大和哲也

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
大和 哲也
Tetsuya Yamato.jpg
基本情報
本名 岩下 哲也
通称 豪腕ペンキ職人
ミスター大和魂
階級 スーパーライト級
国籍 日本の旗 日本
誕生日 (1987-12-10) 1987年12月10日(31歳)
出身地 愛知県知多市
身長 171cm
体重 63kg
スタイル キックボクシング
プロキックボクシング戦績
総試合数 53
勝ち 37
KO勝ち 27
敗け 15
引き分け 1
テンプレートを表示

大和 哲也(やまと てつや、1987年12月10日 - )は、日本男性キックボクサー愛知県知多市出身。大和キックボクシングジム所属。元WBCムエタイ世界スーパーライト級王者。現Lion Fight世界スーパーライト級王者。

以前は格闘技選手と塗装工を兼務しており、「豪腕ペンキ職人」の異名を取った。

来歴[編集]

小学1年から少林寺拳法を始めた[1]

2002年、15歳で大和キックボクシングジムに入門、キックボクシングを始めた。

2005年7月31日、R.I.S.E.でプロデビュー。2005年度のNJKF新人賞を受賞した[2]

2008年7月27日、NJKFライト級王座決定戦でHANAWAと対戦し、1R開始42秒左フックでKO勝ちを収め王座を獲得した[3]。2008年はNJKF3戦3勝2KOの戦績を記録し、NJKF最優秀選手賞を獲得した[4]

2009年4月12日、マーシャルアーツ日本キックボクシング連盟興行でMA日本スーパーライト級王者の壮泰と対戦し、右ストレートでKO勝ち[5]

2009年7月19日、アメリカ合衆国・アナハイム コンベンションセンターで開催された「ALTIMATE WARRIORS」でWMCインターコンチネンタルライト級王者のゲンサック・ソープランジットに挑戦し、5RKO勝ちで王座を獲得した[6]

2009年10月12日、「MuayThai OPEN 9」でデンサイアム・ルークプラバーツと対戦し、判定負け。連勝は8でストップした[7]

2009年12月4日、WBCムエタイルール日本統一王座決定トーナメント・ライト級決勝で河野雄大と対戦し、TKO勝ちを収め初代王座を獲得した[8]

2009年12月23日、大和ジム創立40周年&名古屋JKファクトリー創立20周年記念興行のダブルメインイベント1試合目でラチャヨーティン・ワイルドシーサーと対戦し、左ボディでダウンを奪いKO勝ち[9]

2009年は7戦6勝6KO1敗となり、2009年度のNJKF殊勲賞を受賞した[10]

2010年3月14日、カリフォルニア州・エルモンテ・エキスポセンターで開催された「ワールド・チャンピオン・ムエタイ・エクストラバギャンザ」のMTAA世界ライト級王座決定戦でセンチャイ・ソー・キングスターと対戦し、左ハイキックでKO負けを喫し王座獲得ならず[11]

2010年3月23日付けでNJKFライト級王座を返上した[12]

2010年5月2日、K-1初参戦となったK-1 WORLD MAX 2010 〜-63kg Japan Tournament 1st Round〜で優勝候補とも目されていた[13]山本真弘と対戦し、3-0の判定勝ち。

2010年7月5日、K-1 WORLD MAX 2010 〜-63kg Japan Tournament FINAL〜では、準々決勝で裕樹に左フックで1RKO勝ち。準決勝で才賀紀左衛門に左フックで2RKO勝ち。決勝で久保優太と対戦し、1Rに先制のダウンを奪われるも3Rに左フックで逆転KO勝ち。3試合連続KO勝ち(全て左フック)を収め、優勝を果たした。

2010年9月20日、Krush初参戦となったKrush.10卜部功也と対戦し、1Rに左ストレートでダウンを奪われた上で、0-3の判定負けを喫した[14]。その後、塗装会社を退職し、格闘技選手を本職とするようになった[15]

2010年12月31日、Dynamite!! 〜勇気のチカラ2010〜西浦"ウィッキー"聡生とK-1ルールで対戦し、1-0の判定ドローとなった[16]

2011年5月21日、15周年記念シリーズ NEW JAPAN BLOOD 3で、M-1スーパーライト級王者西山誠人と対戦。1R目から圧倒し、2RTKO勝利を収めた[17]

2011年6月25日、K-1 WORLD MAX 2011 -63kg Japan Tournament FINALに出場。1回戦でK-1甲子園2008王者HIROYAと対戦し、2R終了間際に左フックでダウンを奪い3-0の判定勝ちを収め、準決勝で過去に黒星をつけられている卜部功也と対戦し0-3の判定負けを喫した[18]

2011年12月9日、Krush.14でKrush-63kg級王者の梶原龍児に挑戦し、判定負けを喫し王座の獲得に失敗した。

2012年5月20日、ホーストカップ2012~Depature~でIT'S SHOWTIME元王者セルジオ・ヴィールセンに判定で勝利。

2014年2月16日、NJKF 2014 1stにてWBCムエタイインターナショナルスーパーライト級タイトルマッチで野杁正明と対戦し、5R判定勝ちで王座の防衛に成功した。

2014年11月15日、NJKF8thにてWBCムエタイ世界スーパーライト級王者サゲッダーオ・ペットパヤタイ (タイ)に挑戦。 3R1分53秒 左肘によりサゲッダーオの鼻骨を折りTKO勝利。 同日にタイトルマッチを行った梅野源治とともに日本人初となるWBCムエタイ世界王者となった。

2015年3月27日 Lion Fight 21にてLion Fight スーパーライト級王者ケビン・ロスに挑戦。 1R2分43秒 肘打ちからのレフェリーストップでTKO勝ち、Lion Fight世界スーパーライト級王座を獲得。

2015年9月27日、WBCムエタイ世界スーパーライト級王座統一戦で暫定王者アランチャイ・ギャットパッタラパンと対戦し、5R判定負けを喫し王座の初防衛に失敗した。

2015年12月27日、元ルンピニースタジアムライト級王者のパコーン・PKセンチャイムエタイジムと対戦し、2-0で5R判定勝ちを収めた。

2017年4月22日、K-1 WORLD GP 2017 JAPAN ~第2代スーパー・バンタム級王座決定トーナメント~でHIROYAと6年ぶりに再戦し、左フックで2RKO勝ちを収めた。

戦績[編集]

キックボクシング 戦績
53 試合 (T)KO 判定 その他 引き分け 無効試合
37 27 10 0 1 0
15 3 10 0
勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
HIROYA 2R 0:58 KO(左フック) K-1 WORLD GP 2017 JAPAN ~第2代スーパー・バンタム級王座決定トーナメント~ 2017年4月22日
× ペッタノン・バンチャメーク 3R終了 判定0-3 KUNLUN FIGHT 49×REBELS.45
【クンルンファイト65kg世界トーナメント一回戦】
2016年8月7日
山口裕人 1R 2:37 TKO(3ノックダウン) RIZIN.1 2016年4月17日
× リアム・ハリソン 5R終了 判定0-3 YOKKAO 17
【YOKKAO-65kg王座決定戦 】
2016年3月19日
パコーン・PKセンチャイムエタイジム 5R終了 判定2-0 アーネストホーストジムJAPAN 「HOOST CUP~KINGS NAGOYA~」
メインイベント ホーストカップEXルール 64kg契約 3分5R
2015年12月27日
× アランチャイ・ギャットパッタラパン 5R終了 判定0-3 NJKF/JAPAN KICKBOXING INNOVATION 「NJKF 2015 6th」
【WBCムエタイ世界スーパーライト級王座統一戦】
2015年9月27日
× ゴーンサック・PKセーンチャイムエタイジム 5R終了 判定0-3 NKJF/「NJKF2015 3rd」
日タイ国際戦
2015年5月10日
ケビン・ロス 1R TKO (肘打ち) Lion Fight 21
【Lion Fight世界スーパーライト級タイトルマッチ】
2015年3月27日
サゲッダーオ・ペットパヤタイ 3R TKO (肘打ち) ニュージャパンキックボクシング連盟「NJKF 2014 8th」
【WBCムエタイ世界スーパーライト級タイトルマッチ】
2014年11月15日
ファイパー・シップンミー 3R TKO ニュージャパンキックボクシング連盟「NJKF 2014 5th」
【WBCムエタイ世界スーパーライト級タイトルマッチ前哨戦】
2014年7月21日
野杁正明 5R終了 判定3-0 ニュージャパンキックボクシング連盟「NJKF 2014 1st」
【WBCムエタイインターナショナルスーパーライト級タイトルマッチ】
2014年2月16日
ケビン・ロス 3R終了 判定2-1 LION FIGHT 11 2013年9月20日
× サゲッダーオ・ペットパヤタイ 4R TKO(肘打ち) M-ONE GRAND MUAY THAI
【WBCムエタイ世界スーパーライト級タイトルマッチ】
2013年5月16日
× ガンスワン 3R終了 判定0-3 ニュージャパンキックボクシング連盟「NJKF 2013 1st」 2013年2月17日
ポール・カーポウィッツ 5R終了 判定3-0 ニュージャパンキックボクシング連盟「KICK TO THE FUTURE 6」
【WBCムエタイインターナショナルスーパーライト級王座決定戦】
2012年9月22日
高橋誠治 2R 1:21 TKO(左肘打ち) ニュージャパンキックボクシング連盟「KICK TO THE FUTURE 3」
【WBCムエタイ日本スーパーライト級タイトルマッチ】
2012年6月24日
セルジオ・ヴィールセン 3R終了 判定3-0 ホーストカップ 2012年5月20日
デンサイアム・ルークプラバーツ 1R 2:28 KO(パンチの連打) ニュージャパンキックボクシング連盟「KICK TO THE FUTURE 1」 2012年2月18日
× 梶原龍児 3R終了 判定0-3 Krush.14
【Krush-63kg級タイトルマッチ】
2011年12月9日
× ジョムトーン・チュワタナ 5R終了 判定0-3 WBCムエタイ・ジャパン第2回大会 「The Path to the World Champion」 2011年10月2日
シュガー・ケイン・コーク・チュナワット 3R 2:24 TKO(肘によるカット) M1 ムエタイ・グランド・チャンピオンシップ 2011年8月14日
× 卜部功也 3R終了 判定0-3 K-1 WORLD MAX 2011 -63kg Japan Tournament FINAL
【準決勝】
2011年6月25日
HIROYA 3R終了 判定3-0 K-1 WORLD MAX 2011 -63kg Japan Tournament FINAL
【1回戦】
2011年6月25日
西山誠人 2R 1:30 TKO(3ノックダウン) ニュージャパンキックボクシング連盟「15周年記念シリーズ NEW JAPAN BLOOD 3」 2011年5月21日
西浦"ウィッキー"聡生 3R終了 判定1-0 Dynamite!! 〜勇気のチカラ2010〜 2010年12月31日
× 卜部功也 3R終了 判定0-3 Krush.10 2010年9月20日
久保優太 3R 1:26 KO(左フック) K-1 WORLD MAX 2010 〜-70kg World Championship Tournament FINAL16 / -63kg Japan Tournament FINAL〜
【-63kg Japan Tournament 決勝】
2010年7月5日
才賀紀左衛門 2R 2:13 KO(左フック) K-1 WORLD MAX 2010 〜-70kg World Championship Tournament FINAL16 / -63kg Japan Tournament FINAL〜
【-63kg Japan Tournament 準決勝】
2010年7月5日
裕樹 1R 3:03 KO(左フック) K-1 WORLD MAX 2010 〜-70kg World Championship Tournament FINAL16 / -63kg Japan Tournament FINAL〜
【-63kg Japan Tournament 準々決勝】
2010年7月5日
山本真弘 3R+延長R終了 判定3-0 K-1 WORLD MAX 2010 〜-63kg Japan Tournament 1st Round〜
【1回戦】
2010年5月2日
× センチャイ・ソー・キングスター 1R 2:13 KO(左ハイキック) 米国ムエタイ連盟「ワールド・チャンピオン・ムエタイ・エクストラバギャンザ」
【MTAA世界ライト級王座決定戦】
2010年3月14日
ラチャヨーティン・ワイルドシーサー 3R 1:05 KO(左ボディブロー) 大和ジム40周年&名古屋JKF20周年記念興行 THE ORIGIN OF KICK BOXING 〜キックの源流 大和魂集結!〜」 2009年12月23日
河野雄大 4R 2:22 TKO(ドクターストップ:眉間カット) マーシャルアーツ日本キックボクシング連盟「BREAK THROUGH-14 〜突破口〜」
【WBCムエタイルール日本統一王座決定トーナメント ライト級 決勝】
2009年12月4日
× デンサイアム・ルークプラバーツ 5R終了 判定0-3 ニュージャパンキックボクシング連盟/センチャイムエタイ「MuayThai OPEN 9」 2009年10月12日
大江和也 2R 2:15 KO(左ボディブロー) ニュージャパンキックボクシング連盟「WBCムエタイルール日本統一王座決定戦 〜ROAD TO REAL KING 11〜」
【WBCムエタイルール日本統一王座決定トーナメント ライト級 準決勝】
2009年9月23日
カンサック・ソー・プラーンジット 5R 2:59 KO(左ボディブロー) ALTIMATE WARRIORS
【WMCインターナショナルライト級タイトルマッチ】
2009年7月19日
マキ・ランサヤーム 2R 2:30 TKO(カット) NAGOYAKICK 〜夏FES.09 FREEDOM〜 2009年7月5日
壮泰 1R 2:32 TKO(レフェリーストップ:右フック) マーシャルアーツ日本キックボクシング連盟「BREAK THROUGH-10 〜突破口〜」 2009年4月12日
パティバンS・小林 5R終了 判定3-0 NAGOYAKICK 〜DrumRoll Please!!〜 2008年12月23日
靖卓 3R 1:51 TKO(ドクターストップ:左まぶたカット) ニュージャパンキックボクシング連盟「START OF NEW LEGEND XIII 〜新しい伝説の始まり〜」 2008年11月9日
HANAWA 1R 0:42 KO(左フック) ニュージャパンキックボクシング連盟「START OF NEW LEGEND IX 〜新しい伝説の始まり〜」
【NJKFライト級王座決定戦】
2008年7月27日
中山宏美 4R 1:16 TKO(レフェリーストップ:左目尻カット) ニュージャパンキックボクシング連盟「START OF NEW LEGEND II 〜新しい伝説の始まり〜」
【NJKFライト級王者決定トーナメント 準決勝】
2008年3月8日
× カノンスック・ウィラサクレック 2R 2:46 KO(左ストレート) ニュージャパンキックボクシング連盟「FIGHTING EVOLUTION XIII 〜進化する戦い〜」 2007年11月23日
一輝 5R 2:59 KO(右ストレート) ニュージャパンキックボクシング連盟「FIGHTING EVOLUTION X 〜進化する戦い 10th〜 THE NEXT GENERATION, WHO GET THE CHAMP!?」 2007年9月2日
ガンバ黒田 5R 0:35 TKO(タオル投入) ニュージャパンキックボクシング連盟「FIGHTING EVOLUTION VIII 〜進化する戦い〜 COUNTER THE ASIAN ATTACK」 2007年7月1日
× ヨーユット 5R終了 判定0-3 ニュージャパンキックボクシング連盟/センチャイムエタイジム「FIGHTING EVOLUTION II 〜進化する戦い〜 MUAYTHAI OPEN」 2007年1月28日
押炉花者 3R 0:20 TKO(タオル投入) ニュージャパンキックボクシング連盟「ADVANCE X 〜前進〜 真王杯決勝戦」 2006年11月23日
ミシマ 2R 2:17 KO(3ノックダウン:右フック) ニュージャパンキックボクシング連盟「ADVANCE VIII 〜前進〜 真王杯 55kg・60kg オープントーナメント」 2006年9月24日
ひでお 3R終了 判定3-0 ニュージャパンキックボクシング連盟/センチャイムエタイジム「ADVANCE VI 〜前進〜」 2006年7月2日
小猿 3R終了 判定3-0 ニュージャパンキックボクシング連盟「ADVANCE V 〜前進〜 YOUNG FIGHT」 2006年5月14日
× 一輝 3R終了 判定0-3 ニュージャパンキックボクシング連盟「ADVANCE I 〜前進〜」 2006年1月15日
峰川卓也 3R 1:19 TKO ニュージャパンキックボクシング連盟「INFINITE CHALLENGE VIII 〜無限の挑戦〜」 2005年9月24日
小川英二 1R 1:50 KO(左ローキック) R.I.S.E. XVII 2005年7月31日

獲得タイトル[編集]

  • 第4代NJKFライト級王座(返上)
  • WMCインターコンチネンタルライト級王座
  • WBCムエタイ日本ライト級王座
  • WBCムエタイ日本スーパーライト級王座
  • WBCムエタイインターナショナルスーパーライト級王座
  • WBCムエタイ世界スーパーライト級王座
  • K-1 -63kg Japan Tournament 優勝
  • Lion Fight世界スーパーライト級王座

脚注[編集]

  1. ^ 365人インタビュー 格闘技ウェブマガジンGBR 2009年8月30日
  2. ^ [NJKF] 1.15 後楽園:岩井&高橋、ノンタイトル戦で完勝 BoutReview 2006年1月15日
  3. ^ 【NJKF】国崇と大和が新チャンピオンに!米田はムエタイ現役ランカーに壮絶KO敗 格闘技ウェブマガジンGBR 2008年7月27日
  4. ^ [NJKF] 大和哲也が08年最優秀選手賞。長島が4賞獲得 BoutReview 2009年1月27日
  5. ^ 【MA日本キック】NJKF王者・大和哲也、MA王者・壮泰に電光石火のKO勝ち 格闘技ウェブマガジンGBR 2009年4月12日
  6. ^ 【NJKF】大和哲也がアメリカでWMC王座獲得!ゲンサックをKO 格闘技ウェブマガジンGBR 2009年7月19日
  7. ^ 【NJKF】アヌワットがムエタイMVPウティデートを戦慄のワンパンチKO! 格闘技ウェブマガジンGBR 2009年10月12日
  8. ^ 【MA日本キック】駿太と山本佑機がムエタイのヒジ凶弾に散る! 格闘技ウェブマガジンGBR 2009年12月4日
  9. ^ 【大和ジム&名古屋JKF】佐藤嘉洋が9年ぶり名古屋凱旋!5度のダウン奪い圧勝 格闘技ウェブマガジンGBR 2009年12月24日
  10. ^ 【NJKF】2009年度MVPは国崇に決定!殊勲賞は大和哲也、敢闘賞は羅紗陀 格闘技ウェブマガジンGBR 2010年1月27日
  11. ^ 【海外キック】マグナム酒井&大和哲也、ムエタイ強豪の前に壮絶に散る! 格闘技ウェブマガジンGBR 2010年3月14日
  12. ^ 【NJKF】3・28大和哲也が王座返上、ひでおVS宮越は次期王座決定トーナメントに 格闘技ウェブマガジンGBR 2010年3月25日
  13. ^ 優勝候補×KOマシーン=山本真弘×大和哲也PV K-1公式サイト 2010年4月21日
  14. ^ 【Krush】63kg級で大波乱!卜部功也がK-1王者・大和哲也を撃破 格闘技ウェブマガジンGBR 2010年9月20日
  15. ^ 2010年11月5日付中日スポーツ7面
  16. ^ 【Dynamite!!】 高谷が王座奪取!長島☆自演乙が青木をKO!石井はバンナに辛勝 格闘技ウェブマガジンGBR 2010年12月31日
  17. ^ 佐藤嘉洋のMAX TALK!!【動画】 K-1公式サイト 2011年6月1日
  18. ^ 【K-1MAX】久保が決勝で卜部を下してトーナメント優勝!佐藤はクラウスにリベンジ 格闘技ウェブマガジンGBR 2011年6月25日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

空位
前タイトル保持者
桜井洋平
第4代NJKFライト級王者

2008年7月27日 - 2010年3月23日(返上)

空位
次タイトル獲得者
N/A
前王者
ゲンサック・ソープランジット
WMCインターコンチネンタルライト級王者

2009年7月19日 - 現在

次王者
N/A
前王者
初代
初代WBCムエタイ日本ライト級王者

2009年12月4日 - 現在

次王者
N/A
前王者
(正規)サゲッダーオ・ペットパヤタイ
(暫定)アランチャイ・ギャットパッタラパン
第4代WBCムエタイ世界スーパーライト級王者

2014年11月15日 - 2015年9月27日

次王者
アランチャイ・ギャットパッタラパン
前王者
ケビン・ロス
第2代Lion Fight世界スーパーライト級王者

2015年3月27日 - 不明

次王者
タム・シットヨードトン