野杁正明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
野杁 正明
基本情報
本名 野杁 正明
通称 名古屋の怪童
新時代の怪物
階級 スーパーライト級
国籍 日本の旗 日本
誕生日 (1993-05-11) 1993年5月11日(25歳)
出身地 愛知県名古屋市
身長 175cm
体重 65㎏
スタイル 新空手
キックボクシング
テンプレートを表示

野杁 正明(のいり まさあき、1993年5月11日 - )は、日本キックボクサー愛知県名古屋市出身。K-1 GYM EBISU フリーホーク所属。至学館高等学校卒。前K-1 WORLD GPスーパーライト級王者。

来歴[編集]

小学2年の時、いじめにあっていた野杁を助けてくれた先輩・大石駿介(大石道場の息子)が空手を習っていると聞きそれに憧れて大石道場に入門した[1]

小学3年時に中部日本ジュニアで優勝すると以降は主要大会で好成績を納め、特に小学6年時の全日本ジュニアでは優勝している。

2007年2月25日、13歳でK-1 JAPAN TRYOUTに参加し、同門・日下部竜也らとともに特別合格を果たした[2][3]

2009年5月3日、新空手の「K-2グランプリ」軽量級にて優勝した[4]

2009年8月10日、主催者推薦としてK-1甲子園 〜FINAL 16に出場。1回戦で村越凌と対戦し、3RTKO勝ちを収めた。

2009年10月26日、K-1 WORLD MAX 2009 FINALにて行われたK-1甲子園の準々決勝で、宮元啓介を判定3-0で下した。

2009年12月31日、Dynamite!! 〜勇気のチカラ2009〜にて行われたK-1甲子園の準決勝で、前年度王者のHIROYAと対戦し、ダウン寸前まで追い込み3-0の判定勝ち。決勝戦でも、前年度3位の嶋田翔太からダウンを奪い3-0の判定勝ち。K-1甲子園では初となる1年生チャンピオンになった。

2010年3月14日、NAGOYA KICK 〜CENTRAL RHYTHM〜でプロデビューし、浅瀬石真司に3-0の判定勝ち[5]

2010年4月29日、Krush初参戦となったKrush.6でソルデティグレ・ヨースケと対戦し、右跳び膝蹴りでKO勝ちを収めた[6]

2010年6月12日、Krush-EX 〜Next Generation Fight 2010 vol.2〜で白神喜弘と対戦し、左ボディストレートで悶絶させ、KO勝ちを収めた[7]

2010年9月20日、Krush.10卜部弘嵩と対戦し、2-0の判定勝ちを収めた[8]

2010年11月20日、2連覇を目指しK-1甲子園 KING OF UNDER 18 〜FINALに出場。1回戦を勝ち抜くも、2回戦で石田圭吾に0-3の判定負けを喫した[9]

2010年12月12日、Krush初代王座決定トーナメント~Round.1~で、元J-NETWORKライト級暫定王者青津潤平と対戦し、2-0の判定勝ちを収めた。野杁にとっては初めてチャンピオンクラスとの対戦となる。

2011年4月30日、Krush初代王座決定トーナメント ~Triple Final Round~で、"狂拳"竹内裕二と対戦し、3Rに両者左フックによるダブルノックダウンから先に立ち上がるも再び左フックの相打ちによりKO負け。野杁にとってプロ初黒星となった[10]

2011年6月25日、K-1 WORLD MAX 2011 -63kg Japan Tournament FINAL1回戦で、初代Krush -63kg級王者梶原龍児と対戦し、延長Rの末2-1の判定勝ち、準決勝で前年度準優勝者久保優太と対戦し0-3の判定負けを喫した[11]。1回戦で対戦した梶原龍児は18歳らしからぬ戦いぶりに「末恐ろしい」とコメントした[12]

2012年5月20日、ホーストカップ2012~Depature~でラズ・セルキシアンから2ダウンを奪われ、最終ラウンドに1ダウンを奪って挽回するも判定負け。

2013年3月10日、Road to GLORY JAPAN -65kg SLAMにてHIROYA小宮由紀博裕樹に勝利して優勝し、当時K-1に代わって世界最大のキックボクシング団体となっていたGLORYの世界フェザー級スラムトーナメント出場権を獲得した。

2013年5月3日、GLORY 8 TOKYO -65kg SlamにてGLORY世界フェザー級スラムトーナメント2013に参戦し、準々決勝でリアム・ハリソンに2RTKO勝ち、準決勝でモサブ・アムラーニに判定勝ち。決勝では久保優太と対戦し、1Rにローブローを浴びて試合続行不可能に近い状態となり、それでも続行したものの金的のダメージを引きずって劣勢となり判定負けで準優勝。

2013年7月15日、NJKF 2013 4thにてキャリア初となる肘打ち有りのムエタイルールに挑戦し、WBCムエタイ日本スーパーライト級王座決定戦で高橋誠治と対戦。初のムエタイルールながら肘打ちにも対応し、3RKO勝ち。

2013年9月1日、Krush.32 ~in NAGOYA~の『TOKYO×NAGOYA・5対5マッチ』大将戦にて久保優太の持つKrush -67kg王座に挑戦し、3-0の判定勝ちでリベンジを果たすと共に王座獲得に成功した。

2014年2月16日、NJKF 2014 1stにてWBCムエタイインターナショナルスーパーライト級タイトルマッチで大和哲也に5R判定負け。

2014年2月26日、Krush -67kg王座を返上し、適性階級である65kg級に専念することを発表した[13]

その後、大和に敗れたことを反省し、自分の練習環境を見つめ直した末に小学生の頃から所属していた大石道場/OISHI GYMからK-1ジムEBISU小比類巻道場への移籍を決意する。しかし、大石道場側が移籍を認めず、キックボクシング界にジム移籍の明確なルールが存在しないこともあり、引退の危機に陥っていた。

2014年11月19日、野杁のK-1ジムEBISU小比類巻道場への移籍とKrush.48への参戦が発表された。会見にて野杁は「ジム移籍の理由は選手それぞれだと思いますが、僕はただ単に強くなりたくて、上京して環境を一新したかった。新しくなった野杁正明、野杁正明の第二章を見せていきたい。諦めなければ試合が組まれると自分に言い聞かせながら練習してきました。ここまで育ててくれた大石陽一郎会長には感謝しています」とコメントした[14]

2014年12月21日、Krush.48 in SENDAIで緒方惇と対戦し、KO勝ち。

2015年4月19日、K-1 WORLD GP 2015 IN JAPAN~-55kg初代王座決定トーナメント~にてK-1 WORLD GP-65kg王者ゲーオ・フェアテックスと対戦予定であったが、ゲーオの怪我のためマサロ・グランダー相手に変更。2RTKO負けに終わった。

2015年8月22日、Krush.57 ~in NAGOYA~にて山崎秀晃と対戦し、判定勝ち。

2016年3月4日、K-1 WORLD GP 2016 -65kg日本代表決定トーナメントに出場。1回戦で木村ミノルに1RKO勝ち。準決勝ではHIROYAに判定勝ちし決勝へ進出するも、山崎秀晃に判定で敗れ準優勝に終わった。

2016年6月24日、 K-1 WORLD GP 2016 -65kg世界最強決定トーナメントに出場。1回戦でK-1デビュー戦で TKO負けを喫したマサロ・グランダーと対戦し、判定勝ちでリベンジを果たす。準決勝では王者であるゲーオ・ウィラサクレックとの対戦が実現。序盤はゲーオを苦戦させたが中盤からゲーオにペースを握られ判定負けを喫した。

2016年11月19日、フランスマルセイユで行われた大会『Nuit Des champions』のNDC -66kg世界タイトルマッチに出場しエディ・ネイト・スリマニに3RKO勝利し、王座獲得に成功した。

K-1 WORLD GP王座獲得[編集]

2017年6月18日、K-1 WORLD GP 2017 JAPAN ~第2代スーパー・ウェルター級王座決定トーナメント~のK-1 WORLD GPスーパー・ライト級(-65kg)タイトルマッチにおいて王者ゲーオ・ウィラサクレックと対戦し、延長までもつれた末に判定2-1(9-10、10-9、10-9)で勝利し、念願のK-1 WORLD GP王座に輝いた。

2018年3月21日、K-1 WORLD GP 2018 JAPAN ~K’FESTA.1~にてK-1 WORLD GPスーパー・ライト級タイトルマッチで挑戦者の大和哲也と対戦し、KO勝ちで王座の初防衛に成功した。

戦績[編集]

プロキックボクシング[編集]

キックボクシング 戦績
46 試合 (T)KO 判定 その他 引き分け 無効試合
36 17 20 0 0 0
8 2 6 0
勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
ヤン・ハオドン 1R 2:58 KO (左ハイキック) Krush.92 ~in NAGOYA~ 2018年8月18日
ヴィンセント・フォシアーニ 2R 2:46 KO (左ボディブロー) K-1 WORLD GP 2018 JAPAN ~第2代フェザー級王座決定トーナメント~ 2018年6月17日
大和哲也 3R 2:57 KO (右ストレート→パンチ連打) K-1 WORLD GP 2018 JAPAN ~K'FESTA.1~ 2018年3月21日
ディエゴ・フレイタス 2R 2:14 KO (右ミドル) Krush.79 〜inNAGOYA〜 2017年8月20日
ゲーオ・ウィラサクレック 3R+延長1R終了 判定2-1 K-1 WORLD GP 2017 JAPAN~第2代スーパー・ウェルター級王座決定トーナメント~
【K-1 WORLD GP 2017 JAPAN スーパーライト級 タイトルマッチ】
2017年6月18日
ユネス・スマイリ 3R終了 判定3-0 K-1 WORLD GP 2017 JAPAN~初代ライト級王座決定トーナメント~
2017年2月25日
エディ・ネイト・スリマニ 3R 2:51 KO (膝蹴り) Nuit Des champions
【NDS 66kg タイトルマッチ】
2016年11月19日
ワン・ポンフェイ 1R 1:37 KO (三日月蹴り) Krush.68 〜inNAGOYA〜
2016年8月20日
× ゲーオ・ウィラサクレック 3R終了 判定0-3 K-1 WORLD GP 2016 IN JAPAN~-65kg世界最強決定トーナメント~
【K-1 WORLD GP 2016 -65kg世界最強決定トーナメント準決勝】
2016年6月24日
マサロ・グランダー 3R終了 判定3-0 K-1 WORLD GP 2016 IN JAPAN~-65kg世界最強決定トーナメント~
【K-1 WORLD GP 2016 -65kg世界最強決定トーナメント1回戦】
2016年6月24日
× 山崎秀晃 3R終了 判定0-2 K-1 WORLD GP 2016 IN JAPAN~-65kg日本代表決定トーナメント~
【K-1 WORLD GP 2016 -65kg日本代表決定トーナメント決勝戦】
2016年3月4日
HIROYA 3R終了 判定2-0 K-1 WORLD GP 2016 IN JAPAN~-65kg日本代表決定トーナメント~
【K-1 WORLD GP 2016 -65kg日本代表決定トーナメント準決勝】
2016年3月4日
木村ミノル 1R 2:54 KO(右ヒザ蹴り) K-1 WORLD GP 2016 IN JAPAN~-65kg日本代表決定トーナメント~
【K-1 WORLD GP 2016 -65kg日本代表決定トーナメント1回戦】
2016年3月4日
左右田泰臣 3R終了 判定3-0 K-1 WORLD GP 2015 IN JAPAN~THE CHAMPIONSHIP~ 2015年11月21日
山崎秀晃 延長R終了 判定3-0 Krush.57 ~in NAGOYA~ 2015年8月22日
× マサロ・グランダー 2R 0:40 TKO(ドクターストップ) K-1 WORLD GP 2015 IN JAPAN~-55kg初代王座決定トーナメント~ 2015年4月19日
イリアス・ブライド 3R終了 判定3-0 Krush.51 2015年2月6日
緒方惇 1R 2:50 KO(右ストレート) Krush.48 in SENDAI 2014年12月21日
× 大和哲也 5R終了 判定3-0 NJKF 2014 1st
【WBCムエタイインターナショナルスーパーライト級タイトルマッチ】
2014年2月16日
久保優太 3R終了 判定3-0 Krush.32 ~in NAGOYA~
【TOKYO×NAGOYA・5対5マッチ 大将戦 Krush -67kg級タイトルマッチ】
2013年9月1日
高橋誠治 3R 1:17 KO(右前蹴り) NJKF 2013 4th
【WBCムエタイ日本スーパーライト級王座決定戦】
2013年7月15日
× 久保優太 3R終了 判定134-146 GLORY 8 TOKYO -65kg Slam
【決勝】
2013年5月3日
モサブ・アムラーニ 3R終了 判定144-141 GLORY 8 TOKYO -65kg Slam
【準決勝】
2013年5月3日
リアム・ハリソン 2R 1:06 TKO(左膝蹴りによるカット) GLORY 8 TOKYO -65kg Slam
【準々決勝】
2013年5月3日
裕樹 2R 1:35 TKO(右ストレート) Road to GLORY JAPAN -65kg SLAM
【決勝】
2013年3月10日
小宮由紀博 3R終了 判定2-0 Road to GLORY JAPAN -65kg SLAM
【準決勝】
2013年3月10日
HIROYA 3R終了 判定2-0 Road to GLORY JAPAN -65kg SLAM
【一回戦】
2013年3月10日
西山誠人 2R 1:56 KO(右ストレート) Krush Grand Prix 2013 ~-67kg級初代王座決定トーナメント~ 2013年1月14日
イェトキン・オズクル 3R終了 判定3-0 Krush.24 2012年11月10日
牧平圭太 3R終了 判定3-0 Krush.22 ~in NAGOYA~
【NAGOYA×TOKYO・5対5マッチ 副将戦】
2012年8月26日
× ラズ・セルキシアン 3R終了 判定0-3 ホーストカップ ~Departure~
【ホースト選抜TEAM vs 日本選抜TEAM セミファイナル】
2012年5月20日
セドリック・ペイノー 3R終了 判定3-0 Krush.17 2012年3月17日
園田顕悟 3R終了 判定3-0 元気ですか!! 大晦日!! 2011 2011年12月31日
卜部功也 1R 2:58 KO(左飛び膝蹴り) Krush.14
【Krush YOUTH GP 2011 トーナメント決勝戦】
2011年12月9日
HIROYA 3R終了 判定3-0 Krush.14
【Krush YOUTH GP 2011 トーナメント準決勝】
2011年12月9日
佐々木大蔵 2R 1:42 KO(左ボディフック) Krush YOUTH GP 2011~-63kg Supernova Tournament~開幕戦
【Krush YOUTH GP 2011 トーナメント準々決勝】
2011年10月10日
乱暴 3R 1:28 TKO(右膝蹴り) Krush YOUTH GP 2011~-63kg Supernova Tournament~開幕戦
【Krush YOUTH GP 2011 トーナメント一回戦】
2011年10月10日
× 久保優太 3R終了 判定0-3 K-1 WORLD MAX 2011 -63kg Japan Tournament FINAL
【準決勝】
2011年6月25日
梶原龍児 延長R終了 判定2-1 K-1 WORLD MAX 2011 -63kg Japan Tournament FINAL
【1回戦】
2011年6月25日
× "狂拳"竹内裕二 3R 1:51 KO(左フック) Krush初代王座決定トーナメント ~Triple Final Round~
【Krush-60kg初代王座決定トーナメント準決勝】
2011年4月30日
青津潤平 3R終了 判定2-0 Krush初代王座決定トーナメント~Round.1~
【Krush-60kg初代王座決定トーナメント1回戦】
2010年12月12日
卜部弘嵩 3R終了 判定2-0 Krush.10 2010年9月20日
白神喜弘 3R 2:37 KO(左ボディストレート) Krush-EX 〜Next Generation Fight 2010 vol.2〜 2010年6月12日
ソルデティグレ・ヨースケ 2R 1:29 KO(右跳び膝蹴り) Krush.6 2010年4月29日
浅瀬石真司 3分3R終了 判定3-0 NAGOYA KICK 〜CENTRAL RHYTHM〜 2010年3月14日

アマチュアキックボクシング[編集]

勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
× 石田圭吾 2分1R終了 判定0-3 K-1甲子園 KING OF UNDER 18 〜FINAL
【K-1甲子園2010 2回戦】
2010年11月20日
武田直樹 2分1R終了 判定3-0 K-1甲子園 KING OF UNDER 18 〜FINAL
【K-1甲子園2010 1回戦】
2010年11月20日
嶋田翔太 2分3R終了 判定3-0 Dynamite!! 〜勇気のチカラ2009〜
【K-1甲子園2009 62kg級 決勝】
2009年12月31日
HIROYA 2分3R終了 判定3-0 Dynamite!! 〜勇気のチカラ2009〜
【K-1甲子園2009 62kg級 準決勝】
2009年12月31日
宮元啓介 2分3R終了 判定3-0 K-1 WORLD MAX 2009 World Championship Tournament FINAL
【K-1甲子園2009 62kg級 準々決勝】
2009年10月26日
村越凌 3R 0:59 TKO(レフェリーストップ:右膝蹴り) K-1甲子園 〜FINAL 16
【K-1甲子園2009 62kg級 1回戦】
2009年8月10日
竹野蓮 3分2R終了 判定3-0 ファイティングロード杯ダブルインパクト 2008年12月6日
酒井楽 2分2R終了 判定0-1 HEAT 7
【HEATニューエイジファイト】
2008年7月13日
佐々木大蔵 3分1R終了 判定0-0 チームドラゴン主催興行「燃えろドラゴン! その壱」
【アマチュアチャレンジマッチ】
2007年12月22日
廣池朋和 KO BRIDGE one match challenge 6th 2007年10月28日

獲得タイトル[編集]

  • K-1 スーパーライト級 王座
  • Nuit Des champions 66kg王座
  • 第2代Krush -67kg級王座
  • WBCムエタイ日本スーパーライト級王座
  • Road to GLORY JAPAN -65kg SLAM 優勝 (2013)
  • Krush YOUTH GP 2011 ~-63kg Supernova Tournament~ 優勝
  • K-1甲子園2009 62kg級優勝
  • 第40回全日本新空手道選手権大会 K-2グランプリ 軽量級 優勝
  • 第2代K-1 WORLD GPスーパーライト級王座

脚注[編集]

  1. ^ 大胆不敵!怪童・野杁はK-1甲子園3連覇が目標 K-1公式サイト 2009年8月5日
  2. ^ あの選手がまさかの落選!? トライアウトはドラマの連続 K-1公式サイト 2007年2月25日
  3. ^ 【K-1】トライアウトにGRABAKA・山宮、ライズ・百瀬、チームドラゴン3名など、9名が合格 格闘技ウェブマガジンGBR 2007年2月25日
  4. ^ 第20回全日本新空手道選手権大会 全日本新空手道連盟 公式サイト
  5. ^ 【ナゴヤキック】K-1甲子園王者・野杁正明がデビュー戦で完勝!秋元皓貴も勝利 格闘技ウェブマガジンGBR 2010年3月14日
  6. ^ 【Krush】山本優弥が劇的KOでメインを締める!K-1甲子園王者・野杁もKO勝利 格闘技ウェブマガジンGBR 2010年4月29日
  7. ^ 【Krush】K-1甲子園王者・野杁正明、初のメインイベントで見事なKO勝利 格闘技ウェブマガジンGBR 2010年6月12日
  8. ^ 【Krush】63kg級で大波乱!卜部功也がK-1王者・大和哲也を撃破 格闘技ウェブマガジンGBR 2010年9月20日
  9. ^ 【K-1甲子園】兄弟制覇!初代王者雄大の弟・晴山翔栄が優勝、野杁は2回戦敗退 格闘技ウェブマガジンGBR 2010年11月20日
  10. ^ 【Krush】大激闘と番狂わせ!初代チャンピオンの座に瀧谷、卜部兄、梶原が就く 格闘技ウェブマガジンGBR 2011年4月30日
  11. ^ 【K-1MAX】久保が決勝で卜部を下してトーナメント優勝!佐藤はクラウスにリベンジ 格闘技ウェブマガジンGBR 2011年6月25日
  12. ^ 梶原龍児の試合後インタビュー K-1公式サイト 2011年6月25日
  13. ^ 5・11「Krush.41」野杁正明がKrush-67kgのベルトを返上、65kg戦線に殴り込み!「今の65kgはパッとしないんで僕が盛り上げる」 Krush公式サイト 2014年2月26日
  14. ^ 【Krush】仙台大会で野杁正明が復帰戦 e-Fight 2014年11月19日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

前優勝者
HIROYA
K-1甲子園2009優勝
2009年12月31日
次優勝者
N/A
前王者
久保優太
第2代Krush -67kg王者

2013年9月1日 - 2014年2月26日

空位
次タイトル獲得者
牧平圭太
前王者
ゲーオ・フェアテックス
第2代K-1 WORLD GPスーパーライト級王者

2017年6月18日 - 現在

次王者
N/A