THE MATCH 2022

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
THE MATCH 2022
イベント詳細
シリーズ THE MATCH
主催 THE MATCH 2022製作実行委員会
開催年月日 2022年6月19日
開催地 日本の旗 日本東京都文京区
会場 東京ドーム
開始時刻 午後1時
試合数 16試合
放送局 ABEMA PPV
TOKYO MX(録画放送)
入場者数 56,399人[1]
入場収益 約20億円[2]
PPV購入数 約50万件[3]
PPV収益 約25億円[4]
備考 冠協賛Yogibo

Yogibo presents THE MATCH 2022(ヨギボー・プレゼンツ・ザ・マッチ2022)は、日本キックボクシング大会の一つ。2022年6月19日東京都文京区東京ドームで開催された。

概要[編集]

2021年12月24日、那須川天心VS武尊の試合開催を正式発表[5]

2022年4月7日、今大会を企画・実施する実行委員会のメンバーとして、榊原信行株式会社ドリームファクトリーワールドワイド(RIZIN運営会社)代表、中村拓己K-1プロデューサー、伊藤隆RISE代表の3名、両選手立会の下記者会見。試合方式と大会名を発表した。また、中立の舞台で全10~15試合(※基本立ち技のみ)が予定される。チケットは最前列300万円という史上最高額に設定[6]

2022年4月22日、実行委員会の3名よりK-1及びRISE両団体所属選手対抗戦による追加カード8カードが発表された[7]

2022年5月4日、一般席も含めた前売りチケットがソールドアウトとなったことが発表された[8]

2022年5月19日、海人VS野杁正明をはじめとした追加カード4カードが発表された[9]

2022年5月30日、山田洸誓VS安保瑠輝也をはじめとした追加カード3カードが発表され、全16カードが出揃った。那須川天心の弟である那須川龍心VS大久保琉唯がオープニングファイトとして、開会式の前に行われることも明らかになった[10]

2022年6月9日、『THE MATCH 2022』の事前特別番組がABEMAにて放映され、全対戦カード及び試合順が発表された[11]。また試合で使用するグローブはウイニング製、60kg未満は6オンス、72.5kg未満が8オンス、72.5kg以上が10オンスとなり、リングサイズは6.5メートル四方となることが明らかになった[12]

2022年6月10日、『THE MATCH 2022』のラウンドガールがK-1、RISE、RIZINから4人ずつ、12名が選出された[13]

2022年6月13日、『THE MATCH 2022』の大会テーマソングが10-FEETの「aRIVAL」に[14]、また大会の冠協賛に「Yogibo」が決定したと発表した[15]

2022年6月15日、『THE MATCH 2022』のキックボクシングルールが公開された[16]

2022年6月18日、前日計量及び記者会見が行われ、出場する全32選手が計量をパスした[17]。なお、同大会ではコーナー名を「赤コーナー/青コーナー」から「タイガーコーナー/ドラゴンコーナー」に変更することも決定した[18]

放送・配信[編集]

当初はフジテレビが2時間の生中継を行うことを予定していたが[19]、後に同社のウェブサイトにて本大会を放送しないことを2022年5月31日に発表した[21][22]。その後、同年7月24日にTOKYO MXにて録画放送することが同年6月18日に発表された[23][24]

この他、PPV形式にてABEMAで全試合生配信された[19]。また、メインイベントである那須川天心 対 武尊戦の反響を受けて、2022年6月20日夜に該当試合のノーカット版を無料配信した[25]

対戦カード[編集]

オープニングファイト 53kg契約 3分3R延長1R
×日本の旗 那須川龍心 vs. 日本の旗 大久保琉唯
3R終了 判定0-3(29-30、29-30、29-30)
第1試合 55kg契約 3分3R延長1R
日本の旗 鈴木真彦 vs. 日本の旗 金子晃大×
3R終了 判定2-0(30-28、30-29、29-29)
第2試合 55kg契約 3分3R延長1R
×日本の旗 志朗 vs. 日本の旗 玖村将史
3R終了 判定0-3(28-29、28-30、28-30)
第3試合 55kg契約 3分3R延長1R
日本の旗 江幡睦 vs. 日本の旗 璃明武×
3R終了 判定1-0(30-29、30-30、30-30)
延長R 判定2-1(10-9、10-9、9-10)
第4試合 53kg契約 3分3R延長1R
日本の旗 風音 vs. 日本の旗 黒田斗真×
3R終了 判定1-1(30-29、29-29、29-30)
延長R 判定3-0(10-9、10-9、10-9)
第5試合 60kg契約 3分3R延長1R
日本の旗 笠原友希 vs. 日本の旗 中島千博×
3R終了 判定3-0(30-27、30-28、30-28)
第6試合 100kg契約 3分3R延長1R
×日本の旗 内田雄大 vs. イランの旗 マハムード・サッタリ
1R KO 1:18(右ストレート→左フック) 
第7試合 100kg契約 3分3R延長1R
×日本の旗 山下力也 vs. イランの旗 シナ・カリミアン
3R終了 判定0-3(28-29、28-30、28-30)
第8試合 71kg契約 3分3R延長1R
×アメリカ合衆国の旗 “ブラックパンサー”ベイノア vs. 日本の旗 和島大海
3R終了 判定0-3(24-30、24-30、24-30)
第9試合 オープンフィンガーグローブマッチ 62kg契約 3分3R延長1R
日本の旗 YA-MAN vs. 日本の旗 芦澤竜誠×
1R KO 1:49(左フック)
第10試合 62kg契約 3分3R延長1R
日本の旗 中村寛 vs. 日本の旗 レオナ・ペタス×
3R終了 判定2-0(30-29、30-29、30-30)
第11試合 63Kg契約 3分3R延長1R
×日本の旗 白鳥大珠 vs. タイ王国の旗 ゴンナパー・ウィラサクレック
1R TKO 2:42(レフェリーストップ:右フック)
第12試合 67Kg契約 3分3R延長1R
×日本の旗 山田洸誓 vs. 日本の旗 安保瑠輝也
3R終了 判定0-3(29-30、29-30、29-30)
第13試合 65Kg契約 3分3R延長1R
日本の旗 原口健飛 vs. 日本の旗 山崎秀晃×
2R TKO 0:33(レフェリーストップ)
第14試合 セミファイナル 68.5kg契約 3分3R延長1R
日本の旗 海人 vs. 日本の旗 野杁正明×
3R終了 判定0-0(30-30、30-30、30-30)
延長R 判定3-0(10-9、10-9、10-9)
第15試合 メインイベント キックボクシングルール(ワンキャッチ・ワンアタック) 58kg契約(当日の戻し体重は4.0kgまで) 3分3R延長1R
日本の旗 那須川天心 vs. 日本の旗 武尊×
3R終了 判定5-0(30-27、30-28、30-28、30-28、29-28)

大会詳細[編集]

実行委員
THE MATCH 2022 キックボクシングルール
  • 全試合3分3R延長1Rで行われ、引き分けなしのマスト判定で勝敗を決める(延長は延長ラウンドのみの採点)
  • スリーノックダウン制(1R中に3回のダウンがあった場合、TKOとなる)
  • ジャッジは3名のジャッジによる各ラウンド10点法で採点(ジャッジは判定基準に基づき各ラウンド10点法にて採点。延長Rの採点は延長Rのみの試合内容にて各ジャッジが必ずどちらか一方の選手を勝者とするマスト評価にて優劣を決定)

※那須川天心vs.武尊戦はジャッジは「5名」のジャッジによる5ジャッジ制

  • 有効な打撃
    • パンチ=ストレート、フック、アッパー、バックスピンブロー
    • キック=前蹴り、ローキック、ミドルキック、ハイキック、サイドキック、バックキック、内股への蹴り、飛び蹴り、ヒザ蹴り
  • つかみは攻撃が伴う瞬間的なもののみ有効(相手選手の頭部をつかんだ際は瞬間的にヒザ打撃のみ有効、相手選手の蹴り足をつかむ行為、攻撃は一切禁止)
  • 判定基準(1.ダウン数、2.相手に与えたダメージ、3.クリーンヒット数、4.積極性)
  • 主な反則行為
    • 相手選手の蹴り足をつかむ行為、相手選手の頭部をつかんでからの連続攻撃、頭突き、ヒジによる攻撃、金的への攻撃、グローブ装着部分以外での攻撃、技の掛け逃げなどの消極的行為

※両手または片手でつかんでからの連続攻撃は反則であるが、瞬間的な攻撃は有効としてヒザ蹴り1発のみを有効とする(片手で相手の首や後頭部をつかみ、パンチを打つ行為は反則) ※相手をつかまないヒザ蹴り(テンカオ)に関しては連続で攻撃をしても有効。 ※有効な打撃を加えるためのつかみで無いとレフェリーが判断した場合はブレイクを命じる。

  • 第15試合の那須川天心vs.武尊、第14試合の海人vs.野杁正明、第13試合の原口健飛vs.山崎秀晃の3試合は全ラウンド点数を公開するオープンスコアリング方式
グローブ
  • ウイニング
    • 60kg未満:6オンス
    • 72.5kg未満:8オンス
    • 72.5kg以上:10オンス
リングサイズ
  • 6.5メートル四方
コーナー名
  • 「赤コーナー/青コーナー」から「タイガーコーナー/ドラゴンコーナー」に変更
ラウンドガール
大会テーマソング

関連項目[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 【THE MATCH】東京ドーム掛け値なしの超満員札止め 観衆発表は5万6399人”. 東スポWeb (2022年6月19日). 2022年6月19日閲覧。
  2. ^ 那須川天心vs武尊の『THE MATCH2022』は20億のチケット売上! バトルニュース 2022年6月19日
  3. ^ 「THE MATCH」PPV50万件25億円、チケット売り上げ20億円…過去最高!石井館長がツイート livedoorニュース 2022年6月19日
  4. ^ 「THE MATCH」PPV50万件25億円、チケット売り上げ20億円…過去最高!石井館長がツイート livedoorニュース 2022年6月19日
  5. ^ 那須川天心vs.武尊が電撃決定!2022年6月に激突、中立なリングで ゴング格闘技 2021年12月24日
  6. ^ 天心と武尊が改めて会見、ルール、テレビ中継ほか決定 eFIGHT 2022年4月7日
  7. ^ 【THE MATCH】K-1vsRISEの王者対決など対抗戦!山崎秀晃vs原口健飛、さらに芦澤竜誠vsYA-MANなど8カードが発表 eFIGHT 2022年4月22日
  8. ^ 【THE MATCH】那須川天心vs.武尊の東京ドーム大会、一般発売もソールドアウト=約5万席が埋まる ゴング格闘技 2022年5月4日
  9. ^ 【THE MATCH】海人vs野杁正明の待望カードが決定!さらに江幡、サッタリ、笠原らも出陣=6.19 eFIGHT 2022年5月19日
  10. ^ 【THE MATCH】K-1の安保瑠輝也vsRISEの山田洸誓、シナ・カリミアン、那須川龍心ら3カード追加 eFIGHT 2022年5月30日
  11. ^ 【THE MATCH】全対戦カード&試合順が決定、メインは那須川天心vs.武尊、セミは野杁正明vs.海人、第1試合でいきなり鈴木真彦vs.金子晃大の現役王者対決 ゴング格闘技 2022年6月9日
  12. ^ 【THE MATCH】那須川天心vs.武尊はウイニング製6オンスのグローブを着用、魔裟斗は「小さいな!」 ゴング格闘技 2022年6月9日
  13. ^ 【THE MATCH】ラウンドガール12名が決定、K-1、RISE、RIZINから選出 eFIGHT 2022年6月10日
  14. ^ 【THE MATCH 2022】10-FEETが大会テーマソング書き下ろし 「最高の試合をさらに盛り上げる曲になれば」 ENCOUNT 2022年6月13日
  15. ^ 那須川天心VS. 武尊の「THE MATCH 2022」、冠協賛は「Yogibo」 会場チケットは完売 ITmediaビジネス 2022年6月13日
  16. ^ 【THE MATCH】那須川天心vs.武尊のルール発表、ジャッジは5名でオープンスコア方式に=THE MATCH 2022 キックボクシングルールも ゴング格闘技 2022年6月15日
  17. ^ 【THE MATCH】前代未聞! YA-MAN vs.芦澤竜誠は計量前から乱闘騒ぎに、中村寛の挑発にレオナも怒り=全選手計量パス ゴング格闘技 2022年6月18日
  18. ^ 【THE MATCH】天心VS武尊、魔裟斗&朝倉未来が解説 ケンコバ、関根勤、土田晃之らもゲスト出演 ENCOUNT 2022年6月18日
  19. ^ a b 那須川天心「歴史の教科書に載りたい」武尊戦へ静かに闘志燃やす”. ORICON NEWS (2022年4月7日). 2022年6月1日閲覧。
  20. ^ フジ放送中止「天心VS武尊」6・19代替番組はバラエティー特番「世界のありえない最強映像」”. スポーツニッポン (2022年6月12日). 2022年6月12日閲覧。
  21. ^ 該当時間帯は『超ド級!世界のありえない最強映像2022』を放送する予定[20]
  22. ^ 【THE MATCH】フジテレビが那須川天心vs.武尊の『THE MATCH 2022』を放送せず「主催者側との契約に至らず」 ゴング格闘技 2022年5月31日
  23. ^ 那須川天心VS武尊「THE MATCH」 7・24TOKYO MXのゴールデンタイムで放送決定”. スポーツ報知 (2022年6月18日). 2022年6月18日閲覧。
  24. ^ 『「THE MATCH 2022」特番』放送決定! 7月24日(日)19:00〜21:00 (PDF) 東京メトロポリタンテレビジョン株式会社、2022年6月18日発信、6月19日閲覧
  25. ^ 『天心-武尊』無料再放送に興奮再燃「やっぱりすげー戦い」ABEMAがノーカット再放送”. 中日スポーツ・東京中日スポーツ (2022年6月20日). 2022年6月20日閲覧。

外部リンク[編集]