RIZIN.33

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
RIZIN.33
イベント詳細
シリーズ RIZIN
主催 RIZIN FF事務局
開催年月日 2021年12月31日
開催地 日本の旗 日本
埼玉県の旗埼玉県さいたま市
会場 さいたまスーパーアリーナ
開始時刻 午後1時30分
試合数 全16試合
放送局 フジテレビ
スカパー!
U-NEXT
RIZIN LIVE、Exciting RIZIN
入場者数 22,499人(主催者発表)
イベント時系列
RIZIN TRIGGER 1st RIZIN.33 RIZIN TRIGGER 2nd

Yogibo presents RIZIN.33(ヨギボー・プレゼンツ・ライジン・サーティースリー)は、日本総合格闘技団体「RIZIN」の大会の一つ。2021年12月31日埼玉県さいたま市さいたまスーパーアリーナで開催された。

概要[編集]

RIZIN.28から行われてきた「RIZIN JAPAN GP バンタム級トーナメント」の準決勝および決勝がワンデーで行われ、準決勝を朝倉海扇久保博正がそれぞれ勝ち上がり、決勝で約1年4ヶ月ぶり(RIZIN.23で行われたバンタム級タイトルマッチ以来)に対戦し、判定で扇久保が勝利し、トーナメント優勝を飾った。その他にライト級タイトルマッチでは王者のホベルト・サトシ・ソウザが挑戦者矢地祐介に勝利し、王座初防衛。朝倉未来は、昨年11月に敗れた斎藤裕と再戦し勝利した。今大会でRIZINラストマッチの那須川天心は蹴りなしのスタンディングバウト特別ルールで五味隆典と対戦。試合後には涙ながらに「RIZINが大好きです」とコメントを残した。さらに、2022年6月にTHE MATCH 2022で対戦するK-1 3階級王者の武尊が登場し、2人が観衆の前で揃うサプライズも用意された。大会の模様は、地上波ではフジテレビで大会当日の18時から全国ネットで中継されたが、本大会以降はフジテレビでのRIZINの放送はされていない。また、2019年以来となる100%の観客動員が認められ、2年ぶりに2万人を超える来場者を記録した。

対戦カード[編集]

第1試合 MMAチャレンジルール 66.0kg契約 3分3R
日本の旗 三浦孝太vs. 日本の旗 YUSHI ×
1R 3:00 TKO(サッカーボールキック
第2試合 RIZIN FIGHTING JAPAN GP 2021 バンタム級トーナメント 準決勝 5分3R
日本の旗 朝倉海 vs. 日本の旗 瀧澤謙太 ×
3R終了 判定3-0
※朝倉がトーナメント決勝進出
第3試合 RIZIN FIGHTING JAPAN GP 2021 バンタム級トーナメント 準決勝 5分3R
日本の旗 扇久保博正 vs. 日本の旗 井上直樹 ×
3R終了 判定3-0
※扇久保がトーナメント決勝進出
第4試合 RIZIN FIGHTING JAPAN GP 2021 バンタム級トーナメント リザーブマッチ 5分3R
日本の旗 元谷友貴 vs. 日本の旗 金太郎 ×
3R終了 判定3-0
第5試合 MMAルール 61.0kg契約 5分3R
× 日本の旗 祖根寿麻 vs. 日本の旗 太田忍
2R 3:55 TKO(サッカーボールキック)
第6試合 MMAルール 90.0kg契約 3分2R
日本の旗 シバター vs. 日本の旗 久保優太 ×
1R 1:35 腕ひしぎ十字固め
第7試合 キックボクシングルール 62.0kg契約 3分3R
× 日本の旗 皇治 vs. 日本の旗 YA-MAN
3R終了 判定0-2
第8試合 MMAルール 66.0kg契約 5分3R
日本の旗 萩原京平 vs. 日本の旗 鈴木博昭 ×
3R終了 判定3-0
第9試合 MMAルール 120.0kg契約 5分3R
× 日本の旗 シビサイ頌真 vs. 日本の旗 関根“シュレック”秀樹
2R 2:09 TKO(パウンド
第10試合 MMAルール 71.0kg契約 5分3R
日本の旗 武田光司 vs. アメリカ合衆国の旗 “ブラックパンサー”ベイノア ×
2R 4:12 腕ひしぎ十字固め
第11試合 女子MMAルール 49.0kg契約 5分3R
× 日本の旗 浜崎朱加 vs. 日本の旗 伊澤星花
2R 2:50 TKO(パウンド)
第12試合 女子MMAルール 50.0kg契約 5分3R
× 日本の旗 RENA vs. 大韓民国の旗 パク・シウ
3R終了 判定0-3
第13試合 スタンディングバウト特別ルール 3分2R
日本の旗 那須川天心 vs. 日本の旗 五味隆典
2R終了 判定ドロー
第14試合 MMAルール 66.0kg契約 5分3R
× 日本の旗 斎藤裕 vs. 日本の旗 朝倉未来
3R終了 判定0-3
第15試合 MMAルール 71.0kg契約 5分3R
RIZINライト級タイトルマッチ
ブラジルの旗 ホベルト・サトシ・ソウザ vs. 日本の旗 矢地祐介 ×
2R 3:30 腕ひしぎ三角固め
※ソウザが王座の初防衛に成功。
第16試合 RIZIN FIGHTING JAPAN GP 2021 バンタム級トーナメント 決勝 5分3R
× 日本の旗 朝倉海 vs. 日本の旗 扇久保博正
3R終了 判定0-3
※扇久保がトーナメント優勝

バンタム級トーナメント 組み合わせ表[編集]

 
1回戦
RIZIN.28、RIZIN.29
1st ROUND
2回戦
RIZIN.30
2nd ROUND
準決勝
RIZIN.33
Semifinal ROUND
決勝
RIZIN.33
Final ROUND
 
              
 
 
 
 
日本の旗 扇久保博正3R終了
 
 
 
日本の旗 春日井“寒天”たけし判定3-0
 
日本の旗 扇久保博正3R終了
 
 
 
日本の旗 大塚隆史判定3-0
 
日本の旗 大塚隆史 3R終了
 
 
 
日本の旗 獅庵判定3-0
 
日本の旗 扇久保博正3R終了
 
 
 
日本の旗 井上直樹判定3-0
 
日本の旗 井上直樹 1R 1:58
 
 
 
日本の旗 石渡伸太郎TKO
 
日本の旗 井上直樹 3R終了
 
 
 
日本の旗 金太郎判定3-0
 
日本の旗 金太郎3R終了
 
 
 
日本の旗 伊藤空也判定3-0
 
日本の旗 扇久保博正3R終了
 
 
 
日本の旗 朝倉海判定3-0
 
日本の旗 元谷友貴 3R終了
 
 
 
日本の旗 岡田遼判定3-0
 
日本の旗 元谷友貴1R 2:27
 
 
 
日本の旗 瀧澤謙太TKO
 
日本の旗 瀧澤謙太3R終了
 
 
 
日本の旗 今成正和判定3-0
 
日本の旗 瀧澤謙太3R終了
 
 
 
日本の旗 朝倉海判定3-0
 
日本の旗 朝倉海1R 3:22
 
 
 
日本の旗 渡部修斗TKO
 
日本の旗 朝倉海3R終了
 
 
 
ブラジルの旗 アラン“ヒロ”ヤマニハ判定3-0
 
日本の旗 倉本一真3R終了
 
 
ブラジルの旗 アラン“ヒロ”ヤマニハ 判定3-0
 

シバター 対 久保優太戦[編集]

1Rにシバターの右フックで久保がダウンし、久保が焦って首相撲をしたところ、シバターが飛びつき腕ひしぎ十字固めを繰り出して、一本勝ちとなった[1]

しかし、試合後に久保が「シバターから、試合の進め方について申し合わせを受けたのにも関わらず、それを無視して攻め込まれた(いわゆる「ブック破り」)ため敗北した。」と主張するため試合前の互いのLINEのやりとりを多方面に流出させた。試合には出たくないと試合前からたびたび語っていたシバターからクリスマスに久保に直接連絡が入り、自身の体調のため「1R目は流し蹴りのみ、2R目にガチでやろう。」とシバターが提案し、久保は悩んだ挙句、シバターの試合のキャンセルを恐れ、それを受け入れたと語った。

2022年1月8日、多方面に騒動を起こしてしまった久保が自身のYouTubeチャンネルでシバターやRIZINへの謝罪動画を出した[2]。1月11日、榊原信行CEOがRIZIN公式YouTubeで動画を公開。RIZINでの一切の八百長試合の存在を否定した上で、シバターの行為は品性下劣ではあるものの、台本や八百長ではなく陽動作戦の範疇とし、また、契約書上無気力試合・八百長禁止の規定はあるが試合前の選手間コミュニケーションの規定はなかったため久保とシバターは処分しないとした。また、今後は契約書の中に、事前に選手とかセコンド、関係者が相手方の選手と試合の内容に関して直接話し合うことは禁止する、という条項を入れる再発防止策を取るとし、「シバターという炎上系YouTuberを起用したRIZINもある意味一本取られた。」とシバターに対しての認識の甘さが招いたことだとも語った[3]。4月8日、シバターと久保が和解した[4]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

外部リンク[編集]