梅野源治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
梅野 源治
基本情報
本名 梅野 健太
通称 KING
日本ムエタイ界の至宝
階級 ライト級
スーパーフェザー級
国籍 日本の旗 日本
誕生日 (1988-12-13) 1988年12月13日(30歳)
出身地 東京都
身長 180cm
体重 58.97kg
スタイル ムエタイ
テンプレートを表示

梅野 源治(うめの げんじ、1988年12月13日 - )は、日本男性キックボクサー東京都出身。PHOENIX所属/BARK in STYLe所属。元ラジャダムナン・スタジアム認定ライト級王者。元WBCムエタイ世界スーパーフェザー級王者。元WPMF世界スーパーフェザー級王者。元M-1フェザー級王者。元WBCムエタイ日本スーパーバンタム級王者。元WPMF日本スーパーバンタム級王者。元WBCムエタイ・インターナショナル・スーパーフェザー級王者。

来歴[編集]

  • 2007年11月11日、「M-1 FAIRTEX フレッシュマンズ in 大森」でプロデビュー。ヒロアキと対戦し3-0の判定勝ち。
  • 2008年9月7日、「J-FIGHT in SHINJUKU 〜vol.5〜」からリングネームを梅野健太から梅野源治に変更し菅野貴章と対戦。膝蹴りを放った後の出血によりドクターストップがかかりTKO勝ちを収めた。
  • 2008年12月21日、タイ・ラジャダムナンスタジアムで開催された「スッグ・ダウルン・チューチャルン・UBC」でミーチョーク・マノップガーンチャーンと対戦し2RKO勝ち。今大会に参加した日本人全員が勝利を収めた。
  • 2009年3月22日、「GO FOR BROKE 〜ROAD TO REAL KING Ⅲ〜」でNJKFランカー美保裕介と対戦し、1RTKO勝ち。
  • 2010年7月19日、「REBELS 3」のWPMF日本スーパーバンタム級王者決定戦で裕・センチャイジムと対戦し3-0の判定勝ちを収め初代王座に就いた[3]
  • 2010年9月26日、国崇が返上したWBCムエタイ日本スーパーバンタム級王座決定戦を行う予定だったが日本人の相手がおらず、梅野が勝った場合のみ王者として認定される認定戦が行われた。海外から選出されたエッガラートと対戦し3-0の判定勝ちを収め第2代王座に就いた。
  • 2010年11月14日、日本人の対戦相手がいない事からフェザー級に転向。M-1フェザー級王座決定戦でコムパヤック・ウィラサクレックと対戦し2-1の判定勝ちを収め第2代王座に就いた[4]
  • 2011年9月11日、M-1 FAIRTEX ムエタイチャレンジでルンピニースタジアムの現役ランカーであり08年ムエタイMVPに輝いているウティデート・ルークプラパートと対戦し、4RKO勝ちを収めた[6]。この勝利により日本人初のルンピニースタジアムフェザー級ランキング入りを果たす。
  • 2011年12月22日、2011藤原祭でWPMF日本フェザー級王者森井洋介と対戦し、2Rにダウンを奪うなどして大差判定勝ちを収めた[8]
  • 2012年10月14日、K−1 WORLD GP FINAL 16で、チャンヒョン・リー(韓国/Moovi Gym)と対戦し、3-0(28-29、28-29、28-29)の判定負け。

戦績[編集]

プロキックボクシング[編集]

キックボクシング 戦績
58 試合 (T)KO 判定 その他 引き分け 無効試合
44 20 24 0 3 0
11 3 8 0
勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
ジョン・キハン 5R終了 判定3-0 REBELS.59 2018年12月5日
× ギャットペット・ピークマーイレストラン 5R終了 判定0-2 REBELS.58 2018年10月8日
ピエトロ・ドウリャ 3R 0:50 TKO(右ヒジ打ち) REBELS.57 2018年8月3日
ピンペット・シットジャーディン 5R終了 判定2-0 REBELS.56 2018年6月6日
× クラップダム・ソーチョーピャッウータイ 4R 0:55 TKO(左ストレート) REBELS.54
【ルンピニースタジアム認定ライト級タイトルマッチ】
2018年2月18日
インディートーン・ポー.ピナブハット 4R 0:31 KO(左縦ヒジ) REBELS.53 2017年11月24日
スアレック・ルークカムイ 5R終了 判定3-0 REBELS.52 2017年9月6日
× サックモンコン・ソーソンマイ 5R終了 判定0-3 ラジャダムナンスタジアム
【ラジャダムナンスタジアム認定ライト級タイトルマッチ】
2017年5月17日
× ロートレック・ジャオタライトーン 5R終了 判定0-2 KNOCK OUT vol.2 2017年4月1日
ワンマリオ・ゲーオサムリット 5R終了 判定3-0 KNOCK OUT vol.1 2017年2月12日
シリモンコン・PK・センチャイムエタイジム 5R終了 判定3-0 KNOCK OUT vol.0 2016年12月5日
ヨードレックペット・オー・ピティサック 5R終了 判定3-0 REBELS.46
【ラジャダムナンスタジアム認定ライト級タイトルマッチ】
2016年10月23日
キース・マクラクラン 2R 0:34 TKO(レフェリーストップ) NJKF 2016 6th
【WBCムエタイ世界スーパーフェザー級タイトルマッチ】
2016年9月17日
ヤスユキ 3R負傷 判定2-0 REBELS,45 2016年8月7日
ヨードワンディ・ニッティサムイ 5R終了 判定1-0 RIKIX「NO KICK NO LIFE~THE FINAL~」 2016年6月24日
チャッチャッイノーイ・ソーチォートイペッリュ 1R終了 TKO(レフェリーストップ) 蹴拳 31 2016年5月1日
スターボーイ・クワイトーンジム 5R終了 判定1-0 RIKIX「NO KICK NO LIFE 2016」 2016年3月12日
× ヨードレックペット・ソー・ピティサック 3R KO ラジャダムナンスタジアム創立記念興行 2015年12月23日
ソーンコム・シットナーヨックサンヤー 5R終了 判定3-0 REBELS.39 2015年10月18日
× セクサン・オー・クワンムアン 5R終了 判定0-3 ラジャダムナンスタジアム 2015年9月10日
ペットブーンチュー・ソー・ソンマイ 3R 2:13 TKO(右アッパー) ニュージャパンキックボクシング連盟「NJKF 2015 5th」 2015年7月20日
ムアンタイ・PKセンチャイムエタイジム 4R 1:09 TKO(レフェリーストップ) Wanchai+PK MuayThai Super Fight 2015年5月10日
× ペットモラコット・ウォー・サンプラパイ 5R終了 判定0-3 WPMF JAPAN×REBELS.35
【ルンピニースタジアム認定スーパーフェザー級タイトルマッチ】
2015年4月19日
ルンラット・ナーラーティクン 5R終了 判定3-0 RIKIX「NO KICK,NO LIFE 2015」 2015年2月11日
ジョムピチット・チュワタナ 5R終了 判定3-0 ニュージャパンキックボクシング連盟「NJKF 2014 8th」
【WBCムエタイ世界スーパーフェザー級王座決定戦】
2014年11月15日
シントンノーイ・ポーティラックン 5R終了 判定1-0 M-FIGHT Suk WEERASAKRECK VII 2014年9月21日
ステファン・メレディ 5R終了 判定3-0 ニュージャパンキックボクシング連盟「NJKF 2014 3rd」
【WBCムエタイ・インターナショナル・スーパーフェザー級王座決定戦】
2014年4月13日
ポンサネー・シットモンチャイ 4R 0:48 TKO(ドクターストップ:肘打ちによるカット) RIKIX「NO KICK,NO LIFE 2014」 2014年2月11日
ゴンサヤーム・トーピッタックチャイ 3R 1:25 KO(右アッパー) M-FIGHT SUK WEERASAKRECK IV
【ルンピニースタジアム認定ランキング査定試合】
2013年11月17日
× ゲーオ・フェアテックス 2R 1:14 TKO(左ストレート) M-FIGHT SUK WEERASAKRECK III
【ルンピニースタジアム認定ランキング査定試合】
2013年9月15日
ルードペット・ポーワラシン 1R 2:01 KO(左ローキック) M-FIGHT SUK WEERASAKRECK II 2013年6月16日
チャンヒョン・リー 3R終了 判定3-0 RISE 92 2013年3月20日
キム・スンヨル 3R 1:04 KO(左ミドルキック) RISE 91/M-1MC
~INFINITY.II~
2013年1月6日
× チャンヒョン・リー 3R終了 判定0-3 K-1 RISING 2012 WORLD GP FINAL 16 2012年10月14日
アンカーンレック・エクシデンコンジム 2R 2:31 KO(右ストレート) M-1ムエタイチャレンジ Sutt Yod Muaythai Vol.2 2012年6月24日
ゴンナパー・シリモンコン 5R終了 判定3-0 REBELS.11 2012年4月15日
× ゴンナパー・シリモンコン 5R終了 判定0-3 ルンピニースタジアム「スッグペッティンディー」 2012年2月24日
森井洋介 5R終了 判定3-0 2011藤原祭〜冬の陣〜 2011年12月22日
デッカモン・ヒマライジム 1R 2:39 TKO(右肘打ち) M-1ムエタイチャレンジ RAORAK MUAY FINAL
【WPMF世界スーパーフェザー級タイトルマッチ】
2011年11月13日
ウティデート・ルークプラパート 4R 2:23 KO(左肘打ち) M-1 FAIRTEX ムエタイチャレンジ「RAORAK MUAY vol.3」 2011年9月11日
カイチョン・シット・タームサブ 3R 1:53 KO(左ローキック) REBELS.8 × IT'S SHOWTIME JAPAN countdown-1 2011年7月18日
スワノーイ・エスジム 5R終了 判定3-0 REBELS.7 2011年4月24日
清川祐弥 3R終了 判定3-0 REBELS.6 2011年1月23日
コムパヤック・ウィラサクレック 5R終了 判定2-1 M-1 FAIRTEX SINGHA BEERムエタイチャレンジ NAI KANOMTOMvol.4
【M-1フェザー級王座決定戦】
2010年11月14日
エッガラート 5R終了 判定3-0 WBCムエタイ The Path to the World Champion WBCムエタイ世界王者への道
【WBCムエタイ日本スーパーバンタム級王座認定戦】
2010年9月26日
裕・センチャイジム 5R終了 判定3-0 REBELS.3
【WPMF日本スーパーバンタム級王者決定戦】
2010年7月19日
ヨートンヨット・ゲットシリパット 2R TKO(右肘) スッグ・フェアテックス 2010年5月8日
× ノラシン・ギャットプラサーンチャイ 5R終了 判定0-3 REBELS.2 2010年3月21日
ラジャサックレック・ソーワラピン 4R 0:49 TKO(ドクターストップ) REBELS
【日泰5VS5マッチ先鋒戦】
2010年1月23日
新人 2R 1:36 TKO(レフェリーストップ:右肘によるカット) ニュージャパンキックボクシング連盟 「ROAD TO REAL KING 14」 2009年11月28日
ハリィ永田 3R終了 判定3-0 Muay Thai Wave from YOKOHAMA 8 2009年8月9日
美保裕介 1R 2:19 TKO(肘によるカット) ニュージャパンキックボクシング連盟 「GO FOR BROKE 〜ROAD TO REAL KING Ⅲ〜」 2009年3月22日
ミーチョーク・マノップガーンチャーン 2R KO スッグ・ダウルン・チューチャルン・UBC 2008年12月21日
菅野貴章 2R 0:54 TKO(ドクターストップ:膝蹴りによる出血) J-NETWORK 「J-FIGHT in SHINJUKU 〜vol.5〜」 2008年9月7日
狼鐘闘 3R終了 判定3-0 J-NETWORK 「J-FIGHT 21」 2008年5月18日
ヒロ 2R終了 判定3-0 TRIBELATE vol.16 2008年2月21日
ヒロアキ 3R終了 判定3-0 M-1 FAIRTEX フレッシュマンズ in 大森 2007年11月11日

獲得タイトル[編集]

  • ラジャダムナン・スタジアム認定ライト級王座
  • 第2代WBCムエタイ世界スーパーフェザー級王座
  • 第2代WPMF世界スーパーフェザー級王座
  • WBCムエタイ・インターナショナル・スーパーフェザー級王座
  • 初代WPMF日本スーパーバンタム級王座
  • 第2代WBCムエタイ日本スーパーバンタム級王座
  • 第2代M-1フェザー級王座

入場曲[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

前王者
ガイムガーオ・ワチャラチャイクジム
第6代WBCムエタイ世界スーパーフェザー級王者

2014年11月15日 - 現在

次王者
(暫定)スーパーレック・モーラタナバンディット