皇治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
皇治
基本情報
本名 田中宏治
通称 ナニワのKOエンペラー
階級 スーパーフェザー級
国籍 日本の旗 日本
誕生日 (1989-05-06) 1989年5月6日(29歳)
出身地 大阪府池田市
身長 173cm
スタイル 空手日本拳法キックボクシング
プロキックボクシング戦績
総試合数 40
勝ち 24
KO勝ち 10
敗け 14
引き分け 2
テンプレートを表示

皇治(こうじ、1989年5月6日 - )は、日本男性キックボクサー大阪府池田市出身。TEAM ONE 所属。ISKA K-1ルール世界ライト級王者。元HEATライト級王者。

来歴[編集]

3、4歳から空手と、父親の影響で日本拳法を中学時までやっていた。空手では魚本流の大会で全国1位、日本拳法では全国2位になった事があるという。さらにセレッソ大阪ジュニアチームに所属しサッカーもやっており、柿谷曜一朗とも練習していた[1]

2013年1月26日、Krush.26のKrush -58kg級初代王座決定トーナメント1回戦で神戸翔太と対戦し、0-2の判定負け。

2016年2月5日、Krush.63で剣闘士“俊”と対戦し、左ハイキックでKO勝ち。

2016年4月24日、K-1 WORLD GP 2016 -60kg日本代表決定トーナメントの1回戦で卜部功也と対戦し、判定負け。

2016年9月19日、K-1 WORLD GP 2016 IN JAPAN ~スーパー・フェザー級世界最強決定トーナメント~にて闘士と対戦し、判定勝ち。

2017年2月19日、HEAT 39のISKA K-1ルール世界ライト級王座決定戦でモハメド・ブールと対戦し、判定勝ちで王座の獲得に成功した。

2017年6月18日、K-1 WORLD GP 2017 JAPAN 〜第2代スーパー・ウェルター級王座決定トーナメント〜にて大雅と対戦し、判定負け。

2017年9月18日、K-1 WORLD GP 2017 JAPAN ~初代ウェルター級王座決定トーナメント~にて島野浩太朗と対戦し、判定勝ち。

2018年3月21日、K-1 WORLD GP 2018 JAPAN ~K'FESTA.1~にてK-1 WORLD GP 第4代スーパー・フェザー級王座決定トーナメントに出場。一回戦で卜部弘嵩に判定勝利するが、準決勝で小宮山工介に判定負けを喫した。

2018年9月24日、K-1 WORLD GP 2018 JAPAN ~初代クルーザー級王座決定トーナメント~にてスタウロス・エグザコスティディスと対戦し、延長戦の末、判定勝利を収めた。試合後には、以前から挑発を繰り返していた武尊との対戦をアピールした。

戦績[編集]

プロキックボクシング[編集]

キックボクシング 戦績
40 試合 (T)KO 判定 その他 引き分け 無効試合
24 10 13 0 2 0
14 0
勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
スタウロス・エグザコスティディス 3R+延長1R終了 判定3-0 K-1 WORLD GP 2018 JAPAN
【K-1 WORLD GP 初代クルーザー級王座決定トーナメント】
2018年9月24日
× 小宮山工介 3R終了 判定0-3 K-1 WORLD GP 2018 JAPAN ~K'FESTA.1~
【K-1 WORLD GP 第4代スーパー・フェザー級王座決定トーナメント準決勝】
2018年3月21日
卜部弘嵩 3R+延長1R終了 判定3-0 K-1 WORLD GP 2018 JAPAN ~K'FESTA.1~
【K-1 WORLD GP 第4代スーパー・フェザー級王座決定トーナメント1回戦】
2018年3月21日
島野浩太朗 3R終了 判定3-0 K-1 WORLD GP 2017 JAPAN ~初代ウェルター級王座決定トーナメント~ 2017年9月18日
× 大雅 3R終了 判定0-3 K-1 WORLD GP 2017 JAPAN 〜第2代スーパー・ウェルター級王座決定トーナメント〜 2017年6月18日
モハメド・ブールフ 5R終了 判定3-0 HEAT 39
【ISKA K-1ルール世界ライト級王座決定戦】
2017年2月19日
闘士 3R終了 判定3-0 K-1 WORLD GP 2016 IN JAPAN ~スーパー・フェザー級世界最強決定トーナメント~ 2016年9月19日
× 卜部功也 3R終了 判定0-3 K-1 WORLD GP 2016 IN JAPAN ~-60kg日本代表決定トーナメント~
【K-1 WORLD GP 2016 -60kg日本代表決定トーナメント1回戦】
2016年4月24日
剣闘士“俊” 2R 1分26秒 KO(左ハイキック) Krush.63 2016年2月5日
チョ・ソンヒョン 3R 2分30秒 TKO(3ダウン) HEAT 36
【HEATキックルールライト級タイトルマッチ】
2015年11月29日
× 悠矢 5R終了 判定0-3 NJKF 2015 6th
【WBCムエタイ日本統一スーパーフェザー級王座決定戦】
2015年9月27日
× 不可思 3R終了 判定0-2 ビッグバン・統一への道 其の21
【BigBangライト級タイトルマッチ】
2015年6月7日
キム・ジンヒョク 5R終了 判定2-0 HEAT 34
【HEATキックルールライト級タイトルマッチ】
2014年12月21日
× SHIGERU 3R終了 判定0-3 RISE cooperation REBELS.28 2014年7月25日
グゥオ・チェン 2R 2分56秒 KO(左ボディ) HEAT 30 2014年2月23日
悠矢 3R終了+延長1R 判定3-0 HEAT 29
【HEATキックルール初代ライト級王座決定1dayトーナメント決勝戦】
2013年12月15日
晃希 3R終了+延長1R 1分55秒 TKO(レフェリーストップ) HEAT 29
【HEATキックルール初代ライト級王座決定1dayトーナメント準決勝】
2013年12月15日
ジャン・ヨンホ 2R 1分28秒 TKO(左ボディ) SFK~7th anniversary~ ×REBELS -SPIRIT FIRE KOBE- 2013年10月13日
× 町田光 3R終了 判定0-2 REBELS.18
【REBELS 60kg級王座決定トーナメント準決勝戦】
2013年7月21日
TASUKU 3R終了 判定3-0 Road to GLORY JAPAN 2013年3月10日
× 神戸翔太 3R終了 判定0-2 Krush.26
【Krush -58kg級初代王座決定トーナメント1回戦】
2013年1月26日
× 中向永昌 3R終了 判定0-2 J-NETWORK J-NEXUS 2012 ~蹴っていいトモ!~ 2012年12月9日
× 前口太尊 3R終了+延長1R 判定1-2 J-KICK 2012~NEXT J-GENERATION~4th 2012年8月26日
中嶋剛志 3R終了 判定3-0 Krush-EX 2012 vol.4 2012年07月14日
蓮見龍馬 3R終了 判定3-0 TRIBELATE vol.36~Title Match Festival~
【TRIBELATEキックスーパーフェザー級王座決定戦】
2012年4月28日

獲得タイトル[編集]

  • 空手 魚本流 全国1位
  • 日本拳法 全国2位(中学生時)
  • 初代TRIBELATEスーパーフェザー級王座(2012年4月)
  • 初代HEATキックルールライト級王座(2013年12月15日)
  • ISKA K-1ルール世界ライト級王座(2017年2月19日)[2]

入場曲[編集]

  • 「スーパースター」- 強
  • 「Big shit poppin‘」- T.I.

脚注[編集]

外部リンク[編集]