卜部弘嵩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
卜部 弘嵩
基本情報
通称 ハイキック王子
魂の破壊王
階級
スーパーフェザー級
国籍 日本の旗 日本
誕生日 (1989-05-13) 1989年5月13日(28歳)
出身地 東京都江東区
身長 169cm
体重 60kg
スタイル 芦原空手
プロキックボクシング戦績
総試合数 50
勝ち 33
KO勝ち 16
敗け 14
引き分け 3
無効試合 0
テンプレートを表示

卜部 弘嵩(うらべ ひろたか、1989年5月13日 - )は、日本男性キックボクサー東京都江東区出身。KREST所属。現ISKAオリエンタル[1]世界スーパーライト級王者。元K-1 WORLD GPスーパーフェザー級王者。

キックボクサー卜部功也は実弟。フィリピン人の母親を持つハーフ。

来歴[編集]

小学1年生の時に空手を始める。

2007年4月1日、日本アマチュアキックボクシング連盟主催「BRAVE-3」に出場。黒須睦夫に判定2-0勝ち、佐野博昭にも判定2-0勝ち。

2007年5月3日、「K-2 GRAND PRIX 第18回全日本新空手道選手権大会」軽中量級(65kg以下)に出場。決勝で渡部翔太(龍道場)に判定勝ちし、17歳での優勝を果たす[2]

2007年7月29日、18歳で全日本キックボクシング連盟興行でプロデビューし、西山洋介と対戦。開始直後から右ストレート、右ストレート、左ハイキックで3ダウンを奪い1R58秒でKO勝ち、プロデビュー戦を飾る。

2008年1月12日、全日本キックボクシング連盟2007年度年間表彰式が開催され、瀧谷渉太と共に新鋭賞を受賞した。

2008年2月9日、全日本キックボクシング連盟興行で鈴木真治とライト級ランキング戦で対戦。延長の末、判定負け。プロ4戦目で初黒星となった。

2008年7月7日、参戦を熱望していたK-1初参戦となったK-1 WORLD MAX 2008 FINAL8でデニス・テリシャと対戦し、右フックでKO負け。

2009年8月10日、K-1甲子園 〜FINAL 16で坪井悠介と対戦し、判定勝ち。

2009年10月より親元を離れ弟・功也と2人暮らしを始め、所属先もチームドラゴンに変更した。

2010年5月2日、K-1 WORLD MAX 2010 〜-63kg Japan Tournament 1st Round〜谷山俊樹と対戦し、1-2の判定負け。

2010年9月20日、Krush.10野杁正明と対戦し、0-2の判定負け[3]

2010年12月12日、Krush -60kg級初代王座決定トーナメントに出場。1回戦で元全日本スーパー・フェザー級王者・石川直生と対戦し、2-0の判定勝ち。

Krush王座獲得[編集]

2011年4月30日、Krush -60kg級初代王座決定トーナメントの準決勝で、DYNAMITE祐太と対戦し、2-0の判定勝ち。決勝戦で"狂拳"竹内裕二と対戦し、1Rに左ハイキックでKO勝ち。初代Krush -60kg級王座の獲得に成功。

2011年7月16日、Krush -70kg初代王座決定トーナメント〜決勝戦〜で、WBCムエタイ中国王者チェン・ミンミンと対戦し3Rに放った飛び膝蹴りでチェンの鼻骨が骨折。それによりドクターストップがかかりTKO勝ちを収めた[4]

2012年1月9日、Krush.15にてKrush -60kg級王座の防衛戦で石川直生と対戦し、0-0の引き分で王座の初防衛に成功した。

2012年7月21日、Krush.20にてKrush -60kg級王座の防衛戦で大沢文也と対戦し、後ろ回し蹴りでKO勝ち。2度目の王座防衛に成功。

2012年12月14日、Krush.25にてKrush -60kg級王座の防衛戦で石川直生と対戦し、0-1の引き分で3度目の王座のに成功。

2013年8月11日、Krush.30にてKrush -60kg級王座の防衛戦で板橋寛と対戦し、0-3の判定負けで王座防衛に失敗。

世界スーパーライト級王座獲得[編集]

2014年5月1日、フランスゲレで開催されたBEST OF FIGHTのISKAオリエンタル[5]世界スーパーライト級(-63.5kg)王座決定戦でグザヴィエ・バスターと対戦し、判定勝ちで王座の獲得に成功。

2014年11月9日、Krush.47のKrush -60kg級王座決定戦で島野浩太朗と対戦し、3-0の判定勝ち。王座獲得に成功。

2015年1月18日、K-1 WORLD GP -60kg級初代王座決定トーナメントに出場。1回戦でカリム・ベノーイにTKO勝ち。準決勝でハビエル・エルナンデス勝ちするが、決勝戦で卜部功也に0-3の判定負けを喫して、準優勝に終わる。

2015年5月4日、Krush.54にてKrush -60kg級王座の防衛戦でヘルマン・タブエンカと対戦し、KO勝ち。王座の初防衛に成功。

2015年9月2日、Krush.58にてKrush -60kg級王座の防衛戦でジュアン・シューソンと対戦し、TKO勝ち。2度目の王座防衛に成功。

K-1 WORLD GPスーパーフェザー級王座獲得[編集]

2015年11月21日、K-1 WORLD GP 2015 IN JAPAN~THE CHAMPIONSHIP~でK-1 WORLD GP -60kg級王者・卜部功也と対戦し、右飛びヒザ蹴りでKO勝ち。王座の獲得に成功。

2016年3月4日、K-1 WORLD GP 2016 IN JAPAN~-65kg日本代表決定トーナメント~でWKA世界ライト級王者・ヨハネス・ウルフと対戦し、軽快なステップと蹴りに最後まで翻弄され、0-2の判定負け。

2016年4月24日、K-1 WORLD GP 2016 IN JAPAN~-60kg日本代表決定トーナメント~で対戦相手のパウロ・テバウが計量オーバー、テバウは1点減点で試合が行われ、0-2の判定負け。

2016年6月1日、K-1に集中するためKrush -60kg王座を返上[6]

2016年9月19日、K-1 WORLD GP 2016 スーパー・フェザー級世界最強決定トーナメントに出場。1回戦でヨハネス・ウルフと対戦し、3-0の判定勝ちでリベンジを果たす。続く準決勝で大雅にスピードとパンチ力で圧倒され0-3の判定負け。

2017年2月25日、 K-1 WORLD GP 2017 JAPAN ~初代ライト級王座決定トーナメント~にてK-1 WORLD GP スーパー・フェザー級王座の防衛戦で大雅と対戦し、序盤は互角の展開だったが徐々にペースを握られ、3ラウンドに入ると動きが落ちパンチのラッシュで2度ダウンを奪われた末に判定負けを喫し、王座の初防衛に失敗した。

戦績[編集]

キックボクシング 戦績
50 試合 (T)KO 判定 その他 引き分け 無効試合
33 16 17 0 3 0
14 2 12 0
勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
× ジェン・ジュンフェン 3R終了 判定0-2 Krush.77 2017年7月16日
× 大雅 3R終了 判定0-3 K-1 WORLD GP 2017 JAPAN ~初代ライト級王座決定トーナメント~
【K-1 WORLD GP スーパー・フェザー級タイトルマッチ】
2017年2月25日
× 大雅 3R終了 判定0-3 K-1 WORLD GP 2016 IN JAPAN ~スーパー・フェザー級世界最強決定トーナメント~
【K-1 WORLD GP 2016 スーパー・フェザー級世界最強決定トーナメント準決勝】
2016年9月19日
ヨハネス・ウルフ 3R終了 判定3-0 K-1 WORLD GP 2016 IN JAPAN ~スーパー・フェザー級世界最強決定トーナメント~
【K-1 WORLD GP 2016 スーパー・フェザー級世界最強決定トーナメント1回戦】
2016年9月19日
× パウロ・テバウ 3R終了 判定0-2 K-1 WORLD GP 2016 IN JAPAN~-60kg日本代表決定トーナメント~ 2016年4月24日
× ヨハネス・ウルフ 3R終了 判定0-2 K-1 WORLD GP 2016 IN JAPAN~-65kg日本代表決定トーナメント~ 2016年3月4日
卜部功也 3R 2:14 TKO (右飛びヒザ蹴り) K-1 WORLD GP 2015 IN JAPAN~THE CHAMPIONSHIP~
【K-1 WORLD GP -60kgタイトルマッチ】
2015年11月21日
ジュアン・シューソン 3R 0:44 TKO (レフェリーストップ) Krush.58
【Krush -60kg級タイトルマッチ】
2015年9月2日
闘士 延長R終了 判定3-0 K-1 WORLD GP IN JAPAN~-70kg初代王座決定トーナメント 2015年7月4日
ヘルマン・タブエンカ 3R 1:44 KO Krush.54
【Krush -60kg級タイトルマッチ】
2015年5月4日
× 卜部功也 3R終了 判定0-3 K-1 WORLD GP 2015 ~-60kg初代王座決定トーナメント~
【K-1 WORLD GP -60kg級初代王座決定トーナメント決勝戦】
2015年1月18日
ハビエル・エルナンデス 延長R終了 判定3-0 K-1 WORLD GP 2015 ~-60kg初代王座決定トーナメント~
【K-1 WORLD GP -60kg級初代王座決定トーナメント準決勝】
2015年1月18日
カリム・ベノーイ 1R 2:03 TKO (レフェリーストップ) K-1 WORLD GP 2015 ~-60kg初代王座決定トーナメント~
【K-1 WORLD GP -60kg級初代王座決定トーナメント1回戦】
2015年1月18日
島野浩太朗 3R終了 判定3-0 Krush.47
【Krush -60kg級王座決定戦】
2014年11月9日
山本真弘 3R終了 判定3-0 Krush.44 2014年8月9日
グザヴィエ・バスター 3R終了 判定 フランス・ゲレ「BEST OF FIGHT」
【ISKAオリエンタル世界スーパーライト級王座決定戦】
2014年5月1日
パク・ヒョンソン 3R終了 判定3-0 Krush.38 2014年2月14日
× 梶原龍児 3R終了 判定0-3 Krush.35 2013年12月14日
× 板橋寛 延長R終了 判定0-3 Krush.30
【Krush -60kg級タイトルマッチ】
2013年8月11日
アントニオ・カンパーニャ 3R 2:24 KO (右ストレート) Krush.28 2013年5月12日
SHIGERU 延長R 0:28 TKO (ドクターストップ) Road to GLORY JAPAN -65kg SLAM 2013年3月10日
石川直生 3R終了 判定0-1 Krush.25 ~TEAM DRAGON 10th Anniversary~
【Krush -60kg級タイトルマッチ】
2012年12月14日
グザヴィエ・バスター 延長R 2:08 TKO (ドクターストップ) Krush.23 2012年10月8日
木村天鮮 1R 2:17 KO (右ハイキック) ビッグバン・統一への道 其の十 2012年9月2日
大沢文也 1R 2:48 KO (後ろ蹴り) Krush.20
【Krush -60kg級タイトルマッチ】
2012年7月21日
松野祐貴 3R終了 判定3-0 ビッグバン・統一への道 其の九 2012年6月3日
小林聖人 1R 1:23 KO (右ハイキック) Krush.18 2012年5月3日
石川直生 3R終了 判定0-0 Krush.15
【Krush -60kg級タイトルマッチ】
2012年1月9日
マイク・レダン 3R終了 判定3-0 Krush.13 2011年11月12日
ジャン・ポー 3R終了 判定2-0 Krush.12 2011年9月24日
チェン・ミンミン 3R 0:57 TKO (ドクターストップ) Krush -70kg初代王座決定トーナメント〜決勝戦〜 2011年7月16日
"狂拳"竹内裕二 1R 1:28 KO (左ハイキック) Krush初代王座決定トーナメント ~Triple Final Round~
【Krush -60kg級初代王座決定トーナメント決勝戦】
2011年4月30日
DYNAMITE祐太 3R終了 判定2-0 Krush初代王座決定トーナメント ~Triple Final Round~
【Krush -60kg級初代王座決定トーナメント準決勝】
2011年4月30日
石川直生 3R終了 判定2-0 Krush初代王座決定トーナメント ~Triple Final Round~
【Krush -60kg級初代王座決定トーナメント1回戦】
2010年12月12日
× 野杁正明 3R終了 判定0-2 Krush.10 2010年9月20日
生井宏樹 3R終了 判定3-0 Krush-EX 〜Next Generation Fight 2010 vol.2〜 2010年6月12日
× 谷山俊樹 延長R終了 判定1-2 K-1 WORLD MAX 2010 〜-63kg Japan Tournament 1st Round〜 2010年5月2日
小山泰明 2R 2:41 KO(右フック) Krush-EX 〜New Generation Fight〜 2010年2月19日
伊藤将彦 1R 1:13 KO(膝蹴り) Krush-EX 〜新宿 Dog Fight〜 2009年12月4日
上杉隼士 3R終了 判定3-0 Krush.4 2009年9月22日
坪井悠介 3R終了 判定3-0 K-1甲子園 〜FINAL 16 2009年8月10日
中向居尚輝 3R終了 判定0-0 全日本キックボクシング連盟「CROSSOVER-2」 2009年4月18日
× 永野裕典 1R 2:23 KO(2ダウン:右フック) 全日本キックボクシング連盟「Krush! Rookies Cup 〜K-1 RULE 60kg Tournament〜」【1回戦】 2009年4月18日
× 水落洋祐 3R終了 判定0-2 全日本キックボクシング連盟「Krush! 〜Kickboxing Destruction〜」 2008年11月8日
石橋真幸 3R 2:33 KO(右ローキック) K-1甲子園 KING OF UNDER 18 〜FINAL16〜 2008年8月29日
× デニス・テリシャ 2R 1:16 KO(右フック) K-1 WORLD MAX 2008 World Championship Tournament FINAL8 2008年7月7日
× 鈴木真治 3R+延長R終了 判定0-3 全日本キックボクシング連盟「CUB☆KICK'S-9」 2008年2月9日
相馬一仁 3R終了 判定3-0 全日本キックボクシング連盟「浪漫」
Kickboxer of the best 60 Tournament 〜決勝戦〜
2007年10月25日
ユウキ 3R終了 判定3-0 全日本キックボクシング連盟「Road to 70's」 2007年9月29日
西山洋介 1R 0:58 KO(左ハイキック) 全日本キックボクシング連盟「Super Fight 2007」 2007年7月29日

獲得タイトル[編集]

エピソード[編集]

  • 後輩の大岩龍矢に、印象を残すためチェーンを巻くように助言した[7]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

前王者
王座新設
初代Krush -60kg王者

2011年4月30日 - 2013年8月11日

次王者
板橋寛
空位
前タイトル保持者
大月晴明
第4代Krush -60kg王者

2014年11月9日 - 2016年6月1日

空位
次タイトル獲得者
安保璃紅
前王者
卜部功也
第2代K-1 WORLD GPスーパーフェザー級王者

2015年11月21日 - 2017年2月25日

次王者
大雅