YA-MAN

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
YA-MAN
本名 杉山 怜
(すぎやま れん)
生年月日 (1996-05-31) 1996年5月31日(27歳)
出身地 埼玉県富士見市
通称 キングオブストリートファイト
国籍 日本の旗 日本
身長 173 cm (5 ft 8 in)
体重 63.0 kg (139 lb)
リーチ 171 cm (67 in)
スタイル キックボクシング
チーム TARGET SHIBUYA
総合格闘技記録
試合数2
勝利1
ノックアウト1
敗戦1
判定1
キックボクシング記録
試合数18
勝利14
ノックアウト7
敗戦4
テンプレートを表示
YouTube
チャンネル
活動期間 2022年03月05日 -
ジャンル スポーツ
登録者数 7.83万人
総再生回数 12,648,558 回
チャンネル登録者数・総再生回数は
2024年2月14日時点。
テンプレートを表示

YA-MAN(ヤーマン、1996年5月31日 - )は、日本男性プロ総合格闘家キックボクサー埼玉県富士見市出身。東海大学工学部卒業。TARGET SHIBUYA所属。初代RISEオープンフィンガーグローブマッチ -65kg級王者。

来歴[編集]

幼い頃に父親が違法薬物で服役し、蒸発した事により、貧乏な母子家庭で育つ[1]。兄弟は兄が一人おり、中学・高校時代は喧嘩に明け暮れ、19歳の頃に大学のキックボクシング部に入ったことをきっかけにキックボクシングを学び始め[2]、RISEの会場で那須川天心の試合を見た事がきっかけでプロの格闘家になる事を志す[3]

RIZIN・総合格闘技[編集]

2021年12月31日、RIZIN初出場となるRIZIN.33皇治と対戦。互角の展開となり、2-0の判定勝ち[4]。試合後には、2022年からRIZINで総合格闘技に挑戦することを発表した。[試合映像 1][補足映像 1]

2023年5月6日、RIZIN.42で総合格闘技デビュー戦を行い、三浦孝太と対戦。何度もテイクダウンされる展開となるが、膝蹴りを当ててパウンドで1R TKO勝ちを収めた[5][試合映像 2][補足映像 2]

2023年11月20日、RISEとYA-MAN、及びABEMAが共同でプロデュースするオープンフィンガーグローブによるキックボクシング大会『FIGHT CLUB』を開催。朝倉未来軍団をYA-MAN軍団が迎え撃つ形でRIZINvsRISEの団体対抗戦が行われた。YA-MANはメインカードで大将である朝倉未来と対戦し、1ラウンドで2回のダウンを朝倉から奪い見事にKO勝利を収めた[6][7]

2023年12月31日、RIZIN.45平本蓮と対戦し、0-3の判定負けを喫した[8]。試合後インタビューでは泣き崩れながら平本へのリベンジを誓った[9]。今後については自身のYouTubeチャンネルで、「もうキックボクシングでやり残したことは以前判定負けした白鳥へのリベンジくらい。2024年は総合格闘技の試合をいっぱいしたい。最終的にはRIZINフェザー級王者を目指したい」とした。[試合映像 3][試合映像 4][補足映像 3]

人物[編集]

人物・密着動画

RIZIN公式YouTubeチャンネルによる、YA-MANの密着動画『Preparation』(2023)[映像 1]

人物・エピソード

  • リングネームであるYA-MANは、ジムに入った初日に会長から「今日からお前はYA-MANだ」と唐突に言われたことから。
  • 中学、高校時代は毎日喧嘩に明け暮れていた[10]。しかし、高校2年生の時に母親がガンになったことをきっかけに「俺はこのままでは生きて行けなくなる」と感じ、1年間必死に猛勉強をし、東海大学工学部に合格した[11]
  • 2022年からは総合格闘技の練習をメインに生活しており、朝倉未来が所属するトライフォース赤坂のジムや長南亮が代表を務めているTRIBE TOKYO MMAで日々、総合格闘技の練習を積んでいる。
  • 総合格闘技を本格的に始めた理由は、キックボクシングの王者でいることやキックのベルトに一切興味が無く、格闘技人生の未来や夢が無かったこと。また、2021年にRIZINの会場で、出場している総合格闘家達の試合を見て、自分やキックボクサー達と比べて『生物的に強い』と感じて憧れたことがきっかけ。「自分も生物として強くなりたい」「総合格闘技で上を目指したい」という理由から[映像 1]
  • 20代にして頭の毛がハゲてることを度々、自身でもネタにしており、現在は定期的に美容クリニックに通っては頭皮ケアを行っている[12]
  • 中学時代から片思いしてる同級生でキャバクラ嬢の女性がおり、今まで7回交際を申し込んだが、「顔が無理」という理由で交際を断られたと自身のユーチューブ内で明かしている[13][14][15][16]
  • 様々なメディアで大のイケメン格闘家嫌いであることを公言しており[17][18]、イケメンの顔をボッコボコにして俺の方が強いと証明して俺の方がモテる世の中に変えて行きたいという願望を持っている[19][20][21]
  • 2023年10月、自身のツイッターにて「トライフォース赤坂にはもう行かないと思う、朝倉未来が負けたまま、そのまま終わるようなダサい男だとは思ってなかったそんな人から教わる事はもうない」と呟き[22]、これまで何度かYOUTUBEでコラボしたことのある朝倉未来との決別宣言と対戦要求を行い[23]、その約一か月後に自身とABEMAが共同でプロデュースする格闘技イベント「FIGHT CLUB」にて朝倉未来との対戦を実現させた[24]。この試合で朝倉未来にKO勝利を収めたことで、朝倉と双璧をなすRIZINの人気トップファイターである平本蓮との対戦をこの年の大晦日に実現させたが、平本蓮には3-0の完封負けをし、試合後のインタビューでは「あいつ(平本蓮)だけには絶対に負けたくなかった」と悔し涙を流し、「絶対にやり返す」と平本蓮に対して再びMMAでリベンジすることを誓った[25][26][27]
  • キャバクラ通いが趣味であることを公言しており、今まで週3ペースでキャバクラに通っていたが、平本蓮に敗北したことをきっかけに週1ペースに変えたことを宣言した[28]

戦績[編集]

プロ総合格闘技[編集]

総合格闘技 戦績
2 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
1 1 0 0 0 0 0
1 0 0 1 0
勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
鈴木博昭 試合前 超RIZIN.3 2024年7月28日
× 平本蓮 5分3R終了 判定0-3  RIZIN.45 2023年12月31日
三浦孝太 1R 3:13 TKO(グラウンドパンチ RIZIN.42 2023年5月6日

プロキックボクシング[編集]

キックボクシング 戦績
18 試合 (T)KO 判定 その他 引き分け 無効試合
14 7 7 0 0 0
4 0 4 0
勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
朝倉未来 1R 1:17 KO(右ストレート) FIGHT CLUB 2023年11月19日
山口裕人 2R 1:05 KO ABEMA presents RISE WORLD SERIES 2023 2nd Round
【初代RISE OFGM -65kg級王座決定戦】
2023年8月26日
× 白鳥大珠 3R終了 判定0-3 RISE WORLD SERIES 2022 2022年10月15日
芦澤竜誠 1R 1:49 KO(右フック) THE MATCH 2022 2022年6月19日
伊藤澄哉 1R 2:33 KO(3ダウン:右アッパー) RISE ELDORADO 2022 2022年4月2日
皇治 3R終了 判定2-0 RIZIN.33 2021年12月31日
中村寛 3R終了 判定3-0 RISE WORLD SERIES 2021 OSAKA2 2021年11月14日
北井智大 1R 0:43 KO(右フック) RISE WORLD SERIES 2021 YOKOHAMA 2021年9月23日
山口侑馬 2R 1:53 KO(パンチ連打) RISEonABEMA 2021 2021年5月16日
× 平塚大士 3R終了 判定0-3 RISE ELDORADO 2021 2021年2月28日
仙一 3R終了 判定3-0 RISE 142 2020年9月4日
斉藤遼太 3R終了 判定3-0 Stand up vol.1 2019年12月22日
YUU 3R終了 判定3-0 RISE 132 2019年5月19日
× 門口佳佑 3R終了 判定0-3 RISE 130 2019年2月3日
× 澤谷大樹 3R終了 判定0-3 RISE 128
【RISING ROOKIES CUP フェザー級 決勝戦】
2018年11月2日
甲斐康介 3R終了 判定2-1 RISE 126
【RISING ROOKIES CUP フェザー級 準決勝】
2018年7月17日
知 良 1R KO RISE 124
【RISING ROOKIES CUP フェザー級 一回戦】
2018年5月25日
澤谷大樹 3R終了 判定2-1 RISE 122 2018年2月4日

獲得タイトル[編集]

  • 第17回J-NETWORKアマチュア全日本選手権大会~春の陣~ ライト級 優勝
  • 2018年RISING ROOKIES CUP フェザー級 準優勝
  • 初代RISEオープンフィンガーグローブマッチ -65kg級王座

脚注[編集]

  1. ^ 偏差値25、父親の服役、養育費3000万円の持ち逃げ被害… 複雑な母子家庭で育った格闘家・YA-MANがどうしても母親に伝えたかったこと
  2. ^ VS 朝倉未来直前! YA-MANが語る“20歳の自分と若者へのメッセージ”「格闘家はあくまで目標に向かうための手段だった」
  3. ^ YA-MANが語る那須川天心と武尊の存在感、朝倉未来や平本蓮への対抗心、そして「FIGHT CLUB」の狙い【インタビュー】
  4. ^ 【試合結果】Yogibo presents RIZIN.33 第7試合/皇治 vs. YA-MAN - RIZIN FIGHTING FEDERATION オフィシャルサイト”. jp.rizinff.com. 2024年3月7日閲覧。
  5. ^ 【試合結果】RIZIN.42 第9試合/三浦孝太 vs. YA-MAN - RIZIN FIGHTING FEDERATION オフィシャルサイト”. jp.rizinff.com. 2024年3月7日閲覧。
  6. ^ なぜ朝倉未来はYA-MANに77秒の衝撃TKO負けを喫して“引退”を表明したのか…垣間見えた油断とプレッシャー…RIZIN大晦日のカードは?
  7. ^ あの朝倉未来が泣いた…YA-MANの“衝撃KO勝利”は必然だったのか? 公開練習で記者が目にした“意気込みの差”「油断と重荷があった」
  8. ^ 【試合結果】にゃんこ大戦争 presents RIZIN.45 第14試合/平本蓮 vs. YA-MAN - RIZIN FIGHTING FEDERATION オフィシャルサイト”. jp.rizinff.com. 2024年3月7日閲覧。
  9. ^ 平本蓮 vs. YA-MAN 試合後インタビュー / にゃんこ大戦争 presents RIZIN.45』RIZIN公式YouTubeチャンネル、2023年https://www.youtube.com/watch?v=6zas7SwbjLo 
  10. ^ 父は服役、母は病に冒され「どう生きていけば…」 気鋭の格闘家YA-MANが路上で磨いた勝負度胸《RIZINで皇治と対戦》
  11. ^ YA-MANインタビュー 偏差値25から1年で50に 東海大学工学部に合格 格闘技プロデューサーの礎とは?”. デイリー (2023年11月6日). 2024年1月4日閲覧。
  12. ^ MMAデビュー戦のYA-MAN、壁際対策ならぬ“生え際”対策「これで問題ないだろう」”. ENCOUNT (2023年4月13日). 2024年1月4日閲覧。
  13. ^ 【検証】有名になれば昔振られた女の子と付き合えるのか?
  14. ^ 中学生の頃に同じ女の子に7回も告白して全てフラれた話
  15. ^ いい感じの女の子に「顔が無理」と言われてしまったヤーマン
  16. ^ 7回振られた同級生にデートしながら5万円分プレゼント買ってみた
  17. ^ モテるためには自分がイケメンになるよりもイケメンを片っ端から駆逐していった方が早い事に気がついた俺って天才?
  18. ^ 【RISE】YA-MANが白鳥大珠に宣戦布告「マジでイケメンが本当に嫌い」白鳥は「俺が殴ってイケメンにしてやるよ」
  19. ^ YA-MANがイケメンに恨み「白鳥をブッ飛ばして俺がモテる世の中にする!」まさかの対戦要求
  20. ^ YA-MANがやりたい相手は萩原京平。芦澤竜誠のMMA転向には「向いてない」とバッサリ【RIZIN.42】”. Tokyo headline (2023年4月22日). 2024年1月4日閲覧。
  21. ^ 「イケメン憎し」YA-MANのターゲットが白鳥大珠から全格闘家へ拡大【RISE】
  22. ^ 【BD】朝倉未来との決別を宣言したYA-MAN「負けたまま終わるようなダサい男だとは思ってなかった。教わる事はもうない」、朝倉は「もう格闘技一本は出来ない立ち位置にいる」
  23. ^ 朝倉未来にYA-MANが痛烈批判「こんな人間が格闘技界のトップだとダサくなる」…まさかの対決に“BD論争”、渦中の男は何を思うのか?
  24. ^ あの朝倉未来が泣いた…YA-MANの“衝撃KO勝利”は必然だったのか? 公開練習で記者が目にした“意気込みの差”「油断と重荷があった」
  25. ^ 【RIZIN.45】YA-MAN、平本蓮に完封負けで号泣「何がなんでも勝ちたかった…」 『RIZIN.45』試合後インタビュー
  26. ^ 【RIZIN.45】YA-MAN号泣「もう一回あいつのところまで」平本蓮にリベンジ誓う
  27. ^ 平本蓮に負けて号泣するYA-MANが切ない…
  28. ^ 【RIZIN】いまだ平本蓮が嫌いなYA-MAN「勝つためにキャバクラ週3から週1」会場失笑

試合映像[編集]

  1. ^ Full Fight | 皇治 vs. YA-MAN / Kouzi vs. YA-MAN - RIZIN.33』RIZIN公式YouTubeチャンネル、2021年https://www.youtube.com/watch?v=DrOSt2ACPA8 
  2. ^ 【期間限定 ※2023年12月31日まで視聴可能。以降は公式サブスク『RIZIN 100 CLUB』で視聴可能】 【試合映像】三浦孝太 vs. YA-MAN / Kota Miura vs. YA-MAN - RIZIN.42』RIZIN公式YouTubeチャンネル、2022年https://www.youtube.com/watch?v=dqZcLw7wY3U 
  3. ^ 【Special Ring Side】会場リングサイド目線で見る「平本蓮 vs. YA-MAN」 RIZIN.45 (公式会場映像)』RIZIN公式YouTubeチャンネル、2023年https://www.youtube.com/watch?v=5NJpi1T5OTw&t=1883s 
  4. ^ 【※期間限定 2024年1月15日まで視聴可。以降は公式サブスク『RIZIN 100 CLUB』で視聴可】【試合映像】Full Fight | 平本蓮 vs. YA-MAN / Ren Hiramoto vs. YA-MAN - RIZIN.45』RIZIN公式YouTubeチャンネル、2023年https://www.youtube.com/@RIZIN_FF 

補足映像[編集]

  1. ^ 【番組】RIZIN CONFESSIONS #90(※試合映像&皇治とYA-MANによる試合振り返りドキュメンタリー番組)』RIZIN公式YouTubeチャンネル、2021年https://www.youtube.com/watch?v=GNcuolRM6hc 
  2. ^ 【番組】RIZIN CONFESSIONS #124(※試合映像&YA-MANと三浦孝太による試合振り返りドキュメンタリー番組)』RIZIN公式YouTubeチャンネル、2022年https://www.youtube.com/watch?v=ttBfacGl6l4 
  3. ^ 【番組】RIZIN CONFESSIONS #142(※番組内で試合映像。平本蓮とYA-MANによる試合振り返りドキュメンタリー番組)』RIZIN公式YouTubeチャンネル、2023年https://www.youtube.com/watch?v=j3tr_YeNaMg 

映像資料[編集]

  1. ^ a b 【密着】Preparation | YA-MAN』RIZIN公式YouTubeチャンネル、2023年https://www.youtube.com/watch?v=uObc3wfYqdI 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

前王者
王座新設
初代RISEOFGM -65kg級王者

2023年8月26日 - 現在

次王者
N/A