才賀紀左衛門

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
才賀 紀左衛門
基本情報
本名 才賀 紀左衛門
通称 キザエモン
ナニワの空手小公子
浪速の火の玉ボーイ
国籍 日本の旗 日本
生年月日 1989年2月13日(27歳)
出身地 大阪府堺市
所属 正道会館
大誠塾
→紀左衛門道場/Me,We
身長 168cm
体重 63kg
階級 バンタム級
バックボーン 空手
テンプレートを表示

才賀 紀左衛門(さいが きざえもん、1989年2月13日 - )は、日本キックボクサー総合格闘家大阪府堺市出身。芦屋大学附属高等学校卒。紀左衛門道場/Me,We 所属。父は才賀紀彦(株式会社サイガ創業者)。紀左衛門道場 所属、正道会館(K-1を創ったフルコンタクト空手道場)でアンディ・フグ、武蔵、金泰泳、藤本佑介、中迫強、などの選手を育てた湊谷師範に指導してもらっていた。空手出身の派手な足技と端正な容姿で注目を集める。なお、変わった名前ではあるが、リングネームではなく本名である。

来歴[編集]

幼稚園から空手を始めた。

2007年4月に上京し、大成敦K-1ルールディレクターが主宰する大誠塾に入門する。

2007年12月31日、K-1 PREMIUM 2007 Dynamite!!で開催された「K-1甲子園 U-18日本一決定トーナメント」で当初はリザーブファイトに出場する予定だったが、藤鬥嘩裟の欠場により本戦出場。1回戦でHIROYAと対戦。変則的な蹴り技を中心に攻撃するも判定負けを喫した。

2008年1月26日、中国で開催された「武林風大会」でK-1ルールの試合に出場し3R引き分けに終わる。

2008年2月2日、K-1 WORLD MAX 2008 〜日本代表決定トーナメント〜で行なわれたオランダとの3対3対抗戦の中堅戦でロイ・タンと対戦し、判定勝ちした。

2008年7月7日、K-1 WORLD MAX 2008 World Championship Tournament FINAL8タイロン・ヴァン・ウィックと対戦し、左ハイキックKO勝ちを収めた[1]

2008年8月29日、K-1甲子園 KING OF UNDER 18 〜FINAL16〜のK-1 WORLD YOUTH スペシャルマッチで谷山俊樹と対戦し、0-0の判定ドローとなった[2]

2009年2月23日、K-1 WORLD MAX 2009 〜日本代表決定トーナメント〜HIROYAと再戦するも、0-2の判定負け。

2009年8月10日、K-1甲子園2009 FINAL16のスーパーファイトで小林幸太と対戦し、3-0の判定勝ち[3]

2009年9月28日、Survivor Round.1で小比類巻太信と2分2Rのスペシャルエキシビションマッチで対戦。エキシビションではあったが、2Rには右ストレートで人生初のダウンを喫した[4]

2009年12月9日、Survivor 〜Round.2〜でKO-ICHIと対戦し、左ハイキックでKO勝ちを収めた[5]

2010年1月25日、Survivor 〜Round.3 立川隆史・引退記念興行〜で白神喜弘と対戦し、ローキックを多用し判定勝ちした[6]

2010年5月2日、K-1 WORLD MAX 2010 〜-63kg Japan Tournament 1st Round〜ファイヤー原田と対戦し、3-0の判定勝ちを収めた[7]

2010年7月5日、K-1 WORLD MAX 2010 〜-63kg Japan Tournament FINAL〜では準々決勝で石川直生に1Rに右ストレートでダウンを奪い、さらに2Rに胴廻し回転蹴りで石川をぐらつかせて大差の判定勝ちを収めるも、準決勝で大和哲也に左フックでKO負けした。また、このKO負けが才賀にとって人生初のKO負けとなった[8]

2010年10月3日、K-1 WORLD MAX 2010 FINAL16イ・ソンヒョンと対戦し2Rに2度のダウンを奪われ0-3の判定負けを喫した[9]

2011年1月9日、初のKrush参戦となった、Krush-63kg初代王座決定トーナメント1回戦で寺崎直樹と対戦し、危なげのない試合運びで判定勝ちを収めた。試合後のマイクで才賀は準決勝の相手として梶原龍児を指名した。

2011年4月30日、Krush初代王座決定トーナメント準決勝で梶原と対戦、ペースを握っていたが2Rにダウンを奪われ、3Rで盛り返すも判定負けとなった[10]

2011年6月25日、国立代々木競技場第二体育館で開催されたK-1 WORLD MAX 2011 〜-63kg Japan Tournament Final〜の準々決勝で久保優太と対戦し、2Rにポイントを奪われ3R終了間際に盛り返すも0-2の判定負け。1回戦で敗退となった[11]

7月1日付けでKrushのランキングが発表された。その中で才賀自身が負けている王者の梶原、いまだ才賀との対戦経験がない卜部功也続き-63kgのランキング2位となった。

2011年9月25日、K-1 WORLD MAX 2011 -70kg Japan Tournament FINALでコンバットリーグ世界王者ヴァルドリン・ヴァトニカイと対戦し3-0の判定勝ちを収めた。

2013年3月20日、才賀と親交の深い飯伏幸太と組み、DDTでプロレスデビューした[12]

2014年9月14日、タレントのあびる優と結婚することが『アッコにおまかせ!』内であびるの口から明かされた[13]

2014年10月5日、総合格闘技デビュー戦となったパンクラス「PANCRASE 261」でライダーHIROと対戦し、判定勝ち。

2015年5月5日、第1子となる女児を授かった[14]

戦績[編集]

総合格闘技[編集]

総合格闘技 戦績
4 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
2 1 0 1 0 0 0
2 0 1 1 0
勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
× 山本アーセン 2R(10分/5分)終了 判定1-2 RIZIN FIGHTING WORLD GRAND-PRIX 2016 無差別級トーナメント 開幕戦 2016年9月25日
× 所英男 1R 5:16 アームバー RIZIN FIGHTING WORLD GRAND-PRIX 2015 さいたま3DAYS 2015年12月29日
亮AKB 1R 2:40 TKO(パウンド) PANCRASE 264 2015年2月1日
ライダーHIRO 3分3R終了 判定3-0 PANCRASE 261 2014年10月5日

プロキックボクシング[編集]

キックボクシング 戦績
22試合 (T)KO 判定 その他 引き分け 無効試合
15 3 12 0 0 0
6 1 5 0


勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
山内慎人 3R終了 判定3-0 シュートボクシング協会 「SHOOT BOXING 2013 act.1」 2013年2月22日
MASAYA 3R終了 判定3-0 シュートボクシング協会 「SHOOT BOXING WORLD TOURNAMENT S-cup 2012」 2012年11月17日
稲石竜弥 3R終了 判定5-0 IT’S SHOWTIME JAPAN countdown-2 2012年7月29日
塚原光斗 1R 1:53 TKO(バックスピンキック) 蹴拳VI
【IT'S SHOWTIME JAPAN 61kg級王座決定戦選考試合】
2012年5月20日
× 卜部功也 3R終了 判定0-2 Krush.17 2012年3月17日
後藤勝也 3R終了 判定2-0 Krush.16 2012年2月17日
ヴァルドリン・ヴァトニカイ 3R終了 判定3-0 K-1 WORLD MAX 2011 -70kg Japan Tournament FINAL 2011年9月25日
大沢文也 3R終了 判定2-0 谷山ジム「ビッグバン・統一への道 其の六」 2011年8月21日
× 久保優太 3R終了 判定0-2 K-1 WORLD MAX 2011 -63kg Japan Tournament FINAL
【1回戦】
2011年6月25日
× 梶原龍児 3R終了 判定0-3 Krush初代王座決定トーナメント 〜Triple Final Round〜
【Krush-63kg初代王座決定トーナメント準決勝】
2011年4月30日
寺崎直樹 3R終了 判定3-0 Krush初代王座決定トーナメント 〜Round.2〜
【Krush-63kg初代王座決定トーナメント1回戦】
2011年1月9日
× イ・ソンヒョン 3R終了 判定0-3 K-1 WORLD MAX 2010 IN SEOUL -70kg World Championship Tournament FINAL16 2010年10月3日
× 大和哲也 2R 2:13 KO(左フック) K-1 WORLD MAX 2010 〜-70kg World Championship Tournament FINAL16 / -63kg Japan Tournament FINAL〜
【-63kg Japan Tournament 準決勝】
2010年7月5日
石川直生 3R終了 判定3-0 K-1 WORLD MAX 2010 〜-70kg World Championship Tournament FINAL16 / -63kg Japan Tournament FINAL〜
【-63kg Japan Tournament 準々決勝】
2010年7月5日
ファイヤー原田 3R終了 判定3-0 K-1 WORLD MAX 2010 〜-63kg Japan Tournament 1st Round〜
【1回戦】
2010年5月2日
白神喜弘 3R終了 判定3-0 Survivor 〜Round.3 立川隆史・引退記念興行〜 2010年1月25日
KO-ICHI 2R 2:31 KO(左ハイキック) Survivor 〜Round.2〜 2009年12月9日
不明(中国選手) 3R終了 判定 武林風大会 2008年1月26日

アマチュアキックボクシング[編集]

勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
小林幸太 3R終了 判定3-0 K-1甲子園 〜FINAL 16
【スーパーファイト K-1 YOUTHルール】
2009年8月10日
× HIROYA 3R終了 判定0-2 K-1 WORLD MAX 2009 〜日本代表決定トーナメント〜 2009年2月23日
谷山俊樹 3R終了 判定0-0 K-1甲子園 KING OF UNDER 18 〜FINAL16〜
【K-1 WORLD YOUTH スペシャルマッチ】
2008年8月29日
タイロン・ヴァン・ウィック 2R 1:39 KO(左ハイキック) K-1 WORLD MAX 2008 World Championship Tournament FINAL8
【オープニングファイト:K-1 YOUTH】
2008年7月7日
ロイ・タン 3R終了 判定3-0 K-1 WORLD MAX 2008 〜日本代表決定トーナメント〜
【K-1 WORLD YOUTH 2008 -International Team Competition-】
2008年2月2日
× HIROYA 3R終了 判定0-3 K-1 PREMIUM 2007 Dynamite!!
【K-1甲子園 U-18日本一決定トーナメント 1回戦】
2007年12月31日
伊藤弘明 1R KO MARSアマチュア01 2007年9月2日

人物・エピソード[編集]

週刊ヤングマガジン連載中の格闘技漫画「空手小公子 小日向海流」を愛読し、毎日新聞社の総合情報サイト「毎日jp」で行なわれた著者の馬場康誌との対談で、馬場から似顔絵とともに「ナニワの空手小公子」というニックネームを授かる。これが縁で同作コンビニエンスストア限定発売の総集編の裏表紙や週刊ヤングマガジン本誌で得意の足技を披露するほか、2008年以降発売の新刊の帯には必ず当人の写真とともにコメントが寄せられるようになった。またK-1の試合では常に、同作内の流派「鏑木流」の道着をまとって入場している。2007年大晦日のデビュー戦から入場曲はブラック・アイド・ピーズの「レッツ・ゲット・リターディド」。雑賀衆が好きでトランクスにはピストルがデザインされている。

脚注[編集]

  1. ^ K-1:リアル小日向くん、才賀がKO勝ち マンガさながらのハイキック決まる 毎日jp 2008年7月8日
  2. ^ K-1:“イケメン”才賀、判定ドローに土下座 「しょうもない試合をしてすみません」 毎日jp 2008年8月30日
  3. ^ K-1:「イケメン」才賀 漫画技不発に「相手をナメていた」 毎日jp 2009年8月11日
  4. ^ K-1:才賀紀左衛門 人生初のダウンも「これをバネに、軽量級で一番を目指す」 毎日jp 2009年9月29日
  5. ^ K-1:「イケメン」才賀 左ハイキックでKO勝利 「軽量級の1番を目指す」 毎日jp 2009年12月10日
  6. ^ K-1:才賀紀左衛門、元ロッテ立川の引退に「ホームラン級のKO」送れず 毎日jp 2010年1月26日
  7. ^ K-1:「イケメン」才賀判定勝ち 「おっさんたち倒したい」と訴え 毎日jp 2010年5月3日
  8. ^ K-1:“イケメン”才賀、V候補に完勝も初タイトルならず 毎日jp 2010年7月6日
  9. ^ 【K-1MAX】ペトロシアン、危なげなくFINALへ!キシェンコ、注目のサガッペットは敗退 格闘技ウェブマガジンGBR 2010年10月3日
  10. ^ 佐藤嘉洋のMAX TALK!!【動画】 K-1公式サイト 2011年6月1日
  11. ^ 【K-1MAX】久保が決勝で卜部を下してトーナメント優勝!佐藤はクラウスにリベンジ 格闘技ウェブマガジンGBR 2011年6月25日
  12. ^ 2013年03月20日(水) 【3・20リポート①】才賀がプロレスデビュー戦を勝利で飾る DDTプロレスリング 2013年3月20日
  13. ^ “あびる優、結婚を電撃発表”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2014年9月14日). http://mdpr.jp/news/detail/1418139 2014年9月18日閲覧。 
  14. ^ “あびる優、第1子出産 3038グラムの元気な女の子”. スポーツ報知. (2015年5月6日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20150505-OHT1T50271.html 2015年5月6日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]