 枠番 馬番 オッズ
(人気)
着順 騎手 斤量 距離(馬場) タイム
(上り3F
タイム
勝ち馬/(2着馬)
2004 12. 5 阪神 2歳新馬 15 5 9 2.5(1人) 1着 安藤勝己 55 芝2000m(良) 2:05.1(34.6) -0.3 (オールインサンデー)
12. 25 阪神 ラジオたんぱ杯2歳S GIII 9 1 1 5.8(3人) 3着 横山典弘 55 芝2000m(良) 2:03.8(33.5) 0.3 ヴァーミリアン
2005 1. 16 中山 京成杯 GIII 10 7 9 2.6(1人) 1着 横山典弘 56 芝2000m(不) 2:07.4(36.9) -0.2 シックスセンス
3. 6 中山 弥生賞 GII 10 1 1 12.3(3人) 2着 横山典弘 56 芝2000m(良) 2:02.2(34.6) 0.0 ディープインパクト
4. 17 中山 皐月賞 GI 18 8 16 15.5(3人) 3着 横山典弘 57 芝2000m(良) 1:59.8(34.8) 0.6 ディープインパクト
5. 29 東京 東京優駿 GI 18 7 14 38.8(6人) 10着 幸英明 57 芝2400m(良) 2:25.3(35.8) 2.0 ディープインパクト
9. 25 阪神 神戸新聞杯 GII 13 5 6 21.1(3人) 5着 横山典弘 56 芝2000m(良) 1:59.9(36.2) 1.5 ディープインパクト
10. 23 京都 菊花賞 GI 16 3 6 50.3(6人) 2着 横山典弘 57 芝3000m(良) 3:04.9(35.5) 0.3 ディープインパクト
11. 27 東京 ジャパンC GI 18 2 4 11.9(4人) 11着 横山典弘 55 芝2400m(良) 2:23.2(36.0) 1.1 アルカセット
2006 4. 2 阪神 産経大阪杯 GII 12 8 11 4.1(2人) 9着 岩田康誠 57 芝2000m(重) 2:05.8(39.0) 1.3 カンパニー

主な勝ち鞍[編集]

  • 2005年 京成杯(GIII)

引退後[編集]

2007年北海道沙流郡日高町ブリーダーズスタリオンステーション種牡馬入り。産駒は2010年にデビューし、7月3日のメイクデビュー福島でアポロジェニーが産駒によるJRA初勝利を挙げた。2013年9月、優駿スタリオンステーションへ移動した[1]

2019年に引退名馬繋養展示事業の助成対象馬となり、種牡馬を引退した。2019年7月1日、ヴェルサイユファームにて余生を送ることになった。

主な産駒[編集]

血統表[編集]

アドマイヤジャパン血統 (血統表の出典)[§ 1]
父系 サンデーサイレンス系ヘイロー系 / ヘイルトゥリーズン系
[§ 2]

*サンデーサイレンス
Sunday Silence
1986 青鹿毛
父の父
Halo
1969 黒鹿毛
Hail to Reason Turn-to
Nothirdchance
Cosmah Cosmic Bomb
Almahmoud
父の母
Wishing Well
1975 鹿毛
Understanding Promised Land
Pretty Ways
Mountain Flower Montparnasse
Edelweiss

ビワハイジ
1993 青鹿毛
Caerleon
1980 鹿毛
Nijinsky II Northern Dancer
Flaming Page
Foreseer Round Table
Regal Gleam
母の母
*アグサン
Aghsan
1985 青毛
Lord Gayle Sir Gaylord
Sticky Case
Santa Luciana Luciano
Suleika
母系(F-No.) 16号族(FN:16-c) [§ 3]
5代内の近親交配 Hail to Reason 3×5=15.63%、Turn-to 4×5 9.38% [§ 4]
出典
  1. ^ JBISサーチ アドマイヤジャパン 5代血統表2017年9月6日閲覧。
  2. ^ netkeiba.com アドマイヤジャパン 5代血統表2017年9月6日閲覧。
  3. ^ JBISサーチ アドマイヤジャパン 5代血統表2017年9月6日閲覧。
  4. ^ netkeiba.com アドマイヤジャパン 5代血統表2017年9月6日閲覧。

脚注[編集]

  1. ^ 種牡馬アドマイヤジャパンが優駿SSへ移動”. netkeiba.com (2013年9月9日). 2013年9月9日閲覧。
  2. ^ グランデスバル”. JBISサーチ. 2018年6月25日閲覧。
  3. ^ シゲルサクランボ”. JBISサーチ. 2018年6月25日閲覧。
  4. ^ カツゲキジャパン”. JBISサーチ. 2018年6月25日閲覧。

外部リンク[編集]