西山誠人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
西山 誠人
基本情報
本名 西山 誠人
通称 IQキックボクサー
階級 ライト級
スーパーライト級
身長 174cm
体重 69kg
国籍 日本の旗 日本
誕生日 (1977-01-25) 1977年1月25日(46歳)
出身地 神奈川県
スタイル キックボクシング
テンプレートを表示

西山 誠人(にしやま まこと、1977年1月25日 - )は、日本男性キックボクサー神奈川県出身。アクティブJ所属。桐蔭学園中学、桐蔭学園高等学校理数科を経て、東京大学農学部卒業および東京大学大学院農学生命科学研究科修士課程修了[1][2]味の素株式会社勤務。 元WFCAタイボクシング世界ライト級王者。

来歴[編集]

高校生でキックボクシングを始め、現役で東京大学に進学。

1997年3月9日、大学在学中にプロデビュー。同じ東大生格闘家に修斗の巽宇宙がいる。

2000年7月31日、初代J-NETWORKライト級王座決定戦で五十嵐ヨシユキと対戦し、3-0の判定勝ちで王座を獲得した[3]

2000年10月17日、J-NETWORKで「切り裂き魔」の異名を持つカチャスック・ジャンボジムと対戦し[4]、逆に肘打ちでカットさせTKO勝ちを収めた[5]

2001年2月26日、J-NETWORKでマーシャルアーツ日本キックボクシング連盟ライト級王者井上哲と対戦し、カットによるTKO負け。8戦目での初黒星となった[6]

2001年4月、味の素株式会社に入社。

2003年10月19日、J-NETWORKで金沢久幸と対戦し、額カットによるTKO勝ちを収めた[7]

2005年9月21日、J-NETWORKで行なわれたWFCAタイボクシング世界ライト級王座決定戦でカリム・エル・オスロウティと対戦し、顔面への膝蹴りでKO勝ちを収め王座を獲得した[8]

2007年6月3日、J-NETWORK「TEAM DRAGON QUEST 1」で梶原龍児とWFCAタイボクシング世界ライト級タイトルマッチで対戦し、0-3の判定負けで王座から陥落した[9]

2009年6月21日、M-1スーパーライト級王座決定戦で菅原勇介と対戦し、TKO勝ちで王座を獲得した[10]

2009年9月13日、M-1で行なわれたWPMF世界スーパーライト級王座決定戦でアバット・アハマドと対戦し、TKO負けで王座獲得ならず[11]

2010年9月11日、新日本キックボクシング協会「TITANS NEOSⅧ」メインイベントで、K-1 WORLD MAXライト級日本トーナメント第3位の松本芳道と対戦し、左膝蹴りでKO勝ちを収めた[12]。試合後にはK-1参戦をアピールした。

2010年11月8日、K-1初参戦となったK-1 WORLD MAX 2010 -70kg World Championship Tournament FINALのオープニングファイトで大石駿介と対戦し、右ストレートでKO勝ちを収めた[13]

2013年1月13日、自身のキャリアの最終戦と決意し­て臨んだKrush Grand Prix 2013野杁正明と対戦し、KO負け。この試合を最終戦とした理由はプロと­して継続的な試合出場が困難になってきた­ため、としている [14]

2014年5月6日、J-KICK 2014 ~The sign of brave heart~ 2ndで行われた増田博正とのエキシビジョンマッチを最後に現役を引退[15][16]

戦績[編集]

キックボクシング 戦績
38 試合 (T)KO 判定 その他 引き分け 無効試合
25 19 6 0 0 0
13 5 8 0
勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
× 野杁正明 2R 1:56 KO Krush Grand Prix 2013 2013年1月14日
× 寺崎直樹 延長1R終了 判定0-3 Krush.12 2011年9月24日
× 大和哲也 2R 1:30 TKO ニュージャパンキックボクシング連盟「NJKF 15周年記念シリーズ NEW JAPAN BLOOD 3」 2011年5月21日
大石駿介 2R 0:51 KO(右ストレート) K-1 WORLD MAX 2010 -70kg World Championship Tournament FINAL
【オープニングファイト】
2010年11月8日
松本芳道 1R 1:21 KO(左膝蹴り) 新日本キックボクシング協会「TITANS NEOS VIII」 2010年9月11日
× カノンスック・ウィラサクレック 3R終了 判定0-3 J-NETWORK「FORCE for the TRUTH of J 2nd」 2010年5月3日
× アバット・アハマド 3R 2:50 TKO(ドクターストップ:カット) M-1 FAIRTEX SINGHA BEER ムエタイチャレンジ 2009「Yod Nak Suu vol.3」
【WPMF世界スーパーライト級王座決定戦】
2009年9月13日
菅原勇介 3R 1:30 TKO(ドクターストップ:カット) M-1 FAIRTEX SINGHA BEER ムエタイチャレンジ 2009「Yod Nak Suu vol.2」
【M-1スーパーライト級王座決定戦】
2009年6月21日
× カノンスック・ウィラサクレック 5R終了 判定0-3 M-1 FAIRTEX SINGHA BEER ムエタイチャレンジ「Legend of elbows 2008 〜JAO SUU〜」 2008年11月9日
× チャイディ・力 3R終了 判定0-3 J-NETWORK「Let's Kick with J the 4th」 2008年10月3日
壮泰 1R 1:44 KO(右ストレート) マーシャルアーツ日本キックボクシング連盟「BREAK THROUGH-3 〜突破口〜」 2008年4月29日
ソンクラー・センチャイジム 3R 1:36 TKO(ドクターストップ:カット) ニュージャパンキックボクシング連盟「MuayThai Heritage」 2007年12月9日
パク・キジョン 1R 2:24 KO(膝蹴り) J-NETWORK「Championship Tour of J 1st」 2007年8月3日
× 梶原龍児 5R終了 判定0-3 J-NETWORK「TEAM DRAGON QUEST 1」
【WFCAタイボクシング世界ライト級タイトルマッチ】
2007年6月3日
× 山本佑機 3R終了 判定0-3 マーシャルアーツ日本キックボクシング連盟「マーシャルアーツキック賞金争奪トーナメント士道館新春正月興行」
【LIGHTNING TOURNAMENT '07 準決勝】
2007年1月12日
ベン・スピヴァック 3R終了 判定3-0 J-NETWORK「MACH GO! GO! '06 〜フライ級最強決定トーナメント決勝戦&喧嘩火山再爆発〜THE REMATCH 寒川×我龍〜」 2006年11月22日
× 石井宏樹 4R終了時 TKO(ドクターストップ:左瞼カット) 新日本キックボクシング協会「TITANS 3rd」 2006年4月28日
山本雅美 5R終了 判定3-0 J-NETWORK「GO! GO! J-NET '06 〜Light my fire!〜」 2006年1月9日
カリム・エル・オスロウティ 5R 1:28 KO(顔面への膝蹴り) J-NETWORK「GO! GO! J-NET '05 〜SKY HIGH〜」
【WFCA世界ライト級王座決定戦】
2005年9月21日
× 白鳥忍 5R終了 判定0-3 マーシャルアーツ日本キックボクシング連盟「DETERMINATION≪決心≫5 〜戦場の虎〜」 2005年6月24日
木村允 2R 1:59 TKO(ドクターストップ:カット) マーシャルアーツ日本キックボクシング連盟「DETERMINATION≪決心≫2nd 〜激突☆王者VS王者〜」 2005年3月13日
ムラッド・ティアルティ 5R 1:12 KO(膝蹴り) J-NETWORK「Kick Squad 6」 2004年12月5日
ロブ・ストーレイ 2R 2:53 TKO(カット) J-NETWORK「Kick Squad 4」 2004年7月25日
× 吉本光志 3R終了 判定0-3 全日本キックボクシング連盟「全日本ライト級最強決定トーナメント2004 2nd.STAGE」
【ライト級トーナメント 2回戦】
2004年4月16日
湟川満正 1R 0:54 KO(膝蹴り) 全日本キックボクシング連盟「全日本ライト級最強決定トーナメント2004 1st.STAGE」
【ライト級トーナメント 1回戦】
2004年3月13日
金沢久幸 5R 0:36 TKO(ドクターストップ:額カット) J-NETWORK「Through The Fire」 2003年10月19日
ペプチヤン・スコータイ 3R 2:40 KO(右ストレート) J-NETWORK「duel in mid summer」 2003年7月21日
ペプチヤン・スコータイ 2R 0:53 KO(右ローキック) J-NETWORK「The Magnificient 5」 2002年12月1日
浜川憲一 3R 1:45 TKO(レフェリーストップ:カット) J-NETWORK「J-BLOODS」 2002年4月21日
中林勇人 5R終了 判定3-0 J-NETWORK「THE CRUSADE-3」 2001年10月14日
× 井上哲 2R 1:23 TKO(ドクターストップ:額カット) J-NETWORK「MAKING THE ROAD-II」 2001年2月26日
カチャスック・ジャンボジム 4R 0:48 TKO(ドクターストップ:カット) J-NETWORK「SHANGURILA-III」 2000年10月17日
五十嵐ヨシユキ 5R終了 判定3-0 J-NETWORK「SHANGURILA-2」
【初代J-NETWORKライト級王座決定戦】
2000年7月31日
横山潔昌 3R 1:06 KO(レフェリーストップ:カット) J-NETWORK「MAKING THE ROAD」
【J-NETWORKライト級初代王座決定トーナメント 1回戦】
2000年6月26日
竹村亮 2R 1:22 TKO J-NETWORK「KICK BOXING SHANGURILA-1」 2000年2月4日
島明雄 2R 2:42 KO J-NETWORK「KICK the KICK 1999-Stage3」 1999年10月14日
ウルフル原田 3R終了 判定2-0 J-NETWORK 1998年6月28日
亀倉孝夫 3R終了 判定 不明 1997年3月9日

獲得タイトル[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 西山選手インタビュー
  2. ^ [新日本キック] 西山、K-1 63kgベスト4の松本を1R KO:9.11 後楽園 BoutReview 2010年9月13日
  3. ^ 増田、西山がJ-NET初代王者に君臨! BoutReview 2000年7月31日
  4. ^ ライト級新王者西山に試練。あの“切り裂き魔”と対戦! BoutReview 2000年10月12日
  5. ^ 鮮やか!西山誠人、切り裂き魔を切り裂く!! BoutReview 2000年10月17日
  6. ^ MA対J-NET王者対決は切裂き魔・井上哲が本領発揮 BoutReview 2001年2月26日
  7. ^ [J-NET] 10.19 竹芝:西山、金沢下し大月・花戸・小林に宣戦布告 BoutReview 2003年10月19日
  8. ^ [J-NETWORK] 9.21 後楽園:西山&寒川が王座奪取 BoutReview 2005年9月21日
  9. ^ [J-NET] 6.3 後楽園:梶原、西山下しWFCA王者に BoutReview 2007年6月4日
  10. ^ 【M-1】石毛慎也、惜しくも王座奪取ならず。関、西山、AKIRAが新王者に! 格闘技ウェブマガジンGBR 2009年6月21日
  11. ^ 【M-1】引退試合のワンロップを完璧に超えた!藤原あらしが最後の決着戦に勝つ 格闘技ウェブマガジンGBR 2009年9月13日
  12. ^ 【タイタンズ】K-1の番狂わせ男・松本芳道を西山誠人が番狂わせの初回KO 格闘技ウェブマガジンGBR 2010年9月11日
  13. ^ 【K-1MAX】佐藤嘉洋、無念…決勝戦で力尽きる!ペトロシアン史上初の2連覇を達成 格闘技ウェブマガジンGBR 2010年11月8日
  14. ^ 復帰間近の大月晴明、味の素スタジアムで西山誠人とガチスパー BoutReview 2013年7月30日
  15. ^ 【J-NETWORK】西山誠人が17年の選手生活に幕eFight 2014年4月8日
  16. ^ 【J-NETWORK】「俺が一番強い」翔が王者対決をKOで制すeFight 2014年5月6日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

前王者
王座新設
初代J-NETWORKライト級王者

2000年7月31日 - 2006年5月17日

次王者
梶原龍児
前王者
N/A
WFCAタイボクシング世界ライト級王者

2005年9月21日 - 2007年6月3日

次王者
梶原龍児
前王者
N/A
M-1スーパーライト級王者

2009年6月21日 - 現在

次王者
N/A