鈴木宙樹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
鈴木宙樹
基本情報
階級 ライト級
国籍 日本の旗 日本
誕生日 (1996-11-20) 1996年11月20日(24歳)
出身地 東京都三鷹市
プロボクシング戦績
総試合数 0
勝ち 0
KO勝ち 0
敗け 0
テンプレートを表示

鈴木 宙樹(すずき ひろき、1996年11月20日 - )は、日本の男性プロボクサー東京都三鷹市出身。フレア山上ボクシングスポーツ所属。 キックボクシング 元第2代REBELS60kg級王者。

キックボクサーの鈴木千裕は実弟。

キックボクシングから 2021年5月プロボクシングに転向

人物[編集]

ペルーで生まれ日本で育つ。ペルー人の父親を持つハーフ。父親が格闘技好きなことから、小さい頃から一緒にK-1を見ていた。4~5歳の頃に無理やり伝統派空手の道場に入れられて空手を始める。

中学3年の頃にキックボクシングを始め、高校ではUFCリョート・マチダの試合を見て、キックボクシングと同時に総合格闘技もやっていた。

空手道場のつながりで高校時代から週1で小比類巻道場に通い、高校卒業後は小比類巻道場の寮に入り、プロデビューを目指して日夜練習に明け暮れるが、体育会系の厳しさに付いていけず、数か月で挫折。弟が通っていたクロスポイント吉祥寺に入会。

2017年8月6日、Krush.78で安達元貴と対戦し、3分3R終了2-0で判定勝ち。デビュー戦を勝利で飾った。

2019年6月9日、REBELS.61のREBELS60kg級王座決定戦でWBCムエタイ日本統一スーパーフェザー級王者の葵拳士郎と対戦。3-0の判定勝ちで第2代REBELS60kg級王座を獲得した[1]。 2021年9月17日 プロボクシングデビュー戦予定

戦績[編集]

プロキックボクシング[編集]

キックボクシング 戦績
12 試合 (T)KO 判定 その他 引き分け 無効試合
12 8 4 0 0 0
0 0 0 0
勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
琢磨 1R 1分52秒 TKO(レフェリーストップ) REBELS.62 2019年8月10日
葵拳士郎 3R終了 判定3-0 REBELS.61
【REBELS60kg級王座決定戦】
2019年6月9日
上田一哉 3R 0分52秒 TKO(レフェリーストップ) REBELS.60 2019年4月20日
ジョン・ラゥィー 1R 0分45秒 KO(右ストレート) PANCRASE REBELS RING.1 2019年2月17日
宇野高弘 1R 2分15秒 KO(飛び膝蹴り) PANCRASE302 2018年12月9日
スーパーアンジ 2R 2分36秒 KO(パンチとヒザ蹴りの連打) Krush.94 2018年10月28日
中條弘之 1R 1分16秒 KO(右ストレート) KHAOS.6 2018年9月1日
テレカ∞ 3分3R終了 判定2-0 REBELS.56 2018年6月6日
清水 悟 3R 1:59 TKO(レフェリーストップ) REBELS.55 2018年4月27日
梅津直輝 1R 2:07 TKO REBELS.54 2018年2月18日
中澤良介 3分3R終了 判定3-0 Krush.82 2017年11月5日
安達元貴 3分3R終了 判定2-0 Krush.78 2017年8月6日

獲得タイトル[編集]

  • 第2代REBELS60kg級王座

脚注[編集]

[脚注の使い方]

外部リンク[編集]