大月晴明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
大月 晴明
基本情報
本名 大西 宏之(おおにし ひろゆき)
通称 爆腕
階級 ライト級
身長 165cm
体重 65kg
国籍 日本の旗 日本
誕生日 (1973-11-30) 1973年11月30日(46歳)
出身地 京都府
スタイル キックボクシング合気道
テンプレートを表示

大月 晴明(おおつき はるあき、1973年11月30日 - )は日本男性キックボクサー。本名大西 宏之(おおにし ひろゆき)。京都府出身。マスクマンズ所属。元Krush -60kg王者。元全日本ライト級王者。元WPKCムエタイ世界ライト級王者。

合気道當木流)の足捌きを取り入れた非常に個性的なスタイルを用いる。「爆腕」と呼ばれ、高いKO率を誇る。

来歴[編集]

1999年10月8日、全日本キックボクシング連盟(AJKF)興行でプロデビューし、森下知之にKO勝ち。

デビュー後6連勝し、2001年1月4日に全日本フェザー級王座決定戦で遠藤慎介と対戦予定であったが、膝関節捻挫で欠場となった。

2001年4月6日、AJKF興行で立嶋篤史と対戦し、5Rに右アッパーの連打でKO勝ち。試合後、「信じられない。何百回もビデオを見てきた立嶋選手に勝てるなんて。できれば何度でも闘いたい。肘は凄く効いた。世代交代なんて、まだまだですよ」と語った。

2002年3月30日、マーシャルアーツ日本キックボクシング連盟のトーナメント1回戦でJ-NETWORKフェザー級王者増田博正に右ミドルキックでKO勝ちするも、右足首を負傷し準決勝を辞退した。

2003年1月4日、AJKF興行で王者林亜欧に右フックでKO勝ちし、デビュー以来10連勝で全日本ライト級王者となった。

2003年6月、全日本ライト級最強決定トーナメント2003で優勝。

2004年6月18日の全日本ライト級最強決定トーナメント決勝大会を左膝内側半月板を損傷のため欠場した。同年9月に全日本ライト級王座を返上した。

2004年10月、ムスタファ・ズィアーニに判定勝ち。連続KO勝利記録がストップ。

2005年1月4日、AJKF興行で王者小林聡にフック連打でKO勝ちし、デビュー以来18連勝でWPKC世界ムエタイライト級王者となった。試合後、「怖かった。早く試合から解放されたかった」と振り返えり、「勝っても負けても引退しようと思っていた。怪我も多いし、モチベーションを上げるのが大変」と語った。

2005年12月19日、タイ・オームノーイスタジアムでチョンレック・ゲオサムリットと対戦。2Rに肘打ちでダウンし、4Rには膝蹴りで2度ダウン後、レフェリーストップで4RTKO負け。プロ初黒星となった。大会後、「タイで自分の強さを知りたい。ボコボコにされて限界を感じたら教える側に回る」と話した。

2007年3月、増田博正にカウンタースタイルにカウンタースタイルを合わされダウンを奪われ判定負け、日本人に初敗戦。 2007年8月、全日本キック60kgトーナメント2007の1回戦で、カノンスック・ウィラサクレックにKO勝ち。2007年10月、トーナメント準決勝で、前田尚紀に判定勝ち。トーナメント決勝で山本真弘に、ローキックにパンチのカウンターを合わされダウンを奪われ判定負け。

2008年7月7日、K-1 WORLD MAX 2008 FINAL8デビット・ドゥージャと対戦し、3R左フックでのKO勝ちでK-1デビュー戦を白星で飾った。試合後、「2Rまでみっともない試合をしてしまいました。今日は30点、20点ぐらい。次は100点の試合をします」とコメントした。試合前には谷川貞治に「大月君は凄いですよ〜!全盛期のラモン・デッカーみたいな雰囲気がありますね。大月選手には才能を感じますね」と期待されてのK-1参戦となった[1]

2008年10月1日、K-1 WORLD MAX 2008 FINAL梶原龍児と対戦し、判定勝ち。谷川には「K-1でいい試合をやってないのでオープニングファイトからやり直してもらいます。」と酷評された[2]

2009年3月14日、K-1ルールの大会「Krush.2」で石川直生と対戦し、右フックでKO勝ちを収めた。

2009年7月、Krushライト級トーナメント2009の1回戦で岩切にKO勝ち。準々決勝で山本真弘に判定負け。

2010年1月25日、「Survivor 〜Round.3 立川隆史・引退記念興行〜」で久保優太と2分2Rのスペシャルエキシビションマッチを行った[3]

2010年5月2日、K-1 WORLD MAX 2010 〜-63kg Japan Tournament 1st Round〜松本芳道と対戦し、3Rに右ストレートでダウンを奪われるなどして判定負け。

戦績[編集]

キックボクシング 戦績
43 試合 (T)KO 判定 その他 引き分け 無効試合
37 26 9 0 0 0
6 1 5 0
蘇我英樹  5R判定3-0 新日本キックボクシング協会 61kg契約  2015年5月17日
竹村哲  1R 1分03秒 KO(右フック) 日本キックボクシング連盟 「2014生粋シリーズVOL.5   2015年4月11日
レオナ・ペタス  3R判定3-0 Krush.50 61.5kg契約  2015年1月4日
桃井浩  1R 55秒 KO(右フック) 日本キックボクシング連盟 「2014生粋シリーズVOL.3    2014年6月15日
板橋寛  3R判定3-0 Krush41 60kg級タイトルマッチ    2014年5月11日
青津潤平  延長4R判定2-1 Krush37 61kg契約    2014年1月4日
及川知浩  延長7R判定3-0 SHOOT BOXING2013 及川知浩引退イベント~完全相伝~ 大阪・ボディーメーカーコロシアム第二競技場   2013年12月23日
平塚 大士  1R 1:09 KO(左フック) Krush34 61kg契約   2013年11月10日
クンカーオ ルークプラパート  1R 2:21 KO(左ボディブロー)  サラブリースタジアム  2010年5月10日
× 松本芳道 3R終了 判定0-3 K-1 WORLD MAX 2010 〜-63kg Japan Tournament 1st Round〜
【1回戦】
2010年5月2日
黒田アキヒロ 3R終了 判定3-0 Krush×Survivor 2010年3月13日
× 山本真弘 3R終了 判定0-2 Krushライト級グランプリ2009 〜開幕戦 Round.1〜【準々決勝】 2009年7月24日
岩切博史 1R 2:31 KO(2ノックダウン:パンチ連打) Krushライト級グランプリ2009 〜開幕戦 Round.1〜【1回戦】 2009年7月24日
石川直生 3R 2:37 KO(右フック) 全日本キックボクシング連盟「Krush.2」 2009年3月14日
梶原龍児 3R終了 判定3-0 K-1 WORLD MAX 2008 World Championship Tournament FINAL 2008年10月1日
デビット・ドゥージャ 3R 2:59 KO(3ノックダウン:左フック) K-1 WORLD MAX 2008 World Championship Tournament FINAL8 2008年7月7日
× 山本真弘 5R終了 判定0-3 全日本キックボクシング連盟「浪漫 〜Kick Return〜 Kickboxer of the best 60 Tournament 決勝戦」
【決勝】
2007年10月25日
前田尚紀 3R終了 判定3-0 全日本キックボクシング連盟「浪漫 〜Kick Return〜 Kickboxer of the best 60 Tournament 決勝戦」
【準決勝】
2007年10月25日
カノンスック・ウィラサクレック 5R 2:21 TKO(レフェリーストップ:左フック) 全日本キックボクシング連盟「浪漫 〜Kick Return〜 Kickboxer of the best 60 Tournament 開幕戦」
【1回戦】
2007年8月25日
× グーピー・ウォー.スティラー 5R終了 判定0-3 タイ国 ラジャダムナンスタジアム スッグ・ラジャダムナン・チューチャルーン 2007年6月17日
× 増田博正 5R終了 判定0-3 全日本キックボクシング連盟「Departure 〜野良犬FINAL〜」 2007年3月9日
ジョン・スーミン 1R 2:07 KO(左ボディブロー) 全日本キックボクシング連盟「New Year Kick Festival 2007」 2007年1月4日
山本雅美 3R終了 判定3-0 全日本キックボクシング連盟「Solid Fist」 2006年11月12日
× チョンレック・ゲオサムリット 4R TKO(レフェリーストップ:膝蹴り) タイ国 大会名不明(オームノーイスタジアム) 2005年12月19日
小林聡 3R 2:31 KO(3ノックダウン:フック連打) 全日本キックボクシング連盟「SURVIVOR」
【WPKC世界ムエタイライト級タイトルマッチ】
2005年1月4日
ムスタファ・ズィアーニ 3R終了 判定2-0 全日本キックボクシング連盟「HARD BLOW」 2004年10月17日
崔永益(チェ・ヨンイク) 2R 2:08 KO(左バックブロー) 全日本キックボクシング連盟「全日本ライト級最強決定トーナメント2004 2nd.STAGE」
【2回戦】
2004年4月16日
藤牧孝仁 1R 2:22 KO(右バックブロー) 全日本キックボクシング連盟「Wilderness」
【全日本ライト級タイトルマッチ】
2004年1月4日
アンドレ・ロンキー 4R終了時 TKO(タオル投入) 全日本キックボクシング連盟「KNOCK DOWN」 2003年9月27日
花戸忍 2R 0:37 TKO(ドクターストップ:左まぶたのカット) 全日本キックボクシング連盟「全日本ライト級最強決定トーナメント 〜決勝戦〜」
【決勝】
2003年5月23日
大宮司進 3R 2:21 KO(3ノックダウン:左フック) 全日本キックボクシング連盟「全日本ライト級最強決定トーナメント 〜決勝戦〜」
【準決勝】
2003年5月23日
藤牧孝仁 1R 1:41 KO(3ノックダウン:右ストレート) 全日本キックボクシング連盟「全日本ライト級最強決定トーナメント」
【1回戦】
2003年3月8日
林亜欧 3R 1:32 KO(3ノックダウン:右フック) 全日本キックボクシング連盟「KICK ENERGY」
【全日本ライト級タイトルマッチ】
2003年1月4日
林亜欧 1R 1:46 KO(3ノックダウン:パンチ連打) 全日本キックボクシング連盟「ALL JAPAN KICKBOXING 15th ANNIVERSARY SPECIAL BOUT - CRUSH -」 2002年7月21日
増田博正 1R 0:53 KO(右ミドルキック) マーシャルアーツ日本キックボクシング連盟「KING COMBAT-2002 - KICK BOXING 60kg TOURNAMENT 日本最強決定戦」
【1回戦】
2002年3月30日
立嶋篤史 5R 1:10 KO(右アッパー) 全日本キックボクシング連盟「CROSS FIRE-II」 2001年4月6日
ソウル・タイガー・ハン 1R 1:41 KO 全日本キックボクシング連盟「LEGEND-X」 2000年11月29日
杉上直之 1R 2:03 KO 全日本キックボクシング連盟「LEGEND-IX」 2000年10月22日
長谷川誠 1R 2:31 KO 全日本キックボクシング連盟「LEGEND-VIII」 2000年9月13日
前田尚紀 1R 2:05 KO 全日本キックボクシング連盟「LEGEND-VII」 2000年7月30日
加門政志 3R終了 判定3-0 全日本キックボクシング連盟「LEGEND-III」
【フェザー級3Rトーナメント 準々決勝】
2000年3月16日
森下知之 1R 1:12 KO 全日本キックボクシング連盟「WAVE-XIII」 1999年10月8日

獲得タイトル[編集]

  • 新空手軽量級全日本王座(2000年)
  • 全日本ライト級最強決定トーナメント 優勝(2003年)
  • 第14代全日本ライト級王座(2003年)
  • WPKCムエタイ世界ライト級王座(2005年)
  • 第3代Krush -60kg王座(2014年)
  • ISKAムエタイ[4]インターナショナルスーパーライト級王座(2016年)

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

前王者
林亜欧
第14代全日本ライト級王者

2003年1月4日 - 2004年9月

空位
次タイトル獲得者
アマラ忍
前王者
板橋寛
第3代Krush -60kg王者

2014年5月11日 - 2014年10月18日

空位
次タイトル獲得者
卜部弘嵩