大雅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
大雅 Kickboxing pictogram.svg
基本情報
本名 河部 大雅
通称 ハイパーノヴァ
階級 スーパーフェザー級
国籍 日本の旗 日本
誕生日 (1996-08-14) 1996年8月14日(22歳)
出身地 神奈川県愛川町
身長 166cm
体重 60kg
スタイル 空手ボクシングキックボクシング
プロキックボクシング戦績
総試合数 24
勝ち 19
KO勝ち 6
敗け 5
引き分け 0
無効試合 0
テンプレートを表示

大雅(たいが、1996年8月14日 - )は、日本キックボクサー神奈川県愛川町出身。元K-1 WORLD GPスーパー・フェザー級王者。元Krush -55kg王者。TRY HARD GYM所属。

来歴[編集]

K-1を大好きだったことや兄HIROYAの試合を見ていたことで、幼稚園の頃には将来キックボクサーになることを決める[1]。あこがれていた選手は魔裟斗だった。

キックボクシングをやると決めていたが、近所にキックボクシングジムがなかったことで、小学校2年生のとき空手を習い始め、黒帯になると、キックボクシングをやるための手段としてパンチの技術を学ぼうと思い、小学校5年生から3年間ボクシングジムへ通う[2]

2012年11月23日、Krush-EX 2012 vol.6にて16歳でプロデビュー。リョウタと対戦しKO勝利を収める。

Krush -55kg級王座獲得[編集]

2014年8月25日、Krush.45にてKrush -55kg級タイトルマッチで王者・瀧谷渉太に挑戦し、3-0の判定勝ちでKrush -55kg級王座獲得。

2014年11月3日、K-1 WORLD GP 2014 〜-65kg初代王座決定トーナメント〜にて王者同士の対決が実現。Krush -58kg級王者・武尊と55kg契約で対戦し、序盤から試合を優位に進めるも3ラウンドに右バックブローで逆転KO負けを喫した。

2015年4月19日、K-1 WORLD GP -55kg初代王座決定トーナメントに出場、1回戦でソフィアン・エラージに判定勝利。準決勝では寺戸伸近に右フックでKO勝ち。決勝戦では武尊と再戦になるも、お互い真っ向勝負の壮絶な殴り合いを繰り広げ、激闘の末に0-3の判定負けを喫した。

2015年4月24日、左拳の負傷により、防衛期限内に防衛戦を行うのが困難な状況のためKrush -55kg級王座を返上[3]

スーパーフェザー級転向[編集]

2015年11月21日、 K-1 WORLD GP 2015 IN JAPAN〜THE CHAMPIONSHIP〜にて階級を-60kg級へ2階級上げレオナ・ペタスと対戦し、0-2の判定負けを喫した。

2016年4月24日、K-1 WORLD GP 2016 -60kg日本代表決定トーナメントに出場、1回戦で山本真弘に飛び膝蹴りで1ラウンドKO勝ち。準決勝で闘志に左ストレートで1ラウンドKO勝ち。決勝戦で卜部功也に判定勝ちでトーナメント優勝を飾った。

2016年9月19日、K-1 WORLD GP 2016 スーパー・フェザー級(-60kg)世界最強決定トーナメントに出場。1回戦でスペインのハビエル・エルナンデスと対戦し、2ラウンドに大雅の激しい攻撃にさらされるとエルナンデスはラウンド終了後に戦意喪失をして試合を棄権し、裁定は大雅のKO勝ち。続く準決勝では卜部弘嵩を1ラウンドからスピードとパンチ力で押しまくりダウンを奪うなど圧倒的な力の差を見せつけ判定勝ち。決勝は卜部功也に試合開始直後に立て続けに2度ダウンを奪われると、最後は左ストレートで1ラウンドKO負けを喫した。

K-1 WORLD GPスーパーフェザー級王座獲得[編集]

2017年2月25日、 K-1 WORLD GP 2017 JAPAN 〜初代ライト級王座決定トーナメント〜でK-1 WORLD GPスーパーフェザー級(-60kg)王者・卜部弘嵩に挑戦し、お互い相手にペースを渡さない互角の展開から、3ラウンドに入って少し動きが落ちた卜部に手数の減らない大雅はリズムよく攻勢をかけ、パンチの連打でスタンディングダウンを奪うと、再開後さらにラッシュをかけ2度目のダウンを奪い、試合終盤に差を見せた大雅が判定勝ちを収め、王座の獲得に成功した。

2018年2月3日、K-1が会見を開き、TRY HARD GYMから契約の合意事項の一方的な破棄を含む不当な要求があったとして、K-1 WORLD GP 2018 JAPAN~K’FESTA.1~のメインイベントにおいて、武尊と対戦が決まっていた大雅の試合出場キャンセル及び大雅の保持するK-1 WORLD GPスーパーフェザー級王座の剥奪が宮田充K-1プロデューサーにより発表された[4][5]。これに対しTRY HARD GYMはブログで声明を発表するとともに騒動を謝罪した[6]

2018年3月16日、TRY HARD GYM会長代行のHIROYAが弁護士同席で会見を開き、K-1側の「契約違反」について「2017年年末の大雅のRIZINへの出場の確認を宮田プロデューサーに取ったところ、出場許可を貰えず出場を取りやめたので、契約違反はしていない」と反論。K-1 WORLD GP 2018 JAPAN~K’FESTA.1~においての武尊との試合についても、合意が成立していない契約交渉の段階で、試合の契約書も作成されておらず、契約は締結されていなかったとした。また、試合をするたびに自動的に専属契約が1年延長されるK-1の契約形態の不当性や、選手に対する安全面の不備についての告発も行った[7][8]

戦績[編集]

キックボクシング 戦績
24 試合 (T)KO 判定 その他 引き分け 無効試合
19 6 13 0 0 0
5 3 2 0
勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
× スタウロス・エグザコスティディス 1R 2:41 KO(左フック) K-1 WORLD GP 2017 JAPAN 〜初代ウェルター級王座決定トーナメント〜 2017年9月18日
皇治 3R終了 判定3-0 K-1 WORLD GP 2017 JAPAN 〜第2代スーパー・ウェルター級王座決定トーナメント〜
2017年6月18日
卜部弘嵩 3R終了 判定3-0 K-1 WORLD GP 2017 JAPAN 〜初代ライト級王座決定トーナメント〜
【K-1 WORLD GPスーパー・フェザー級タイトルマッチ】
2017年2月25日
× 卜部功也 1R 1:31 KO(左ストレート) K-1 WORLD GP 2016 IN JAPAN 〜スーパー・フェザー級世界最強決定トーナメント〜
【K-1 WORLD GP 2016 スーパー・フェザー級世界最強決定トーナメント 決勝戦】
2016年9月19日
卜部弘嵩 3R終了 判定3-0 K-1 WORLD GP 2016 IN JAPAN 〜スーパー・フェザー級世界最強決定トーナメント〜
【K-1 WORLD GP 2016 スーパー・フェザー級世界最強決定トーナメント 準決勝】
2016年9月19日
ハビエル・エルナンデス 2R 3:00 KO(試合放棄) K-1 WORLD GP 2016 IN JAPAN 〜スーパー・フェザー級世界最強決定トーナメント〜
【K-1 WORLD GP 2016 スーパー・フェザー級世界最強決定トーナメント 1回戦】
2016年9月19日
卜部功也 3R終了 判定3-0 K-1 WORLD GP 2016 IN JAPAN〜-60kg日本代表決定トーナメント〜
【K-1 WORLD GP 2016 -60kg日本代表決定トーナメント 決勝戦】
2016年4月24日
闘士 1R 0:54 KO(左ストレート) K-1 WORLD GP 2016 IN JAPAN〜-60kg日本代表決定トーナメント〜
【K-1 WORLD GP 2016 -60kg日本代表決定トーナメント 準決勝】
2016年4月24日
山本真弘 1R 1:47 KO(左飛び膝蹴り) K-1 WORLD GP 2016 IN JAPAN〜-60kg日本代表決定トーナメント〜
【K-1 WORLD GP 2016 -60kg日本代表決定トーナメント 1回戦】
2016年4月24日
平塚大士 2R 2:46 KO(左フック) Krush.63 2016年2月5日
× レオナ・ペタス 3R終了 判定0-2 K-1 WORLD GP 2015 IN JAPAN〜THE CHAMPIONSHIP〜 2015年11月21日
× 武尊 3R終了 判定0-3 K-1 WORLD GP 2015 IN JAPAN〜-55kg初代王座決定トーナメント〜
【K-1 WORLD GP -55kg初代王座決定トーナメント 決勝戦】
2015年4月19日
寺戸伸近 3R 2:40 KO(右フック) K-1 WORLD GP 2015 IN JAPAN〜-55kg初代王座決定トーナメント〜
【K-1 WORLD GP -55kg初代王座決定トーナメント 準決勝】
2015年4月19日
ソフィアン・エラージ 3R終了 判定3-0 K-1 WORLD GP 2015 IN JAPAN〜-55kg初代王座決定トーナメント〜
【K-1 WORLD GP -55kg初代王座決定トーナメント 1回戦】
2015年4月19日
× 武尊 3R 0:13 KO(右バックブロー) K-1 WORLD GP 2014 〜-65kg初代王座決定トーナメント〜 2014年11月3日
瀧谷渉太 3R終了 判定3-0 Krush.45 〜in NAGOYA〜
【Krush -55kg級タイトルマッチ】
2014年8月24日
鈴木優也 3R終了 判定3-0 Krush.41 2014年5月11日
堀尾竜司 3R終了 判定3-0 Krush.35
【Krush YOUTH GP 2013 -55kg Tournament 決勝戦】
2013年12月14日
伊澤波人 4R終了 判定2-1 Krush-IGNITION 2013 vol.6
【Krush YOUTH GP 2013 -55kg Tournament 準決勝】
2013年10月13日
将大 4R終了 判定3-0 Krush-IGNITION 2013 vol.6
【Krush YOUTH GP 2013 -55kg Tournament 1回戦】
2013年10月13日
平岡征治 3R終了 判定3-0 J-NETWORK「J-FIGHT in SHINJUKU 〜vol.32〜」 2013年9月1日
良輝 3R終了 判定3-0 Krush.29 2013年6月16日
石田圭祐 3R終了 判定3-0 Krush.27 2013年3月20日
リョウタ 3R 1:20 KO Krush-EX 2012 vol.6 2012年11月23日

獲得タイトル[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]

前王者
瀧谷渉太
第3代Krush -55kg王者

2014年8月25日 - 2015年4月24日(返上)

空位
次タイトル獲得者
堀尾竜司
前王者
卜部弘嵩
第3代K-1 WORLD GPスーパーフェザー級王者

2017年2月25日 - 現在

次王者
N/A